生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人権無視温泉街

2009年10月26日 | 時事社会ログ

「置き屋」の非道な理不尽さ…温泉コンパニオン裏事情 被告が母を刺したワケ、裁判員も「聞きたかった」

 

      20日から3日間、甲府地裁渡辺康裁判長)で開かれた殺人未遂事件の山梨県で初とな裁判員裁判を傍聴した。無理心中をしようと実母(87)を果物ナイフで刺し、軽傷を負わせたとして、山梨県甲州市の無職の男性被告(60)に懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の有罪判決が言い渡された。法廷では、被告が犯行に至った背景の1つとして、温泉街でコンパニオンとして働いていた長女が科された理不尽な“借金地獄”が明らかになった。

  審理の中で、被告の長女が、勤め先の置き屋(コンパニオンを派遣する事務所)の不合理な“罰金制度”で莫大(ばくだい)な借金を負わされ、親である被告自身も返済に追われていた実態が明らかにされた。「遅刻1回で数万円、客と個人的に会えば1回50万円以上の罰金が科された」といった事情が説明されると、一般から選ばれた裁判員は被告の心中を推し量り、幾度も涙をぬぐった。

 検察官は莫大な借金から将来を悲観し、高齢の母親と心中を図ろうとしたと指摘。しかし置き屋の女将(おかみ)や、女将と一緒に被告から取り立てを行ったと指摘された人物が証言台に立つこともなく結審し、判決後の会見で「(借金のいきさつをさらに)聞いてみたかった」と口にした裁判員もいた。

  長女が勤めていたのは山梨県笛吹市にある東日本有数の温泉街、石和温泉。地元で尋ねてもこの置き屋の評判は芳しくなかった。

 新興住宅地にたたずむ外観はほかの一般住宅と変わらない。

 近所で聞くと、女性が昼間、電話でコンパニオンとおぼしき話し相手を怒鳴りつける声が響くこともあり、石和温泉の事情を知る関係者によれば置き屋側はコンパニオンの親の職業を調べ、罰金を肩代わりさせたケースがほかにもあったという。

 また、この置き屋は、別の置き屋のコンパニオン不足を補う“孫請け”もしていた。

 客が払った料金が1時間で1万2千円なら、このうち5千円が最初の置き屋、次に自分たちの懐に7千円が入り、この半分の3500円がコンパニオン自身の手元に入る仕組みという。

  ‥ この関係者によると、コンパニオンの手取りは13万円ほど。以前は寮に住み込みで働く人も少なくなかったが、今はアパートなどを借り、昼間はアルバイトやパートに出る人も多い。外見の派手さと裏腹に「生計を立てるのはしんどい。意外ともうからない仕事」という。

  ‥ ただ、長女が勤めた置き屋は観光協会の正規会員でもあった。

  

 被告は、長女がコンパニオンをした約7年間にたまった罰金のうち600万円以上を支払い、長女が金融機関から借りた300万円の連帯保証人にもなった。それでも置き屋側から、借金がなお1000万円近く残っていると主張されたという。

 長女の窮状を知った被告は、相談した警察や弁護士から「返済する必要はない」と助言されていたが、法廷では「取り立てで自宅に居座られたり、職場近くで待ち伏せされたりした。理屈の通らない相手で金を渡すしかなかった」と訴え、「心中を図ることで、置き屋の実態を警察などが追及してくれると思った」と、追い詰められた当時の心境を口にした。

 

 

 これは明らかな人権問題ですよ。この罰金制度というものは犯罪ですよ。これは置屋の裏側に地方の暴力団が居て、法外な借金の強制取立てに暴力団に属する若いもんみたいなのが乗り込んで、脅しや騒音、住居侵入、あるいは暴行傷害までも、犯罪を行っているのだろう。

 警察は完璧には守ってくれないもんなあ。警察が何処まで守ってくれるか、だけど。脅迫も住居侵入や不法滞在も暴行も、現行犯逮捕だろうし、警察は注意や警告には行ってくれるのかも知れないけど、四六時中パトロールして見ていてくれる訳ではないし。暴力のプロの脅しは本当に怖いものだと思う。

 こういう場合どうしたらいいんだろう?夜逃げで遠くまで逃げるしかないのか?子供が居たら大変だしな。やっぱり警察力だよなあ。警察が本腰で取り組んでくれないと。暴力から、市民を本気で絶対に守ってくれないと。

 だって相手は平気で、自殺して保険金で払え、とか死んで自分の臓器で払えとか、を普通に言えるような輩たちでしょう。人間を牛とか羊とかと同じように見れるような人間たちでしょう。イザとなれば血も涙もない人でなしにいつでも簡単になれる残酷な人間たちでしょう。金のためなら人間が何人死のうが知ったこっちゃない冷血な人間たちでしょう。そういう人間の集団なんだ。

 これはしかし、地元の観光協会も厳しくチェックしてないと駄目だよなあ。本当に人権問題だよ。地元だからっていうナアナアさ、とか見て見ぬふりとかあるんじゃないかなあ。置屋のバックに地元暴力団の影とか見えれば面倒なことに関わりたくないからとか、そういう怠慢さがあるんじゃないかなあ。観光協会とかは何処がチェックするんだろう?こういうことはチェック機能をきちんと作ってもらわないと困るよなあ。すぐに警察が連動するように、とかさ。

 こういうケースなど人権問題には、チェック機能を完備して、暴力にはすぐにいつでも警察が対処・解決出来るように、ちゃんとしてもらいたい。どんな人でも犯罪からは警察は絶対に守らないといけません。

 それにしてもこの置屋は取り調べたのかなあ?官権は、犯罪置屋やその犯罪加担関係者たちを一緒に取り調べて検挙してもらわないと困るよなあ。この置屋関係を法で裁いて、こういう悪いものをなくしてしまわないと何にもならないじゃん。 

コメント

ネットグローバル美少女

2009年10月25日 | 芸能ログ

可愛いにもほどがある! 英少女ベッキーがアキバ“降臨”

 

       インターネット動画投稿サイトで爆発的な人気を呼んでいるイギリス・マン島在住の美少女、ベッキー・クルーエル(14)が25日、東京・秋葉原UDXで世界初単独ステージを行い、約600人の美少女ヲタクを熱狂させた。

 白いキャミソールとチェックのミニスカで登場したベッキーは、「ミンナ、ドウモ、アリガトウ!」と日本語であいさつしながら、11月4日発売のコンピレーションアルバム「の、バラード祭り」「の、アッパー祭り」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)に収録されている「男女」を熱唱。また12月9日発売のデビューDVD「ディス・イズ・ベッキー・クルーエル」収録の「NOAH」のメロディーに合わせて、長い手足を伸び伸びと動かすキレのいいダンスでも魅せファンを悩殺した。

  ‥ ベッキーは、日本のアニメソングやネット上で人気の楽曲に合わせて自身が踊っている動画を、今年の3月ころからYou Tubeで公開。5月になって、その中の1曲「男女」が、ニコニコ動画に転載されたことから人気が爆発した。

 もともと「男女」が、二コニコ動画で人気の楽曲だったこともあるが、何よりベッキーのダンスが「可愛いにもほどがある」と評判を呼び、動画サイトにアップされている映像の総計は約430万枚を数えているという(徳間ジャパン調べ)。

  ‥ 今後も日本でこのようなイベントをしたいですが、学校があるので年に1、2回ぐらいかしら。でもこんなことが長続きするとは思えないので将来は学校の先生か語学、アート関係の仕事につきたい」と夢を語っていた。

 

 

 やっぱ、インターネットで誰でもが動画をアップして、世界中で誰もがその映像を見れる、ということはすごいね。これは、メディアに関係している一部の人たち、ある種特権階級とかではなくて、インターネット環境さえ持っていれば誰でも出来る、ということが本当にすごい。20世紀から見れば正に革命的。例えば誰も知らない無名の僕に、地方の一市民の僕に、何か特技があったとして、それを撮影して動画をインターネットに載せれば、見る人は世界中で見るし、ネットの中のクチコミでそれは拡がって行く訳だ。インターネットは、何にせよ何でもを、世界グローバル化した最も重要な装置だね。世界グローバル化を劇的に飛躍的に推し進めた装置。特に動画配信の力。環境さえ作れば、後は基本料さえ払っておけばいちいちにお金が掛からない、というのも大きい。僕らが、子供の頃の児童向けSF漫画で描く21世紀に、大勢の人型ロボットや、個人用の自家用コンパクト飛行機が飛び回る高層都市が描かれていたけれど、このネット社会というものは予想できなかった。空飛ぶ自動車が飛び交うロボット社会はまだまだ実現しないけど、ネット社会が出来上がり、人々は全員が、携帯電話という簡易通信機付き軽コンピューター端末を、常備して行動する。携帯電話のコンピューター端末化というものも、この社会のすごい飛躍だ。それを誰でもが持って行動するということも。今さらながら改めて感心した。インターネットは世界を変えたんだ。

 14歳か。やっぱ可愛いなあ。やっぱ美少女は10代だなあ。あんなに可愛かったBOAちゃんの変貌ぶりにびっくりしたが、最近の10代は色っぽいから、美少女もそれなりのセクシーな魅力もあるよね。勿論、その世代世代の女性の魅力はあるのだが、美少女の可愛らしい美しさは、青くて硬い中にあって良いよねえ。でも、おじさんは芸能界デビューみたいのは、タレント系デビューは、10代前半はあんまり感心しませんな。せめて16歳以上だよ。それ以下はいかに魅力的でも中身は児童だもの。美少女は16歳から20歳で決まり!15歳までは他のコトを一生懸命頑張りなさい。勉強でもスポーツでも何でも。頑張って探求しなさい。

 ベッキーちゃんの「でもこんなことが長続きするとは思えないので将来は学校の先生か語学、アート関係の仕事につきたい」 という考え方が良いね。現実的に夢を持ってこつこつ頑張らなきゃね。華やかでない事を、コツコツ地道に積み上げることが大事なんだよ。好感度No.1女性タレント、日本のベッキーもデビュー当時は美少女だった。今のベッキーは外人顔が濃すぎる感じ。しかしBOAちゃん無残な‥(怒られるな)。

コメント

障害者ホステス

2009年10月22日 | 時事社会ログ

 

筆談ホステスの斉藤さん 故郷の市長に自著贈呈

 

      東京・銀座でホステスとして活躍し、自叙伝「筆談ホステス」(光文社)がベストセラーとなった青森市出身の斉藤里恵さんが21日、故郷を訪れ、鹿内博青森市長に自著を贈呈した。

 斉藤さんは生後間もなく病気の後遺症で聴力を失い、成長するにつれ“青森一の不良娘”と呼ばれたことさえあったという。しかし接客業に目覚め、水商売の道に進んだ。そして苦難を乗り越え、紙とペンを使った筆談コミュニケーションで、銀座ナンバーワンホステスに上り詰めるまでの半生を綴った自叙伝が11万部を突破した。

 9月には客との筆談で生まれた心安らぐ言葉や心に残る言葉を集めた第2弾「筆談ホステス 67の愛言葉」(同)を出版した。・・・

 

 

 TVで特集でやってましたね。
 確かにその“美貌”あってのものなんだろうが、ホステスという仕事で、言葉に寄る会話が出来ない、というハンデはちょっと高過ぎるハードルではある。というか、いくら美人でもホステス業では致命的なものだ。

 いやしかし、何か、銀座クラブに通う連中が、筆談会話で済ませる、というのか、それで銀座の客として納得して帰る、という姿勢に、ホッとしたものを感じて嬉しくもある。しょせん水商売の店に入る客は女の身体目当て、という定着した先入観を持ってしまうところだけど、銀座の客が隣でグラスに酒を作る美人の、ペンとメモ帳の会話でニコニコくつろいで穏やかな気持ちになって、それなりに楽しんで納得して帰る、というのは、何か、人間まだまだ捨てたものじゃないな、みたいな、都会人でもこうなのだ、という安心感みたいなものを得て非常に嬉しいような気がする。

 その美貌あってのことかも知れないが、障害者などハンデを背負って生きる人たちにまた一つ勇気を与える話ではある。精神力で何とか切り開いた自分の世界ではある。

 押尾学の違法ドラッグ死事件の被害者が銀座ホステスであるだけに、また三人の男に寄る輪姦の疑惑が漂い、その加害者たちがセレブ系の鼻持ちならない金持ち馬鹿息子たち疑惑の噂があるだけに、高級水商売の醜悪な汚さのイメージにも、こういう美しいような人間性を垣間見れるエピソードは、本当に砂漠でオアシス感で嬉しい。

 女はタフだ。 

コメント

2016はブラジル

2009年10月03日 | Weblog
東京はダメでしたね。これまでの招致活動には多分、普通市民の感覚からいうと莫大な費用を使ってるんだろうけど、その金は総て無駄になった訳か。あの掛かった巨額(?)多額の金は都税か国税か。大半都税で一部国税くらいか。あ~あ何か総てパーで多額の金が勿体ないなー。この未曾有の不況時代に、他に使えたかもと思うと勿体ない。医療に福祉に少子化対策費に・・。庶民の生活対策に少しでも。
オリンピック開催するための莫大な準備費用(施設や道路の建設費他)なんかと、オリンピック開催の経済効果とどっちが大きいんだろ。
リオデジャネイロに決まったとき、ブラジルの招致代表団は泣いて喜んでましたね。国の威信とか国威発揚というのか国民の高揚感を高めるとか、そーいうメンタルな面ばかりでなく、やはり実質、莫大な経済効果が見込めるモノなのか?結局金だよなあ。豊かさを勝ち取りたいよねえ。
コメント