しげファームの作業日誌

千葉市で有機農業を営む山本茂晴のブログです

カリフラワーの腐敗多くなる

2018-11-14 07:11:22 | Weblog
'18/11/12(火)
曇り一時小雨 北よりの風

配達の収穫と調整。
火曜日の配達数多い週にあたる。

ブロッコリーは茎に空洞がでる。
一部変色しているものはばらして袋詰め。

カリフラワーは心から腐敗し始める物が多くなる。
暖かさと雨でで急激な成長が影響か、、、、。
廃棄が多い。
今年は去年より半分くらいの作付け数で少ないのが幸いともいえる。



大根もここ数日でかなり大きくなる。
巨大化しそうな勢いのある大蔵大根からセットに入れる。
少し気温が下がれば成長も落ち着くとは思うが。



レタスの調整に時間を要し、
配達出発まで仕分けに追われる。






コメント

有機農業研修会に参加した

2018-11-09 06:17:41 | Weblog
'18/11/8(木)
曇り 北よりの風

朝の冷え込みの無い日が続く。
遅れていた葉物や大根の生育も良くなってきている。
あまり暖冬傾向が強すぎると、
年内に野菜が育ち過ぎることにもなりかねない。

配達の収穫と調整。

人参は普通サイズのものが採れ始める。



昨日千葉県主催の有機農業研修会に参加した。

講演では土作りに関することがテーマ。

気になったのは
根が水溶性の炭水化物やアミノ酸を吸収するということが
今後の有機栽培の考えの基本になるということか、、。

マルチにより太陽熱処理が多用されている。
草の種や害虫の死滅や土が柔らかくなるなど利点も多いようだ。
しかし病原菌が無くなる一方、
土着の有益菌なども一緒に死滅するのではないだろうか。
その辺はどのように解釈しているのだろうか。


そういえばVS化工の方から頂いた
サンプルの液体も酢でできているらしい。
夏に具合が悪くて試すことができなかったが
使い方を調べてみよう。











コメント

玉ねぎ定植開始

2018-11-04 21:36:21 | Weblog
'18/11/4(日)
曇り午後小雨 北よりの風

玉ねぎの定植始める。

有孔マルチを張る。
Nさん9時から来て作業。

苗は一部生育が悪いトレーがある。
育ちの良いほうから植え始める。



午前中で12トレーほど植えて今日はここまで。

午後は小雨が降り始める。

防虫ネットの中が狭くなってきた
ブロッコリーは片側の裾を土から出して
マイカー線を緩め、葉が窮屈にならないようにする。
カリフラワーは少し出来始めた。



ここ1週間くらい晴天が続いていたので
勢いがついてきた野菜も増えてきた。

青首大根は土の上に見えるようになってきた。



ハウスのインゲンは実が大きくなる。



そろそろ品目不足から脱出したい。
もうしばらく冷え込みのない
温かい陽気が続けば野菜の生育も進むのだが、、。

薪割りとピーナッツ殻剥き。
コメント

今季初霜降

2018-11-02 06:25:04 | Weblog
'18/11/1(木)
晴れ朝のうち曇り 北よりの風

寒気が入り冷え込んだ。
軒下の温度計は5度。

すずを連れて畑を歩くと
霜降の形跡があった。
土が少し霜で白くなっているところがある。



さつま芋は葉が黒く変色。
じゃが芋は何とか無事だった。
ここで葉を枯らすと芋が出来なくなる。

配達の収穫と調整。

準備が終わってから
じゃが芋に霜対策。
畝に不織布を被せる。
大き目のトンネル枠を使い全体を覆う。

今日明日が冷え込みの底らしいが
放射冷却が起きるので
数日は安心できない。





コメント

赤花絹さや、グリンピースなど播種、ブルーベリージャム仕込み始める

2018-11-01 07:02:20 | Weblog

'18/10/31(水)
晴れ 北よりの風

えんどう豆を播種。

Sさん3人の手伝い。
女性Sさんはハウスの除草をお願いする。

例年通りの作付け。
赤花絹さや、スナップエンドウ、グリンピース。

耕運整地後、マルチを張る。
1穴3~4粒蒔き。
グリンピースは覆土が厚くならないようする。

ハウスパプリカを片付け。
フラワーネットが張ってあるので
上の方の枝を取ってから株ごと抜く。
枝は手でポキポキ折れる。
外に残渣は持ち出し、支柱を抜いて
今日はここまで。

午後は里芋収穫そうじ。
ボードン袋の買出し。
明日の配達の準備。

夜は美香がブルーベリージャムを作る。



今月初めに自宅の冷凍ストッカーが故障したので
中の冷凍品がすべて溶けてしまった。
ブルーベリーも10キロくらいあったが
使えなくなってしまった。
作業小屋に冷凍保存分のブルーベリーで今季は作ることになる。
コメント

アンデスレッドは順調だが

2018-10-31 06:23:43 | Weblog
'18/10/30(火)
晴れ 北よりの風

朝晩は冷え込むようになる。
早朝の畑は草露が多い。



収穫は濡れるのでカッパのズボンが必要になる。
夏と違い暑くならないのがよい。

10度以下だった畑は日差しで温度が急上昇。
あっというまに20度以上になる。

あちこち土から湯気がもうもうと上がる。



アンデスレッドの元気が良い。
遅れて植え付けたレッドムーンがようやく
大きくなってきた。
今週寒気が入るようだ。
それが心配。

せっかく順調なじゃが芋なので
霜が降りるようなことがなければよいが。

配達の収穫と調整。

配達前にレタスの虫取りと里芋収穫。



コメント

晴天続く、キャベツがセットに入る

2018-10-30 06:06:34 | Weblog
'18/10/29(月)
晴れ 北よりの風

晴天がようやく長続きする。
これで野菜の生育が進みそうだ。
朝晩は冷え込んできそうだが、
この時期は日中の日差しが生育のポイントとなる。

先週定植したキャベツやミニ白菜はいまのところ順調。

明日は配達数が多いので
芋などある程度の品目は今日のうちに準備しておく。
まだ葉物類が豊富でないので
品目を組むのがきつい、、、。

キャベツがセット入る。



キャベツの畝は
ヨトウがところどころ食い荒らしているが
アブラムシの被害の多かった白菜の隣なのに
ほとんどアブラムシはいない。
アブラムシは何を考えているのかわからない。

ほとんど採れなかったミニ白菜の畝は
昨日モアで粉砕して耕運した。
元研修のSさんが
うなった後マルチするればそこから出られないのでは
といっていたので
実践してみた。
古ポリで覆った。
春まではそのままにしておく予定だ。

コメント

三陸つぼみ菜は苗で定植、最後のトマトパイプ片付け

2018-10-24 20:06:13 | Weblog

'18/10/23(水)
曇り時々晴れ 北から東よりの風

午前中は平和幼稚園の園芸サークルの
種まきの手伝い。

畑はSさんと元研修Sさんが来てくれて作業。
三陸つぼみ菜の苗を定植。
マルチは張らず植える。
玉ねぎ予定地の余分なスペースを利用。

虫除けと生育助長のため
不織布でトンネル。
少し畝が狭いのでダンポールは斜め差し。
裾はしばらくの間土で埋めて密封。

その後はトマトパイプの片付け。
元研修Sさんがパイプのほとんどを片付けてくれたようだ。
若いのでパワーがあって助かる。

午後は明日の配達準備。
虫食いの多い白菜を収穫して調整。
パプリカ収穫して小分け。
じゃが芋袋詰めなど。

そのあと歯科医院へ。

コメント

ハウスのパプリカは終盤

2018-10-24 06:49:38 | Weblog
'18/10/23(火)
雨のち曇り 北から東よりの風

午後から雨との予報だったが
朝の収穫から降り出し、濡れてしまった。
気温が低くて冷えそうなので
着替えて温かい作業着にする。

野菜セットの品目を組むのが厳しい状況が続く。

ハウスのパプリカは終盤で
収穫終了ごすぐに後作の準備に入る。



大豆は良くなっているところもあるが
全体的に空の鞘が多い。



レタスは台風で苗の葉がちぎれて
復活は遅い。
あまり期待できない品種もある。



ミニ白菜は虫害が深刻。
少しでも後から採れるように
種を蒔いておいた苗を先日定植した。
防虫ネットとポリトンネルの2重にした。

少し早く配達の準備が終わったので
明日の作業のため
各所耕運しておく。

コメント

配達、発送の再開、葉物あきらめ粉砕

2018-10-20 06:09:37 | Weblog

'18/10/19(金)
曇り時折小雨 北から東よりの風

ここ数日は思ったより雨が降らないで
晴れ間がのぞく。
日照不足気味なので日差しはありがたい。
晴れ間を利用して
さつま芋は少しだけ掘ってしばらく保管した。



配達は再開した。
インターネットの受注は来週から始める予定。
葉物が出来ていないので
品目的に苦しいスタートとなる。

1作目の小松菜など葉物と蕪は虫害が激しく
出荷できる状態ではない。
モアで粉砕後、耕運して虫ごと鋤き込む。



サルハムシは2世代目が発生しているのか
成虫がまた増えてように感じる。
これで1作目2作目で残っているのは
3回蒔きなおした春菊と黄蕪。
黄蕪は間引かなくては、、、。

白菜は2週間ほど前までは青々と収穫まであと一歩という感じだったが
巻きが固くなる前に
アブラムシが
あっと言う間に蔓延する。
気が狂ったような増え方で、ちょっと異常に思えるほど。
ミニ大根のほうは少しおさまってきたようだ。

ほうれん草の1種が発芽がちょっと悪く、蒔き足し
空いているスペースにも播種機で蒔く。




コメント