オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

AM産業と業界誌の謎(3)

2022年05月15日 22時11分38秒 | 歴史

先日、拙ブログでこれまでしばしばご紹介しているカナダのCaitlynからメールが届き、「前々回の記事に掲載されている『アミューズメント紙』がヤフオクで売りに出されている。何か有用な情報があるかも」と教えてくださいました。さっそく見てみると、そこに見本として掲載されている画像はワタシが保存している画像と一致しています。ワタシはそれらをTwitterで拾ったと思っていましたが、ここから拾ったものを勘違いしているのかもしれません。オークションの説明文には、

 ◆ アミューズメント 古新聞
 ◆ 日本アミューズメント工業協会
 ◆ 昭和レトロ  昭和44年5月 1969年
 ◆ 発行部数が、全日本遊園会員の会員誌の為、ほんのわずか
   一般娯楽業者には配布されませんでした

とありました。この中の、「日本アミューズメント工業協会」と、「全日本遊園会員」は、今後の調査において重要なキーワードになるかもしれないという予感がします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
さて、ここからが前回の続きです。前回は、「次回はその複雑な業界団体の変遷について調べたことを記録しておこうと思います」と述べていますが、その時点のワタシは、日本のAM業界の団体の複雑さを本当に理解していませんでした。

日本の歴代AM業界団体は、昭和16年(1941)に設立された「児童遊園地協会」以降全部で16団体がありました。それらがさまざまな紆余曲折を経て、現在の17番目の団体「日本アミューズメント産業協会(JAIA)」に至っています。

しかし、過去の16団体には、類似する名称はもちろんのこと、全く同名、あるいは同じ略称を持つ団体が存在しており、それが離合集散を繰り返しているため、情報の収集と整理はしばしば困難を極めました。今でも本当にこの認識でいいのかと不安が残っているくらいです。

そのような団体を逐一前回記事のように説明するのは、いたずらに退屈な記事が長くなるだけになりそうな予感がします。そこで今回のシリーズは、これまでに判明した16の業界団体を成立順に一挙に列挙するとともに、どの団体がどんな業界誌紙を刊行してきたかを記録するにとどめて、結論としたいと思います。

①児童遊園地協会
 設立:昭和16年(1941)5月
 解散:昭和18年(1943)6月
 備考:遠藤嘉一が実質的なリーダー。
 
②日本遊園施設協会
 設立:昭和33年(1958)
 解散:昭和42年(1967)5月
 備考:この段階ではまだ全国的な組織にはなっていなかった。

③関西遊園施設協会
 設立:昭和37年(1962)
 解散:不明
 備考:→昭和42年(1967)、④全日本遊園施設事業協同組合(JRE)に吸収される。

④全日本遊園施設事業協同組合(JRE)
 設立:昭和41年(1966)
 解散:昭和46年(1971)
 備考:昭和42年(1967)、③関西遊園施設協会を吸収
 業界誌「全日本遊園」刊行

全日本遊園誌70年4月号表紙。

⑤日本アミューズメント工業協会(NAMA)
 設立:昭和42年(1967)
 解散:昭和46年(1971)
 備考:→⑦日本遊園施設協会とともに昭和46年(1971)⑧全日本アミューズメント協会
 業界紙「アミューズメント」刊行

アミューズメント紙 昭和44年5月1日号。Caitlynからの情報がさっそく活かされた。

⑥日本遊園施設工業協会
 設立:昭和43年(1968)1月
 解散:昭和46年(1971)
 備考:関東の業界団体。46年1月設立の⑦日本遊園施設協会に統合される。

⑦日本遊園施設協会(JREA)
 設立:昭和46年(1971)
 解散:昭和48年(1973)?
 備考:⑥日本遊園施設工業協会を吸収→⑩全日本遊園協会(JAA)に統合される。

⑧全日本アミューズメント協会(JAA)
 設立:昭和46年(1971)
 解散:昭和55年(1980) 
 備考:⑤アミューズメント工業協会と⑦日本遊園施設協会を統合。→⑩全日本遊園協会(JAA)へ
 業界誌「アミューズメント」刊行→⑩全日本遊園協会(JAA)刊行の「アミューズメント産業」へ。

アミューズメント誌創刊号 1972年1月号。

⑨日本オペレーターユニオン(JOU)
 設立:昭和46年(1971)
 解散:不明
 備考:1973に法人化、日本娯楽機械オペレーター協同組合に改称(JOUは変わらず)

⑩全日本遊園協会(JAA)
 設立:昭和48年(1973)7月
 解散:昭和55年(1980)
 備考:⑦と⑧を統合。会長遠藤嘉一。→⑪JAMMA、⑮NAO、⑯JAPEAへ
 業界誌「アミューズメント産業」刊行

現在のロゴとは異なる、アミューズメント産業誌76年3月号(上)。その奥付(下)は、体裁や所在地など前身の「アミューズメント」時代と共通する部分が多い。

⑪日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA) 1981~1989 →⑯JAMMAへ
⑫日本アミューズメントオペレーター協会(NAO) 1981~1985
⑬全日本遊園施設協会(JAPEA) 1981~1989
⑭全日本アミューズメントマシンオペレーター連合会→全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU) 1985~2018
⑮日本SC遊園協会(NSA) 1985~2012 2012年、⑬JAPEAとともに⑯日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)に統合。
⑯日本アミューズメントマシン協会(JAMMA) 1989~2018 ⑪JAMMA+⑬JAPEA+⑮NSA
⑰日本アミューズメント産業協会(JAIA) 2018~現在 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

以上がワタシの調査結果です。ここで特筆しておかなくてはならないのは、⑪の日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)までの業界団体のほとんどに、遠藤嘉一氏がキーパーソンとして関与していることです。戦前から一貫してAM産業の発展に寄与し続けた遠藤氏は、1977年に勲五等双光旭日章を授与されています。

遠藤氏の叙勲を報じるゲームマシン紙1977年5月15日号。

正直なところ、ワタシは遠藤氏がどんなことをされてきたのかについてはとんと無頓着でおりました。しかし、今回業界団体の歴史を調べていくうちに、日本が世界のAM業界をけん引するまでに至った過程で長年にわたって終始業界発展に貢献されてきたことがわかり、いまさらながらその偉業に感服いたしました。

なお、現在はウェブ上でバックナンバーを無料で公開していると呼ぶべきアミューズメント通信社の「ゲームマシン」紙も、全日本遊園協会(JAA)から分派してできたものだったと聞いたか読んだかしているのですが、確認できる情報が見つけられないまま時間切れとなってしまいました。この件について何かご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければありがたく存じます。

(このシリーズおわり)


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考になさって下さい (yagiza#hatii)
2022-05-21 20:39:39
https://www.youtube.com/watch?v=s0jKOUdIsQg&t=1s
Unknown (nazox2016)
2022-05-22 21:35:52
yagiza#hatiiさん、おかげさまでアミューズメント紙の成立の経緯がわかりました。ありがとうございます。
これからも、何かお気づきのことがございましたらご教示いただけますようお願い申し上げます。
本当にありがとうございました。

コメントを投稿