生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お笑いのブサイク

2010年10月26日 | 芸能ログ

 

インパルス堤下 子どもから「ただのデブ!」

 

   お笑いコンビ、インパルス堤下敦が10月25日(2010年)のブログで、大学祭出演での出来事を書いている。

   インパルスが登場すると、最前列に子どもがいた。2人が喋り出そうとすると、その子どもが「板倉(俊之)しか知らない!」と言ったのだという。

   堤下はこれが聞き捨てならなかったようで、その子どもに「じゃあ僕は何だと思っていたの?」と聞いたところ、今度は「ただのデブ!!」と返ってきた。堤下によると、どうやらその子どもはインパルスを板倉ただ一人だけのことを指すと思っていたようなのだ。

   落胆する堤下。その大学は医大だったが、「今の学生さんが卒業してお医者さんになったら僕を細くしてください」「またそのちびっ子に会う時には、インパルスは板倉さんと中肉中背の人と覚えてもらうようにしてもらいたいと思います」と書いている。

 

 

 普通一般にイケメンや美少女がもう最初からルックスだけで得をするように、お笑いという世界では姿態を、というか、特に顔つきだったりするけど、見るからに笑いを誘う容姿だと、それは得をする訳だ。一般社会では、周囲のみんなから馬鹿にされたりからかわれたり時にはイジメにあったりする容姿が、この世界だけは得をする場合がある。それは見るからに気持ち悪い部類の、人に不快感や嫌悪感を与える顔つきだと別だが、肥満体型やブサイク顔つきが“愛嬌”的に捉えられたとき、お笑いの世界では最初から一つの成功を得ている。ホストやアイドルの世界で美男美女の容姿に恵まれた人が、最初から優位に立てることの調度裏返しだ。

 まあ、しかし、肥満体型やブサイク顔つきだけで、お笑いの世界で成功できる訳では勿論ない。でも何か、こういう、一般的世の中で生きて行く上での短所というかマイナス面というか、往々にして劣等感を持つ面を、逆手に取って逆にそこを“売り”に長所として利用し優位に立とうとする、という現象は、この世界だけの現象かも知れないけれど、良いですね。何だかとても良いことに思える。青森県鯵ヶ沢町のブサイク犬ワサオの人気なんかも良いブームだなあ、と思います。

 ここを書いてて思い出したのが、昔々読んだ週刊プレイボーイの今東光大僧正の人生相談のある一節、相談者の悩みが「僕の彼女は見るからにブサイクです。恋人なんですが、ブサイクで連れて歩くのが恥ずかしいので別れようかと思うのですが‥」というものだったが、今大僧正の回答が、「おまえは馬鹿だね。彼女が美人だと他の何人もの男たちにいつも狙われていて、いつ他の男に彼女を取られるか、またいつ彼女の他の男への心変わりがあるか、心配で気が気じゃねえじゃねえか。その点、ブサイクな彼女なら誰も見向きもしないからいつでも安心していられる。おまえはそんなことも解らねえのか。本当に馬鹿だねえ‥」という説法だった。それをつい思い出した。極端な例だけど、ものは考えよう。

 

 

コメント

エリカ様

2010年10月22日 | 芸能ログ

 

台湾で過ごした夜…エリカ様の衝撃進退、仕事より愛?

 

  失踪騒動の渦中にある女優、沢尻エリカ(24)が、夫でメディアクリエイター、高城剛氏(46)と復縁するのか、それとも芸能界を追放されるのか、決断を迫られている。内情はどうなっているのか。

 

 沢尻と高城氏は、今後に向けた話し合いのために先月下旬、台湾でおちあっていた。その中身は、のんびりと夫婦旅行という雰囲気ではなかったようだ。

 「離婚の決意は固いとみられていた沢尻は、高城氏の説得で相当、揺れている。逆転復縁の可能性も出てきた。その場合、沢尻は日本の芸能界での活動をあきらめなければならない事態になりそうだ」

 こう明かすのは、双方の事情をよく知る芸能関係者。内情を続ける。

 「高城氏は、沢尻の魅力を“世界にも通用する”と最大限に評価して拠点を海外に移し、パリで沢尻の写真をフィーチャーしたアート作品の展示などにも尽力した。日本の芸能界に一矢報いたいという思いもあるようだ」

 一方で、日本での沢尻は、度重なる騒動でイメージダウン。見かねた芸能界の実力者たちが救いの手を差し伸べ、高城氏との離婚を条件に、エイベックスとタレント契約を結ぶ青写真が描かれている。

 「気になるのは、沢尻が先頃、米CNNのアジア向けサイトのインタビューで、日本の芸能界の体質に批判的な発言をしていたこと。沢尻は、もともと高城氏のプロデュース能力を高く評価して、結婚に結びついた経緯もある」

 復縁説が報じられた20日、東京都世田谷区内にある沢尻の自宅に報道陣が詰め掛けたが、母親のリラさんはノーコメントを貫いた。

 

 

 どーも沢尻エリカが頭の悪い人に見えてしまうのは私だけでしょうか?何だか、表面で見せている態度の割には、やってることははっきりしないよなあ。結局、沢尻のワガママだけであって、それは沢尻よりもずっと頭が良いであろう高城にうまく言いくるめられてしまった、という感じかなあ。離婚からエイベックスで日本芸能界復帰も、コトがうまく進まないのは沢尻の方にキレる参謀が存在しないからなんだろう。ただワガママで底の浅い沢尻には本当に力になってやろう、というキレ者が着いてくれないんじゃないかなあ。沢尻エリカという人間を見切っていて、この女をトコトン助けてやろう、という人間が出て来ないんだろう。つまりデキル頭の良い者が、そこまでの価値もない、と見切ってしまってるんじゃないかなあ。高城との離婚が持ち上がってからここまでのエリカ様の行動・態度・姿勢とかを見て。

 僕、実はエリカ様の映画やドラマはまともに見たものはほとんどないんですけど、エリカ様はマスコミの一部では、近年の若手女優では特A級クラスの演技の才能を持った女優さん、だとか言ってたのを聞いた憶えがありますが、そこまでの才能豊かな女優さんにしては、何かすごく頭が悪く見えるなあ。あ、ちゃんと見たのが1本あった。映画「手紙」。主人公の恋人からの奥さん役。あれは、一番重要な脇役かな。うん、それなりにうまかったとは思うけど。僕は演劇とか素人だからよっぽどの大根でもない限り、俳優・女優の演技の甲乙はよくは解らないけどね。ただ、やっぱり、一流の俳優・女優の評価を得る人は、頭の方もそれなりに良いだろうとは思いますけど。いや、学業的なもんじゃないですよ。偏差値的なものじゃなくて、記憶力とかじゃなくて、「あ、この人頭良いなあ」って思う頭の良さってあるじゃないですか。見るからに聡明感を受ける人って居るじゃないですか。何か、エリカ様見てると、そういうキャラとは程遠い感じ。

 この先どうするのかなあ?まあ、エリカ様の先行きはどっちでもいいんだけど、高城さんがいかにキレ者でも、海外での沢尻エリカの成功は先ず無理だろう。タレントとして成功出来るとすれば国内しかないよ。エリカ様はやることなすこと頭悪く見えるよなあ。現在のエリカ様は“独り立ち”に無力感を大いに感じて、高城の元へ戻らざるを得なくなったのかなあ。ワガママ行き当たりばったり思い付き身勝手エリカ様に、日本芸能界での復帰に手を貸そうとした者たちはただ振り回されただけか。もう芸能界裏方の手腕を持つ人たちみんなからアイソをつかされちゃったかな。思慮の無い馬鹿女に映るのかなあ。しょせんは沢尻エリカを手綱で操ることが出来るのは、ハイパークリエイター高城ただ一人、ということなのか。

 

 

コメント

ネットの性関連

2010年10月21日 | 時事社会ログ

 

出会い系メール広告送りつけ、一日20万件も

 

  出会い系サイトの電子メール広告を一方的に送りつけたとして、千葉県警は20日、いずれもサイト運営会社の社員で八千代市の男(35)と船橋市の男(26)、元アルバイトの千葉市若葉区の女(22)の3人を特定商取引法違反の疑いで千葉地検に書類送検した。

 同法は受信者の承諾のない電子メール広告の送信を禁じるよう改正、2008年12月に施行され、県警によると、全国で初の適用という。

 発表によると、3人は6月23日頃、愛知県の男性ら3人から承諾を得ずに出会い系サイトへ誘導する内容のメールを21回送信した疑い。この日だけで約20万件のメールを送信していたとみられる。

 調べに対し3人は「(メールが)規制されたのは知っていたが、売り上げの落ち込みを防ぐためやっていた」などと供述しているという。

 

 

 こういうインターネットの性関連は厳しく細かく取り締まって欲しいものだ、と思っています。だからこういうニュースは喜ばしいですね。ネットで、例えば女性の裸の画像だの性行為の画像だの、それらの動画でも、まあ、覗くというか見る分までは良いと思ってるんですけど、そこから先の“犯罪”があるでしょう。詐欺もあるし。ワンクリック詐欺だとか架空請求詐欺とかですね。そして「出会い系サイト」。大人どおしはまだしも、少年少女には非常に危ない。少年少女には、特に成人未満の少女には危険ですね。

 インターネットでエッチな写真や、まあ動画でも、見てる分くらいは良いんですけどね。悪いヤツラは、そこから詐欺行為に掛かる訳ですしね。エッチな写真だの何だので釣って違法に金を巻き上げようとする訳だし。「出会い系」も不気味ですよね。顔の見えない相手だし。「出会い系」の詐欺もある訳だし。女子は最悪、人身売買にだってなっちゃうことだってあるかも知れない。相手に寄っては殺されることがないとは言い切れないでしょ。

 インターネットの性関連は危険ですよ。何とか、そういうの専門の取締り機関でバッチリ監視が出来ないものか。事件を未然に防いで、最悪な被害者を出さないようにする、という。

 今晩見た「ほんまでっかTV」の中で学者先生たちが言っていた、ティーンの時代というか青年時ですね、男も女子もまだ青い少年少女の域の時代に、SEXに没頭し過ぎるのは良くないらしい。何というか、手っ取り早く言うと、やっぱり頭が悪くなるんですよ。高校中退とか、集中力もなくなるし。普通に育った者よりも平均収入ががくんと低いらしいし。若い内に性に溺れてばかりじゃいけませんね。若い時はそれはそれは楽しいものだろうけど、自制心を持ってきっちりちゃんとやらないとね。男子は若い頃にあんまり激しくSEXばかりしてると前立腺ガンになる確率がメチャ高い、とも言ってたし。

 しかし、自分のBlogなどにコメントやTBで、エロサイト導入馬鹿文章入れられるとメチャクチャ腹が立ちますね。それで、たまに試しに行ってみれば、ワンクリックしたので会員登録されたから即何万円払え、とかさ。本当にこの手の詐欺は腹が立つ。エロコメ、エロTBのほとんどが詐欺サイト導入コメントでしょう。またそのコメントの文章が白痴的なアンポンタン低脳馬鹿文章だし。ホントにふざけるな!と言いたい。

 

 

コメント

お笑いの天才

2010年10月19日 | 芸能ログ

 

○NHKの “松本人志の番組” が大絶賛! 視聴者「俺NHKの受信料今日から払うわ」

 

  10月15日(金)22:00から放送されたNHKの新番組『松本人志のコント MHK』が、インターネット上で大絶賛されている。この番組はNHKらしからぬ民放のようなコント番組で、お笑い芸人の松本人志さんがメインで展開する。

この番組は松本さんがストレートなコントだけで楽しませるという内容で、松本さんの実力だけで勝負している番組といえる。何よりも驚くべき点は、この番組を見ていた視聴者の多くが大絶賛している点だ。インターネット掲示板に書かれた番組の感想は以下の通り。

・視聴者の感想
「俺NHKの受信料今日から払うわ!」
「センスあるわw」
「これおもしろいなあ 松本すごいなあ おもしろいなあ」
「セットにいくらかかってんだよwwwwwwww」
「NHKでやって民放番組のパロって・・・」
「美術さんがんばったなーーーーww」
「NHKじゃないとコントでここまでカネ使えないよな」
「なんでか感動して涙出てきた」
「国営放送でこんなふざけた番組やっていいの? 」
「なんだかんだで制作費に余裕があるのはNHKなんだな」
「いやぁすべらんな~。今までのコントすべて100点満点やぁ」
「正直この時間を内村か志村にあげたほうがよかったんじゃね」
「まあ、こういうわかりやすいコントも必要だわな」
「松本ほどハードル設定高く見られる芸人もいないよな」
「何か受信料の無駄遣い以外のなにものでもないような気がしてきた」
「松本さすがだなあ おもしろいなあ」

絶賛する声のなかにも「笑うところがわからない」や「松本が本当にやりたいことやると面白くないんだな」などの厳しい意見もあり、大爆笑する人とまったく笑えない人に分かれるようである。

お笑いに関して誰よりも厳しいポリシーを持っているといわれている松本さん。「俺NHKの受信料今日から払うわ!」と言っている人もいたので、松本さんのコントが面白ければ面白いほど受信料を払う人が増えるかも!? 今後のNHKでの活躍に期待したい。

 

 

 僕はこの、松本人志さんのコント番組そのものは見てないんですけど、スペシャルの「プロフェッショナル」でやってた方の、いわばお笑いの職人、松本人志のドキュメントの方ですね、プライベートと言っていいのかな、TV画面で司会やタレントをやる表面でなくて、裏側の人間生活面の松本人志密着ドキュメント、の方ですね、そっちは見ました。まあ、生活面のドキュメンタリーとはいっても、勿論、番組として創り込んではいるんでしょうが。「プロフェッショナル」特番の方でも最後に新作コントの一つの映像を流してましたが、番組ではこの部分は、純粋にコント番組を放送するカメラの撮り方をしてないんですけど、僕は見ていてちっとも笑えなかったなあ。可笑しいと感じられなかった。それは各人のセンスの問題かも知れませんけどね。観賞する側の“世代”というのは絶対にあるだろうし。あえて「観賞」と使ったけど、僕はお笑いのコントがそこまでのものかな、という気持ちはありますね。“観賞”って使うと芸術的な要素が入りそうじゃないですか。

 何か、あの番組を見ていると、松本人志ドキュメンタリーの方ですが、あの放送で見たお笑い芸人・松本人志は、お笑い道の修行僧というか、お笑い道の修験者という感じに受け取れました。「お笑い」なんですが、ものすごくストイックに笑いを追及している、という感じですね。松本人志さんは自身の番組の放送作家でもあり、クリエイティブな面も優れた方なんでしょうが、そのTV的な大衆芸能が、何というか大衆庶民がリラックスして、普段着のままで力を抜いてゲラゲラ笑うものを、まるで芸術家的とでも言えるような、あるいはやっぱり修行僧のような、まるで昔々の剣豪のような、武道家のような、そういう雰囲気で大真面目に「笑い」に取り組んでいる姿、なんですけど、僕はどうしても現代TVの大衆芸能であるコントや漫才のような「お笑い」に、そこまでの、オオゲサに言えば宮本武蔵が自分の二刀流という剣術を追求するような姿勢が必要なものなんだろうか?とか疑問に思ってしまうんですね。

 TV的なコントやお笑いは、見ていてただ可笑しくて単純にゲラゲラ笑えればいいものだと思うんですけど、そこまでまるで芸術家のように大真面目に追求するものかな、と僕は思ってしまいました。勿論、お笑いをやっている人はほとんどが自由業で生活が掛かってるから、お笑いを創るのも舞台で演じるのも本人はプロとして必死なんですが、身体の力を抜いてただ笑う大衆芸能がそこまで大真面目に真剣に武道家のように取り組むものなのかな、とかつい思ってしまいました。もっとも、お笑いには古典落語を重要な中心点とした“落語”という世界もあります。あの世界はやはり独特な、修行の世界ですよね。きっちりとした徒弟制度があり、お師匠さんと、長年お師匠さんにピッタリ着いて見て覚える弟子、という世界ですよね。剣術流派の武道家などに通じる厳粛さがある、と思います。一方のTV的お笑いは、今や芸能事務所が経営するタレント養成学校みたいなお笑いスクールを出て、漫才師になる訳でしょう。やっぱ、「落語」とTVのお笑いにはそこに違いとか差があるという気がする。

 松本人志はコントを中心としたお笑いを、まるで「落語」道のように追求しているのではないか。

 

コメント

やらせ

2010年10月18日 | 芸能ログ

 

「Mr.サンデー」で不適切演出、フジTV謝罪 

 

  フジテレビは17日、情報番組「Mr.サンデー」で、今年8月8日と9月26日に放送した女性誌特集に登場した愛読者について、事前に取材していたにもかかわらず、街頭で偶然見つけたような演出をしていたことを番組内で明らかにした。

 キャスターの宮根誠司さんが「不適切だった」と謝罪した。同局広報部は「チェック体制を強化し、再発防止に努める」としている。

 

 

 この番組は見てはいないけど、多分、こういうのはしょっちゅうだろ。というのも、キー局の番組制作体勢が下請け、下請けという仕組みで行われているからだ、という気がする。中には孫請けまで使うだろうし。当然のように孫請けまであるだろうな。やはり小規模な番組制作会社は必死だろうし、その都度、キー局の管理が行き届いてはいないだろうし。大きな番組制作会社になら仕事丸投げで作られてるんじゃないか。そういう大きなトコはさらにいくつも下請け使うだろうし。

 それにだいたいTV番組って、バラエティーもワイドショーも報道もサプライズもライブもみんな台本があるだろうし、番組の失敗は絶対許されないし、毎回、一つの小さなゆがみもひずみも決して無い完璧な番組を作って放送しなきゃならない、という至上命題もあるんだろうし、毎日毎日24時間放送内で垂れ流している番組の一つ一つとはいえ、作る側は大変なんでしょうね。バラエティーもプロデューサーに寄っては細かく指定して、細かく作り込んで来るだろうから、編集後の放送では自然に笑いが浮き出て来てるけど、実際は何度も何度も同じ箇所を撮り直して編集でうまく自然に見せているだけ、というのも多いんだろう。

 ドッキリだって、対象が芸能界大物だったりする場合は事前に知らせてある場合、あるいは今からのこれはドッキリだと本人が気づいちゃってる場合も多いだろう。もう、あらゆるTV番組の出演者が全員、俳優女優でなくとも、演技している訳だ。出演者、って呼ぶくらいだし。みんなうまいよ。素人にだって、デレクターとかADが簡単な演技指導してるだろ。

 

コメント

女と味噌汁

2010年10月01日 | 芸能ログ

 

○訃報:池内淳子さん76歳=女優 ドラマ「女と味噌汁」

 

 映画、テレビ、舞台など幅広く活躍した女優の池内淳子(いけうち・じゅんこ、本名・中沢純子=なかざわ・すみこ)さんが26日、肺せんがんのため死去した。76歳。葬儀は済ませた。後日、お別れの会を開く予定。

 東京生まれ。日本橋三越勤務を経て、1955年の映画「皇太子の花嫁」でデビュー。薄幸なヒロインなどを演じ注目を集めた。昼の帯ドラマなどに人妻役で出演し、“よろめき女優”と称されたり、65年に始まったTBSのテレビドラマ「女と味噌汁」シリーズでは、和服にかっぽう着姿が人気を博し、“20パーセント女優”の異名を取るなど、お茶の間で広く親しまれた。

 舞台でも69年の「天と地と」以降、活躍。01年「空のかあさま」で芸術選奨文部科学大臣賞、82年「おさん」で菊田一夫演劇賞、00年「月の光」「三婆」で同賞大賞。02年紫綬褒章、08年旭日小綬章。

 

 

 僕は特に池内淳子さんのファンだったとか好きだったという訳ではないが、やはり、昭和の時代、子供の頃からTVのドラマでよく見ていた女優さんであり、そういう意味では記憶に残り続ける印象深い、昭和を代表する女優の一人だ。ドラマでは、山岡久乃さんよりも印象に残り続ける女優さんだ。

 子供の頃からドラマが特に好きだった訳でもないが、TVっ子であったから、何となく池内淳子さんが出るようなドラマも見ていた。僕は18歳から30歳頃まではTVをほとんど見ない生活をしていたから、30歳を過ぎてからまた何となくTVを見始めて、特別ドラマ好きでもなかったけど何となく、池内淳子さんの出るようなドラマもぼーっと見ていた。多分、母親がホームドラマなど池内淳子さんが出るようなドラマを好きでよく見ていたので、食卓に着いた僕もそのまま意識することなくぼーっと見てたんだろう。

 でも「女と味噌汁」は何かとても懐かしいような。ドラマの雰囲気のようなものは覚えているが、ドラマの内容はほとんど覚えていない。ドラマストーリーのエピソードなんて何一つ記憶にない。でも、“東芝日曜劇場-女と味噌汁”というと、何か懐かしさが込み上げて来る。それは多分、「女と味噌汁」のシリーズが昭和の一時代のイメージとなっているから、決して自分が生きて来た環境があのドラマの舞台設定とは似ても似つかぬものであっても、今はもう失われた一時代、のような雰囲気で脳味噌の片隅に残っているからだろう。「女と味噌汁」-何だかこの言葉は妙に懐かしい。

 池内淳子さんはつい最近まで、TBS系の「渡る世間は鬼ばかり」シリーズの一番新しいのに出てましたよね。あれがシリーズ最終回かどうか知らないけど、ついこの間のシリーズで、主人公の一人の岡倉の大将、大吉が老いらくの恋をする相手の熟年美人の役で。まだ若いなあ‥、と思って見てたんだけど。いやはや、早いもんだなあ。いつの間にかあっと言う間に逝ってしまって、もうTVでは録画でしか見られないなんて。

 何か印象深くイメージ付けられてるのは、元芸者さんで今は小さな小料理屋の女将で、芯がしっかりしていて常識人だけど、美人なので恋に巻き込まれ、それが複雑な恋路で常識人であるがゆえに恋に葛藤する、という姿かな。ドラマのイメージ。

 山岡久乃さんがまだ生きていた当時、黒柳徹子さんと3人でTVのトーク番組に出ていて、晩年はこの3女性に夏木陽介を含めて4人で暮らすんだ、と3人の独り身の熟年女優たちが騒いでいたのを憶えている。今の黒柳さんは二人で一緒に老人ホームで暮らすつもりでいたのにそれもかなわなくなった、と悲しんでいるらしい。

 また一人、昭和を作った有名人が逝ってしまった。昭和はどんどん遠くなって行く。ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

  

コメント