生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プレイボーイの正念場(?)

2008年06月27日 | 芸能ログ

 

○石田純一がついに決心! 長谷川理恵に「アタック」宣言

 

       ‥ 石田は復縁説も浮上している元恋人でタレントの長谷川理恵との関係について「ここからが本番。夏は生命力が上がってくる季節なので、どんどんアタックしていきたい」と長引いていた関係に一気にケリを付ける決心を明かした。

 ‥   長谷川の名前こそ口に出さなかったものの「よく(記事に)書かれる方と冬に別れたけれど、夏が終わるまでにスパートをかけていきたい」と包み隠さず宣言。今回のイベント開始一時間ほど前には別場所で長谷川がイベント会見を行っていたとあって、報道陣から「先ほど(長谷川に関係の事を)聞いたけれど……」と突っ込まれると「先ほどって。まぁ、特定の名前はあれだけれど、(長谷川の)新しい恋愛が確定した訳じゃないし、まだまだ分からない。引き分け(の状態)で先送りしていましたから。今までは助走みたいなもので、これからは一気にいきます」と決意の固さをのぞかせた。

 ‥ 目と目があってドキドキした」と長谷川との“決戦”を前に胸を躍らせていた。


 

  

コメント

死に神とは‥

2008年06月27日 | 時事社会ログ

 

○「死に神」に被害者団体抗議=「侮辱的、感情逆なで」

 

        13人の死刑を執行した鳩山邦夫法相を「死に神」と表現した朝日新聞の記事について、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」は25日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「死刑執行を望む犯罪被害者遺族も死に神ということになる。侮辱的で感情を逆なでされた」とする抗議文を、同日付で朝日新聞に送ったことを明らかにした。
 抗議文で同会は「法律に従って執行を命じたにすぎない法相を非難することは、法治国家を否定することになる」と批判。記事の意図などについて同社に回答を求めた。

 

 

 死に神って、一応、神様なんですよね。死を司る神様。う~ん、最終的な執行のGOサインを出すのは法務大臣ですけど、死刑を決定するのは裁判官になる訳か。重犯罪者の刑罰の最高に重い刑である死刑を決めるから、まあ、裁判官(判事)は死を司る神、的なトコロはあるように見えるよね。そこで保留されている死刑に、執行のGOサインを出す法相も、まあ、そういう意味、死を司る神、的にも見えるかな。

 でも、悪い意味でいう死に神、というのは、本当は、死刑判決が下されるような、人間として極めて残酷・冷酷な殺人(ほとんどのケースが複数)を犯した、死刑囚たちそのものだろう。普通イメージされてる、悪い意味での『死に神』とは、正に凶悪殺人犯たちだ。

 これだけ毎日毎日、恐ろしい殺人事件が起こっているのに、死刑は絶対に失くす訳にはいきませんよ。 
 

  

    

コメント

復活!

2008年06月25日 | スポーツログ

 

○“不要の烙印”リストラトリオ! 巻き返し“原”動力

 

         タツノリ再生工場! 原巨人は、交流戦で優勝こそ逃したが14勝10敗の好成績を収め、貯金を持ってセ・リーグ後半戦へ。巻き返しの原動力は意外にも、他球団から“不要”の烙印を押された男たちだった。

 今季推定年俸6500万円のキムタクこと木村拓也外野手(36)。2500万円の大道典嘉外野手(38)。1850万円の古城(ふるき)茂幸内野手(32)。3人合わせても、清水1人の1億1500万円に及ばないトリオが、にわかにスポットライトを浴びている。

 あるコーチが「この3人がいなかったら、ウチは今ごろもっとひどい位置にいただろう。大道などはチーム最年長にも関わらず、試合後も打撃練習場に遅くまで残って打ち込んでいる」と大絶賛した。

 巨人がクライマックスシリーズ圏内のセ・リーグ3位に辛うじてとどまっていられるのも、3人のおかげといっても過言ではない。

 「この活躍は、故障者続出があったからこそ。3人とも、チャンスに食らいついて離すまいと必死なのだろう」 ・・・ 

 

 

 良いですねえ、こういう話って。何だか、元気や勇気がもらえるような、良い話ですね。

 「再チャレンジ」という言葉を掲げていた、安倍首相の内閣でしたが、あの「再チャレンジ」という言葉そのものは、実に良い響きを持って我々の心を鳴らすような、正に名言!と呼びたくなるような、疲弊する国民に希望の鐘を鳴らせてくれそうな、大変良い言葉でしたが、あの「再チャレンジ」という言葉はとうとう何の、実体や実感の欠片も見えないままに、正に幻の如く、いつの間にか消えてしまった、切ない言葉でした。

 我々が希望を持って見上げた「再チャレンジ」という大変カッコイイ言葉は、霧の中でボーっと見えた、蜃気楼よりもタチの悪い、まるで実体の欠片も見えない、幻の影でしかありませんでした。

 国民がその若い力を期待した安倍首相の内閣は、蜃気楼そのものか、最後は砂の城があえなく崩れるように消えてしまった、いったいそんなものがあったのか、と言うような内閣でした。それは、確かに国民の目に見えてないやったこともたくさんあったのでしょうけど、印象的には福田現内閣よりも影が薄くてイメージが悪いですね。安倍さんが最後にほっぽり投げてしまったからでしょうね。「再チャレンジ」?そんなもの知るか!「再チャレンジ」なんてまやかし言葉、言ってるような暇は無い事態だ、こんな苦痛な状況に耐えられるか、とにかく俺は逃げ出すぞ、たまらん!後は知ったことじゃない、ということで終わってしまって、結局、「再チャレンジ」という言葉そのものも、幻の残像さえも残っていないような次第となりました。

 再チャレンジ!良い言葉だったんだけどなあ。

 この記事のタイトルに掲げる、「復活!」という言葉は、別に、安倍晋三さんにもう一度国政を担ってもらいたい、と思っている訳ではありません。そんなもの、とんでもない。もういいです。安倍さんのリーダーは終わりました。もう二度とありません。福田康夫首相は、早く解散総選挙やってくださいよ~。いつまで国民を待たせてるんですか!?

 東北楽天イーグルスの山崎武司選手は、オリックス時代に何度も二軍落ちして戦力外通告まで受け、引退を考えていた程だったけど、東北楽天イーグルスへ行き、見事というか、奇跡的な復活を見せた。

 楽天イーグルスへ行った山崎選手は、楽天のパリーグ参戦初のペナントレースで、後半4番を任され、シリーズ25本塁打を打った。07年には、シーズン43本塁打108打点でパリーグの2冠王を取る。すごい!

 山崎選手は、08年現在39歳で楽天チームの文句無い主軸バッターであり、チームリーダーであり、楽天現チーム不可欠の存在。すごい!これは本当に素晴らしい復活劇ですねえ。みんなに元気と勇気を与えてくれる。

 巨人軍の木村選手も大道選手も古城選手も同じですね。彼らの頑張りが、日本人みんなに元気と勇気を与えてくれる。

 良い話だなあ。 

 

コメント

エドはるみ 2

2008年06月24日 | 芸能ログ

 

○イメージガール就任でエド・はるみがグ〜封印!?

 

       サッポロビール「サッポロ 北海道生搾りみがき麦」のイメージガールにエド・はるみが起用され就任式が。「ルックスもハートもみがかれた女性」という理由での抜擢。今回はお約束の「‘グ〜’ではなく「商品リニューアルということで『ニュ〜』を推していきたい」と。

 

○千原ジュニアらがエド・はるみに毒舌エール 

 

       お笑いタレントの千原ジュニア(34)ら吉本興業のタレントが22日、日本テレビ系「24時間テレビ」でマラソンランナーに選ばれた後輩のエド・はるみ(年齢非公表)に辛口エールを送った。都内でTOKYO MXのバラエティー番組「水野キングダム」(火曜、後11・00)の第2弾DVDの発売会見にジュニアらが出席。「FUJIWARA」の原西孝幸(37)などは「(エドの)好感度が上がるのがうざったい。2時間くらいで走って、時間を余らせまくってほしい」と、ジェラシーをバーニング~!させていた。

 

○エド・はるみ さっそく練習スターティング~!

 

       お笑いタレントのエド・はるみが23日、24時間マラソンで完走を果たすべく練習をスタートさせた。エドが自身のブログ「エド・はるみの本日もGood!(グ~)」で明らかにした。

 22日更新分「スタートする日々」によると、この日は「曇り空。暑過ぎず、丁度いい感じ」のマラソン日和。完走を目指すエドの手元には「いちばんわかりやすいマラソン完走プログラム」なる入門書も届いた。

 本番まではわずか2カ月。準備期間の短さが心配されるが、エドは「マラソン記録、ここで報告して行きマンモス!」とやる気十分。自らの成長ぶりを同ブログで報告していくことを宣言し、ゴールに向けて第1歩を踏み出した。

 

 

 週刊誌ネタですけど、礼儀正しく、芸能界、吉本興業内では挨拶はパーフェクトだ、と言われていたエドはるみさんが、最近、天狗になっている、という噂らしい。年増デビューだが若手芸人のエドはるみさん、一年でも二年でも先輩なら、自分の子供でもおかしくないような歳の若手芸人にも、「兄さん」と呼んで敬語を使っていたらしい。

 週刊誌記事の見出し文章をまんまで写すと、「最近、エドはるみが、『天狗になっている』『売れた途端、挨拶もロクにしなくなった』と、若手や中堅の芸人達から非難轟々なんですよ」‥、弱りきった顔で話すのは、エドが所属する吉本興行の関係者だ‥。ということなんだそう、らしいですね。

 大ブーム的に言うと、「ゲッツ」のダンディー坂野、ギター侍の波多陽区、レーザーラモンHG、と続いて来て、まあ、確かにTVには時折出てるけど、ブームは去ってしまって過去の人たちで、「そんなの関係ねえ」の小島よしおもそろそろブーム的には終わった感じ。今年はエドはるみが現れ、グーグー体操であれよあれよと登り詰めて来て、ブームと言えるくらいの大人気を取った。

 遅咲きの女お笑い芸人エドはるみは、今や、同じ事務所の若手女お笑い芸人二人を従えてCDデビューし、大企業のCMにも起用され、7月6日からはTBS系の連続TVドラマに、女優として出演する。日テレの看板年中行事、24時間テレビの花形、24時間マラソンの挑戦役にも抜擢された。

 もう、44歳になるんですねえ。お笑いを生業としながらも、昔マナー講師をやっていたという、上品さも垣間見えるし、明治大学を卒業した常識人の知性も何となく窺える。元々、プライドは持ってる方だろうから、立場変われば態度も変わる、というところでしょうかね。

 エドはるみさんは大阪人じゃないからなあ。上沼恵美子タイプでビッグになって行くキャラじゃないしなあ。このままお笑いを続けて行く、というよりは脇役の女優で納まりそうな感じがするなあ。演技の腕次第では、何らかのドラマで主演も張れるかも知れない。ただし、残って行けば‥の話だけど。女優関係で残るんじゃないかなあ。お笑いでは、何か、続きそうな気がしないんだよなあ。

 エドはるみさんは、人気面では、今は一時期の天下を取ってる訳だし、次から次と新人の才能が出て来る、弱肉強食のお笑い芸人の芸能世界だし、品川裕初め先輩になる若手芸人達が嫉妬で何だかんだと文句を言ったって、はっきり、売れるか売れないかという実力の世界だし、仕方が無いわなあ。負け犬の遠吠え、としか見られないよなあ。

 口惜しさをバネに頑張らなきゃ仕様が無いんだろうけど、お笑いというのはこれはもう、持って生まれた才能がありますものねえ。才能プラス運。お笑いの才能は感覚的なものだろうから、努力ではどうにもならないものがかなり大きそうだな。

コメント (2)

エドはるみ

2008年06月20日 | 芸能ログ

 

○エド・はるみが『24時間テレビ』マラソンランナーに決定!

 

       お笑いタレントのエド・はるみが日本テレビ系『24時間テレビ31 愛は地球を救う』(8月30日(土)よる6時30分スタート)で恒例の“チャリティーマラソン”に挑戦することが19日(木)朝、同局の『ズームイン!!SUPER』で生発表された。

 ‥  昨年のランナーを務めた萩本欽一から「今年のマラソンランナーはあなたに決定です!」と突然告げられたエドは何度も「えっ!?本当ですか?」と信じられない様子。実は、同マラソンに出場したいという夢を持っており、6年前から「勝手に走って練習してました。HPにも、そのことを書いていて(スタッフに)いつか目に触れて欲しいと思っていた」と驚きの表情を浮かべながら率直な感想を語った。

 だが、今の気分を聞かれるとすかさず「グ~!」とお決まりのギャグを披露。その後、遅咲き芸人らしく「コツコツやれば叶うものもあるんだと思っていた」と萩本も「頑張れる人だと思うよ!」と嬉し涙する一幕もあった。萩本も「生きてきた40年を思い出しながら走って!沿道の皆さんからたくさん言葉をもらえて、走り方を教えてもらえる。ゴールした時の画は持っているんだからね!」とエール。ラストには、エドが萩本にゴール地点となる日本武道館で“グ~”ポーズでの合体を熱望していた。

 

 

 TV番組で、「うたばん」とNHKの思いっきりベタなドラマ、南キャン静ちゃん主演のボクシングテーマの新番組ドラマ、交互にチャンネル変えながら見てた。静ちゃんのドラマは、ボクシングなめとんのか!?と思いながら見てた。

 「うたばん」ゲストのエドはるみが最後に、自分のネタを体操振り付けにした歌を歌っていた。売れないデブ女芸人コンビを従えて、CDデビューしたらしい。

 エドはるみは人気があるなあ。お笑いタレントで、まだ新人ワクに居るのかなあ。年増だけど、呼び名は若手芸人でしょうからね。この先、3、4年先まで残るかなあ?残ってたら、ドラマとかでけっこう普通の役をやってそう。コメディーのお笑いワクじゃなくて。最初はお笑いワクから入って行って、けっこう普通にドラマのタレント女優になりそうだなあ、脇役の。残ってたら。冠番組持って司会取るタイプじゃなさそうだしなあ。

 上に掲げた24時間TVのマラソン役の発表にしろ何にしろ、TVバラエティーでやることは、もう全部、「ヤラセ」に見えるから、はっきりそう思ってるから、何でも半分はしらけて見ちゃうなあ。

 でも、タレントにしたら、特に大御所でない人たちは、24時間で走ったらクローズアップされるし脚光浴びるし話題になるし、やりたいタレントは多いんだろうなあ。

 エドはるみさん?まあ、どっちでもいいなあ。

 まだ、お笑いブームの渦中にあるのかなあ?昔の漫才ブームは、70年代末に始まって、どのくらい続いたんだろう?「俺たちひょうきん族」の人気がなくなってた頃は終わっていたしなあ。漫才ブームは5年くらいは続いたのかなあ。過ぎてみたらはっきり淘汰されていて、ほんの何組かだけ残っていたのは生々しかった。今回の若手お笑いブームはまだまだ続いているんだろうけど、けっこう人気パワーが落ちて来ている感じ。最近、東京キー局放送のバラエティーで、めっきり見なくなった芸人さんもけっこう居るしね。

 最近は24時間TVって、終わり頃の、マラソン走者がメイン会場に入って来るあたりしか見なくなったね。

  

 

 (6/23)エドはるみさん、7月からTVドラマに出るんですね。つまり、役者もやる。CMも2、3本出ているし。CD出したし。DVDは出てるけど、単独のはまだないのかな?
 

コメント

無力な弱者への凶悪卑劣犯罪

2008年06月19日 | 時事社会ログ

 

○無差別殺人への抑止効果?宮崎勤死刑執行

 

        埼玉県と東京都で88年から89年にかけて起きた幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)に対する死刑が17日、執行された。確定から約2年4カ月後で、異例の早さ。鳩山邦夫法相(59)による死刑執行は就任後4回目、計13人。鳩山氏が認めた死刑は、凶悪事件の発生後に執行されるケースが多い。『オタクの象徴』といわれた宮崎死刑囚の場合、今月8日に東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件のような犯罪の抑止効果を狙った『見せしめ』との見方が出ている。

 ‥ 公判でも意味不明の発言を繰り返した被告の「心の闇」は解明されないまま、日本犯罪史上に残る事件は唐突な形で幕が閉じられた。

 ‥ 異例の早さに加え、宮崎死刑囚の執行がこのタイミングで行われたことに、ある『思惑』を疑う声が出ている。今月8日に発生した秋葉原の事件との関連だ。オタクの負の面を象徴する宮崎死刑囚の執行と、オタクの聖地・秋葉原での無差別殺人事件と関連づけ、犯罪の抑止効果を狙ったというもの。 

 ‥ 宮崎死刑囚の執行のタイミングに“見せしめ”的な意味があったかどうか、今後議論になる可能性もある。 ・・・

 

○昨年度の「児童虐待」、過去最多の約4万件

 

        昨年度、全国の児童相談所で対応した「児童虐待」の相談対応件数が、過去最多を更新し、4万件を超えることが17日、厚生労働省の集計(速報値)で明らかになった。

 集計は、児童相談所に寄せられた通報や相談の中で、相談所が虐待と判断して保護などの措置を講じたものを対象に、各都道府県と独自に児童相談所を設置している19市の計66の自治体から集めた。

 ‥ これまで児童相談所には、家庭への立ち入り調査などの権限はなかったが、児童相談所の権限を拡大した改正児童虐待防止法が今年4月1日に施行した。改正法では、虐待の疑いのある保護者に対して出頭要請を出し、2度応じない場合は裁判所の令状を得て、強制立ち入り調査が行える。 ・・・

 

 

 昔の人は仇討ちというものをしていて、武士だったら仇討ちをやり遂げたら、逆に褒められたりしたものでしょうが、近代国家になって国は、人民から仇討ち権を奪っちゃった。だから例えば僕に小さな子供が居たとして、卑劣な変態野郎に無残に殺されて、僕が恨みを持って、地獄の底までも追い掛けて行って、犯人をぶち殺して、我が子の仇討ちを果たしたとしても、殺人罪で警察に逮捕され裁判に掛けられ、先ず、情状酌量で死刑にまではならなくとも、重ければ十年近い実刑の判決が出るのでしょう。

 人民は警察に犯人逮捕の協力こそ出来ても、自らが捕まえて、仇討ち的に刑の執行をしては、決してならないことになっている。自分の手で捕まえるときに、犯人に大怪我をさせたら、正当防衛が証明されなければ、多分、暴行障害になるんでしょうね。

 『死刑』ということで考えたのですけど、無差別複数殺人の凶悪犯人が捕まり、死刑が確定し、その死刑執行が、被害者遺族の方々の手で直接なされて、自分の愛しい人や子を殺されて、恨みを抱く遺族たちが竹槍か何かを各々が持ち、前の十字の立ち木に括られて、今か今かと死刑執行を待たされている死刑囚に対して、国家の監視の下、遺族に死刑執行という仇討ちを許した場合、果たして遺族は竹槍で、犯人に向かって復讐の一突きを行えるだろうか?と思いました。

 ここまで読まれて、こいつ変なコト考えるな、馬鹿じゃねーの?って思われた方は多いでしょうが、自分の愛した人や子供を、強盗や変態の殺人鬼に殺された遺族の人たちは、みんなきっと、一度はこの手でぶち殺してやりたい、と思っただろうな、と僕は考えますが、そういう遺族の気持ちを刑罰にストレートに反映すれば、こういう形になるのかな、と思って。

 前に十字に固定された、憎悪の対象の死刑囚に対して、自らの手で復讐権を遂行出来る人と、つまり竹槍でぶち刺すことが出来る人と、恨み骨髄の気持ちにあっても、いざ殺人行為となるととても出来ない人も居るでしょうね。案外、今の相対的に平和国家に暮らす人々には、自分の手で直接、復讐を成し遂げる、という行為は出来ないような気もする。

 いえ、こういう一見アホーなことを想像したのも、『死刑』って何だろうな?と思ったときに、人民から復讐権を取り上げた国が、代わりに復讐として処罰してあげているのか?やはり、社会秩序というのが一番大きな意味なのかな、とか考えた訳で、法律というのは社会秩序を保つ為にある訳ですけど、宮崎勤やこの前の秋葉原無差別殺人犯みたいな、凶悪な殺人鬼の犠牲になった被害者の遺族の気持ちは、本当にもうたまらないものがある訳でしょうから、どうしても絶対許せないもので、死刑として国家に処罰してもらい、自分たちの復讐感情を少しは(もう帰っては来ないので少しでしょうが)納得させる、ということになるのかな、と思いました。

 宮崎勤のような凶悪殺人鬼の死刑執行までに、捕まえてから20年掛かる。中国みたいに即死刑執行と、早いのならば何ですけど、捕まえてから執行までに20年とか、ひょっとして犯行時に精神的に異常だったということが通れば限りなく無実に近づく可能性もある、という話なのであれば、凶悪犯罪抑止効果はかなり薄れるのではないか、という気がします。鳩山法相になってから死刑執行が13人出ていて、雰囲気的に何だか無感動にポンポン死刑執行に許可印を押しているような感覚を持ちますが、まだ死刑執行を待つ死刑囚は現在百人も居るという。

 新聞の雑誌の広告の見出し文で、アキバ無差別殺傷の加藤容疑者が、早くも自分は精神病だと訴えてる、という一文がありました。こういう大量無差別通り魔は自分が死にたくてやってるんじゃないのか?と驚きですが、いざ、落ち着くとやっぱり死にたくはないのでしょう。

 死刑執行に際して、法相も許可印を押すのも、実際に取り行う執行官も、本当に嫌なものでしょう。誰でもそんな仕事はやりたくはないですよ。

 僕は、死刑には犯罪抑止効果はある派、ですねえ。誰でもいいから殺してやりたいなどという殺人犯も、増加して来ているように思えるし、この間の江東区の星島のように、同じマンション階の女性をビデオやゲームのように監禁・陵辱してみたかった、騒ぎになるから殺した、みたいな冷酷殺人犯も出て来ているし、教育や社会構造を変えて行かなければならない、とかいっても、勿論必要ですが、漠然とし過ぎているし相当難しい問題だし、凶悪犯罪には厳しい刑罰が必ず執行される、ということは必要だと思っています。

 それから、世の中で一番無力な弱者である子供を、大人が、イイトシした青年が、性的に扱い暴行したり、あるいは殺してしまったり、虐待したりするのは、最も卑劣な犯罪行為です。小さな子供に虐待行為をした大人には同じ目に合わせて、小さな身にどれだけ苦しい目に合わされたかを、身を持ってよく教えて、子供を性欲対象にして殺した馬鹿は、やっぱり極刑しかありませんよ。

 

コメント

待たれる、解散総選挙

2008年06月18日 | 時事社会ログ

 

○衆院選「負け」覚悟の決断できるの?首相の消費税発言

 

       福田康夫首相が17日のインタビューで消費税率引き上げに言及したことは、今後の税制改正や自民党内での消費税論議に一石を投じそうだ。ただ、来年秋までにある衆院選を考えるとすぐには進められないだろうという冷めた見方もある。

 ‥  自民党内では、早期の消費税率引き上げを掲げる与謝野馨前官房長官らの「財政再建派」と、引き上げに慎重な中川秀直元幹事長らの「上げ潮派」との対立がある。中川氏らは最近では「1箱=1000円」のたばこ税の増税で財源不足を補うべきだとも主張している。こうした中、首相は消費税率引き上げを財源確保の「王道」に掲げ、国民的論議になることへの強い期待をにじませた格好だ。

 ‥ 自民党内には、衆院選への影響から、「負け覚悟の決断が首相にできるだろうかだろう」(閣僚経験者)との声がある。

 

 

 もういいから早く解散して、総選挙をやってくれ。



 

コメント

You Tube

2008年06月15日 | ミュージックログ

 

 え~と、ねえ、この僕のBlogは、05年11月からやっていて、Goo Blogの中のBlog数は100万サイトを越える数あって、訪問者数か閲覧数かは知らないけど、毎日、上位1000位までのサイトは順位が出る。1000位/100万サイトという率ですね。

 僕は、僕のこのBlogはたった一度だけ、この上位1000位以内に入ったことがあって、その日は実は何も記事書き込みしてない日だったんだけど、閲覧数636で順位895位。初めて1000位以内に入って、順位が出た。調度、秋葉原が大騒ぎになっていた当時だ。この間ですね。今までで一番閲覧数が多かった時は、八百何十という数字が出たことがあったけど、上位1000位以内には入らなかったと見えて、順位が出なかった。同じくアキバのニュースで、例の沢本あすか嬢のことを書き込んだ時だ。

 最近は、ネットのYou Tubeの動画で、昔お気に入りだったミュージシャンたちの動画を見ているが、つい熱中して時間を忘れて、気がついたら深夜に2時間以上見て(聴いて)いたということがある。

 僕は中学生の頃、ビートルズに熱狂して以来、80年代まで(90年代初めくらいまで)、英米のロックやポピュラー音楽に嵌まり込んでいて、当時、お気に入りだったミュージシャンはいっぱい居る。You Tube動画で、その英米アーティストたちの昔や現在のライブ演奏や熱唱シーンが無限のように見れる(聴ける)のは、こんな嬉しいことはない。

 今や東京で、話題の中心、超人気スポットになっている、副都心線開通でキーステーションとなる新宿三丁目あたりに、昔あった輸入盤専門のレコード屋で80年頃買って、失くしていたアルバムの中の超お気に入り曲、カーリー・サイモンの「Jesse」の最近のライブ映像が、You Tubeで見つけて見れて、嬉々として胸踊り喜んだ。良いなあ、Jesse、名曲!

 モチ、日本の昔の、フォークミュージシャンやアイドルたちの歌も視聴してますけどね。  

 

○東京メトロ:副都心線が開業 鉄道ファンら列

        県西部と池袋、新宿、渋谷の3大副都心を結ぶ東京メトロ「副都心線」が14日開業し、いずれも同線と相互に乗り入れる東武東上線の和光市駅(和光市本町)と西武池袋線の飯能駅(飯能市仲町)で、セレモニーが行われた。ホームでは鉄道ファンらが列を作り、車両の撮影を楽しんだ。

 

 まあ、東京メトロ・副都心線、といっても、今の僕にはほとんど関係ありませんけど。全くない、か。

 

コメント

アキバ無差別殺傷続報

2008年06月14日 | 時事社会ログ

 

○「直近の最大不満は職場」=トラブル翌日準備開始-秋葉原殺傷で加藤容疑者

 

         17人が死傷した東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された派遣社員加藤智大容疑者(25)が警視庁万世橋署捜査本部の調べに、「直近で最大の不満は職場だった」と供述していることが13日、分かった。
 続いて、人生をさかのぼって親への不満を口にしており、捜査本部は複合的な不満がうっ積した状況で、職場のトラブルが直接の引き金になった疑いもあるとみて調べている。
 携帯電話サイトの掲示板には「彼女さえいればこんなに惨めに生きなくていいのに」などの女性に関する記載もあるが、調べではあまり口にしていないという。
 調べによると、加藤容疑者は8日午後零時半ごろ、秋葉原駅近くの交差点で、トラックで突入して通行人をはねた後、殺傷力の高いダガーナイフで次々と人を刺した。3人がはねられ、4人がナイフの一突きで死亡したほか、10人が重軽傷を負った。

 

 

 誰でもみんなそうだろうなあ。みんな、職場には不満はいっぱいあるし、親にも育って来る間には、いっぱい不満はある。

 だけど、ほとんどの人は殺さないんだよね。ましてや、自分と何の関係性も無い人を、無差別に殺したりはしない。

 殺してしまったら、もうそれで終わりだよね。死んでも殺しても、もうそこで絶対、終わり。何も始まらないし、何の創造性も無いし、とにかくそこで全て、何も生まれず何も無い。そこで絶対的終わり。死ぬのも殺すのも。

 この男は、県下随一くらいの優秀な高校を卒業したらしいけど、携帯サイトの掲示板に書き込んでいる事柄・文言や、行動からはまるで知性は窺えないし、頭の良さはさっぱり感じられないなあ。

 この男が頭が良いとはとても思えないなあ。

 しかし、99年の、下関駅に乗用車で突入してひき殺し、車を降りてからは包丁で無差別に斬り付けて回った、9年前の類似性の高い殺傷事件の犯人は、国立九大工学部出身で一級建築士を持っていた男だったしなあ。あの事件は、5人が殺害されて多数の負傷者が出て、死刑判決が出ているが、犯人の男が少年時代から精神的な持病を持っていたので、弁護側が控訴し続けている。

 こういう、自分の不満の爆発が無差別殺傷へと向かうヤツは、納まることはなく、定期的な感じで出ているし、何だか最近は増えているような気もする。

 突然の急襲だから逃げようが無いよなあ。防ぎようが無い。

 こういうヤツが出て来ない社会を作って行くしかない訳だけど、漠然としていて難しい問題だよなあ。

 格差社会の是正は急がれるが、時代が時代だし、政権与党も大企業もまるでやる気無いようだしなあ。とにかく、現状の派遣制を無くして欲しい。希望も無く保証も無い、格差社会の一方の大きな悪因である、『派遣』という職制度を。 

コメント

秋葉原通り魔殺傷事件

2008年06月10日 | 時事社会ログ

  

【秋葉原通り魔事件】悲しみ深く… 献花台に友人ら

 

        7人の命を奪った東京・秋葉原の無差別殺傷事件。発生から丸2日たった10日も、事件現場に設けられた献花台には、被害者の友人、知人らが献花に訪れた。突然、大切な人を失ったショック…。悲嘆に暮れ、そして犯人に憤った。

 ‥ 小学校で同級生だったという女性は、献花台に花を添えた後、その場に泣き崩れた。

 ‥ 「犯人に憤りを感じる。死刑にしてやりたい」と激しい口調で、凶行に及んだ加藤智大容疑者(25)を非難した。

 ‥ 事件当時、現場に居合わせた人たちも、心の傷は癒えない。東京都渋谷区の会社員、八木洋一郎さん(26)は「今でも思い出すと怖い。亡くなった人たちのことを思うと、ずっと心が痛かった。だから手を合わせに来ました」と、静かに話した。

 

○<秋葉原通り魔>「本当に申し訳ありません」 容疑者両親、謝罪 母は崩れ落ちる

 

        父は深く頭を下げ、母は泣き崩れた--。秋葉原7人殺害事件で、加藤智大容疑者(25)の両親が10日夜、青森市の実家前で事件後初めて記者会見。父親(49)は「息子が重大な事件を犯し、亡くなられた方、そしてけがをした方、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 ‥ 父親は「社会に与えた不安もかなりあったと思っております。本当に申し訳なく思います」と頭を下げた。そして「本日警視庁の事情聴取が終了しました。皆様にお答えできる内容はかなり難しいと思いますが、おわびだけ申し上げます」と毅然とした表情で述べた。

 ‥ 記者団から「事件を防げなかったのか」などの質問が出たが、父親は「捜査の関係もあり、この場ではお答えできない」。社会的責任を問われると「謝っても謝っても償いきれません。まだ心の整理もついていない」と三度頭を下げた。加藤容疑者については「(取り調べに)正直に述べてくれればと思います」と、原因解明を捜査に託し、約5分で終了した。

 

 

  両親や兄弟など家族親族は、親戚も含めて大変だろうなあ。親父さんは何とか平静を保ちながら喋ってたが、手が震えてるオバサンの方は泣き崩れた。両親の顔を見せないで流していたが、親父さんの方は棒読み的に、ちょっと無機質に近いような、感情の籠もらない話し方で、逆に印象を悪くしてマイナスに働くのではないか、と心配されるような謝罪だったが、あれが精一杯だったのだろう。

 この先、家族・親族は本当に大変だろうと思う。今は生きた心地がしないだろう。死にたいくらいに悩んでいるだろう。家族や親族などに取っては、とんだ災難に見舞われたようなものだ。

 見るからに普通の家庭である。何処にでもある、ごく一般的な 家庭で、特別、変わった教育をして来た訳でもないだろう。家屋もちゃんとした一戸建ての住宅で、そんなに貧乏した家でもなかったろう。これは親のせいではない。個人の問題だ。親の教育方針が家庭の在り様が、殺人マシンの如き怪物を作り上げたのではなく、犯人の個性だと思う。でも、勿論、世間は親に家族に責任を問う。世間は、殺人鬼を世に送り出したと、責め続けるだろう。兄弟がいれば、娘は縁談は無理だろうし、就職もかなり難しくなる。家族はこの先、とてつもなく生きて行き辛くなる。親父さんもどんな顔して職場に行けばいいのか。職場によっては辞職を迫られるだろうし。本当にとんでもない災難だ。自分らが育て、一緒に暮らして来た息子のせいで。

 ごく一般的な普通の家庭に育ち、この事件の犯人と同じように、孤独感を持ち、疎外感や不満やイライラを抱きつつも、毎日過ごしている人間は、この日本国中では多分、すごくいっぱい居るんだと思う。こういう本当に馬鹿馬鹿しい、残虐な行為は、頭の中に描いてみるだけの人間も、けっこう多いと思う。ただ、やるかやらないかは全く違う。現代に限らなくとも、昔から、世の中そのものに対して漠然とした恨みを抱いている人間なんて、数多く居ただろう。どうして、俺はあたしはこう、人生がうまく行かないのか。自分の生まれながらの容貌も才能も、親も育った家庭も境遇も、社会も神様・仏様をも恨み憎む者は、これまでの日本で多分、ものすごい数の人間が居たと思う。世の中がなくなってしまえばいい、と思った者も多いだろう。多分、ヤケクソに、数多くの人間を殺してまわればスカッと気持ちが良いに違いない、と想像した人間も数多いだろう。でも頭の中で想像するのと、やってしまうのは全く違う。天と地との差がある。

 現代の世界中には3万発から5万発といわれる核兵器が有り、これの全部の殺人能力は、人類を60回全滅出来るだけの力があるという。今、目の前にこのボタンがあれば、押してしまいたいと思う人間も、実際、けっこう居るんじゃないかと思う。案外、多そうな気がする。この加藤智大という男も、目の前にボタンがあれば押してるんじゃないか、と思う。

 絶望して、硫化水素ガスで自殺しようとする人間も居れば、このアキバ事件犯のように、爆発的にとんでもない大量殺戮を考える人間も居る。

 後で知ったんだけど、殺人犯・加藤の家は4人家族で、両親は智大が子供の頃から非常に教育熱心だったんですね。智大が思春期・青年前期になった頃から、両親の仲が悪くなり、一家が核家族化したらしい。現代の少子化の家庭では、親の期待が数少ない子供に一心に集まる。親が注ぎ続ける、相当に重苦しい愛情と期待。二、三年前くらいだっけ、奈良の医師宅での少年が、異常に教育熱心な父親が居ない間に、家に火を放ち、継母と腹違いの妹を焼き殺した事件。あれを思い出した。仙台だったか、教育熱心な母親を高校生の息子が殺した事件。・・・・・・・・・・・・・・・・



 

 

    

コメント