miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

つれづれの記・電子図書

2014-12-26 | Weblog
NTT西日本とソニーブックストアーから、500円と1000円の電子図書券を貰ったので、ソニ-ブックストアーで、逢坂剛「裏切りの日々」、池井戸潤「株価暴落」、小倉宏「心にしみる31の物語」の3冊を購入。80歳を過ぎて初めて電子図書で、読書をしたが、全く違和感がなく、実に楽しく読書ができた。文字の大きさも、自分で簡単に調整できるし、読書中断には栞をいれ、再読には自動的にそのページが開く。実に良く出来ている。日頃ブログへの書き込みや、いろいろな調査の検索で、自然とパソコンの文書に違和感が無くなっていたようだ。電子図書は、書店の半額程度で購入できるので、紙の魅力もまだまだ捨てがたいが、私も電子図書の利用が増えそうだ。


仁川アジア大会と平昌オリンピック
 第17回アジア競技大会が、今年の9月19日から10月4日まで、韓国の仁川で開かれたが、不祥事続出で評判が悪かった。大会組織委員会に、多くの苦情が殺到し、責任者は隠れ、担当者は権限外だと逃げ、予算がないを繰り返した。海外メディアは、準備不足も甚だしく、最悪の状態だと批判した。それを懸念したオリンピック組織委員会は、18年韓国で開かれる、平昌冬季オリンピックの分散開催を提案した。日本を念頭に置いた案のようでしたが、今年は韓国のマイナス面が噴出し世界の話題を独占しました。よそ事ながらも、お隣の国ですから、良きにつけ、悪しきにつけ、気にかかります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 富士山女子駅伝立命館連覇 | トップ | ニューイヤー駅伝・トヨタ完... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事