オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

まんがアックス第119号・「特集つげ義春」発売中!

2017年10月29日 21時55分25秒 | スポーツ・マンガ
その昔、「月刊漫画ガロ(以下「ガロ」)」という漫画雑誌がありました。日本のマンガ史を語る際には必ず言及される雑誌ですので詳しい説明はそちらに譲るとして、ワタシからは、1964年の創刊以来、新たな才能を輩出し続ける媒体として日本のマンガ界において特異かつ重要なポジションを占めた雑誌だったとだけ説明しておきます。

ワタシは1975年4月号から、編集部内でのゴタゴタで休刊と復刊を二度繰り返しながらも、結局二度と立ち上がることがなくなった2002年の三度目の休刊まで、発売されたガロはすべて読み続けてきました。現在は、かつてのガロ編集者によって立ち上げられた「青林工藝舎」による、ガロの精神を引き継ぐ雑誌を標榜する隔月刊誌「アックス」を購読し続けています。


アックス119号の表紙。今月下旬に発売。

ワタシがガロに興味を持ち始めたのは、まだワタシが小学生であったおそらく1969~70年ころ、少年サンデーだったか少年マガジンだったかに掲載されていた特集記事(当時の少年漫画誌は、マンガだけでなく、「世界の不思議100!」とか「日本の心霊現象50!」などといった、週刊誌のワイド特集のような記事が毎回あった)に、「今注目の新人マンガ家××人!」というものがあり、その中で、つげ義春(敬称略・以下同)が、彼の代表作の一つとされる「ねじ式」の一ページと共に紹介されていたのを見たことに始まります。


少年漫画誌の特集記事に紹介されていた「ねじ式」の1ページ。

なぜかわかりませんが、とにかくこのたった1ページを見ただけで、ワタシは「ガロが読みたい」「なによりねじ式が読みたい」と、常にガロに恋い焦がれるヘンな子供となってしまいました。

ワタシのその夢がかなうのは、1972年の秋ごろだったように記憶しています。都立大学駅近くの古本屋で発見した「月刊漫画ガロ 1968年6月臨時増刊号」に「ねじ式」が掲載されており、なけなしの小遣いで買って帰りました。しかし、これは紛失してしまい、今は手元にありません。この号の掲載作品の一つ「海辺の叙景」の一コマに、万年筆で「おっ、モーリス・ロネ」と落書きがあったことを覚えていますが、今、誰かの手元にあるものでしょうか。それともごみとして焼かれるなり埋められるなりして朽ちてしまっているのでしょうか。

今回のテーマからは余談になりますが、やはり1970年前後くらいの時期に、富士ゼロックス社のTVCMに使用されたイラストに強烈に痺れ、作者を知りたいと気に留め続けていたら、やはり古本屋でページを繰っていたガロの中に同じ画風を発見し、「花輪和一」という人の作品であることが判明したという事もありました。どうやらワタシには、それがどういうものかはわからないものの、「ガロ的」なものに反応する何かが組み込まれているようです。

その「アックス」ですが、今月下旬に発売された第119号の特集が、「つげ義春」です。つげの誕生日は1937年10月30(今気づいたけど、明日だ!)とのことで、表紙には「生誕80周年 祝・トリビュート」と謳われています。ワタシはたいてい学芸大学駅商店街の本屋で買っていますが、普段は2冊しか入荷しないのに、今号は7、8冊が平積みとなっていました。店長に聞くと、やはり今号は特別で、特に巻頭の林静一、池上遼一、南伸坊各氏による座談会は貴重なので欲しがる人が多いと思って、とのことでした。

という事で、今回は「読もう! アックス!!」という宣伝で終わりたいと思います。

【小ネタ】「ERASE」(セガ・1974?) 金鉱脈のすぐ隣を掘っていたゲーム

2017年10月22日 19時55分12秒 | ビデオゲーム
今月上旬にラスベガスで開催されたG2Eショウの記録は、写真の整理が追い付かないため、今回は小ネタでしのがせていただきたいと思います。もし、楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

ワタシは、拙ブログの記事「それはポンから始まったのだけれども(3) スペースインベーダー以前のヒットゲーム」で、1976年に米国ATARI社から発売されたパドル&ボールゲーム「BREAKOUT」(別名ブロック崩し)に言及いたしました。そこでワタシは、BREAKOUTが「熱中してやり込む中毒者が発生した初のビデオゲーム」と述べ、そのヒットとなった要因のひとつに、「従来は二人で対戦するゲームが多かったが、BREAKOUTは一人で遊べるゲームであった」ことを挙げています。

しかし実は、「BREAKOUT」に先立つ1974年に、ブロック崩しとよく似た発想を含んだ「CLEAN SWEEP」というパドル&ボールゲームが米国RAMTEK社から発売されており、日本ではセガがライセンスを受けて「ERASE」というタイトルで売り出していました。ワタシは1975年頃に一度だけ、目黒駅近くのゲームセンターで「ERASE」を遊んだことがありますが、その頃のワタシはまだパドル&ボールのゲームが滅法下手だったので、ろくに遊べないうちにゲームオーバーとなってしまい、以降二度と遊ぶことはありませんでした。

 
セガの「ERASE」の画像。どちらも1975年頃に発行されたセガの総合カタログより。アップライトと、今でいう「ミディ筐体」に近い筐体の2種類が発売されていたことが窺われる。元ネタであるRAMTEK社の「Clean Sweep」のフライヤーはこちら

「ERASE」も一人で遊べるゲームで、ボールをパドルで弾き返して画面いっぱいに表示されているドットに当てて消すというゲーム性も、ブロック崩しと通じるものだったのですが、それほど普及することもなくいつの間にか姿を消し、今の時代にこの機種を記憶されている人は世界に一体何人残っているだろうかと思うようなタイトルとなってしまっています。それはおそらく、「ERASE」では、ボールはドットに当たっても反射することなくただ直進し、フィールドの壁でのみ跳ね返るというものだったため、ブロック崩しと比較するとゲーム展開の変化に乏しいゲームだったことがその大きな原因ではないかと思います。

しかし、動画サイトにアップされている「CLEAN SWEEP」を今見ても、これが「BREAKOUT」のヒントとなっていた可能性は否定できないように感じます。あるいは、RAMTEK社やセガが、ここからもう少し粘り強く思考を掘り下げていれば、ブロック崩しに発展できていたかもしれません。そんなわけでワタシは、「ERASE(CLEAN SWEEP)」を、ブロック崩しに先んじて鉱床の近くに辿り着きはしたものの、掘り進む方向が少し違ったために鉱脈を逃してしまい、歴史に名を残すこともなく埋もれて行った不遇なゲームだと思っています。

新・ラスベガス半生中継 2017 年G2E(予告編)

2017年10月15日 22時57分11秒 | 海外カジノ
9/30日から10/6日まで、ラスベガスに行っておりました。
目的は、ゲーミング及びその周辺業界の見本市「Global Gaming Expo(G2E)」の視察です。
ただ、多忙のため拙ブログへの反映が遅れております。今回はとりあえず予告編として、ショウ会場の様子の画像を少しだけ掲載してお茶を濁し、追って多少詳しくご報告しようと思います。


最大のスロットマシンメーカー、IGT社のブース。


オーストラリア発のアリストクラート社のブース。今最も元気なメーカーと言えるかもしれない。


日系企業では、このコナミとアルゼが出展。


アタリのアステロイドやタイトーのアルカノイドをリメイクしたゲームも出展されていた。これでペイアウトのあるゲームをするつもりなのか・・・?

この他にも、バーリーやWMSを吸収したSG社や、ヨーロッパ系のスロットマシンメーカー等も多数出展していました。