生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

廃墟荒らし

2009年09月26日 | 時事社会ログ

 

○放火、たまり場…廃虚人気の陰に不安抱える地元

 

        閉鎖テーマパークや荒れ果てたビルなどの「廃虚」が、インターネットなどを通じて人気化している。しかし、非行少年のたまり場になるなど問題となるケースは多く、地元では不安の声が聞かれる。

  ‥ 村内施設のドアはこじ開けられ、窓ガラスが割られて惨憺(さんたん)たるありさま。ネット上には、そんな写真が何枚も出回り、「(原発事故が起きた)チェルノブイリのようだ」などと書き込まれている。

 玄界灘に浮かぶ廃虚の島、端島(はじま=長崎市)は、かつての炭坑の町「軍艦島」(通称)として知られ、今年春に観光訪問が解禁されると、ツアー申し込みが殺到した。廃虚人気は、こうした有名スポットだけでなく、甲信越の閉鎖テーマパークやホテル、スキー場跡に及び、ネット上で紹介されている施設も多い。

 ただ、廃虚とはいえ無断で入り込めば建造物侵入などの罪に問われる。老朽化して危険な施設もあり、関係者は対策に悩んでいる。

 

 

 僕の愛読漫画、ゆうきまさみ先生の傑作大長編SF、「鉄腕バーディー」の中で、もっとも最近は、このところのは、しばらく読んでいないんだけれども、何年も前の連載時のエピソードで、当時高校生の主人公は、通っている高校の同好会なんだろうが、“廃墟研”というのに属していた。高校や大学のサークルで、“廃墟研”なんてものがあるのに驚いたが、少年や若者は好きですよねえ、こういうの。特に男の子。暴走族みたいな連中なんかも、連れ立って遠くの心霊スポットなんかに走って行くし。幽霊屋敷のウワサが出ると必ず若いのが、といっても十代後半くらいの少年たちが徒党を組んで行きますよね。まあ、遊びなんでしょうけど。廃病院なんて必ず荒らされますよね。

 僕は駄目ですね。怖くて。気持ち悪くて。僕は、幽霊とかお化けを全面的に認めている訳ではないのですが、特に閉鎖された旅館だのホテルだの、でっかい建物は駄目ですね。普通の屋敷の空き家も駄目だけど。もう何年も人の住んでない空き家ね。建物の中をあちこちごそごそ歩き回っていると、怖いものに遭遇しなくても、屋敷から出たときに何か、一緒に背中に連れて来ちゃってるよーな気がして。

 僕はね、そういう超常現象的なものを全面的に信じてる訳ではないんですけど、昔から何か霊感みたいな事態があるんですよね。夜中に何者かに胸の上に乗っかられていたりとか。病院に入院していたときも、それがあったし。今でも稀にですがときどきありますね。昔は僕は、深夜のトレーニングが好きだったから、午後10時過ぎや午前0時1時とかにトレーニングを、全くヒトケの無い空き地やグランド、公園で、独りでやって汗を流して、帰って来て寝てると、必ず胸の上に誰かが乗っかって、僕はうんうん呻き声を上げることになる。それでもいつも、僕は科学的に、疲労した身体の筋肉や神経、疲れた脳味噌そのもののシワザだろう、と思っていますけど。長い人生、夜中も白昼も、確かに今、子供が渡っていたぞ、とか、人が居たぞ、とか大きな犬を見たが確認すると何処にも居ない、とかいうことはありましたけど、どれも、脳味噌が疲れていて見た幻だと思っています。でも、20歳くらいのとき、はっきり自覚した説明の着かない心霊現象を体験したコトがありますが、はっきり自覚しているのは後にも先にもこれ一度きりです。

 病院に入院していたときに夜中の睡眠中、誰かに乗っかられたときは、金縛りのような状態で身体が動かず、多分半分以上は眠った状態なんでしょうが、叫び声を上げていて、患者6人くらいの大部屋で、目が覚めてからとても恥ずかしい思いをしたことがあります。いつも僕は、「どけぇ~ッ、どかないかあ~ッ!」って叫んでるんですよね。

 身体を悪くしてから深夜のトレーニングはやりませんけど、ときどき、夜8時頃にヒトケの無い公園を歩行訓練で散歩することがありますが、意識すると後ろから誰かが歩いて着いて来ている足音みたいのとか気配を感じるコトがありますが、これは単なる僕の臆病でしょう。でも最近は巷でぶっそうな事件がいっぱい起きてますから、本当に怖いのは同じ人間ですね。

 結局、廃墟もそういうことですね。幽霊やお化けじゃなくて、無人の建物を荒らす人間。空き家の放火事件とかも多いし。この大不況の時代、ホームレスになる悲痛な人も多く出てるでしょうから、廃墟や空き家に住み着く(住み着かざるを得ない)人も居るのかも知れません。雨露しのぎですね。これはこれで、ホームレスのような弱者を面白がりだけで襲撃する鬼畜的少年などもいますから、かなり危険ですよね。やはりお化けじゃなく人間の方がずうーっと怖い。

 子供の頃住んでた家の子供部屋の、窓の外が家の庭で、向こうに家の高い板垣塀があってその外側に溝があって、そのすぐ向こうに朽ちかけて今にも倒れそうな瓦屋根の土壁の平屋が立っていた。勿論、戸も窓も破れ去った空き家だが、この家がけっこう大きく、夜中の子供部屋の窓から見えるこの家の真っ黒いシルエットが怖かった。といって、そこは子供で、昼間は自分ちの柵を乗り越えて一人で、空き家の探検に行ってるのだが。しかし夜中は怖い。ある日、台風の夜、ドーンとものすごい大音響がして、朝行ってみると、あの不気味な空き家はぺしゃんこに潰れていた。

 いえ、単なる子供の頃の思い出でした。

 ちなみに僕がときどき夜8時頃かに散歩する公園だが、数年前にふとしたことから会った、その山手の公園の下方の住宅に住むある女の娘から聞いたことなんだが、広いグランドの隅の公衆便所の裏の大きな樹で、十年くらい前に首吊り自殺があったんだそうな。それを聞いてから僕はしばらくはこの公園に夜、行けませんでした。今は大丈夫です。

 しかし、廃墟ブームとかで、少年や若者が大勢で行って、騒いで荒らすのは困ったものですね。若い頃でも僕は御免する遊びですけど。でも、中学とか高一高二頃までなら、ワルガキの友達に誘われたら断れなくて、案外冒険心も出て来て、みんなと一緒に行くかも。若い時は若気の至りは必ずあるものだしなあ。

 

コメント

お迎えの恐そーな男たち

2009年09月18日 | Weblog
のりピー保釈で涙の会見がありましたが、署に迎えに来た自動車の運転者と助手席が、もろステロタイプのその筋のひとの風貌で、TV見てて驚いたが、ネット上でも大きな話題になっていた。車のナンバーまで気が付かなかったけど8が四つに8並びらしいね。このナンバーもその筋ぽいという話だ。
やっぱ姐さん格だからかなあ。イザとなると助けになるのはそっち方面か。タカソーってどーなるんだろ。
コメント

のりピーのファン

2009年09月16日 | Weblog
のりピーが捕まって留置されだしたとき、自分が代わりに牢に入るから許してあげて、というファンが何人も居たのにびっくりしたが、タカソーの釈放で署から出て行く車に靴を投げつけたのも、のりピーのファンなのだろう。あの男はすぐに警察に拘束されたらしいが。
TVで湾岸署前でもう3日間、のりピーが出て来るのを待ち続けているという若い男を映していたが、電柱か何かに寄り掛かって疲れたように座っていた。しかし余程の暇なのか、深夜の寝泊りはどうしているのか、他に何かすることはないのだろうか、などと思った。年寄りならともかく若いのに時間がもったいなく思えるが。ファンとしての余程の情熱か。
僕は有名人の追っかけをする程のファンにはなったことないので、激しく熱いファン心理はよく解らない。
コメント

ザ・グレート、イチロー

2009年09月14日 | スポーツログ

○イチロー 9年連続200安打の偉業達成

 

      マリナーズのイチロー外野手(35)は、テキサス州アーリントンのレンジャーズ・ボールパークで行われたレンジャーズとのダブルヘッダーで各1安打を放って今季200安打とし、大リーグ史上初の9年連続200安打を達成した。昨季、ウィリー・キーラー(オリオールズなど)が1894年から1901年に記録した8年連続に並び、今季出場128試合目で100年以上破られなかった記録を更新する快挙を成し遂げた。通算のシーズン200安打は、ピート・ローズ(レッズなど)の10度が最多。イチローはタイ・カッブ(タイガースなど)と並ぶ9度で2番目。

 

 

 「すごい!」以外の形容が見当たりません。もう、世界の、ジャパニーズ、リアルヒーロー、イチロー選手。

 日本プロ野球史上、名選手、大打者、と呼ばれる人たちは確かに何人も出てるんでしょうが、ケタが2ケタくらい違う感じ。

 日本のこれまでの大打者たちが、メジャーに行ってたとしても、こう言うと失礼かも知れませんが、多分、せいぜい、松井選手の成績がイイトコだろうと思います。勿論、世界の王さんだって、メジャーでやってたら、あんな成績は残せてない筈。

 超人イチロ-の超人たるところは、やはり精神面ですね。正にミスター・ストイック。あの徹底した体調管理が超人的。ケガをしないという、超人性。日本のプロ野球見てても、ほとんどの選手がケガしてるじゃないですか。みんな、ボロボロと怪我しているよ。そしてみんな、半年とか棒に振っている。天才イチローの、大きな病気や怪我をせずに、長期の休養を取らないというすごさ。これは超人的すごさだ。

 メジャー選手で、07年にシーズン200本以上の安打を打った選手は8人居て、その中で08年も200本以上打ったのはイチロー選手ただ一人だという。9年間も続けて200本以上打てるすごさ。超人的すごさ。イチローさんはアタマも相当良いんだろうなあ。いや、偏差値的アタマの良さでなくて、脳味噌そのものの効率。運動神経だけでなく、アタマそのものも本当に良いんだと思う。

 こんな人が存在したら、もう向こう百年は、日本プロ野球にはこういう逸材の天才は出て来ないんだろうな。

 いや、嬉しいです。おめでとうございます。

  

コメント

悪夢

2009年09月13日 | Weblog
恐いというか気持ち悪いというか嫌な夢を見た。真っ黒くて30センチくらいありそーな大きなムカデを必死に払い落とそうとしていた。その前に大蛇の腹をまたいで恐かった。
この間見た恐い夢では大にしきへび級の大蛇がうじゃうじゃ居る室内を踏み付けないよーに気を付けてまたいでいた。恐怖の部屋を出ようと。目が覚めた後、確かヘビの夢は財運の吉夢の筈と調べたら、悪い夢だと書いていた。
今回のムカデの夢も気持ち悪かったから凶夢だろうと思って調べたら、何と財運の吉夢だった。そんなに莫大な財運でもないが、臨時収入級の財運はあるとか。思わずニンマリした。当たれば良いが。
コメント

リマスターCD 、2日で1 50万枚

2009年09月13日 | Weblog
予約が100万枚とかいう話だったからなあ。いやあ、すごいなあ。そりゃあ聴く人が聴けば音が全然違うということなんだろーが、まあ、同じ曲群だしねえ。
何というか、ビートルズが自分の人生の一部分というのか、身体を造る一部になっているよーな感じの人って、案外多いのかも知れん。日本人の団塊世代前後。後の方は昭和30年代生まれ全般くらいまでも。日本でもこれだけの影響力なんだものなあ。
それにしても、ジョンもポールも解散後の作品群はあんまし評価されないね。ビートルズ時代に比べたら全然。社会現象的な意味合いが大きいのかな。歴史的にも。
コメント

のりピー続報

2009年09月04日 | 芸能ログ

 

【酒井法子覚醒剤】食い違い多く…法廷で夫婦ゲンカ必至?

 

      覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)と同罪で起訴された高相祐一被告(41)の間で刑事、民事の両面で夫婦対決の可能性が浮上している。まず、刑事では、使用実態の供述で食い違いをみせ、夫が「やりすぎるなよ」と注意するほど妻が主体的に吸っていたことを証言。一方の酒井被告は「夫に勧められた際、最初は覚せい剤だとは知らなかった」と夫の責任を強調しており、法廷での非難合戦は避けられそうにない。

 離婚や長男の親権をめぐる民事訴訟も予想される。高相被告の母親が酒井被告と接見し、「長男をあずかりたい」と申し出たが、酒井被告が拒絶したことが発覚。同被告の継母と親しい建築会社「社長」も「法子は夫と離婚して、息子と継母の3人で静かに生活したいと言っていた」と告白。

 一方、スキー用品店を経営する高相被告の父親(70)は、顧客に送付した謝罪文で2人を離婚させず、更生させる意思を表明したばかり。夫妻の今後について、お互いの親族がまったく違う方針を示しているためだ。

 

 

 起訴されたから、これから裁判があって、判決が出て、初犯だから執行猶予が着いて、釈放されて、メディアを対象に世間に、「ごめんなさい、もう絶対しません。真面目に更生して立ち直り、よおーく反省して何年後かには、新たな気持ちで芸能界復帰します。その時は応援してください」‥、では済まないのだな。まだまだこれから、イロイロなことがゴチャゴチャと複雑にあるみたいだ。

 多分、この人は離婚するだろう、と思う。親権とかちょっと揉めるかも知れないけど。その後は、小向美奈子みたくストリップには行かないだろうなあ。プライドがありそうだし子供も居るからAVにも行かないだろう、と思う。多分、数年後、芸能界復帰するんじゃないかな。亭主が悪過ぎたよ(41歳で、賞味1年くらいしか働いたこと無い、っていうから根っからのナマケ遊び人だし、ワルの根性は無い軟弱者みたいだし)。のりピーの方は、もともと、ワルの根性みたいなもんで、底の方の芯はしっかりしてそうだし、復活出来るんじゃないかなあ。ただ、病気状態だという継母が心配だけれど。絶対に傍に誰か、頼れる人間が必要だろうから。

 もし今回発覚してなくて、このままずっと続けていて、来年再来年、3年後と中毒が進行して行って、どうしようもない状況にまでなっていたら、どうするつもりだったんだろう?いや、どうなっていたんだろう?まあ、今回見つからなくとも、続けている内には、早晩、症状がはっきりと表に現れて、結局はもっと重い状態で捕まっていたんだろうけど。クスリは恐ろしいものだ。

 子供は辛いだろうな。可哀相だが‥。ここは、子供は10歳の幼さで、もう、自分が頑張るしかないだろうな。これはキツイ試練だなあ‥。

 

コメント