生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AKB第3回総選挙始まる!

2011年05月26日 | 芸能ログ

 

AKB総選挙さらに過熱! CD5500枚購入者も

 

   24日に投票が始まったアイドルグループ、AKB48の第3回総選挙の速報結果が25日、都内で発表され、絶対不動の“神7”(カミセブン=上位7人)が変動するなど、早くも波乱含みの展開が明らかになった。ファンの中には、投票権付きCDを5500枚も購入する猛者も出現。150人によるポジション争いは、もはや国民的イベントになりつつある。

 速報では上位2傑がつばぜり合い。前回優勝の大島優子(22)、前々回優勝の前田敦子(19)がそれぞれ1、2位をキープしたが、その差は704票と競っている。

 3位には前回8位の柏木由紀(19)がランクイン。前回19位の指原莉乃(18)も7位に入る大健闘をみせる一方、ソロ活動も好調な板野友美(19)は前回4位から8位に転落。前回7位の神セブン、小嶋陽菜(23)は10位だ。

 AKB48の68人に加えて名古屋のSKE48の57人、大阪のNMB48の25人を加えた総勢150人が立候補。約3・8倍の競争率を突破した40人が、8月発売予定の通算22作目のシングルCD制作に参加できるが、メーンの曲を歌えるのは上位21人の「選抜メンバー」まで。22位以下の「アンダーガールズ」は同CDのカップリング曲を担当する。

 しかも、各種メディアに出演できるのは12位までの「メディア選抜」に限られる。下位メンバーは、AKB48発足当初のコンセプト「会いに行けるアイドル」を地でいく東京・秋葉原などの劇場公演が活動の中心となるという。

 この“格差”がファン心理に火を付ける。応援するメンバーに激戦を勝ち抜かせるためにファンは必死だ。今回の投票権は21作目のシングルCD「Everyday、カチューシャ」に付いているが、初回出荷枚数がAKB48史上最多の145万枚。総選挙での速報値に反映された投票数はCD発売後26時間で約15万4000票にも達した。

 大島優子のファンを名乗る男性は、自身の日記サイトに自室を埋め尽くすCDに囲まれて悦に入る姿の写真を掲載。《16日間に及ぶ、優子推しには、『絶対に負けられない戦い』ですね。俺も、約5500くらい積み上げたので、今日から徹夜で頑張ります》《全ては、6月9日! 日本武道館で、優子の笑顔を見るために!! 16日間は、優子最優先で頑張りましょう!》などと書き込んだ。この男性がCDを定価で買ったとすると、550万円の出費となるのだが…。

 開票は6月9日、弁護士立ち会いの下、日本武道館で行われる。

【AKB48第3回総選挙速報】

1位 大島優子 1万7156 

2位 前田敦子 1万6452 

3位 柏木由紀 1万2056 

4位 高橋みなみ 8833 

5位 渡辺麻友 8582 

6位 篠田麻里子 8016 

7位 指原莉乃 7357 

8位 板野友美 6596 

9位 松井玲奈 6559 

10位 小嶋陽菜 6534 

※数字は投票数

 

 

 一人で同じCDを5500枚も購入した訳か。他のサイトの記事では、何でも一人で2200枚とかいうのも載ってた。一枚1000円なんだなあ。5500枚購入は、単純計算で550万円なりのお買い上げか。これはネットで買うんだろうか?普通の小売店のCDショップか?まあ、持って来るのは荷台のある自動車だろうが。かなりの上得意のお客様だよなあ。個人客だもんね。ミクシィにアップしていたという写真が載っていて、独身男の普通の部屋にダンボールが幾つも開いていて、ぎっしりCDが入っていた。箱の外に出して、だらっと列で並べてあるCDもすごい数だ。全部おんなじCDなんだろう。何か、きたねえ部屋みたいだったなあ。セレブの御宅の坊ちゃんのお部屋、という感じでもない。普通の一般家庭の、普通の家屋のサエナイ息子の部屋、という感じ。あの雑然とした部屋からは金持ち感はないなあ。むさくるしい独り者の男の部屋、というのはよく解るけど。

 同じCD5500枚分の代金とか、2200枚分のCD購入代とか、実質誰が出しているんだろうか?親が資産家か?昨年の第2回総選挙の時は、事後、一人で大量購入したたくさんの者の内、一人がTVのワイドショー系番組に出ていて、というかリポートビデオで出ていたのだが、確かあの人は働いていて、何かのショップのオーナーだったように思う。一年前のことだが、もうよくは憶えていないが、ショップのオーナーか、カラオケ店の店長か、CDショップか何かの店長か、独身の30代の、比較的稼ぎのいい男性だった。確か三十幾つで同じCDをお金で何百万円分か買って投票していた。誰のファンかは忘れたけど。前回でも、一人のお目当ての娘に投票する為に大学生が3人でお金を出し合って、250万だったっけか(?)を作って、全額同じCD購入に使った、とかいうのも話題になってた。

 金のあるとこにはあるんだなあ。5500枚分を5000枚の購入にして、500枚分の現金は東北大震災の被災者への義捐金に寄付しよう、とかは思わないのだろうか。あれは数百万円の秋元康への寄付ではないのか。それともこの人はセレブで、既に義捐金に大金を出してあるのかなあ。解らないけど。同じCDを5500枚とか2200枚とか、多分500枚、1000枚単位で同じCD購入した人はけっこういっぱい居るのだろう。同じCD100枚200枚はざら、の世界なんだろうな。いや、まあ、僕らには当然のように馬鹿にしか見えないけど、CDはもったいないなあ。あとはどうするんだろうか?中古ショップとかヤフオクにも流れるんだろうけど、量が量だけに買い叩かれるだろうなあ。

 投票券の他に握手券なるものが入っていて、例えば5500枚買った人は握手会なるイベントに行って、5500回握手できるのかと思ったら、あれは握手券一枚でわずか数秒で、いっぱい持ってるとそれだけ長く女の娘の前に居れるものらしい。だから券をいっぱい提出したらその娘と握手してお話も出来るんだそうだ。ようは知らんが、そういうものらしい、とネットで読んだ。何でも、以前、AKBの娘たちがやきそば焼くイベントがあって、やきそば購入の時にAKBの娘と握手だか、一言二言の言葉が交わせるそうで、ファンの男たちは、一人で何皿もやきそばを買っていたらしく、さすがに何皿かしか食べれず、あとはやきそばを買う度にゴミ箱に捨てていた、とかいう話もネットで拾った。多分、本当のことなんだろう。

 アイドルの熱烈ファンとは異常な世界だな。しかもそれが全国規模ではかなりな数が居るんだろうからなあ。AKBの握手会には、普通にAKBの娘のお父さんよりも年長の男が列に並んでいるんだとか。今回の総選挙でも同じCD大量購入する独身男性は、けっこう30歳以上が多いのだろう。家の金を持ち出してる独身男も多いんだろうなあ。CD5500枚買う金の550万なんて、ヘタすりゃ2年間生活できる金額だぞ。いや、今や年収200万円台の人たちが多いという、プアーな格差社会の時代なのだ。充分、CD5500枚分の金で2年間暮らせるだろう。何だか、本当に非常にもったいないんだけど。秋元康はあこぎな商売する。AKBの上に君臨する秋元他支配層は笑いが止まらんね。数多くの、馬鹿なオタクたちのおかげ、と。 オタク息子の親は泣いてるぞ。

(ネットで見てみると、CDは一枚1600円とか1300円くらいするもんらしいし、別のネット記事では5500枚で八百数十万円と書いてあったけど。しかし、まあ、すごい金額だよな。何か別の記事では、我こそはAKB応援最強キングと誇示して、今回は同じCD先ず1000枚買ったが、これまでに、え~と、2000万円をAKBに注ぎ込んだ、とかいう男の話があったと思う。もう呆れるばかりだよ。勿体ないなあ、という、これが世間一般の感覚だろう。勿体ないよ、全部おんなじCDなんだもの。単純に考えると馬鹿みたい、でしかないよ。経済活動の一助になるのかなあ?無論、僕はAKBのCDなんて買いませんけど、同じCD買うなら桑田圭祐、福山雅治他アミューズオールスターに寄る、東北大震災被災地復興支援CD買う方がよっぽど良いと思うけど。)


 

 

 

※(2011-5/30)
 他のネットニュース記事で、上記ニュース記事の一人で同じCD5500枚買った男だけど、実はこの人は転売屋なのだというタレコミ情報を元にした記事が載っていた。このAKB新曲CDに付いた付録というか、第3回総選挙投票券とか生写真や握手券などが封入されており、それら付録の方が本体CDよりも価値があるんだとか。しかも相当な付加価値があり、この各種付録をまとめてネットオークションに出して儲ける魂胆らしい。現にネットで今回の投票券まとめて100枚が、ヤフオクだったか、12万円の値が着いていたんだとか。そういうことらしいですね。純粋なファンも居ればこのお祭り騒ぎみたいな現象に乗じて巧みに金儲けを画策するヤツも居る、ということですかね。純粋ったって、一人が同じCDを100枚以上買うなんてのは、異常なことであり、やはり僕から見れば大変馬鹿げているなあ。しかしさあーあ、この転売屋にしろ、秋元他芸能界ビジネスに君臨する富裕層にしろ、イイカモというのはAKBに恋する純真なオタクたちなんだよね。“純真”かどうかは解らないか。純真な脳味噌。

コメント

ポール・マッカートニー

2011年05月09日 | ミュージックログ

 

ポール・マッカートニー、3度目の結婚へ…17歳下の運送会社副社長と

 

  ビートルズの元メンバーのポール・マッカートニー(68)が、米国・ニューヨーク在住の運送会社役員・ナンシー・シェベルさん(51)と婚約したことが分かった。AP通信などが6日(日本時間7日)報じた。今回が3度目の結婚になる予定で、2人は2007年ごろからツーショットの姿が目撃されていた。シェベルさんと知り合った後の08年には2番目の妻・ヘザー・ミルズさん(43)と離婚。多額の慰謝料をめぐり訴訟に発展していた。

 ポールの4年越しの愛が実った。複数の米メディアなどによると、ポールの広報担当者が婚約の事実を認めたという。

 お相手のシェベルさんは米国では有名なビジネスウーマンだという。ニューヨークの公共交通を運営する都市交通局の幹部であると同時に、シェベルさんの父が経営するニュージャージー州の運送会社の副社長も務めている。まさにセレブ婚といえそうだ。シェベルさんにも弁護士の夫がいたが、08年12月に離婚しているため、ともに再婚となる。

 ポールは1998年に30年連れ添った元妻のリンダさん(享年56歳)を乳がんで亡くした。その後25歳年下の元モデルで地雷廃止運動家のミルズさんと2002年に再婚。家庭を大事にするポールと、運動に尽力するミルズさんとの間ですれ違いが生じ、約2年間の訴訟のすえに08年2月に離婚が成立。ポールが総額2430万ポンド(約47億円)の高額な慰謝料の支払いを命じられたことも話題を呼んだ。

 ポールとシェベルさんは07年、ニューヨークの高級リゾート地・ハンプトンで出会った。ともにまだ結婚している状態だったが、交際をスタート。その後はポールの娘でデザイナーのステラさん(39)がプロデュースするファッションショーやポールのコンサートなど、公の場にたびたびツーショットで登場。家族ぐるみの付き合いを続けていたようで、09年頃から結婚秒読みとうわさされていた。

 米メディアなどによると、2人は昨年の冬ごろから結婚準備を進めていたというが、ポールの広報担当者は「プロポーズの方法などについて詳細は控えたい」としているという。

 ◆現在、5人の父親 〇…ポールは、現在5人の子供の父親だ。最初の妻・リンダさんとの間に写真家のメアリー(41)、ステラ、ミュージシャンのジェイムズ(33)の1男2女をもうけ、さらにリンダさんの連れ子も養女として迎え入れている。ミルズさんとの間には娘・ベアトリス(7)が1人。年齢的には微妙ではあるものの、3度目の結婚で新しいベビーが誕生する可能性もある?

 

○地球を貪り食う/ポールマッカートニー

 

  

地球上には現在200億頭もの家畜がいますが、この数は世界総人口の3倍以上。肉の生産を減らせば畜産で使われていた穀物分で途上国の飢餓を充分救えます。
牛に限って言えば、地球上の土地、46億ヘクタールの牧草地で、13億5000万頭の牛が食用に飼育されています。(中国人の人工を上回ります)

13億匹の牛は、莫大な量の草・とうもろこし、小麦などを食べ、イギリスの場合では農園の80%がその家畜のエサ(飼料)の栽培に使われています。

私たちが肉食をしなければ、現在の30%の土地で化学肥料を使わずに全人口の食料を生産できるのです。

主に牛の牧草地や肥料の大豆栽培のために世界の雨林が消えていっています。
1950年以前、世界の土地の14%は熱帯雨林でした。
今では半分が消失し、毎年イギリスに相当する広さが消失していっています。
コスタリカでは、伐採された土地の71%は牧草地。
ネパールはここ20年で、家畜の飼育を続けるために半分の森林を失いました。

肉食をやめるということが、今人類が抱えている食料・環境問題を解決する最も簡単で根本的な方法であり、この問題を解決できるかどうかは、私たち一人一人の行動に鍵があるというポールマッカートニーのメッセージが込められた動画です。                        

 

 

 どーも、僕には、前妻ヘザー・ミルズは、財産狙いで結婚したとしか思えないんだけどね。たった4年間だけ一緒に居ただけで、47億円とかふんだくり過ぎだろ。自分が何したのか考えろよ。って言いたい(ま、本当は詳細な事情は僕には全然解らないのだが、メチャメチャPoul贔屓で)。ポールは、あの偉大なビートルズなんだぜ。その後のウィングスだってポール個人だって常に世界第一級のミュージシャンだ。ポピュラーミュージックといえど、イングランドの人間国宝級じゃん。それをたった4年くらい一緒に居ただけで、47億も掠め取るとかもうムチャクチャ。06年から08年は別居生活だろ。この泥棒女!ポールとの間の小さな女の子ベアトリスちゃんだって、引き取ってる訳じゃないじゃん。ポールと新しいナンシーさんと一緒に映ってるじゃん。腹が立つなあ、前妻ヘザー・ミルズ。ポールも悪いのに引っ掛かったもんだ。へザーの後ろには影の悪い男が居たんじゃないのか(!?)。今度のナンシーさんが良いひとならいいけどねえ。多分、きっと良いひとだろう。ポール、おめでとう!

 世界中の60億以上が全部菜食で果たしてやっていけるのか??僕には無理な気がするが。ポールが現状で完璧菜食主義でいけるのは、ポールが大金持ちだからだろう、と思うけど。元々は肉食の飼い犬を、飼い主が菜食で飼うのは、動物虐待になる、という話があるけど。自然界の摂理には“食物連鎖”というのがあるけど。ライオンを菜食にするのは難しいだろう。人類全部がオール菜食にして、だから農業のみでまかなえるかな?無理な気がする。例えどんなにしても、人間というものは、肉を好きな者は狩をしてでも肉を食い、貝は美味しいし、魚も食べるだろう。禁止だって言っても魚なんてすぐ獲れるから人は食べるだろう。まあ、昔の日本人はだいたいが農耕民族だし、大勢は菜食だったんだろうけど。アメリカ人に牛を食うな、中国人に豚を食うな、と言ってもやめさせることは先ず、無理だろう。全人類が肉食をやめて完全菜食にするなら、人類は何処でも農業重点になって、産業構造は著しく変わるだろうなあ。産業の発達・発展が止まるか、かなりスローになるのでは。経済そのものも成長はかなりスローになりそうな気がする。経済は落ちるだろう。という気がする。ポールも大金持ちの贅沢で便利な生活が出来なくなるんじゃないのか?まあ、素人の僕には確かな予想は出来ないけど。

※2010年6月8日ポール・マッカートニー
※2008年3月28日ポール・マッカートニー

 

 

コメント

格闘王への道

2011年05月06日 | 格闘技ログ

 

○石井慧 柔道復帰いきなりV!決勝は9秒1本!!

 

  北京五輪柔道100キロ超級金メダリストでプロ格闘家の石井慧(24=アイダッシュ)が柔道の全米制覇を果たした。30日に米フロリダ州オーランドのオレンジカウンティコンベンションセンターで行われた柔道の全米体重別選手権の無差別級に出場。約2年8カ月ぶりの復帰戦を優勝で飾った。1回戦は不戦勝だったが、2回戦、準決勝は一本勝ち。決勝でジェイコブ・ストロメキ(米国)を下して全米の頂点を極めた。

 988日ぶりに柔道の大会に出場した石井が実力通りに全米を制した。初戦のワディム・ペトロビッチ(モルドバ)戦は不戦勝。試合前に入念な準備で備えたが相手が会場に姿を現さずに不戦勝がコールされた。まさかの出来事に石井は「試合をしなかったのは残念だが、自分の名前にびびったのかもしれない」と苦笑いを浮かべた。

 2回戦はうっ憤を晴らすかのような一本勝ちだった。優勝候補のカイル・バシュクラット(米国)に62秒、体落としで快勝。「組んだらいけそうだった。自転車と同じで乗り方は忘れてませんでした。ごっつぁんボーイでした。日本人は強いです」と石井節をさく裂させた。

 圧巻だったのが準決勝。アドリアン・アロンゾ(米国)を開始早々に寝技に引き込むと、わずか28秒、送り襟絞めで退けた。汗一つかかない圧勝で決勝に駒を進めた。「相手が低くて、うまく襟がつかめた。でも、まだまだ。あと一つしっかり締めないとダメ」。自ら気合を入れ直すと「最短で決めたい」と秒殺を宣言した。そして、決勝でもストロメキを9秒で下した。

 米国の市民権がなくオープン参加とはいえ、北京五輪金メダリストの実力を証明し、圧倒的な力の差で無差別級を制した。道着の背中には東日本大震災で被災した人たちのために「がんばれ東北」の言葉を縫いつけた。「被災者に勇気と元気を与えられたと思う。これからは柔道王者としてしっかりと五輪を目指したい」と前を向いた。米国代表で16年リオデジャネイロ五輪を目指す石井が、絶好のスタートを切った。

 

○格闘技班リストラのTBS、大晦日は『ガチ相撲SP』でガチ勝負か!?

 

  5月1日にTBS系で放送された『クイズ☆タレント名鑑SP(仮)USC~史上最大ガチ相撲トーナメント』(以下『ガチ相撲』)が、格闘技ファンの間で大好評を博した。

 『ガチ相撲』は、八百長問題などで存亡の危機に揺れる国技・大相撲の現状を憂い、「今こそ相撲が見たい!」という大義名分のもとに行われた“相撲バラエティ”。ボビー・オロゴンに元・序二段力士の安田大サーカス・HIROや元ボクシング世界ミドル級王者の竹原慎二、そして“元・芸能人横綱”のチャック・ウィルソンといった力自慢の芸能人に、現役K-1王者“巨神兵”セーム・シュルトに新日本プロレスの“野人”中西学ら現役格闘家が土俵の上で集い雌雄を決し、トーナメントの勝者が第64代横綱・曙に挑戦するという超豪華企画であった(気になる曙の相撲だが、トーナメント優勝者の中西に突っ張りで圧勝)。
 取組前には煽りVTRが流れ、入場時にはレニー・ハートが巻き舌で選手名をコールするなど、往年の「PRIDE」を意識した演出に、スタジオの観客も視聴者も熱狂した。

 格闘技的演出となれば、当然番組の制作は「K-1 MAX」「DREAM」を手がける格闘技班によるものと考えたくなるが、当番組の制作はバラエティ班によるもの。
 『ガチ相撲』が放送された5月1日と奇しくも同日に、実はTBS格闘技班が解散していたことが、K-1ファイター佐藤嘉洋のtwitterで明らかになったのだ。

 TBS格闘技班の解散に伴い、莫大な放映権料ありきの大晦日の恒例イベント「Dynamite!!」開催が、おそらく今年から苦しくなってくることは確実。
 そうなるとTBSは大晦日に、この『ガチ相撲』で勝負を目論んでいると推測するのも、あながち荒唐無稽な話ではないのではなかろうか。ましてやほとんどの選手にとって専門外の分野である「相撲」の勝負ゆえに、負けて失うモノもそう大きくはなく、各分野の選手にオファーを出しやすいのもTBSには好都合。

 もし『ガチ相撲』に大晦日用の予算が投入されるならば、参戦メンバーがさらに豪華になることは間違いない。同局の改変期特番『オールスター感謝祭』の人気企画「ヌルヌル相撲」の常連である小川直也(プロレス)、石井慧(総合格闘家。アメリカ代表枠でロンドン五輪も目指す)ら元柔道メダリスト組の出場も堅そうだし、あの朝青龍の招聘だって不可能ではないだろう。

 大晦日はひょっとしたら、「曙vs朝青龍」が紅白歌合戦を喰ってしまうかも!?

 

 

 今は格闘技関係は、一般的には冷え込んでて駄目な感じですね。 本当に今年は、大晦日の格闘技特番は何処の局もやらないかも?という気もします。確か、何かの記事で読んだと思うんだけど、あのK-1でさえ、経営が芳しくないんだとか‥。プロレスも、もうショーとしてしか見ていない雰囲気だし。あ、一般的にはですね。勿論コアなファンというのはいるんでしょうが。でもプロレスはもうここ、ずーっと下火ですね。かといって、真剣勝負味を楽しむリアルファイト系の総合格闘技も、一般的にはパッとしない。K-1的なキックボクシング系もファンは居るでしょうが、一般的な人気はない。どの格闘技もTV地上波ではやらないし。大相撲だって、あの大規模八百長騒動で駄目でしょう。プロボクシングは世界タイトルマッチだけ、時々地上波ゴールデンでやってますね。視聴率は数字取れてるんでしょうか?でも、10パーセントも行ってないんでしょうね。亀田の試合でも観客は入っていないでしょう。格闘技系はここ何年もずうーっと駄目ですね。あくまで一般的には冷え込んだまま、という話ですが。そりゃあ、どの格闘技にも個々にコアなファンは着いているでしょうけど、メジャー性は全然見えないですね。90年代末から昇り調子、2000年代前半から中期のあの輝かしい格闘技シーンが嘘みたいですね。プロレスだって、2000年代前半までは、ドーム興行とかやって4、5万の観客入れてたでしょう。TBSはどうするんだろう?もう、総合のドリームやキックのK-1MAXだって放送から降りるんだろうか? ひょっとして会社としてのK-1も危ないかも?

 石井慧選手だって、プロ格闘家としてはメインの戦場って、海外なんじゃないですか。えーと、戦極で吉田秀彦選手とやって後、誰とやってたんだっけか。日本国内では、TBSドリームで、パンクラス出身の美濃輪育久選手とやって、あと新日の柴田勝頼ともやったんだな。昨年大晦日のダイナマイトで、K-1ジェロム・レ・バンナとやったんだ。タレントとしての石井慧はTVでけっこう見掛けますけどね。TVは格闘技番組やって、石井慧出しても、もう視聴率は取れないぞ、と踏んでいるのかも知れない。石井慧は一般的には、バックグラウンドが柔道金メダリストで格闘家という看板持ったバラエティータレント、としてのイメージでTV露出している、まあ、もう、もろタレントだよね。実際、稼ぎの占める割り合いは、タレント業が大半なんじゃないかな(?)。一度プロになったら日本ではもう、アマチュア柔道には戻れないんでしょうね。国際柔道では、アメリカのレベルはあんまり高くはないらしい。それにしても、アメリカ代表の座を勝ち取るには、アメリカ国籍を取らないと駄目でしょう。もう一度オリンピック金メダリストになるために、日本人を捨てるんでしょうね。北京五輪の後の皇室パーティーの園遊会だっけ、何だっけ、天皇がお出ましになる、活躍した一般人を招き入れて労いのお言葉を掛ける茶会のようなパーティー、何だっけか。あれで天皇を前にして確か、「自分は天皇陛下のために戦っています」とか喋ってたよな。まあ、どうなんだろうな、アメリカ人になるのかな?本人の勝手だろうが。目立つことをやりたいんだろうな。タレント的、ですよね。プロ格闘技も、日本国内じゃ冷え込んでるし、アマチュア柔道の世界に戻った方が、話題の人になって華やかに騒がれると。何というか、“スター”で居たいんだろうな。日本柔道引退してプロ転向しようかって時の、目標がプライドで活躍した“人類最強”エメリヤエンコ・ヒョードルだったけど、ヒョードル自体が年齢は34、5歳くらいだが、格闘技の年季が入り過ぎていて、ここんとこの活躍度はあんまり芳しくなく、ちょっと落ち目イメージだしな。石井慧の格闘王への道は、本音、稼げるマルチタレントへの道、になりそうか??

 

 

コメント