生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

レジェンドオブゾロ ~ 怪傑ゾロ

2006年01月31日 | シネマログ

 

 皆さん、今晩はじゃ。今夜のTV放送番組の中で、現在の一方のカリスマ、人気占い師の細木数子さんメインのレギュラー番組で、ハリウッド大物美人女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズが放送に出ていた。カリスマ占い師細木さんの毎回恒例人気タレント占い鑑定のスペシャル版じゃ。細木数子はたいしたもんじゃわい。堂々として卒がなく、初対面の大物外人女優に臆さず、ちゃんとコミュニュケーションを取って会話を行い、お近づきにまでなっている。まあ、間に通訳は入っておるがの。それにしても、キャサリン・ゼタ・ジョーンズは美人じゃのう。やっぱり白人の美人女優はきれいじゃわい。チャン・ツィーも良いが。つい最近日本で絶賛公開中となった映画「レジェンドオブゾロ」のキャンペーンで来日したものらしいが、ハリウッド人気女優でも、女は女、占いには興味があるものと見えて、細木数子の番組でスペシャルゲストで、ホテル録画じゃが出演していた。キャサリンさんは、知的でユーモアがありフランクで、なかなか良い人に見えた。まあ、見えたんじゃけど。日本の今のカリスマ占い師、細木数子の名前は、外国にも知れ渡っておるのかのう?たいしたもんじゃな。まあ、細木数子さんのキャラクターを好まないTV視聴者はたくさん居ようが。メイン出演者が嫌いでも視聴率が高いところが占い番組というもんじゃろう。態度が尊大に見えようとも、民放レギュラー2番組の高視聴率、何本もあった正月特番と今はメディアの上では女王クラスじゃからのう。TV局だって何も言えんじゃろう。

 新作映画「レジェンドオブゾロ」は98年の前作、「マスクオブゾロ」の続編ですな。98年の第一作ではアンソニー・パーキンス扮する初代ゾロの意志を継いで、虐げられた民衆のために、アントニオ・バンデラスの2代目ゾロが立ち上がり、師匠の初代ゾロの仇を取る。そして魅惑のヒロイン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズのゾロの実娘と結ばれる。前作第1作では、映画ラストで主演二人の間に子供を設けていたが、それからどうなったのか…?続編ですな。予告場面フラッシュでは、ヒロイン、キャサリンのすごいカッコイイ、フェンシングの戦闘シーンがあったけど、活劇場面は盛り沢山で、ゾロが乗馬したままで走る列車の屋根に飛び乗るシーンとか、すごい場面たっぷり。是非見たい映画じゃね。

 フェンシングといえば、ワシは昔から、日本の伝統武術である剣道の達人と、西洋の歴史的武術であるフェンシングとはどっちが強いのじゃろ?と思うとった。いったいどっちかの?そりゃあ日本男子であるワシは勿論、剣道だとは思うとるけれどじゃな、一度同クラスの技量の達人同士の試合を見てみたいもんじゃ。何処かの武闘映画でそういうのやってみた映画作品でもあるのか知らん?例えば香港映画とか。怪しげな娯楽映画でありそうじゃの。それは作りものになるが。
 まあ、フェンシングはいいんじゃが。しかし、徒手空拳の格闘技どおしの、異種格闘技戦なるものが盛んに行われている昨今、武器術どおしの異種武術戦を見てみたいもんじゃ。日本剣道対フェンシングはもとより、琉球古武術からサイ術、そして中国拳法の三節棍、等等いろいろな世界各地の伝統武器術。西洋の拳銃は無しじゃ。銃火器は無し。弓も駄目じゃな。それから槍も危険。勿論、剣道は真剣日本刀はノーエントリー。極力危険を抑えて行う、世界武器術の異種格闘技戦。見てみたいのう。

 ええと、何の話じゃったかのう、細木数子か。いいや、キャサリンさんか。いいや、ゾロじゃな。義賊、怪傑ゾロ様じゃ。しかし、細木数子じゃが、昨年の年末特番で、ゲストのホリエモンと対談をしていて、「あんた、来年は長い一年になるよ」と言っていたとか。それが、ホリエモンの今回の事件を予言していたのだと、何か週刊誌の見出しにあった。記事の内容を読んだ訳ではないので、詳しくは知らんが、運命鑑定による予言だったのかのう?細木数子さんも数々の当たった予言もあるようじゃが、当たらなかったものもある。いくら名占い師といっても、百発百中で未来予知出来る訳ではなかろうからの。SF小説の世界の超能力者じゃないんだし。細木さんも、ゲストに呼んだ政治家等ともきちんと話しておるし、態度が尊大に見えようが、知性と高い見識を持っておって、ゆるぎない自分の考え方で、うまく会話をリードして進めて行く。占いの予知度の高さもあろうが、知性に支えられた、人間も時代も、巧みに読み込める術じゃな。 うん、正しくこれじゃ。

 高視聴率女王の現在の一方のカリスマじゃが、番組がいつまで続くか。大衆とは薄情なもの、やがて飽きるし。達観の域にもありそうな人のようだから、それも解って今の座に今は居るんじゃろうが。

 「怪傑ゾロ」じゃった。細木数子の六星占術の話ではないのじゃ。ワシにとって「ゾロ」といえば、70年代の「アランドロンのゾロ」じゃな。これもなかなかのヒット映画じゃったな。ストーリー性の凝り具合は、今回の「マスクオブゾロ」の方に軍配が上がろうが、アランドロンはカッコ良かったのう。何しろ世紀の美男子が扮するヒーローじゃからな。今回のラテン系ハンサム、アントニオ・バンデラスもイイがの。
 もともとの、ワシの記憶にもある大元は、60年代初め頃のモノクロTVのアメリカ輸入(西部劇)番組の「怪傑ゾロ」じゃの。裏番組はアメリカ輸入アニメ、「ポパイ」じゃった。古い古い昔の話じゃ。この頃はまだまだTV黎明期で、優れた娯楽ドラマはアメリカ輸入ものが多かった。世界的にも本当に初期アニメとなる「ポパイ」。少し大きくなった子供達はカッコイイ無敵のヒーローもの「怪傑ゾロ」を見たがり、弟妹になる幼児期の子供は「ポパイ」の方を見たがって、一家に一台あれば良い方の時代のTVチャンネルを争ったものじゃな。古き良き、昭和30年代じゃ。

 既婚で母親ではあるが、魅惑のヒロイン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズもイイし、大活劇たっぷりも楽しいし、見たいのう「レジェンドオブゾロ」。絶賛公開中じゃ。ワシはキャサリンゼタジョーンズというと思い出すのは、タイトルは忘れてしもうたが90年代後半公開のホラー映画のヒロイン役を思い出すのう。ハウスものホラー映画じゃ。確か70年代ホラーヒット作のリメイクじゃ。最後のたっぷりCG使った終わり方は興ざめしたが。あれは前半、怖かった映画じゃった。ホラー映画の王道はやはりハウスものじゃのう。って、「ゾロ」の締め括りになってないのう。それじゃ、また。

 マスク・オブ・ゾロ デラックス・コレクターズ・エディションSDT-26102

 

コメント

シャーリーズ・セロンで決まり!

2006年01月29日 | シネマログ

 

 皆さん、ご機嫌は如何ですかな。じじごろうじゃ。毎日を元気に過ごされてますかな。何にせよ、元気が一番!元気があれば何でも出来る…。おっとこれはあの人のセリフじゃな。あの元プロレスラーのカリスマ、あの男の真似になってはいかんな。しかし、あのカリスマ男の作ったプロレス団体も大変なようじゃな。今は社長も会長も退いておるんじゃろうが、まだ関係は持っておるんじゃろうからの。時代の流れの中にあるんじゃろうが、潰れねばいいがの。今、ちょっぴり話題の、あの「ハッスル」とかは新日とは関係はないんかの?小川直也はそもそも猪木がやっておった「UFO」とかいう団体所属だったしのう。今はまた、プロレス界も全日、新日とぶっつぶれ状況の中で、そこから飛び出したレスラー個人達が、いわゆるインディー団体を立ち上げとる状況かの?かっての「FMW」や「みちのく」「大日本」なんぞがニョキニョキ出来た時代の繰り返しかの。80年代末頃の。格闘技はプロレス人気はもう下火になりっ放しじゃな。既存団体飛び出した個人レスラーが、小団体立ち上げても駄目なんじゃないかな、今のプロレスは。今はもう、格闘技は真剣味一番格闘技の時代だからの。リアル勝負の時代じゃ。プロレスはもうショーとしてしか見られておらんし、日本人のセンスはショーを楽しむ感覚ではないからな。日本人には真剣味が大切なんじゃ。まあ、いいわい。ワシもプロレス界の構図がどうなっておるのかよく知らんし、プロレスと格闘技は兄弟みたいなものじゃろうし、会社組織同士のつながりも人脈もあろうしな。例の元レスラーのカリスマが盛り上げ役に両方のリングを行き来するのもそうだしじゃな。あのカリスマ猪木の現役全盛時代、ファンはプロレス試合のリアル味を楽しみ、闘魂というものをファンも分けてもろうてた状況だったんじゃ。あの時代のプロレスは、ファンに熱いものと励ましをくれていたもんじゃ。完璧、ショーになってしまうと、ファンもそういうものを貰うという事は無くなってしまい、只の娯楽だけになるからの。だから今はもう、ファンに元気を与えるのは、PLIDEのミルコクロコップの試合とかになってしまうんじゃ。

 ワシは何もプロレスの事を喋るつもりはなかったが、何か雑誌の記事とかでチラリ見て、プロレスメジャーの老舗、新日本が危ない、という事を知ってついこういう話を、な。そうじゃな、今、世間を騒がせとるニュースはまだまだ昨年からの、建造ビルディング耐震偽装事件が、ヒューザー社長の証人喚問のあいまいさ等等と引き続いておるし、今年初めの電撃ショックニュースのライブドア事件も、まだまだ真っ最中の状況じゃな。経済界の風雲児の如く呼ばれ、メディアの人気者となっていたライブドア社長、堀江の逮捕、堀江の社長、役員からの退任、組織幹部の入れ替え等じゃ。証券取引法違反、本社粉飾決算等の罪状じゃな。まあ、こういう事も毎日のメディアのニュースで騒がれとるし、評論家なんぞがあれこれ言うとるし、各ブログ記事でも話題持ちきりじゃから、ワシが今さら意見を言う事もなかろう。まあ、いろいろあろうが、犯罪は犯罪じゃからな。特に耐震偽装事件の方は当局は、徹底的にやってもらわんと、これはとんでもない悪質事件じゃからのう。

 さて今回はワシは映画の話じゃ。あの、ひととき世界一の美女とまで呼ばれた、シャーリーズ・セロン、う~む、べっぴんさんじゃのう。ため息が出る美しさじゃわい。そのシャーリーズ・セロンの新作映画は何とSFもので、あの美女が真っ黒いセクシーコスプレでSFアクションヒロインを演じる、アメリカ活劇特撮映画じゃ。日本公開は今年3月らしいの。もーう、楽しみじゃのう。あの超美女が飛んで跳ねて銃撃ちまくって大活躍じゃからのう。ああ~見たいわい。映画タイトル「イーオンフラックス」。シャーリーズ・セロンは南アフリカ出身で、75年生まれ、「マイティージョー」等の特撮映画でも有名じゃが、もうたくさんのヒット作を持つキャリア10年以上の、初のアフリカ出身のオスカー女優じゃ。プロポーション、身長177cmに90‐60‐90の見事な肢体の美女じゃな、ウハウハ。ワシの好きなSF映画じゃし、今から楽しみじゃのう。ちなみにこの「イーオンフラックス」の原作はアニメ映画のようじゃな。もともとは洋コミックのスーパーヒロインが原作になるのかの?そこんとこはワシも知らんのじゃけど…。


マイティ・ジョー【DiscStationディスクステーション】

 

 

コメント