オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

プライズの上限価格、21年ぶりに改訂

2022年03月05日 21時51分53秒 | その他・一般

*毎週日曜日更新を目指す拙ブログですが、次の日曜日はお出かけの予定があるので、今日のうちに更新しておきます。

業界誌「アミューズメント産業」1975年10月号には、ゲームセンターのオペレーターの業界団体である「日本娯楽機械オペレーター協同組合(略称JOU・ジョウ)」によるプライズ機の景品の広告が掲載されています。

アミューズメント産業1975年10月号に掲載されている、JOUによるプライズ機の景品の広告。今ではメジャーとなったベビースターラーメン(この当時は10円だったと記憶している)も見える。

この頃、ゲームセンターのプライズマシンが提供できる景品の市価は、「ゲーム料金の3倍」とされていました。当時のゲーム料金は10円が相場でしたから、景品は30円が上限と言うことになります。

しかし、ゲームの結果によって景品を獲得するという遊技は風俗第7号営業(現在の4号営業≒パチンコ店)に限られているはずで、ゲームセンターのプライズ機は風営法違反となりかねない営業です。この矛盾を解消するため、プライズ機が風俗7号営業とされていた時代が70年代の前半頃にあったはずなのですが、その具体的な時期や風俗営業から外された理由などの詳細は判明しておらず、ワタシにとって究明すべき謎として残されています。この件についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひお話をお聞かせください。

プライズ機の景品の上限価格は、その後200円、300円、ワタシの思い違いで、300円時代はどうもなかったようです(3/9追記))500円と時代に合わせて上がり続けてきましたが、それらは警察庁から口頭で業界のトップに伝えられるのみで、明文化されたのは2001年に通達された解釈運用基準からです。この時に「物品の市価」は「おおむね800円」とされ、長い間これが上限とされ続けてきました。

それが去る3月1日、警察庁生活安全局は、プライズ機が提供できる物品の小売価格を「おおむね1000円」に引き上げる通達を各都道府県警察などに送りました。

3月1日に通達された風適法解釈運用基準から、プライズ機が提供する物品の市価に言及している部分。

規制が緩むこと自体は歓迎できますが、しかし、この200円アップによりどの程度の変化が現れるのかはなんとも見当が付きません。日本の経済は長いあいだデフレと言われており、最近は所得は伸びない(むしろ下がっている)のに物価は上がるというスタグフレーションの様相を呈しつつあります。そんな中、アジア諸国の所得は伸び、既に日本と同等もしくは超えている部分もあるそうです。今回の規制の緩和が、上限価格800円では景品のレベルを維持できないことの現れではないかと言う不吉な懸念を感じますが、どうかこれが杞憂でありますように。


2021年のハイライト

2021年12月26日 20時27分50秒 | その他・一般

ご高覧くださっている皆様に励まされ、今年も1年なんとか続けることができました。本当にありがとうございます。今年最後の更新は、今年アップした記事の中からハイライトをまとめてみようと思います。

【スロットマシン/メダルゲーム】関連
今年は7件を追加。sigmaが頒布していたビンゴ・ピンボールの遊び方を解説するフリーペーパーをeメールを介してお分けする企画では、予想を超えるお申し込みをいただきました。その節はありがとうございました。
・「sigmaのフリーペーパー「ビンゴゲーム入門」(1985)」(7/18)

また、おそらくこれが「初期の国産メダルゲーム機」シリーズ最後となるであろう
初期の国産メダルゲーム機(10)プント・バンコ(SEGA,1975)」(8/1)
も公開しました。


【ピンボール・メカ】関連
こちらも今年は7件を追加。「初期の国産フリッパーピンボール機」シリーズが本格始動しました。
・「初期の国産フリッパー・ピンボール機:カーニバル(セガ、1971)」(2/14)
・「初期の国産フリッパー・ピンボール機:サッポロ(セガ、1971)」(7/4)
・「初期の国産ピンボール機:エクスプローラー(セガ、1972)【在庫整理】」(12/12)

また、カナダ在住のCaitlynさんからメカに関する情報をたくさんいただきました。
・「IPDB、こまやなど日本製5機種をリストに追加」(1/17)
・「カナダからの手紙 with オールドゲームコレクション」(1/24)
・「【追加・訂正】「カナダからの手紙 with オールドゲームコレクション」に情報追加(その1)(その2)」

【歴史】関連
拙ブログで最も重視しているカテゴリーで、今年は10件を追加しました。そのうち6件は、2002年に開催された「パチンコ・パチスロフェア2002」で行われていた、パチンコの歴史を紹介するパネル展示でした。
・「PPフェア2002より昭和のパチンコ(1):宝くじ(久野義博、1948)」(8/8)
・「PPフェア2002より昭和のパチンコ(2):昭和7年のパチンコ機製造現場」(8/15)
・「PPフェア2002より昭和のパチンコ(3):終戦直後(昭和20年代)のパチンコ」(8/22)
・「PPフェア2002より昭和のパチンコ(4):昭和30年代」(8/29)
・「【号外】「PPフェア2002より昭和のパチンコ(4):昭和30年代」の補完情報」(8/30)
・「PPフェア2002より昭和のパチンコ(5):昭和40年以降」(9/5)

 

また、6月には「パチンコ誕生博物館」館長の新刊「ものとものと人間の文化史 186 パチンコ」が発刊されました。

・「法政大学出版局「ものと人間の文化史 186 パチンコ」のご紹介」(6/13)

【ビデオゲーム】関連
今年の追加は3件。セガロゴが現在のものに変わった時期の混乱に言及しました。
・「【小ネタ】「ROAD RACE」(SEGA, 1976)とセガロゴの話」(10/9)

また、今では生活必需品となっているコンピューターが、まだ一般民衆にとって魔法の技術だった時代は記憶しておきたいものです。
・「TRON(Bally/MIDWAY, 1982)」(10/31)

【ロケーション】関連
今年は2件を追加しましたが、どちらも意外なほど大きな反響をいただきました。
・「オモロン西新小岩店の記憶」(4/18)

・「ロンゴロンゴ(sigma, 1993):最もバブリーなロケーション」(9/19)

【メーカー・関連企業】関連
今年は、全カテゴリー中最も多い15件を追加。号外を含んで7回にも及んだ「Sega Price List 1977」シリーズは海外からのアクセスも非常に多くありました。
・「Sega Price List 1977(1):表紙と会社案内系その123456号外」(3/7~4/11)

また、富士電子のダイスゲームと「1960年代のTAITOシリーズ」は、ご高覧くださる方々からたくさんの情報をいただき、多くの謎が解明されました。
・「富士電子工業(FDEK)のダイスゲームとその後」(10/16)
・「1960年代のTAITO(1):1964-1967【情報求む】」(11/7)
・「1960年代のTAITO(2):1968-1969【情報求む】」(11/14)
・「1960年代のTAITO(3):追加情報その1」(11/21)
・「1960年代のTAITO(4)追加情報その2」(11/27)
・「1960年代のTAITO(5)追加情報その3」(12/6)

【海外カジノ】関連
Covid-19のせいで、丸2年もラスベガスに行けておりませんが、今回は2005年に解体されてしまった老舗カジノホテル「ウェストワード・ホー」の想い出1件を追加しました。
・「ウェストワード・ホー(ラスベガス)を懐しむ」(6/20)

【その他・一般】関連
今年は、閉鎖の危機に瀕する聖地存続のための募金をお願いしました。
・「貴重なゲーム遺産施設の存続にご寄付のお願い2件」(2/21)

もうひとつ、2月には拙ブログが5周年を迎えたということで、記念の記事を挙げましたが、残念ながらあまり反響はありませんでした。
・「ブログ開設5周年/PHoF移転資金目標額達成/アマゾニアン(Sega, 1978)」(2/28)

なお、次の日曜日は元旦につき更新はお休みさせていただき、次回更新は1/8の予定とさせていただきますので、なにとぞご了承ください。皆様におかれましては、どうぞ良い年をお迎えいただけますように。


ブログ開設5周年/PHoF移転資金目標額達成/アマゾニアン(Sega, 1978)

2021年02月28日 12時51分48秒 | その他・一般
2016年2月28日に開始した拙ブログは、本日を以て開設5周年を迎えました。

調子に乗ってバーチャル記念メダルなんてものを作成してみたりして。

拙ブログを始めたことで、海外を含む多くの方々がお声がけくださり、貴重な情報や機会をご提供いただきました。かつては息切れして更新が滞ることもたびたびありましたが、ここ数年は最低週1回更新の目標を(内容の質はともかくとして)概ね達成できております。これも偏にご高覧くださる皆様のご支援、ご声援に助けられての結果です。本当にありがとうございます。最近はコロナ騒ぎでネタを拾ってこれないのと、またもや少しスランプ気味で、次のネタがなかなか出てこないのですが、まだまだ頑張って行きたいと思っておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

話はガラッと変わりますが、前回の記事「貴重なゲーム遺産施設の存続にご寄付のお願い2件」で取り上げた2件のロケーションのうちの一つ、ラスベガスの「Pinball Hall of Fame」は、クラウドファンディングの目標額20万ドルに達したとの報告を、facebook他で行いました。ワタシが最後に見たときの寄付金総額はまだ13万ドル程だったのですが、匿名で7万9000ドルもの大口の寄付があったとのことです。


PHoFがfacebookで公表した目標額達成の報告。

今やラスベガスのアイコンの一つとなっている同所のこのニュースはラスベガス・レビュージャーナルをはじめマスコミ各社も取り上げました。あとは、いつCovid-19が終息してくれるかです。

今回は短いので、この機会に、一つの記事に取り上げるには足りない「想い出のゲーム」ネタをひとつご紹介しておこうと思います。


アマゾニアン(Sega、1978)のフライヤーの表と裏。

アマゾニアン(セガ、1978)は、4人用のガンゲームです。この機械が画期的だったのは、プラスチックの弾を自動的にロードして本当に撃ち出すことと、もう一つ、銃を的に向けないと弾が出ない「マジック・セーフ」機構が備えられているところでした。ワタシは、わざわざ「マジック・セーフ」が本当に機能するかどうかを確かめるために100円を投じて遊んだものでした。そのくらい、当時は機械が光を認識して機能するということが不思議で物珍しいことだったのです。

ワタシはアマゾニアンを、都立大学駅前にあった「マジックランド」(関連記事:ゲーム場チェーン「マジックランド」の記憶)
https://blog.goo.ne.jp/nazox2016/e/1187f654c31489411cdc323dab8583c0
というゲーセンでしか見たことがありません。もともとが大型で相当の設置面積を要することと、ほどなくしてスペースインベーダーの歴史的大ヒットによりビデオゲームブームが到来し、ゲーム施設のインベントリーがほとんどビデオゲーム(しかもテーブル筐体)で占められるようになったことも、あまり普及しなかった理由ではないかと想像しています。

【緊急】貴重なゲーム遺産施設の存続にご寄付のお願い2件

2021年02月21日 20時29分52秒 | その他・一般
ピンボール・ホール・オブ・フェイム(PHoF)」と言えば、ピンボールファンなら知らぬものは無いと言っても過言ではない、ラスベガスにあるピンボールの聖地で、拙ブログでもこれまで何度か触れています。
そのPHoFが、現在地からストリップ沿いに引っ越すという計画が発表されたのは、2018年半ばの事でした(関連記事:ピンボール・ホール・オブ・フェイム(ラスベガス)、移転か?)。

その後、なかなか動きが無かったのですが、昨年の春に、やっと計画が本格的に動き出されたことが明らかにされ、ファンに期待をもたらしました(関連記事:新PHoF、いよいよ始動!)。

しかし、折り悪くコロナウィルスによってラスベガスにやってくる観光客がほとんど完全に途絶えたため、当初の財政計画では建設費用が捻出できないという事態に追い込まれています。

建物はほぼ完成しており、現在の場所からは5月6日までに出ていかなければならないとのことで、このままでは、リーマンショック時に多数発生した新築の廃墟の一つに新PHoFが仲間入りしてしまいかねません。そこでPHoFは、不足が見込まれる移転費用を調達するクラウドファンディングを募っています。拙ブログをご高覧下さっている皆さんにも、よろしければご寄付のお願いをしたいと思います。

Pinball Hall of Fame Las Vegas needs HELP!


***************************

もう一件、こちらはニューハンプシャー州にある「American Classic Arcade Museum」も、コロナウィルスのため、運営資金調達のための活動ができなくなり、存続の危機に立たされています。こちらは、ワタシは行ったことが無いのですが、アーケードゲームの歴史を残そうと奮闘されているNPOですので、協力させていただきました。皆様におかれましては、できましたらこちらへのご支援もお願いいたします。

2021 Fundraiser for The American Classic Arcade Museum


どうぞご一考いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

新年のご挨拶2021

2020年12月31日 21時17分23秒 | その他・一般
ワタシは1998年以来毎年複数回、ラスベガスに巡礼をしていましたが、昨年はコロナの世界的蔓延のため、24年ぶりにラスベガスに行かない(行けない)年となりました。1年で失効するカジノの会員ステータスを維持できなかったので、来年は平会員になってしまう事でしょう。

そのラスベガスですが、ストリップエリアで見られる人の殆どは観光客ではないのだそうです。そんな状態なので、週末しか営業しないカジノホテルも出ていると、付き合いの長いカジノホストからSNS経由で聞きました。

最近になってようやくワクチンができたかのような報道がされるようにはなりましたが、コロナ禍はまだ終息時期の見当がつかない状態です。皆様におかれましては大過なき年をお過ごしいただけますよう祈念いたします。

今回は年の始めのご挨拶として、49年前のセガの広告をご紹介して終わろうと思います。


アミューズメント産業1972年1月号(創刊号)の表2に掲載されたセガの広告。

画像は、業界紙「アミューズメント産業」の1972年1月号(創刊号)に掲載されたセガの広告です。事実上の初めての商用ビデオゲーム「PONG」が登場する年(関連記事:それはポンから始まったのだけれども(1) 業務用ビデオゲームの黎明期の記憶)であり、またメダルゲームと言う市場が確立される年(関連記事:「メダルゲーム」という業態の発生から確立までの経緯をまとめてみた)ではありますが、この広告の時点ではまだエレメカ機ばかりです。その中には、同年2月に開催される札幌オリンピックにぶつけたと思しきフリッパー・ピンボール機「SAPPORO」や、間もなくそのブームの終焉を迎えるボウリングテーマの「プロ・ボウラー」(関連記事:プロボウラー(セガ、1972)に関するメモ)が見えます。

また、「オリンピア・マークIII」(関連記事:オリンピアとワタシの関わりの記録)が見えるところから、1964年に風営許可を得たオリンピアが、この頃はまだ現役だったことが窺えます。

ところで、この広告に見られるゲーム機はどれも時代を感じさせるものなのに、晴れ着姿のねえちゃんは今でも何の違和感もなく通用してしまいそうに思えるのは、いったい何がどう違ってのことなのでしょう。「普遍性」とは何なのか、少し考えさせられてしまった今年の始めでした。