オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

【小ネタ】ピンボールのクレジットメーターに関する思いつき話

2019年07月21日 00時41分44秒 | ピンボール・メカ
フリッパー・ピンボールには、一定以上の得点を得たり、あるいはスペシャルやナンバーマッチなどのフィーチャーによってクレジットが増える「リプレイ」という褒賞ルールがあります。

しかし、結果によってクレジットが増えるゲームは、ギャンブルに転用される可能性もあります。日本では幸いこの辺についてはまったく無頓着で、日本に輸入されたフリッパー・ピンボール機のほぼすべてがリプレイが得られる仕様でした(例外の存在は否定しません)。しかし海外では、リプレイを禁じたり、甚だしくはピンボール機自体を違法とする国や地域、あるいは時代もありました。

ピンボールメーカーは、そのようにリプレイを規制する国や地域に対応するため、代わりの褒賞として、ゲームで遊べる球数が増加する「アド・ア・ボール(Add-A-Ball)」というフィーチャーを載せた別バージョンを、リプレイ仕様バージョンと並行して作りました。

「アド・ア・ボール」とは、概念としては「エキストラ・ボール」フィーチャーに似ますが、「アド・ア・ボール」は、1球のプレイで追加ボールを何度も獲得でき、そのたびにプレイ可能な残り球数を表示する「ボール・カウンター」に加算表示されるのに対し、「エキストラ・ボール」は、1球のプレイで得られるのは1回限りで、「ボール・カウンター」の表示は変わらず、現在プレイ中のボールがデッドとなったら、ボール・カウンターが減ることなく新たなボールがセットされる仕様である点が異なります。

1975年ころ、ワタシがダイエー碑文谷店の7F(関連記事:さよならダイエー碑文谷店)で好んで遊んでいた「LUCKY ACE (Williams, 1974)」という機種は、この「アド・ア・ボール」仕様であったように記憶しています。「EXTRA BALL」ランプが点灯したレーンをボールが通過すると、クレジットが増加する時と同じようなノッカー音がして、バックグラスの残球表示が増加しました。1ゲームは3ボールが標準でしたが、ワタシはボールカウンターを4(つまり、残り球数が4個)までは上げた覚えがあります。しかし、そのようなアド・ア・ボールルールの機械であるにもかかわらず、ダイエー碑文谷店の「LUCKY ACE」には高得点やスペシャルによるリプレイもありました。

今調べてみると、「LUCKY ACE」のフライヤーには、「リプレイ、アド・ア・ボール、ノベルティ・プレイ(褒賞がない、高得点を目指すのみのゲーム)」と謳って3通りのオペレートができることをアピールしています。ダイエー碑文谷店での稼働はどんな設定だったのか、謎です。

************

思いがけず「アド・ア・ボール」の話が長引いてしまいましたが、今回の話の本題はここから始まります。

初めて「リプレイ」という概念を導入したフリッパー・ピンボールがなんという機種かはわかりませんが、少なくとも1956年に世に出たバーリー社の「ボールズ・ア・ポッピン(Balls-A-Poppin)」という機種以来、リプレイ仕様のフリッパー・ピンボールには、メーカーを問わず、小さな四角形のクレジットメーターの窓が付いていました。


一例として、「HOT TIP (Williams, 1977)」のバックグラスでのクレジットカウンター(赤矢印で示す窓)。

しかしGottliebは、1975年から、従来にないスタイルのクレジットメーターを採用するようになりました。ワタシもその年の夏、ダイエー碑文谷店のゲームコーナーで発見した「エル・ドラド(El Dorado)」に、今まで見たことのない形のクレジットメーターが付いていることに気づきました。


エル・ドラド(Gottlieb, 1975)の筐体と、バックグラスのクレジットメーターの部分。

一つのリールで用を足していた従来の方式に比べて、部品の数が増え構造も複雑になると思われるこの新方式にいったいどんなメリットがあるのだろうと、当時から疑問に思ったものでした。

同じような疑問を持った人はワタシ以外にもいたようで、数日前、Facebookのグループ「Em Pinball」に、このクレジットメーターの画像とともに、「誰か、エル・ドラドのクレジットメーターのコンセプトを知ってる人いる? なぜこんなに複雑? なぜ2個のパーツ?)」と尋ねる投稿がありました。


Facebookに投稿された質問とその画像。

この質問に対してはいくつかの回答がつき、「単に新しい事をしたかっただけじゃないの?」とか、「クレジットメーターをいじってフリーゲームを稼ぐ不正を防ぐためではないか?」などの推測がなされていました。

回答の中で最も面白かったのは、「コロンビアピクチャーズがGottliebを買収して子会社にしたので、コロンビアピクチャーズのロゴをモチーフとしたクレジットメーターを作ったのではないかと信じている」という推理でした。


当時のコロンビアピクチャーズのロゴが入ったGottliebのピンボール機2台。左が「Eye Of The Tiger (1978)」、右が「Hit The Deck (1978)」


当時のコロンビアピクチャーズのロゴ。

確かに、新式のクレジットメーターは、コロンビアピクチャーズのロゴを想起させるフォルムではあります。これが本当なら、ごく限られたコミュニティでちょっと自慢できるトリビアになると思ってGottliebの歴史を調べてみたのですが。

・1975年1月、Gottlieb、新方式のクレジットメーターを搭載したピンボール機「SUPER SOCCER」発売。
・1976年、Gottlieb、コロンビア・ピクチャーズに買収され、その子会社となる。
・1983年、コロンビア・ピクチャーズがコカ・コーラに買収される。Gottliebは社名を「Mylstar Elecrtonics」に変更した。
・1984年9月、いわゆる「アタリショック」で北米のゲーム市場が大ダメージを受け、コロンビア・ピクチャーズは9月の終わりにMylstarを閉鎖した。
・1984年10月、G. Pollockをリーダーとする投資家グループはMylstarのピンボール関連の資産を買い取り、社名を「Premier Technology」としてピンボールの生産を続けた。

つまるところ、コロンビア・ピクチャーズがGottliebを買収したのは、新方式のクレジットメーターが世に出てから1年以上も後の事で、そしてコロンビア・ピクチャーズに買収された年にはクレジットメーターを従来の形式(メカ構造まで旧式かどうかは不明)に戻していることから、コロンビア・ピクチャーズのロゴ説ははなはだ怪しいと言わざるを得ません。

最も信頼できそうな回答は、「出願された特許の書類を信じるなら、筐体の後ろ(バックグラス側)を持ち上げてドスンと落すと、クレジットメーターがショックで回ってタダでゲームができるようになるという不正が横行したので、これを防ぐために新たに設計されたものである」というものでした。他の回答にも不正に言及したものはありましたが、その手口は異なるので、惜しいけれども正確ではありませんでした。

それにしても、そんな不正をしたら大きな音がしてすぐにばれそうなものですが、そんなに頻繁にあったのでしょうか。ともかく、長年抱えていた謎がまた一つ解明しました。これで今夜は良く眠れることと思います。


コメント

(予定変更)70年代のセガのエレメカゲーム「ATTACK」とそのシリーズ

2019年01月18日 21時57分03秒 | ピンボール・メカ
インフルエンザA型にかかってしまいました。療養の為あまり長い時間机に向かっていられないので、今回は予定を変更して、セガの昔のエレメカ機で最近Twitterで話題になっていた件について、参考画像を掲載して凌いでおこうと思います。

今回問題となるTwitterはこちらです。
https://twitter.com/kt2soundlab/status/1085132609678536705

「LUNAR RESCUE」が発売された時期は定かではありませんが、1970年代の早い頃にはあったように記憶しています。

このTwitterへの返信に、戦車バージョンの「ATTACK」と「ATTACK II」の違いにが気になるというつぶやきがあったので、フライヤーの情報をもとにワタシがお答えしたのですが、この時に画像を掲載することができなかったので、こちらに掲載しておこうと思います。

まずは、このシリーズの第一弾と思われる「ATTACK」のフライヤー。片面印刷。


次に、ATTACKのニューバージョンと思しき「ATTACK II」のフライヤー。こちらは両面印刷です。



最後に、最も遅いバージョンと思しき「LUNAR RESCUE」。これも両面印刷です。



それぞれの違いは、以下の通りです。

ATTACK ・・・・・・・ 一定の得点以上で賞品メダルを払い出す。
ATTACK II ・・・・・・ 一定の得点以上で賞品メダルを払い出すか、またはリプレイに切り替え可。
LUNAR RESCUE ・・・・ 一定の得点以上でリプレイ。

これよりまた療養の床に付きます。次回は本来の「サンブルーノ・アメリカン・アンティーク・ミュージアムの記憶(2/3)」に戻るはずです。
コメント (2)

ピンボールのアートワークの話(番外):Gottliebのもう一つの独自性

2019年01月03日 22時04分16秒 | ピンボール・メカ
明けましておめでとうございます。今年も細々と拙ブログを更新してまいります所存です。拙ブログの記述に誤りや情報などお気づきの点がございましたら、忌憚なくご指摘いただけますとなお一層ありがたく存じますので、今年もなにとぞよろしくお願いいたします

さて、2019年一発目は、昨年最後に掲載した一連の記事を少し引き摺ります。ワタシは、「ピンボールのアートワークの話(2):ポインティ・ピープルを描いた二人のアーティスト」において、「ゴットリーブと言うメーカーの(WilliamsとBallyの両社に対する)独自性をワタシに意識させた」と述べましたが、Gottliebには「ポインティ・ピープル」を採用しなかったということ以外にもう一つ、独自性を感じるポイントがあります。今回はそれについて述べます。

フリッパー・ピンボール機のプレイフィールドには、ボールを弾き飛ばすキノコ型をしたバンパーが付き物です。この機構は一般的には「ポップ・バンパー(Pop Bumper)」と呼ばれますが、本来はメーカーによって異なり、Gottliebは「ポップ・バンパー(Pop Bumper)」、Ballyでは「サンパー・バンパー(Thumper Bumper)」、そしてWilliamsでは「ジェット・バンパー(Jet Bumper)」(当初はBallyと同じく「サンパー・バンパー」と呼んでいた)と呼ぶのが正確なんだそうです。今回は面倒なので「ポップ・バンパー」に統一することにします。

このポップ・バンパーの上部の傘の部分を「キャップ(Cap)」と言って、いろいろなデザインがありますが、特に「スター・バースト(Star Burst)」と呼ばれるデザインは、ピンボールを意味する図象として広く認識されているように思われます。


スター・バーストデザインのポップバンパーのキャップ(チェリーの絵には特に意味はありません)。

このスター・バーストデザインのキャップは、BallyやWilliams、Chicago Coin、はてはなぜか日本のメーカーであるSEGAまでも使用していましたが、Gottliebだけは独自のデザインを使用し続けていました。

ポップバンパーの実際の使用例。
「Big Valley (Bally, 1970)」


「Suspense (Wiiliams, 1969)」


「Big Flipper (Chicago Coin, 1970)」


「Winner (SEGA, 1971)」


最後に「Mibs (Gottlieb, 1969)」


スター・バーストのキャップの部品が各社同じものなのかどうか、そこまではわかりません。しかし、ここまで見た目を統一しなくてもよさそうなものだと思います。現にGottliebは違うデザインで何の支障もなかったわけですし。何にしろ、それが良い事だったかそうでなかったかはともかくとして、この事実は、Gottliebは他社と一線を画するメーカーであるという印象をワタシに植え付ける原因の一つになりました。

なお、Williamsは、1973年代の半ばころから、新しいデザインのキャップを数種類用いるようになりました。Williamsにおけるスター・バーストデザインのキャップは、1974年にはまだ確認できますが、1975年以降の機種では、ワタシは発見できていません。

とまあ、今年もこんな調子でオールドゲームなどのどうでもいい話をぐずぐずと述べて参ろうと思いますので、多少なりともご興味が通じる方がいらっしゃいましたら、ご笑覧いただければ幸いです。
コメント (2)

ピンボールのアートワークの話(6):ゴットリーブの3人のアーティスト・その2:ゴードン

2018年12月28日 22時08分57秒 | ピンボール・メカ
Gottliebのアーティスト三人目は、「ゴードン・モリスン(Gordon Morison、以降ゴードンとする)」です。ゴードンは、1969年の遅い時期に、既にクリスが所属していた「Advertising Posters」に、Gottlieb専任として雇われました。クリスは、「ゴードンとはいつも隣同士で仕事をしていた。我々はそれを好んでいたし、互いにアイディアを相談し、たいへん尊敬しあっていた」と言っています(「The Pinball Compendium: 1970 -1981」に掲載されたクリスへのインタビューによる)。これは、前々回に紹介したMardi-Gras-Man氏の言葉とも符合します(Mardi-Gras-Man氏がこのインタビューを読んでいた可能性もありますが)。

ゴードンは、アートと入れ替わるかのようなタイミングで、「ポインティ・ピープル」全盛の1971年からSS機が完全に普及する1980年までの10年間でおよそ150機種(別バージョン含む)のアートを担当しています。作風はいくつかあり、それらはタイプ別に分けられそうにも思うのですが、ワタシにはそれを的確に分析するだけの技量がありません。ここでは、主にゴードンがデビューした1971年から最後のポインティ・ピープルが描かれた1974年の間の作品を、思いつくままに分類して例示しておこうと思います。

第一のタイプは「サイケ調」です。ゴードンは、デビュー直後の1971年に「Now」と「4 Square 」の2作を描き、また1974年には「Out Of Sight」を描いています。






サイケ調の例。掲載順に、「Now (1971)」、「4 Square (1971)」、「Out Of Sight (1974)」。

サイケデリック・ムーブメントが流行ったのは70年代の前半くらいまででしたが、ゴードンはその後も「Canada Dry (1976)」や「Strange World (1978)」のように、「現代風にアレンジされたサイケ」とも言えそうな画風をしばしば描いています。

第二のタイプは、コミカルなアメコミ調です。このタッチの作品はゴードンのキャリアの前半に多く、また1973年以前の作品には極限まで短いミニスカートの若い女性が描かれることが多いです。






コミカルなアメコミ調の例。掲載順に、「Sheriff (1971)」、「King Cool (1972)」、「Jack In The Box (1973)」。

この作風は、1976年以降になると、「Neputune (1978)」や「Count Down (1979)」に見られるように、後述の「シリアスなアメコミ調」とのハイブリッドのようになっていきます。

第三のタイプは、おそらくゴードンの全キャリアを通じて最も多いと思われる、人物の陰影を意識したシリアスなアメコミ調です。この画風はデビュー作の「2001 (1971)」から見られますが、「ポインティ・ピープル」の全盛期だった1974年まではあまり多くはありません。しかし、1975年以降から徐々に増えていきます。






シリアスなアメコミ調の例。掲載順に、「2001 (1971)」、「High Hand (1973)」、「Sky Jump (1974)」。

1975年以降は、「Atlantis (1975)」や、「Centigrade 37 (1977)」のように、よりわかり易い例が増えてきます。

ゴードンが描くテーマには、近未来、宇宙、ロボット、メカ、神話、魔法など、パルプマガジンにありそうなSFやファンタジーが大変多く、アメコミ調の絵はそれらと親和性が高かったのだと思います。

またゴードンの特徴に、絵のハイライト以外の人物を単色で彩色するという手法がしばしば見られますが、これは、前任者であるアートが「Crescendo (1970)」で採っている手法です。




周辺人物を単色で彩色している例として、「King Pin (1973)」(上)と、前回の記事に掲載した「Crescendo (1970)」(下)の比較。

「Crescendo」は、アートの作風としてはかなり異質で、人物のタッチを除けばむしろゴードンの作風に近いようにも思えます。これは果たして、ゴードンがアートの影響を受けたのか、それともゴードンがアートに協力していたのか(時系列的にはあり得ないことではない)、あるいは全く関係ないのか、現時点では全く見当が付きません。ここでまた一つ新たな謎が出てきてしまいましたが、今までの調査で、アートとゴードンの接点に関する記述は全く見つけられていないため、今回はこれ以上追及しません。

他人様からいただいたアレンジボールのフライヤー画像から始まった、ワタシの長年の謎を解き明かす調査の記録は以上で終了です。思いがけず長引いてしまいましたが、なんとか年内に完結させることが出来ました。ご高覧くださっている皆様にとって、来年も良い年となりますようお祈り申し上げます。

(このシリーズおわり)

コメント (2)

ピンボールのアートワークの話(5):当時のゴットリーブのアーティスト・その1:ロイとアート

2018年12月16日 20時59分25秒 | ピンボール・メカ
「ポインティ・ピープル」が描かれたのは1965年~1973年の9年間ですが、製品寿命自体は少なくとも数年程度はありますので、70年代の半ば過ぎくらいまではまだ「ポインティ・ピープル」はロケーションに残っていました。しかし、1976年前後ころから、それまでエレクトロ・メカニカル(EM)機構で作動していたピンボールに、電子技術であるソリッドステート(SS)が採り入れられるようになり、市場の機械も急速に入れ替えが進んで、「ポインティ・ピープル」が描かれた機械も消えていきました。

EMからSSに移行するちょうど境目のころに開発されていたタイトルの中には、旧式のEM機と新式のSS機の両方でリリースされたタイトルもいくつかあります。「そのようなタイトルの旧式(EM)の方はもっぱら日本に輸出されていたのだが、今は海外の好事家たちの需要で、日本にあるEM版が『逆輸入』される事態になっている」と、先日お会いした、拙ブログをご高覧くださっている方からうかがいました。

いきなり横道に逸れてしまいましたが、今回は、「ポインティ・ピープル」が全盛だった時期でも独自路線を貫いたGottliebのアートワークについて、調べたことを記録しておこうと思います。

Bally, Williams, Chicago Coinsの3社の機械に「ポインティ・ピープル」が描かれていた期間、Gottliebのアートワークを担当したアーティストは(少なくとも)3人います。

一人は、「ロイ・パーカー(Roy Parker、以降ロイとする)」と言う人で、筐体のアートワークを描くアーティストとしては、フリッパー装置が発明される1947年(注1)よりずっと前の1935年から、1966年までの間に300機種近く(バージョン違いも含む)を担当したようです。そのほとんどはGottliebの機械ですが、Chicago CoinsとWilliamsの機械も若干手掛けています。

(注1)一般的には、初めてフリッパーを装備したピンボールは1947年にGottliebが発表した「Humpty Dumpty」とされていますが、これは電気的に作動するフリッパーを装備した初の機種と言う意味です。電気を用いず、純粋にメカニカルな仕掛けのみで作動する「フリッパー」を備えたピンボール機はそれ以前から存在していました。なお、「Humpty Dumpty」のアートワークもロイの手によるものです。


ロイの作例として、「KINGS & QUEENS (Gottlieb, 1965)」のアートワーク。

ロイの画風を何と呼ぶものなのか、ワタシにはその知識がありませんが、デフォルメが殆どなく写実的傾向で描かれる人物は、見るからにオールドファッションドな印象を受けます。しかし、ロイの最後の作品が発表された1966年の時点では、ジェリーが描いた前衛的・先鋭的な「ポインティ・ピープル」はまだ3機種しかなかったころで、WilliamsやBallyにもロイと同傾向のアートワークは残っていました。

二人目は、「アート・ステンホルム(Art Stenholm、以降アートとする)」です。この人は、「ポインティ・ピープル」が登場する前年の1964年から、「ポインティ・ピープル」全盛の1971年まで活躍していたようです。アートの初期の作風はロイとよく似ており、ワタシには違いがあまり感じられません。


アートの初期作品から「KING OF DIAMOND (Gottlieb, 1967)」。前出のロイの「KINGS & QUEENS」と比較すると、タッチに若干の違いは感じるものの、全体から受ける印象はあまり変わらない。

アートのバックグラスアーティストとしてのキャリアは1964年から始まっており、はじめのうちはBallyとWilliamsの両方で描いていますが、1966年からGottliebに描くようになりました。その後は、1967年にいくつかWilliamsでの仕事が混じりますが、1968年半ば以降はGottlieb一社に絞られています。これは想像ですが、アートもクリスと同様ジェリーの作風を模倣するよう要請されたものの、これを拒否して、以降はGottliebに集中したのかもしれません。

アートは、1967~8年頃から若者を多く描くようになり、描かれる女性の服装にミニスカート(しかも時代が下るほど短くなる)が増えるなど、ファッションも現代的になっていきました。また、背景も、近景に対する単なる遠景だけでなく、デザインで埋める作品(SPIN-A-CARD (1969))も見られるようになって、いくらかモダンな印象を受けるようになります。しかし、やはり「ポインティ・ピープル」と比較すると、今一つ垢抜けない印象はぬぐい切れません。




アートのモダンな印象を受ける作品の例として、「SPIN-A-CARD (1969)」(上)とサイケ調の「CRESCENDO (1970)」(下)。ミニスカートの若い女性や背景に施されたデザインが時代の反映に見える。

ところで、「ポインティ・ピープル」以前のピンボールのアートワークと言えば、ロイの作品と同傾向のものが殆どでした。そんな時代の中で、1966年にWilliamsが発売した「8 Ball 」のアートワークは非常に異質です。


「8 Ball (Williams, 1966)」のアートワーク。コミカルな人物の造形は完成度が高く、現代でも通用しそうに見える。

この時代のピンボールで人物をマンガ的に描いている例は「King Pin (Williams, 1962)」や「Hot Line (Williams, 1966)」(共にアーティストは不明)のように、少数ながら他にもありますが、それらは「8 Ball」ほど完成された画風ではありません。この極めて異質なアートワークを描いたのは、これまでに拙ブログで何度か参照しているオランダのウェブサイト「PINSIDE」は、驚くことにアートだとしています

しかし、別のピンボール情報サイトである「The Internet Pinball Database」では、「8 Ball」のアートワークの作者名を特定しておらず、その他のウェブサイトを見ても「PINSIDE」を支持する情報は見つかりません。アートの作風は全作品を通じて概ね一貫しており、これをアートの手によるものとする説には大いに懐疑的にならざるを得ません。しかし、本当であれば、この時代にこのスタイルの作品をもっと残しておけば、「ポインティ・ピープル」と並ぶもう一つの潮流として残っていたかもしれないのにと、残念に思います。

長くなったので、三人目の「ゴードン・モリスン(Gordon Morison)」については次回へ。

(次回「ゴットリーブの3人のアーティスト・その2:ゴードン」につづく)
コメント (2)