オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

1976年のバーリーの新製品騒動の話

2022年06月05日 22時37分34秒 | メーカー・関連企業

頂き物の、デジタルデータ化された古い業界誌を眺めていたら、「コインジャーナル」の1976年6月号23ページに、奇妙な記事を見つけました。その冒頭では、米国バーリー社の子会社だった「バリージャパン」の社長が、「バーリーサービス」、「エスコ貿易」、「マックスブロス」などバーリー社製品の大手ディストリビューターと、バーリー社の新製品について会談を行った、とあります。

さらに記事を読み進むと、バリージャパンが「ブル・マーケット」という6カードビンゴ機の定価を公表し直販に乗り出すかと見られる動きに出たため、ディストリビューターたちが「輸入の総元締めが定価を公表するのは業界事情を無視している」と反発し、バリージャパンの真意を問い正すという内容でした。

この記事を見て、業界紙「ゲームマシン」が、1976年7月1日号(第51号)のフロントページに掲載されたバリージャパンに対する謝罪広告をハタと思い出しました。そこでは、ゲームマシン紙が6月1日号(第49号)に掲載した広告においてバリージャパン社のレターヘッドを無断で使用し、またその内容が、2号前(第47号)に掲載されたバリージャパン社の広告を無断で訂正したことに対して、ゲームマシンの出版元であるアミューズメント通信社の名で謝罪が表明されています。

ゲームマシン第51号に掲載された謝罪広告。

そこで、第47号を見てみると、そこにはバリージャパンの名で、6カードビンゴ機の新製品「BULL MARKET」の全面広告が掲載されていました。

ゲームマシン紙5月1日号(第47号)に掲載されたバリージャパンの広告。

一方、謝罪の素となった第49号には、第47号の広告と体裁が非常によく似た別の広告が掲載されています。

謝罪の原因となった第49号の広告。「バーリーサービス」が広告主と思われる広告が、第47号とよく似た体裁で掲載されている。

改めてこの両者を見比べると、まず、問題となった第49号の方は、第47号とほぼ同じデザインを採りながら、広告主が「バーリーサービス」であるかのようになっています

更に、第47号では「定価¥775,000.-」と記載されているところが、第49号では「定価¥775,000.- (標準小売価格¥1,295,000)」と改変されており、広告の最下段では「本紙47号で価格面で誤解される広告をしました。訂正してお詫びします。」と追記されています。

ワタシがこの紛糾を知ったのは、2019年のことでしたが、何が何だかわからず放置したまま現在に至っていました。しかし今回、コインジャーナル紙の記事を知って改めて調べ直してみて、その騒ぎの本質がなんとなく想像が付いてきたので、「たぶんこうだったんじゃないか劇場」風に述べてみようと思います。

バリージャパン:ワタシたちのペアレントカンパニーが作った「ブルマーケット」というニュープロダクツの広告を載せてクダサーイ。値段は77万5千円デース。これが原稿デース。(第47号の広告)

ディストリビューター一同:ちょ、あんさん、待っとくんなはれや。なんやねんこの77万5千円ちゅうんは。あんさん、わいらディストリビューター通さずチョクで販売始めるつもりでっか。

バーリーサービス:これじゃオペレーターがこの値段で買えるもんと思ってまうがな。それじゃワシらディストリビューターは商売にならんがな。よしゃ、ワシが訂正の広告出したれ。えーと、77万5千円は51台以上の東京渡しの値段でっせ、普通に買おう思たら129万5千円でっせ、と。これだけじゃ不安やさかい、最後にもういっちょ付け足したろか。「本紙47号で価格面で誤解される広告をしました。訂正してお詫びします。」っと。これでよっしゃ。

アミューズメント通信社:訂正広告でっか。なら、前回と同じ体裁にした方が訂正とわかり易いんやないやろか。
バーリーサービス:せやな。ほな、47号の広告の体裁にこれ載せといてんか(第49号の広告ができる)。 これで51号まで3回連続掲載で頼むで。

バリージャパン:オーノー! あなた、なんでワタシたちのレターヘッドのデザイン勝手に使いますか。しかもワタシたち訂正する気なんてナッシングね! Don't licking us! ワタシたち舐めないでクダサーイ!
アミューズメント通信社:こりゃえろうすんまへん。謝罪広告載せよりまっさかい、どうか穏便に頼んます。

アミューズメント通信社:バーリーサービスはん、うちらえろう怒られてもうたがな。
バーリーサービス:そやけど、前の体裁に合わせた方がいい言うたんはあんたはんやないか。でもまあ仕方ないさかい、デザインは変えまひょ。(第50号、51号の広告ができる。)

第50号、51号の広告。問題とされたレターヘッドが消され、値段とお詫びの文章も削除されている。

ワタシの想像がどこまで事実と符合するかはわかりません。しかし、なにかしらのてんやわんやがあって、バリージャパンとディストリビューターの間で話し合いがもたれたという事のようです。

コインジャーナル1976年6月号に掲載された、バリージャパンとディストリビューターの間で会合が持たれたという記事。

バリーサービスが提示した値段が、誰を対象とした値段なのかはわかりませんが、77万5千円で売れればそれで良いというわけではありましょう。一方で、ディストリビューターを介すると129万5千円にもなるときくと、ずいぶん乗せているんだなあという感想は抱かずにいはいられません。


1960年代のTAITO(5):追加情報その3(終)

2021年12月05日 19時15分31秒 | メーカー・関連企業

本シリーズもいよいよ最終回です。今回は「バスケットボール901(1967)」と「ファンタジー(1969)」の追加情報です。これらについてもみなさんから画像や情報をいただきました。本当にありがとうございます。

まずは「バスケットボール901」のフライヤーから。

バスケットボール901(1967)のフライヤー。

60年代のバスケットボールゲームは何種類か見た覚えがありますが、駆け出しのメーカーであったTAITOの「901」がその元祖とも思えません。そこでネット上を調べたところ、案の定米国のMidway社が1964年に「BASKETBALL」を売り出していたとする資料が、pinrepair.comと言うウェブサイト内に見つかりました。

米国MIDWAY社の「Basketball(1964)」のフライヤー(pinrepair.comより)。

MIDWAY社のフライヤーには、「1 or 2 player game」として、「when played  as 1 player, game competes against player」と書いてあるのですが、意味がいまひとつよくわかりません。ひょっとして、ここで言っている「game」とは「ゲーム機」の意味で、機械がプレイヤーの相手をする、と言っているのでしょうか。

さらに、セガ1966年に、やはり「Basketball」と言う名称の類似機種を売り出しています。

セガが1966年に売り出した「Basketball」のフライヤー。

セガの筐体の外観はMIDWAY社製とよく似ており、また「SPECIAL 1 or 2 Players」と一人でも遊べるかのように謳っている点からも、MIDWAYのコピーであるように見えます。

なんにしても、TAITOが「901」を出す前に少なくとも2つの同名先行機種があり、過去記事「1960年代のTAITO(3):追加情報その1」で触れた「ペリスコープ」と同様、ここでも「仁義なき戦い」が繰り広げられていたことが窺われます。

さて、いよいよこのシリーズ最後のトピック、「ファンタジー(1969)」です。この筐体画像も、前述「1960年代のTAITO(3):追加情報その1」で言及した「スポーツマン」と同じ総合カタログに掲載されていました。

ファンタジーの筐体。

コンパネには、昭和時代によく見かけた蛇口のハンドル部分のようなコントローラーが見えますが、これだけではゲーム内容の見当がつきません。

と思ったら、SNSで、「ファンタジーは矢印のとこからピンポン玉が自動発射されて(発射方向はハンドルで操作)、時間内に全ての番号の穴に入ったら景品が出てくるマシン」と、解説画像付きで教えてくださる方が現れました。

説明に添えられていた画像。プレイフィールド手前の中央にあるのがピンポン玉の発射口。

ワタシはこのゲームを見た記憶が残念ながらありませんが、なるほど、このようなゲームなら蛇口のハンドルのようなコントローラーの形状も理解できるというものです。お名前を出してよいのかどうかわからないので仮名で失礼しますが、R-Xさん、どうもありがとうございました。これからもお気づきの点等ございましたらご教示いただけますようお願い申し上げます。

(このシリーズ・終わり)


1960年代のTAITO(4):追加情報その2

2021年11月28日 16時09分06秒 | メーカー・関連企業

60年代のTAITOシリーズの追加情報2回目は、1967年発売の「サンダーバード」です。ワタシは今回のシリーズの1回目、「1960年代のTAITO(1):1964-1967【情報求む】」の中で、この「サンダーバード」について、「ジャンルの見当すらつかず、調べるにしても絞り込みもできない」などと泣き言を言いました。

すると、昭和時代に頒布されていた観光ホテルのパンフレットのゲームコーナー画像を多数掲載するブログ「しいたけと猫が好き」のオーサーであるaccs2014さんから、コメント欄に「JAIA(注・AM産業の業界団体の略称)の資料でちょっとだけ確認できる」との情報をいただきました。そこには1975年に撮影されたという「水上温泉ホテル」のゲームコーナーの画像があり、その中の機械の一つが「サンダーバード」だと説明されていました。

1975年の撮影とされる水上温泉ホテルのゲームコーナー。矢印がサンダーバード。

水上温泉ホテルのゲームコーナーの画像から、サンダーバードの部分を拡大。

カラーで比較的鮮明なこの画像は、しかし残念ながら、サンダーバードの全容までは見えません。そこに、やはり拙ブログにしばしばコメントをくださるEM好きおじさんと言う方が、サンダーバードと思われるゲームの内容として、

クレーンゲームの筐体を利用した、玉を目標に落とすゲームがありました。クレーンを降ろす代わりに可動部からパチンコ玉程度の鋼球を落下させて、下に何個か設置してある目標物の上面に開いている穴に入れるという感じでした。成功すると別の目標にチャレンジできる仕組みだったと思います。外れた玉は傾斜した底板を転がって回収されていきました

とご説明くださいました。さらにEM好きおじさんは続報として、「白黒だが見やすいサンダーバードの筐体画像が、英語版Wikipediaを経由して閲覧できる米国の「Cash Box」という業界誌にある」との情報をくださいました。

「Cash Box」1968年7月号に掲載されていたTAITOの広告から、サンダーバードの筐体。

この画像を見て、これまですっかり失念していた、かつてTAITOの社員だった方から一部をコピーさせていただいていたTAITOの社史本「遊びづくり四十年のあゆみ」の存在を思い出して調べたところ、その64ページに、「四十二年には「ペリースコープ」「サンダーバード」「バスケットボール」「サッカーゲーム」を(中略)発表した」との記述があり、Cash Box誌よりも幾分シャープな筐体画像も掲載されていました。

「遊びづくり四十年のあゆみ」のP.64に掲載されている「サンダーバード」の筐体。コントロールパネルのジョイスティックがはっきりと見える。

実はワタシには、1970年前後富士急ハイランドのゲームコーナーで遊んだ記憶はあるものの、タイトルもメーカーも覚えていないゲームがあったのですが、今回それがサンダーバードであることが判明しました。およそ50年にわたって心の隅に引っかかり続けていた謎が皆さんからの情報によって解明されて、感謝の念に堪えません。本当にありがとうございました。

****************************

ところで、今回の本題とは外れますが、せっかく水上温泉ホテルのゲームコーナーの画像があるので、ついでにこの中に見られるゲーム機を特定しておきたいと思います。

●右手のガンゲームは手前が「スペースモンスター」(太東貿易、72)、奥が「ラットパトロール」(太東貿易、71)。

●左手の手前が「スカイファイターII」(太東貿易、71)、奥のドライブゲームが「スピードランナー」(太東貿易、72)。

●奥壁面のピンボールのうち右が「スパニッシュアイズ」(ウィリアムズ、71)」、左が「キングロッククール」(ゴットリーブ、72)」(11/30修正:キングロックは4P用だが、画像は2P用に付き修正。製造年は変わらず)

●ピンボールの左が「ファンタジー」(太東貿易、69)、そのさらに左が「タイム80」(ユニバーサル、70)。

●浴衣姿の男女二人が興じているゲーム機と、その後ろに見えるドームがかぶさっているゲーム機、およびその左に見える白い浴衣姿の男性が手をついているゲーム機は、残念ながら特定できませんでした。ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければ大変ありがたく存じます。((12/5日追記):その後accs2014さんより「『ドームがかぶさっているゲーム機』は、前々回記事1960年代のTAITO(2):1968-1969【情報求む】で言及している『ゴールデンアーム』ではないか」との示唆をいただきました。確かに筐体側面は赤一色だし、コントロールパネルの様子も一致しているように見えます。また、ドームの中にはアームと思しきものも見え、さらにこのロケがTAITOの縄張りであることから、ゴールデンアームで間違いないと思われます。)

特定できた国産品のうち、「タイム80」は唯一TAITO製品ではありませんが、この機械は1972年頃TAITOの子会社となっていた日本自動販売機社からも売り出されていた(関連記事:ユニバーサル1977)ので、このロケーションはTAITOが縄張りとしていたことが窺えます。

それにしても、今よりも製品寿命が長かった時代とは言え、1975年の撮影にしてはラインナップがやや古く、実際はもう少し早い時期に撮影されたものではないかとも思われます。

さて、先週時点の予定では、1960年代のTAITOシリーズは今回で終了するはずでした。しかし、長年の謎が解けたことからついつい熱く語ってしまい、またテーマ外のトピックも加わって長くなってしまったので、バスケットボール(67)とファンタジー(69)については次回「追加情報その3」に持ち越しとさせていただきます。


1960年代のTAITO(3):追加情報その1

2021年11月21日 15時24分46秒 | メーカー・関連企業

前々回と前回の2回で、かつてTAITOが自社のウェブページで公開していた1960年代の製品リストを記録いたしましたが、元のデータには画像が残されていないばかりかゲームの内容すら明らかでないものが殆どなのが残念でした。

しかし、実に全くありがたいことに、拙ブログをご高覧くださっているオールドゲームに詳しい方々から、コメント欄やSNSで多くの情報をいただきましたので、今回から2回に渡って、前2回の補足を行っていきたいと思います。

最初は、ある方からご提供いただいた、1966年の「クレーンゲームクラウン603」のフライヤーです。

クレーンゲームクラウン603のフライヤー。「あなたの利益をガッチリつかむ!!」のコピーは前作602のフライヤーにもあった。

タイトーは前年に「クレーンゲームクラウン602」を発売しています。602と603を比べてみると、603の方が幾分装飾性が増しているように見えますが、次々と新製品を出すほど当時のクレーンゲームの人気が高かったということでしょうか。

左が1965年発売の602、右が翌66年発売の603。

これらのクレーン機は、それまでコインマシンの商社であったTAITOが、自社ブランド製品の企画・開発・製造を目的として1983年に設立した子会社「パシフィック工業」の製品です。名に冠されている「クラウン」はそのブランド名のようで、60年代にTAITOが売り出した他の機械にも、その名と三本角のクラウンシンボルが見られます。

次は、同じく1966年の「スポーツマン」です。単独のフライヤーはありませんが、1970年前後頃に頒布された総合カタログの中に記載されていることをご教示いただきました。

スポーツマンの筐体。1970年前後の総合カタログより。

総合カタログには製品の説明がないのですが、どうやら背筋や握力を計測する機械のように見えます。そう言えば60年代前半にはコイン作動式の体重計なんてものがAM機の一種として存在していた(米国では今でもショッピングモールやフードコートなどで見かける)ので、その類似コンセプトと言うことなのかもしれません。

今回はもう一つ、1967年に発売された「ペリスコープ」の鮮明な筐体画像をご紹介します。この画像も、前出クラウン603のフライヤーをご提供くださった同じ方からのご提供です。

ペリスコープの筐体。見えにくいが、インストラクションが英語表記で、また背景にあるものから、海外で撮影されたものと思われる。

ペリスコープと言えば、ナムコ(当時は中村製作所)とセガの両社が、このおよそ3年前のほぼ同時期に、同名、同コンセプトのゲーム機を発売していますが、そこに第三の同名機を投入するとはなんとも大胆不敵なことです。

なお、このような潜水艦の潜望鏡を覗いて敵艦に向かって魚雷を撃つゲームとしては、翌1968年サミー(当時はさとみ)が「ソナーアタック」を発売し、さらにその8年後となる1976年には、ユニバーサルがやはり「ソナーアタック」を発売しています。パクりパクられはゲーム機業界の常とはいえ、全く仁義なき戦いの様相を呈しています。

ところで、このペリスコープも、「クレーンゲームクラウン602/603」同様、筐体に三本角の王冠マークが付いているのみならず、ビルボードには「Crown」の文字が描かれています。この、TAITOの「クラウン」へのこだわりに気づいたことが、後にワタシにとって数年に一度の大発見につながるのですが、それは今回のシリーズが終わった後で、また別のトピックとして記録したいと思います。

次回、1960年代のTAITO(4):追加情報その2(サンダーバード(67)、バスケットボール(67)、ファンタジー(69))につづく


1960年代のTAITO(2):1968-1969【情報求む】

2021年11月14日 18時02分10秒 | メーカー・関連企業

前回の記事(1960年代のTAITO(1):1965-1967【情報求む】)には、当該記事のコメント欄のみならず、SNSからもいくつもの貴重な情報をいただきました。本当にどうもありがとうございました。当初の計画では、この「60年代のタイトーの記録」シリーズは今回で終了するはずでしたが、予定を延長し、次回以降ではいただいた情報をご紹介したい思います。

とりあえず今回は、前回の続きで1968年~69年のリストですが、この中にもよくわからないタイトルがございますので、引き続き何かご存知のことがございましたらご教示いただければありがたく存じます。

◆1968年(昭和43年)
・スーパーソニックボンバー
タイトルから、爆撃機テーマのゲームであることは見当がつきますが、筐体の画像はありません。TAITOが1990年に発売した「スーパーソニックブラストマン(「スーパーマン」の権利を侵害しているといちゃもんが付き、のちに「ソニックブラストマン」に改名)」がこのタイトルを意識していたのかどうかはわかりません。

・ダブルスキル
・タッチアンドゴー
・クレージーボール
これら3機種は全く見当がつきません。なんとなく、アップライト筐体またはウォールマシンタイプの小型プライズ機に付けられそうなタイトルのように思えないこともないですがあくまでも想像(妄想の方が近いか)です。

◆1969年(昭和44年)
・インテリジェンスコンピューター
一般市民にとって「コンピューター」とは「よくわからないが、最先端科学技術を結集した、とにかくスゴイもの」だった時代(関連記事:TRON(Bally/MIDWAY, 1982)」ならではのコインマシンですが、これで何ができたのかは不明です。筐体画像は70年前後のTAITOの総合カタログ画像の中に見ることができます。それによると、筐体にモニター様のものが見えますが、この時代にCRTを載せた筐体があったとも思えず、おそらくはリアプロジェクターで何かを表示していたのではないかと想像しています。

1970年頃のTAITOの総合カタログに記載されていた、「インテリジェンスコンピューター」の筐体。四つ足のデザインが時代を感じさせる。

参考として、翌1970年、ナムコ(当時は中村製作所)は「ミニコンピューター」という娯楽機を発売しています。こちらはいくつかの質問に答えるとふさわしい職業が画面に表示されるというものでした。「ミニコンピューター」は、マジックミラーで鏡となっている筐体のスクリーンに、バックライトを当てることによってスライドを投影するという機構で、正しい意味でのコンピューターが使われているというわけでは(当然のことながら)ありませんでした。

参考画像:中村製作所の「ミニコンピューター」のフライヤー。筐体は、インテリジェンスコンピューターよりもずっとファンキーでポップなデザインになっている。

・ゴールデンアーム
ターンテーブル上を回る景品をスイングするアームで落とすプライズ機です。ゴールデンアームには立派なフライヤーが残っています。

ゴールデンアームのフライヤー。69年時点で現代と遜色ないフライヤーが作られていたことに、若干の驚きを感じる。

参考として、70年代の半ばには「ジャガー」と言うメーカー(よくわからないのですが、当時のディストリビューターであった「ツムラ」の関連企業?)が、ゴールデンアームと同コンセプトの「SUPER SCOPE」を売り出してヒットし、ほどなくしてそのデラックス版と銘打った「クリーン・スイープ」も出しました。これらの機械についてはその後、ツムラ他利害関係者の間でなにやら深刻なもめ事があったという話を業界誌で読んだ覚えがあるのですが、資料が見つかりません。また、90年代には大平技研と言うメーカーが「ジャンボヘキサ」「ゴールデンヘキサ」など6人用の大型機に仕立て上げており、これらもヒットしていました。


参考画像:ゴールデンヘキサのフライヤー。

・ファンタジー
これも、上記「インテリジェンスコンピューター」が記載されていた総合カタログに記載されています。

ファンタジーの筐体。

コントロールパネルには、昭和時代によくあった水道の蛇口のようなものが付いていますが、ゲームの内容は想像がつきません。ただ、筐体前面の最下段には景品取り出し口と思しきものが見えるので、プライズ機だと思われます。

ところで、今回掲載している画像のうち、「ゴールデンヘキサ」を除くすべてのソースは、拙ブログをご高覧くださっているある方から以前にいただいていたものです。その方からは、前回の記事についての補完情報もSNSを通じていただいており、次回以降に活用させていただく了解も得ております。本当にありがとうございます。

次回「1960年代のTAITOの追加情報」につづく。