生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冒険SFの星・田中光二

2012年03月31日 | ブックログ

 

○SF作家・田中光二さんが自殺未遂 家族の墓の前で

 

   「黄金の罠(わな)」などの作品で知られるSF作家の田中光二さん(71)が29日に東京都内の墓地で自殺を図っていたことが警視庁などへの取材でわかった。救急搬送され、軽傷という。

 捜査関係者などによると、田中さんは29日午前、港区の霊園内にある家族の墓の前で、首と手首を包丁で刺したという。

 田中さんは1979年に「血と黄金」で角川小説賞、80年に「黄金の罠」で吉川英治文学新人賞をそれぞれ受賞。88~91年には日本SF作家クラブの会長も務めた。

 

小説家、田中光二さん自殺未遂…家族の墓前で

 

   吉川英治文学新人賞などを受賞した小説家、田中光二さん(71)が、東京都港区の霊園にある家族の墓の前で自殺を図っていたことが30日、警視庁への取材で分かった。田中さんは病院に搬送されたが、軽傷で命に別条はないという。

 同庁によると、田中さんは29日午前、港区の家族の墓の前で、首と手首を包丁で切りつけ、自殺を図った。田中さんは、個人的な悩みを抱えていたという。

 田中さんはNHKを退職後、SFや冒険小説、架空戦記などを執筆して人気を集めた。昭和54年、「血と黄金」で角川小説賞、翌年に「黄金の罠」で吉川英治文学新人賞を受賞。日本SF作家クラブ会長も務めた。

 

 

 田中光二さんは、僕の青春時代のヒーローの一人です。僕は子供時代からSF世界が大好きで、僕の20代前半は一番、SFに熱中していた時代です。もっとも、子供時代は手塚治虫を代表とするSF漫画で、ですけど、16歳から小説読書を始めた僕は、19歳か20歳頃からSF小説に夢中になり始め、20代前半は特に、日本のSF文学シーンにどっぷり浸かっていました。1978年冬に公開された「未知との遭遇」や78年夏に公開された「スターウォーズ」というハリウッドSF大作が牽引して、日本に初めてSFブームが訪れ、国内SFアニメも隆盛し、文庫本に日本SF小説作品が大量に揃えられ、星新一、小松左京や筒井康隆がメジャー作家となり、あのサンリオがSF文庫を創刊して海外SFを紹介し、日本のSF専門誌が4誌も定期発行された。まあ、このSFブームはそんなに長くは続かなかったけど。サンリオSF文庫もすぐになくなっちゃったし。

 この日本初のSFブームの時代に台頭して来た若きSF作家たち、平井和正、豊田有恒、半村良、鏡明、山田正紀、眉村卓‥、そして田中光二。みんなこの時代のSFの若きヒーローたちでした。僕がSFに熱中していたのは長く見れば70年代後半から80年代前半。特に夢中になっていたのは77年頃から80年代初頭頃でしょうか。この当時は僕は、日本のSF専門誌、「SFアドベンチャー」「SFマガジン」「奇想天外」「SF宝石」の4誌を毎号購読していました。田中光二さんの作品は、よく、このSF雑誌で読みました。田中光二さんのエッセイや連載コラム、時折、対談も掲載されていて、それらも興味津々で読んでました。田中光二さんの小説で、雑誌連載で毎号楽しみに読んでいたのは「大宇宙の狼-アッシュ-」シリーズや「エクソシスト探偵」シリーズ。短編作品は単行本か文庫で読んでいると思う。田中光二さんは、今では、僕の青春時代の郷愁が胸によみがえる懐かしい作家さんです。おもしろエッセイ本、「僕はエイリアン」なんて、田中光二さんの真面目で優しい人柄が出ていて、あの当時、好きな一冊でしたね。ちょっと後になるけど、日本のハードボイルドシーンで大沢在昌が出て来た時、北方謙三と田中光二の三者対談を読んだのも印象深く憶えています。

 田中光二さんは、戦中戦後時代の無頼派の作家、田中英光氏の息子さんですね。僕は田中英光氏の小説を読んだことはなかったけれど、僕が青年の時から、田中英光氏が太宰治の墓前で自殺した作家、という話はよく知っていました。実際は墓前で自殺を謀り、搬送先の病院で死亡したものらしいですが。奇しくもといっていいのか、同じ作家の父親と同じように自殺を試みるとは‥。田中光二さん、71歳かあ。これまでの著作の作品群を見てみると、膨大な量ですね。僕がSFに熱中していた時代、SF人気の下火になった後も、冒険もの主体に、ハードボイルドや探偵小説、推理小説、アクション小説などなど、エンタティンメント文学を大量に執筆されて来ています。大ベストセラー作家という程ではなかったにしろ、それなりの人気作家で来てこられていた方だと思うのですが。コアなファンも居たと思います。71歳。いったい何があったのか? 自殺を考えるほどの迷い、悩み、苦しみ‥。僕の青春時代のヒーローには、自殺などは考えないで欲しいですね。ヒーローに自殺は似合わない。雄大な宇宙空間を駆け巡るヒロイックファンタジー、「大宇宙の狼-アッシュ-」のスーパーヒーロー、アッシュのように、ひたすら強く。 て思いたい。

 

 田中光二さんていうと思い出すのが「エデンの戦士」。「エデンの戦士」は田中光二さんの1976年発表の小説ですが、僕の思い出は漫画版です。漫画版も1976年で、当時の週刊少年チャンピオン誌上に連載されていました。作画は真崎守さん。

 核で壊滅的打撃を受けた地球上で人類が滅び、その後、ようやく放射能が薄らいで来た、100年後だっけ(?)か、忘れた、とにかくすごい長年月後に冷凍睡眠から目覚めた人類最後の生き残りの男女が、地球上の別々の大陸上で目覚め、お互いを求めて原始太古の姿に戻った荒野の地球上をさまよい歩く‥。とかいうサヴァイバル冒険SF物語。

 僕は、あの時代、少年漫画誌を買って読むことはなかったんですけど、当時の職場に行くと、毎週、若い社員がチャンピオンを買って来ていて(勿論、僕も若かったけど)、僕は昼休みにロッカールームで毎号読んで、特に、「エデンの戦士」は好きな漫画でした。元々、真崎守の漫画絵柄が好きだったし。毎週、あの時代のチャンピオンは、「がきデカ」と「ブラックジャック」と「エデンの戦士」は楽しみだった。

 「出会ってオ××コしちゃったら爆発しちゃったよ!」、先輩の言葉。僕は当時の週刊少年チャンピオンで「エデンの戦士」最終回を見逃していたんで、漫画「エデンの戦士」最終回読んだ、職場の先輩に決着ストーリー尋ねると、先輩はそう答えた。多分、サヴァイバルを生き抜いてやっと出会えた未来世界のアダムとイブは、お互いを確認しあったら地球規模で大爆発しちゃったということだったんじゃないのかなあ(?)。何か、そういうふうになるようにセットされていたとか。僕はその後、秋田書店のコミックス全2巻で再読を果たしているような気がするんだけど、定かでないし、ストーリー細部はもうほとんど憶えていない。やっと出会えて地球ごと爆発じゃ辻褄が合わないけど、いったいどうだったんだろうな? 結論はまるで記憶にない。少年週刊誌の掲載だから、「出会ってオ××コ」シーンは描かれてないと思うんだけど、ま、そういうことなんだろう、という話なのか(?)。それとも、当時の若くてロマンティック好きで青臭い僕に対して、男臭く大人の男の先輩がイライラして浴びせた言い方だったのか。辻褄合わないけど、そういう話だったんだろうな。人類としてはまるで救いの無い‥。知らないけど。

  

コメント

のりピー受難は続く‥

2012年03月27日 | 芸能ログ

 

○「姉の逮捕は元夫のせい」 酒井法子さんの弟、元夫の父親経営の店の社員脅し逮捕

 

  覚せい剤取締法違反の罪で有罪が確定した元女優の酒井法子さん(41)の元夫(42)の父親が経営する店の社員を脅したとして、酒井さんの弟が脅迫の現行犯で、警視庁に逮捕されていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁によると、逮捕されたのは酒井さんの弟で、福岡市東区二又瀬新町、職業不詳、吉原健容疑者(33)。渋谷署によると、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、今月21日午後8時35分ごろ、元夫の父親が経営する東京都港区南青山のスキーショップを訪れ、対応した男性社員(65)に「(酒井さんが)逮捕されたのは元夫のせいだ」などと脅迫したとしている。近くにいた渋谷署員に、その場で取り押さえられたという。

 吉原容疑者が以前にも同店を訪れ、父親を威迫するような言動をしたことがあったことから、相談を受けた同署が署員を張り込ませていた。

 酒井さんと元夫は平成21年、覚醒剤取締法違反で逮捕。執行猶予付きの有罪判決を受け、翌22年、離婚が成立していた。

 

 

 あ~あ、今度は弟がやっちゃった。て、弟は以前も逮捕されましたよね。のりピー逮捕と同じくらいの時期に。あれ?あれはやっぱり違法ドラッグだったっけか?覚醒剤使用かな(?)。弟さんは腹違いになるんだっけか?忘れちゃったなあ。確か、福岡に妹さんも居たよな。あれ?弟妹とも腹違いになるんだっけ。実の親父はれっきとしたヤクザの組長だった人だし。元亭主はジャンキー、前科者と。すごい家系の一家だよねえ。

 しかし、のりピーは執行猶予も解けて、芸能界再起に向けて頑張ってる時に、中国行ったり台湾行ったり、その前はイメージ作りに介護関係の学校行って介護士資格取ってみたり、愛息のため、ひたすら可愛い息子のために、この世の中(社会)で再起しようと頑張っているのに、片方だけといえど血を分けた実弟の仕打ちはひどいものですよねえ。この弟にしたって、のりピーのことを思ってやった脅迫・恐喝ではなくて、自分の金にしようと思ってのことでしょう。実姉もたまったものではないですよねえ。何処までも、幼い頃の環境が着いて回る。タカソーみたいなアンポンタンと一緒になる前は、脚本家の野島伸司との熱愛ニュースとかも一時はあったし、数多付き合う相手の中には、まともな相手も居たんだろうけど、何せ実の親父がヤクザの親分だったんだものなあ。付き合うまでなら何だけど、結婚となるとそりゃあ相手も相手の家もヒクよなあ。

 まあ、覚醒剤とか違法ドラッグの方は、亭主から仕込まれたものにしろ、自分がやってたんだから、自分の罪で、メジャー女優・酒井法子で大々的に扱われたのは仕方ないけど、まあ、子供は可哀相だったけど、今回の身内、腹違いのヤクザ者(山口組系暴力団関係者)の弟の犯罪で、TVでもネットでも何でも、弟の肖像ではなく、姉・のりピーの映像や写真が大々的に紹介されるのはちょっとなあ。これは可哀相なんじゃないのかなあ。子供はどうなるんだよ、実の父母も叔父さんまでもが犯罪者・前科者だよ。ひどい話だ。子供、グレないと良いんだけど。ところで、のりピーの執行猶予3年はまだ明けてないんじゃないかなあ。まあ、いろいろと再起に向けて頑張っていたところだろうに。今日は号泣したんだろうな。絶望的気分になったかも。しかし、のりピーはかなりタフな女だよねえ。皮肉な話だが、流石はヤクザの親分の娘だ。頑張れ、のりピー! この窮地を根性で乗り切れ。でも、本当言うと一般人で再起して欲しいけど、もう女優しか道がないんだろうねえ。執行猶予が明けたら、シリアスドラマの汚れ役で頑張って欲しい。でも、ジャンキーから立ち直ろうとする根性はたいしたものだと思う。頑張って、絶対にまた手を出さないで欲しい。強い女、のりピー。頑張って、更生しきれっ! と応援しますので、再クスリだけは絶対にやらないでください。

 

  

コメント

君は天然色

2012年03月23日 | Weblog

 

○合コンで「天然キャラ」を装っている女性の特徴9パターン

 

  ちょっと抜けた反応がかわいらしい、天然キャラの女の子。そんな彼女たちに憧れて、合コンなどで天然っぽくふるまう女性もいるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者の目撃証言を参考に「合コンで『天然キャラ』を装っている女性の特徴」をご紹介します。

  

【1】「天然だね」と言うと嬉しそうにする

「本当に天然の子は自分が天然だということに気づいていない」(20代女性)という納得の意見もあります。天然キャラに憧れている子は、うまく天然を装えると自然に喜んでしまうと考えられます。相手の反応を見て判断するのもひとつの手でしょう。

【2】自分から天然エピソードを話す

「いかに天然か話す子は怪しいなー」(20代女性)という証言もあり、天然キャラを印象づけようとする女性には注意が必要かもしれません。「よく天然って言われるんだよね」などと自分から申告する女性にも、疑いの目を向けたほうがいいでしょう。

【3】女性が相手のときはしっかりした話し方をする

「男ウケを狙ってるだけだから、女と話すときは普通なんだよね」(20代女性)など、するどい意見もあります。「ニセ天然」の女性は、どうやら女性と話すときは天然を装わないようです。自分と話しているときだけでなく、女性同士の会話にも耳をすましてみましょう。

【4】ボケに対するまわりの女性の反応が厳しい

「ニセ天然は女子ウケが悪いから、まわりの反応が厳しくなる」(20代女性)という証言もあり、天然発言に対してまわりから冷ややかな視線が注がれているようなら、「ニセ天然」と判断できそうです。女性からも愛されているようであれば、本物だと判断しましょう。

【5】場が凍りつくようなボケは決して言わない

「本物の天然は本当に空気が読めないから危険」(20代女性)という意見もあり、逆に「ニセ天然」の女性は空気を読んだ「かわいい天然ボケ」しか言わないという点で見分けられるかもしれません。天然ボケに胸キュンしそうになったら、一度自分にストップをかけましょう。

【6】あからさまに可愛い子ぶった猫なで声で話す

「天然を装う子はぶりっ子が入ってることも多い」(20代女性)という女性ならではの分析もあります。天然を見分けるのが難しいなら、女性の振る舞いがぶりっ子でないかどうか注意してみるといいでしょう。多少わざとらしいところがあるなら、「天然発言」も演出かもしれません。

【7】都合の悪い話だけ聞こえないふりをする

「ボロが出ないように、都合の悪い話には反応しないんだよね(苦笑)」(20代女性)と呆れる女性もいます。天然キャラを装う女性は、キャラを維持するための対策として「返しづらい話には反応しない」ことがあるようです。話題を選ぶようなフシがある女性には注意が必要でしょう。

【8】「メニューの漢字が読めない」と言って必ず男性に頼る

「男に頼ろうとする女は怪しい!」(20代女性)という指摘もあり、天然キャラとおバカキャラをはき違えて、こういう行動をとる女性もいるようです。やたら男性にばかり頼ろうとする女性は、「本当に素なのかな?」と疑ってみてもいいでしょう。

【9】「天然」と言うと認めるのに「バカ」と言うと怒る

「どっちも批判なんだから、『バカ』でも『天然』でも同じ反応じゃなきゃおかしい」(20代女性)という意見もあり、「ちょっとおバカさんなの? 天然なの?」と直接聞いてみるのもひとつの手かもしれません。「どっちも違う!!」と主張する女性こそが、本物の天然だと言えるでしょう。

  

 

 

 あ、そういえば、「天然」というのはイマドキでは、女子の一つの魅力として見られますよね。でも、あくまで「ルックス」付きですけど。例えば、若手女優の綾瀬はるかさんとかね。若手のアイドルとか女優とかには、まだ他にもけっこう「天然」イメージのタレントさんが居るんでしょうが、僕には今ちょっと、綾瀬はるか以外には思い付かないけど。アイドルやタレントには売り出し戦略として、「天然」イメージ付けというのもやるのかも知れないし。かつての「おバカ」アイドルキャラみたく。今でもおバカアイドルは居るけど、ちょっと流行過ぎちゃってるのかな。男性からみて、ルックスがあれば「天然」は可愛いんでしょうね。

 当代第一級の売れっ子作家、貴志祐介さんの本格推理の代表的シリーズ、防犯探偵・榎本シリーズが、フジTV系列でドラマ化され、あの月9ワクで4月から放映される。防犯探偵・榎本シリーズは、長編「硝子のハンマー」と短編集「狐火の家」と同じく短編集「鍵のかかった部屋」が刊行されてるんだけど、4月からのドラマ版はタイトルが「鍵のかかった部屋」になっていて、主演はジャニーズ・嵐メンバー・大野智なんですね。原作に対して、ドラマ版はいろいろと設定を変えているようですね。例えば原作・主人公の榎本径は、原作では防犯用具ショップを開く店主ですけど、裏の顔は凄腕の泥棒。ドラマ版ではジャニ大野君がやる榎本は、大手警備会社に勤める社員であり防犯オタクというキャラ設定。やっぱ、“泥棒”じゃまずいんでしょうね。この榎本シリーズには必ず謎解きの名コンビ、ワトソン役になる、美貌の女性弁護士が毎回登場するんですけど、この人のキャラ設定がいわゆる「天然」なんですね。女性弁護士の青砥純子さんというんですけど、この役、誰がやるんだろう? フジのドラマサイトでは大野智の他に戸田恵梨香の名前があったから、戸田恵梨香が弁護士役やるのかなあ?

 しかしまあ、弁護士でもキャラに寄っては「天然」て呼ばれるんですから、「天然」と「おバカ」というのは全然違うキャラだってことですね。僕は「硝子のハンマー」と「狐火の家」は既読ですけど、「鍵のかかった部屋」はまだ読んでません。「鍵のかかった部屋」は文庫になるまで待つ。でも、ドラマが終了しないと文庫にはしないだろうな。ハードカバー書籍だと単価高いから、売り上げ高・儲けが違うだろうから。出版社もジャニーズドラマ人気をアテにしてるだろ。でも、ミステリ小説としてはホント、メチャ面白いですよ。特に「硝子のハンマー」。

 YouTubeでドラマのTVスポット見たら、やっぱり戸田恵梨香さんは「女性弁護士」ってなってましたね。青砥純子役なんでしょね。こういっては悪いんですけど、TVスポットの映りでは戸田恵梨香さん、言い過ぎかもだけどブサイクに見えました。済みません。髪形かなあ(?)。佐藤浩市は何の役なんだろう? いずれにしても、ドラマ版ではけっこう設定を変えているみたいですね。原作・貴志祐介といえば、ベストセラー問題作、「悪の教典」の映画化作品は楽しみですねえ。「悪の教典」はジャンル的には何だろう?サイコホラーか(?)。まあ、広義のミステリだろうけど。

 ところで、この記事のタイトル名、「君は天然色」は大滝詠一さんの1981年発表の名曲、「君は天然色」より拝借しました。

 

 

  

コメント