しげファームの作業日誌

千葉市で有機農業を営む山本茂晴のブログです

沢庵、ハウスのダニが多発

2018-12-27 08:03:27 | Weblog
'18/12/26(水)
晴れ時々曇り 北よりの風

先週漬けた沢庵の重しがかなり沈んできた。

沢庵は知り合いの農家から譲ってもらった
無農薬米の糠。
甜菜糖、塩、昆布、唐辛子、みかんの皮で漬けた。







今年は作業に余裕なく、配達に入れる量を漬けることが出来ず
ほぼ自家用。

年末寒波がやってくる。
野菜には厳しい環境となりそうだ。

徒長気味のそら豆は
このところの冷え込みでかなり傷んできた。
被覆無しでいこうと思っていたが
不織布を被せることにした。

SさんとSさんに手伝ってもらい
レタスの不織布を片付けてそら豆に利用する。

午前中から明日の配達の収穫に入る。
木曜日は配達前に金曜の発送の準備もあるので
作業は前倒しでやらないと間に合わなくなる。

遅く定植したタアツァイが大きくなってきた。



ハウスの葉物はダニが発生して
半分以上収穫に至らないかもしれない。



元研修のSさんがハウスの土壌診断の結果を持ってきてくれた。
石灰と苦土が過剰、PHも高い。
長年の施肥が溜まり、降雨もないので
栄養度合いが増してきていているのだ。
ダニが多発するようになったのはそのせいかもしれない。
来年は葉物作らず、緑肥を生やして外に持ち出す必要がありそうだ。



コメント

今年は木枯らしが少ない、、、。

2018-12-21 20:59:07 | Weblog
'18/12/21(金)
晴れ 北よりの風

日中は10度を越えて日差しが暖かく感じる。
今年の冬は始まったばかりだが
北風が吹き荒れる日がほとんど無い。
例年なら木枯らしが吹いて
マルチやポリ、不織布が破れたり飛んだりで直すのが一苦労だ。
そんな余計ともいえる作業がないのは助かるが、、。

発送の調整と箱詰め。
暖冬気味で育った野菜は
連日の霜でかなり傷みが出始めている。
千筋京水菜は痛んだ葉をそうじすると、収穫した量からかなり減る。

主にレストラン専用の
ポロ葱はかなり太い物が出来た。



初冬が暖かいとこうも違うか、、、。
この畑は地形的に冷え込みすぎて
毎冬失敗する野菜が多いが、
暖冬気味だと
ほどよく寒くなり、野菜全般かなり作りやすい。

しかし温暖化は地球にとって、もっとも恐ろしい現象と思うので
野菜が作りやすいなどとは言ってられないが、、、、、。

ハーブブーケの注文があるので
タイムやローレルを採る。



夕方暗くなる頃に明日の野菜の収穫をするが
冷たい空気が周りの木々の間から
靄のように降りてくる。



コメント

大豆刈取り始める

2018-12-17 07:32:29 | Weblog

'18/12/16(日)
曇り午後一時雨 北よりの風

軒下で-4度を下回り、
畑は霜で真っ白。
井戸の蛇口も凍っている。

Nさん9時に。
あまりに寒いので
薪ストーブのを囲んで
ピーナッツの殻むき。
ピーナッツペーストは豆が底をついて
売り止めとなる。

大豆を収穫。
腰の調子がやや回復しているので
刈払機にまめラックをつけて刈る。
全体の1/3ほど残して
ポリトンネルの中にいれて乾燥。
今年は実の付きが悪く
収量は期待できない。



午後は明日の収穫。
今朝の冷え込みで
葉物や大根の葉はぐったりしている。





凍みている野菜もある。




コメント

冬の冷え込み続く

2018-12-14 20:26:12 | Weblog

'18/12/14(金
晴れ 北よりの風

今週は冬の冷え込みが続いている。
霜降で朝は収穫できないので
前日収穫での出荷。

おふくろ大根はかなり太く大きくなる。



霜で残っているレッドムーンの葉は完全に枯れる。
アンデスレッドは大玉が採れたが、



遅れて植え付けたレッドムーンはまだ収穫していないが
あまり大きいのは無いのではないかと思う。

日暮れが早いので
出荷や配達の準備後に収穫する。
4時半には暗くなるので、ヘッドライトを装着しての作業。
野菜を凍らないように作業小屋の中に保管する。



コメント

キウイフルーツ販売始める、寒玉キャベツが結球

2018-12-02 07:26:30 | Weblog
'18/12/1(土)
晴れ 北よりの風

配達の収穫と調整。

自宅の薪ストーブのメンテナンスが入る。

みさきキャベツは1畝ほぼ採りきった。
アブラムシやサルハムシの影響はほとんど無く、
一部ヨトウに穴を空けられた程度。

次の寒玉系のキャベツが結球してきている。



春系というか巻きのやわらかい品種は
線虫の影響でかなり遅れて外葉が小さく、あまり大きくならないだろう。

キウイフルーツ1箱分の追熟ほぼ済む。



販売の案内を始める。
次の箱も追熟に入る。

夕方、種里芋の貯蔵穴を掘り始める。


コメント