生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大正テレビ寄席

2013年04月29日 | 芸能ログ

○ウクレレ漫談家・牧伸二さん、川に転落死 自殺か

 

     ウクレレ漫談家の牧伸二(本名:大井守常)さん(78)が2013年4月29日未明、東京都大田区田園調布本町の丸子橋から多摩川に転落し、死亡したことが同日わかった。警視庁田園調布署は自殺の可能性が高いと見て調べている。

   毎日新聞の報道などによると、29日0時過ぎ、橋の上から男性が飛び込むのを通行人が目撃、110番通報した。男性は牧さんで、駆けつけた警察官が病院に搬送したが間もなく死亡が確認された。遺書などは見つかっていないという。

   牧さんは1957年、漫談家の故・牧野周一さんに弟子入り。「あーやんなっちゃった」などと歌うウクレレ漫談で人気を博した。

 

「舞台があればそこへ行く」=芸への思い語っていた牧さん

 

  「芸人はいつでも舞台に立って、お客の拍手を浴びていたいもの。だから、舞台があればそこに行く」-。東京都大田区の橋から飛び降り、亡くなった牧伸二さんはベテラン芸人らしく、以前の取材に対して芸に対する思いを語っていた。
 2002年に脳出血で倒れた牧さんは左手足に後遺症が残ったが、リハビリで克服。闘病を語る講演のほか、仲間の芸人と高齢者施設での公演に力を入れていた。「ギャラが目的じゃない。お客さんが喜んでくれることが一番」と語っていた。
 政治家ら時の権力者らを鋭く風刺したウクレレ漫談で文化庁長官賞を受賞したが、「誰が上、誰が下、それはファンが決めるもの。役所や寄席が決めるものではない。舞台に立てば芸人は一匹おおかみだから、自分のやりたいことをやりますよ」と芸人の心意気を語っていた。

 

 

 僕らの世代には、少なくとも僕には、牧伸二さんといえば、「大正テレビ寄席」だ。日曜正午からの演芸番組。大正製薬一社提供。僕の小学生時代。「大正テレビ寄席」が始まったのは1963年だという。僕が6、7歳の頃。毎週日曜日、楽しみにしていたテレビ番組だった。特に司会の牧伸二さんが大好きだった。毎週番組冒頭、牧伸二さんのウクレレ漫談があるんだけれど、いつも短いので不満だった。もっと牧伸二のウクレレ漫談がいっぱい見たいのに‥、といつも思ってた。好きだったなあ、「大正テレビ寄席」。漫才と落語と途中からコントも入って来たけど、僕は漫才が好きだったな。落語でも子供ウケするようなのは好きだった。コロムビア・トップライトとかは駄目だった。やはり小学生だし、大人向けネタは難しくて駄目だったな。途中から東京コミックショーとかね。楽しかったなあ、子供時代のテレビ。

 牧伸二さんの「ロゼット洗顔パスタ」のCMで歌ってた歌、なんて懐かしいな。♪あ~あ嫌んなっちゃった、あ~ああ驚いた‥。

 牧伸二さん、78歳か。別に寝たきりでもないし、車椅子でもないし、自分で歩けて自分の身の回りのことは自分で出来てたんだろうに、橋から飛び降りる体力があったんだろうに、どうして自分で死んじゃったんだろうなあ。借金苦、生活苦でもないだろうに。解らないなあ。仕事も持ってるし、仲間も居るし。自殺に赴く心境って、やはり「行き詰まり」だろうし。生き詰まり。

 老齢になると、なかなか明日への希望みたいな心境は見出しにくいものだろうけど。やっぱ、若い頃、40歳代くらいまでの体力とかエネルギッシュ、バイタリティーとかって、高齢になって見ると、本当に凄いものだもんなあ。

 牧伸二さん、僕が子供の頃、思いきり楽しませてくれてどうもありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

 

◆牧伸二のウクレレ人生 (CD)音楽

牧伸二のウクレレ人生 [単行本]

大人の音楽シリーズ 昭和ズッコケソング(CD)

 

 


 

コメント

女子大生バイト

2013年04月28日 | 時事社会ログ

○今どきの女子大生 夜のアルバイトの実態

 

  私立大学の学生が追い詰められている。

 「東京地区私立大学教職員組合連合」が昨年5~7月、首都圏の大学や短大に通う学生5400人を調査したところ、仕送りの平均月額は8万9500円で、1986年の調査開始以降最低だった。仕送りから家賃を引いた生活費は1日923円で、初めて1000円を割っている。

 

 “アベノミクス”とやらで株式市場は景気がいいが、庶民の生活はさっぱり。仕送りが減った女子学生は“夜のアルバイト”に精を出している。

 

 「デリヘルや性感エステで生活費を補う女子学生は増える一方です」と言うのは風俗ジャーナリストの村上行夫氏だ。

 

 「店に所属したくない女子の間ではやっているのが“グループ売春”というやり方。仲良しグループのひとりが売春し、客から“ほかの子を紹介して”と頼まれると、グループ内の女の子が代わる代わる相手を務めます。料金は本番ありで2万円前後。みんなで体を売るため罪悪感が薄く、気軽にやっているのが特徴です。5人程度のグループでコンパニオンとしてカラオケボックスに出張している女子大生もいます。5人まとめて時給1万円だから客にとってもお手ごろ価格。客はネットで募集します」

 

  セクシー居酒屋はミニスカ姿で料理を運ぶだけで時給2000円のおいしいバイト。美人に人気なのは客の自慰行為を見るだけのオナクラ嬢で、時給4000円だ。

 

 「最近広まっているのが客と食事するだけの“ソフトデートクラブ”。客は業者に1万円(1時間)を払う。食事代と女の子のギャラも含まれて、この金額です。客は女の子と手をつなぐだけでドキドキする草食系が多い。また美大のヌードモデルは3時間で2万円前後。下着のカタログのモデルは時給3000~5000円と厚待遇なので志願者が多く、過当競争になっています」(村上行夫氏)

 

  一人暮らしの娘が心配になってくる。

 

鈴木奈々、性感染症防止のコンドーム使用推進運動を応援「イヤだという男は…」

 

  タレント、鈴木奈々(24)が23日、性感染症や望まない妊娠を防ぐため、コンドームの使用を推進する啓発運動「ラブ活」の応援委員長に就任し、都内で会見を行った。(サンケイスポーツ

 交際4年2カ月の一般男性を引き合いに「つけると安心するから気持ちも良くなる。だから週に1回は確実に愛を育んでいます」などとぶっちゃけトークを連発。最後は「コンドームがイヤだという男は突き放した方がいい」と持論を展開した。

 

 

 

 80年代に「今の若者はスポーツのようにSEXをする」とか言って、話題になってるのがニュース記事で載ってたのを憶えてるが、昔あった「貞操観念」みたいなものはもう何処かに吹っ飛んじゃって、跡形さえ見当たらないような状況だね。現代は。「フリーセックスの時代」って言われて久しいし。ヨーロッパを中心に世界的に売春が公認化(合法化)されている状況だし、科学的には、避妊して衛生的であれば別に問題はないのかも知れない。一番大変なことは妊娠と病気感染だし。その二つさえ気を付けとけば、後は当人どおしの感情の問題だけだろう。そこに特に「恋愛感情」が介在しなくとも、何となくお互い気に入れば、それで幾ばくか稼げるのであれば、別に誰とSEXしようが問題じゃない。気軽にSEXできる。妊娠と病気感染だけを絶対的に気を付けさえすれば。妊娠と病気感染がクリアできれば。科学的には物理的にはそうなんだろうな。あとは人間の複雑な感情の問題だけだ。例えば、恋人どおしの関係とか。恋人や配偶者が居るのに、遊びであれ商売であれ、他の人とSEXすると「裏切り」というコトになり、問題が生じるでしょ。それは感情の問題。恋人も配偶者も許し、当人も平然としていれば何も問題はない。亭主が、自分の女房があちこちの男と寝て回っているが、女房が「あなただけが真実の相手で、他は単なる遊びや小遣い稼ぎなの」と言って、それで亭主が納得し、そこに諍いが何も起きないのであれば問題はない。逆の意味でも。しかし、現実にはそんなことはない訳でしょ。「裏切り」と認識し、感情爆発が起こり、普通、夫婦間も恋人間も壊れて解消になる。

 昔からある観念、「SEXは聖域」という考え方。SEXという行為で子供が生まれる。生殖はSEX行為の結果。SEXイコール生殖とも言える訳だし。「避妊」して楽しめばSEXはプレイ。人間は神様が作った。子供が生まれるというコトは、神様が手を差し伸べる、神様が関わる事態である。「子を授かる」とは授けるのは神様。そこに至る行為がSEX。ゆえにSEXは神聖である。そういう考え方。宗教的な考え方。でもこの世の中には祝福されない子供はごまんと居る。私生児もコインロッカーベイビーも、生まれて直ぐ殺される赤ん坊も、堕胎される子供も、障害児も、一人っ子政策の中国での第二子以降の子供も、虐待される子供も、少年兵にされる子供、少女売春や臓器売買で人身売買に合う子供も、神様が祝福しない子供はこの世界にはメチャメチャ多い。歴史的にも。避妊せずにSEXさえすればイージーに子供は生まれる。SEXは必ずしも神の領域ではない、ようにも思える。だって、生き物は最初から、SEXしたら子供ができるようにセットされてて、ほとんどの人はそれで簡単に子供が出来るんだもの。無論、例外的に子供の出来にくい男女も居るけど。で、生殖手段のSEXはだいたい気持ち良くて楽しいから、プレイする。生殖手段でなく遊びになる。本能として快楽を伴うようにセットされてある。種族保存・種族繁栄のために。で、脳味噌の発達した人間は本能から快楽部分だけを切り離して楽しもうと、「避妊」という手段を考えた。人間は避妊を心掛けることで、生殖行為を遊び(プレイ)にした。まあ、別に誰とでもイージーに寝ても、そういう意味では問題はない訳だ。

 ネットを回ってて、アダルトビデオ関係のサイトをあちこち回ってたら、AVの「お嬢様系」というジャンルで、有名女子大卒業で家柄良く裕福なお嬢様育ちで、親の敷いたレールをお人形さんみたいに生きるのが嫌で、親への反発からAVやってみたら、大人気になっちゃった、というAV女優の作品を紹介してた。AV製作販売会社も「売らんかな」の商売だから、ひょっとして作り上げたプロフィル、キャラなのかも知れないけれど、もしこの女優さんの出身が本当に裕福なお嬢様育ちで高学歴ならば、若気の至りでAV出ちゃって人気が出てけっこう広く知れ渡り、AVが末永く残ったら、いや、後々絶版になっても、AV自体や映像は残るものだから、リアルに結婚や先々を考える年齢になったとき、やっぱり親の言うことを聞いとけば良かった、と思い直したとき、家柄とか高学歴から考えて、良縁というものはどうなんだろうか? つまり、結婚をそれなりの相手としたいと考えたとき、相手の男がそれなりの地位、大企業のサラリーマンとか高給取りの公務員とか医者とか弁護士とか教師とか、社会的地位のある男やそれなりの家柄の男だった場合、このお嬢様AV女優は果たしてそういうクラスの男と結婚できるんだろうか? 今の時代だとAV多数出演経験の過去とか、縁談で不問にされるものなんだろうか? そういうコトをつい、考えてしまった。いや、過去が解らないまんまバレないまんま、縁談が成立すれば良いけど、大企業に勤める息子の嫁候補が昔有名なAV女優であっても、現在の姿が大事と、相手の親(家)は果たして過去を許すだろうか? 「家」の問題は、現代は昔とはそこまで変わって来てるのか? 有名AV女優とかいう極端な例でなくとも、例えば援交とかドラッグとか奔放な遊びとか、ネットが普及した情報社会の現代は、案外、昔の「ワルさ」とか知れちゃうもんなあ。探偵雇われたら一発でしょ。昔AV女優やってた人の子供ってどうなんだろう? 親がそうだと知ったとき、親の過去が周囲にバレたとき、子供はどうなんだろう?

 いや、AV女優も立派な職業だと思うし、あれはかなり重労働だろうなあ、とも思うんだけど、今のAVはもうほとんど本番だし。AVの演出で次々と代わる代わる多数の男と本番だし、僕は、AVも売春の一種だ、と思ってるんだよね。それで金稼いでる訳だし。

 宗教観はないけど、僕ももうけっこう高齢になって来たし昭和の人間だから、若い娘さんがイージーに身体で稼ぐのにはやはり抵抗感を持つなあ。あと直ぐに肉体関係に入るのも。妊娠と病気感染さえ気を付けとけば、気に入った男となら、イージーに誰とでも寝る、というのにも、やっぱり多少、抵抗感は持ってしまうなあ。

 現在のロシアは資源大国だが、十何年か前、ソ連が崩壊して国が総体的に貧乏になったロシアで、モスクワの高級ホテルのロビーに高学歴の若い娼婦がごろごろ居る、というニュースを読んだことがあるけど、ロシア娘の、有名大学卒や現役女子大生の娼婦が買える、という話。ここのニュース記事の、我が国のイマドキ女子大生バイトの問題も、やはり国家的な経済の問題なんだろうなあ。

 

麻生希 お嬢様はお熱いのがお好き! [DVD]
麻生希 AV DEBUT [DVD]

現代の性のモラル―若者と教師のためのガイドブック [単行本]

 

 

コメント (1)

女子アナ新女王

2013年04月18日 | 芸能ログ

○女子アナ王座から加藤綾子を追い落としたテレ東・大江麻理子

 

  高島彩(34)が去った後のフジテレビで、新女王の名をほしいままにしていた加藤綾子(27)が、ついに王座から陥落した…。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、メルマガ読者アンケートを元に集計した恒例の「好きな女子アナ・嫌いな女子アナ」ランキングを発表した。昨年の一位はカトパンで、オリコンの「好きな女子アナ」ランキングで5連覇を達成し殿堂入りしたアヤパンと同じく、今年もその地位は揺るがないと思われていたが、結果は昨年3位のテレ東・大江麻理子(34)に1票差で惜敗。そのうえ「嫌いな女子アナ」ランキングでは4位にランクアップするなど、盤石に見えたその牙城はわずか一年で崩れかけている。

 1位を奪取した大江アナは、『出没!アド街ック天国』などに出演するベテランだが、『モヤモヤさまぁ~ず2』で見せる飾らないリアクションが視聴者にバカウケし大ブレイク。『アド街』『モヤさま』をはじめ、関ジャニ∞の冠番組などバラエティ班での活躍が目立った。一方で、過去には『ワールドビジネスサテライト』土曜版のメインキャスターも務め、池上彰の報道特番や現レギュラーの『田勢康弘の週刊ニュース新書』で番組進行を行うなど、報道・ニュースもできる。アイドルのように振る舞ったり、出たがり・目立ちたがりの女子アナが乱立する中で、彼女の存在は“大和撫子のよう”と崇められている。

「カトパンは惜しくも首位陥落となったものの、1票差の大接戦。折しも、先日マイナビニュースが男性会員429名にとった『好きな女子アナアンケート』では、カトパンが28.2%の支持を集めて1位、大江アナが24.5%で追随するかたちで、まだ王座は守っていた。大江アナが三月からレギュラーをすべて降板してニューヨーク支局に異動となることを考えると、次回の調査ではカトパンが挽回して王座を奪取する可能性は高い」(芸能記者)

 しかし「文春」のランキングを見てみると、一概にそうとは言えない。女子アナ帝国だったフジのメンツは2位のカトパン、フリーになった9位のアヤパン以外はランキング圏外。代わりに猛追をかけているのが、3位のTBS・枡田絵理奈(27)、5位の夏目三久(28)、7位の日テレ・水ト麻美(25)だ。この3名、実は全員、有吉弘行との共演経験が豊富である。枡田はロンブー淳や有吉らに「マスパン」と呼ばれて可愛がられ、夏目は『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)での冷静沈着かつ品良いあしらいぶりで人気回復、水トも『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で金曜レギュラーの有吉にツッコまれまくっている。しかし現在、有吉と交際がウワサされているフジ・生野陽子(28)は「好き」圏外ながら、「嫌い」で7位に。アゲチンぶりが発揮されるのはこれからか。いずれにしろ、彼女たちの人気が高まる今、カトパンも安穏としてはいられないだろう。

 ちなみに、「嫌い」ランキングの方は、安定のTBS・田中みな実(26)、フジ・高橋真麻(31)がワンツーフィニッシュ。ただ昨年3位の平井理央(30)がフジ退社で大幅にメディア露出が減ったことで11位になったことを考えると、この3月末で退社を予定している真麻も来年にはランキング下位に沈み、新たな「嫌われ女子アナ」が誕生しているかもしれない。かねてよりウワサされているように、カトパンがフリー転身ともなれば、「好き」ランキングにも大きな変動がみられそうである。

 

 アナ★バン! presents フジテレビ女性アナウンサー「みんなでゴルフ2」 [DVD] 
 少しずつ 少しずつ [Single, CD+DVD, Maxi] アーリーモーニング

 麻理子の部屋 [DVD] 大江麻理子(テレビ東京アナウンサー)

 

  フジは長らく女子アナ王座時代が続いたけど、フジが視聴率王座からの滑り落ちを見たように、TV人気女子アナ番付も、盛者必衰・栄枯盛衰というのは、同じようにあるんだなあ。フジ女子アナの人気は絶対的に鉄壁のようにも感じられてたんだけど、こーいうのも移り変わって行くんだね。必ず。今までのフジの女子アナ王座って、要するにバラエティー向きなアイドル女子アナですよね。バラエティー受け女子アナ特化。フジが女子アナをアイドルアナ特化して、力を入れてたのが、他の局も同じようにやり出したら、人気も各局に散らばって来た、というコト。女子アナ人気はルックスやアイドル的可愛らしさ、可愛い女子としての人柄の良さ、だけでなく、チャンピオンになろうと思ったら、やはり実力も必要みたいですね。アナウンサーとしての本来の実力。頭の良さと知性。絶対的インテリである必要はないけど、解説者の知識人の話に着いて行けるだけの知性は最低限必要なんだな。そういう意味では、やっぱ、女子アナは雑多なアイドルタレントに比べると、かなりグレードが高いよな。高学歴だし、高学歴だということはお嬢様育ちが多く、家が比較的金持ちで幼児期から教育に金掛けていて、幼稚園・小学校から私立名門で、頭が良くて気が利いて美貌の持ち主、でないと駄目、というヨーナことですかね。

 昔ながらの局アナは報道主体でしょうが、現代は総バラエティー仕立て時代ですから、アイドルアナが重宝される。タレント的なアナ。タレント的なんだけど、TV局という会社の社員。30歳くらいから30を過ぎれば結婚するにしろ何にしろ退職して、フリーアナという、まあ、司会業専門的なタレントになる。フリーアナでもクイズ番組やバラエティーのひな壇に座る人も居る。アイドルアナでも高橋真麻みたいな、笑いの取れるバラエティー性の強いアナも重宝される。現代の女子アナとは、頭が良くて機転が利いて気が利いて淀みなく司会進行が出来て、愛嬌のある美貌の持ち主で、一種タレントみたいだけど、TV局という会社に所属する高給取り女性サラリーマン、か。

 僕はルックス的には大江麻里子さんよか森本智子さん、だったんですけど、だいたい、テレ東のアナウンサーって、あんまりよく知らないなあ。ゴメンナサイ。元モーニング娘。の紺野あさ美は趣味じゃないし。僕自身はTV番組で紺野あさ美さん、あんまり見掛けたコトないなあ。ネットのニュース記事で男性スキャンダル読んだことはあるけど。でも、不倫じゃなかったですよね(?)。紺野あさ美さんの芸能ニュース。ただのデートなら別にフツーに良いだろうし。昔からでテレ東女子アナ陣で一番有名だったのは、大橋未歩さんでしたね。「昔から」って、失礼ですが。大江麻里子さん、整った顔で美形ですけど、僕の趣味のルックスでもないかな。おまえなんかが言うな、でしょうけど。でも、頭良さそうで、池上彬の解説にも着いて行ってるし、バラエティーで芸人にも合わせられるし、お利口さんですね。

 女子アナも、局アナ辞めると、だいたい人気は落ちますね。局に在籍してるってのは、ファン心理として一つの価値なのかな。そりゃあ、アイドルアナは結婚したら人気は落ちるだろうけど。女性視聴者ウケもあるでしょうが。まあ、女子アナはグレードの高い、一種高級タレント感存在で、局辞めたら雑多な一般タレントに混ざって、ちょっと汚れた感が着いて、価値が落ちるのかな。まあ、どうでもいいけど。

 

 日経ヴェリタス 大江麻理子のモヤモヤとーく2 (日経ビジネス人文庫) [文庫] 

 杉作J太郎と大江麻理子の妄想恋愛 [DVD] 杉作J太郎, 大江麻理子

 

 

コメント