Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

新型コロナワクチンの予約

2021年06月15日 13時18分00秒 | タイで健康生活
【訂正有り 6/26】
タイでもコロナワクチンの接種が始まった。
息子は大学枠で7月にアストラゼネカを接種予定で、私と妻は集落のオソモー(保健委員)を通じて申し込んだが、ラジャバット大の集団接種会場ではアプリで申し込んだ人以外は接種されないと噂を聞き、息子が保健省のコールセンターへ問い合わせると、オソモーが行ったのはワクチン接種の意向調査らしく、申込書へ住民番号まで書き込んだのに、今のところはワクチン接種の登録がされてないのが判明。ワクチンの準備が整った後に登録されるのかも知れないが、あまり当てに出来ない様子だ。
【訂正】
後日、ウドンタニ病院のウェブサイトで登録してあるのが確認できた。
後日談はこちらで。

中国はワクチンを持ち込んで在泰中国人向けのワクチン接種を既に始めており、フランスもJ&Jのワクチン1万回分を持ち込んで在泰フランス人へ接種するそうだ。
タイでは約8万人の日本人が生活しているが、日本大使館はタイ政府の外国人向けワクチン予約サイトを案内するのみ。
裏では成田や羽田でのワクチン接種を画策中らしく、大使館からアンケートも来たが、日泰双方の隔離期間を考えても、時間や費用の無駄が多く、現実的ではないだろう。
ワクチンを持ち込んで日系企業が多い地域の私立病院を手配するくらい出来ないのか?

5月頃に、知り合いの医師から某私立病院がコロナワクチンの予約をLineで取っている話があったが、息子が電話で病院へ問い合わせると否定され、予約を受付ける時は公式ページで案内すると言われた。
最近また同じ病院がGoogleへ設置したページで予約を取っている話があり、そのページを見に行くと病院のトレードマークも入ってなく、怪しさ満点。
フェイスブックの病院公式ページのコメント欄から問い合わせると、コメント欄での返信ではなく、ダイレクトメールで受け付けていると返信あり。
3800バーツ先払いで15日までに予約すると10月頃にモデルナのワクチンが接種可能だそうだ。
しかしながら、病院へ電話で問い合わせると、また否定された。
妻は、内輪で密かに人を集めてワクチンを接種するのでは?と言うが、ワクチンは10月頃に大量に入荷すると言われており、利益を目的に運営される私立病院が、そっと内輪に顧客を集めるのはオカシイ。
早々とお金も集めているし、内部の人間も関係しての詐欺ではないかと、疑いたくなる。

私が時々お世話になるワタナ病院へシノファームのワクチンが入る話があり、電話で問い合わせると、企業や団体からの依頼で集団接種をするだけで、一般は受け付けて無いとの回答。
但し、10月頃にはモデルナワクチンが入る予定で、希望者の仮予約を受け付けているそうだ。
仮なので代金3800バーツの前払いは不要であり、ワクチン入荷の詳細がハッキリしてから病院から電話が来て本予約となるそうだ。
ウドンタニ在住で気になる人は問い合わせをされると良いかも。
電話番号は、042-219-888 だ。

最後に気になるのは娘。若い人は重症化し難いらしいが、リスクはある。そろそろ子供への接種の有効性や安全性の確認が済むらしく、学校で手配する話も出ているが、どうなるやら?
コメント (6)    この記事についてブログを書く
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« パパのTシャツ | トップ | アリエクスプレスのヘビロテ商品 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2021-06-16 00:10:51
とても参考になります。

本当にありがとうございます。
Unknown (menkarm)
2021-06-16 02:00:49
akiさん
ウドンタニの某私立病院関係者を名乗る複数の人が個別に営業してくるのですが、直接病院へ問い合わせるとやってないと言われる不思議な状況にも関わらず前金でお金も集めている。
ファイザーを予約したと言う人は実在するのですが、報道ではタイの私立病院協会はモデルナと言っている。
情報が錯綜しているのか、それとも詐欺師が暗躍しているのか、全く判りません。
日本大使館は、タイ政府が一般の外国人の接種予約を始めたと周知しましたが、案内されたページへアクセスすると、書かれた接種会場はバンコクだけだし、予約のページへも入れない。
必死にやっているタイ政府を責める気はしませんが、日本大使館の無責任ぶりが目立ちます。
こんな状況で、地方のウドンタニでは情報も少ないですが、近所に住んで小学生の頃から知っているワタナの看護師さんへ前から頼んでいると予約の情報があり、病院へ確認しても大丈夫そうなので記事にしました。
感染しやすいインド変異株の感染者がウドンタニで17人出ており、もう少し早い時期に欲しいと思いますが、こればかりはどうしようもないみたいです。
害務省~~? (ハシビロコウ)
2021-06-16 08:23:49
全く仰る通りで、日本政府が、ワクチン持ち込みで在タイ邦人へ接種、遠隔地に住んでいる、保護対象の国民という認識から遠い。
最近は知りませんが、日本の在外公館は、邦人の安全や便宜に興味はなさそうでした。戦前から外務省は、そんな感じだったようです、凄い駐在武官や外交官もいたようですが…もっと在外公館の役割をしっかり認識すべきでしょうが、野党も与党も世間知らず。

なんか、タイのワクチン接種計画は、今のところ迷走中wと言う印象ですね。昔、チュラポーン研究所というプロジェクトが有りましたが、王族で感染症に詳しい方が、「名誉」議長で始めれば、早く行きそうな気がします。
Unknown (menkarm)
2021-06-16 10:55:51
ハシビロコウさん
外務省に限らず日本人の意識として気になるのは、何かというと登場する自己責任論。
外務省職員の心の根底にもあるこれが自国民を保護する意識を邪魔してるのでしょう。
独裁国家の方が国民へのサービスが良いって笑えますね。タイの任命性の知事が、日本の選挙で選ばれた知事より住民サービスへ熱心なのと通じてます。www
タイのワクチン接種は、ワクチンの数が合わなくて接種が止まったり、済んだはずの医療関係者への接種を未だにやる地域があったりするらしいですが、国内にワクチン生産拠点を持って既に供給してますし、国産ワクチンも人での治験を開始してますから、中進国としてはよくやっていると思います。
長く国内感染0が続いた後の今回の感染拡大は残念でしたが、やはり国民も政府も油断したのでしょうね。接種体制は出来てますから、ワクチンの供給が安定すれば大丈夫だと思います。
チュラポーン王女は、今回シノファームのワクチンを手配され、企業や団体での接種に使われる様子です。
来月からワクチン接種済の旅行者をプーケットで受け入れる試みが始まります。
上手く行くのを期待してます。
Unknown (aki)
2021-06-19 11:48:04
いつも貴重な情報ありがとうございます。
モデルナの件ですが、2回目の投与は四か月後ではないか、と言う話も。

ジョンソン&ジョンソンなら一回で済むから。

とか、いろいろありますね。

真実が良く分からないので、動きのはもう少し落ち着いたらと。

それにしても、日本大使館は相変わらず目立った仕事はしませんね。

クラスターだけは見事に目立ちましたが。

海外在留者は票にもなりずらいからですかね。

外務省も政治家も「興味が無い」んですかね。

副幹事長みたいに。
Unknown (menkarm)
2021-06-20 12:55:19
akiさん
モデルナの仮予約をした病院は、27日までに半額手付を入れてくれと連絡が来ましたので、今週行く予定です。
AZやシノバックを接種済の人達の何割かは変異株へ感染しているそうで、これから追加接種の話も出ており政府の無料接種を待っても混乱へ巻き込まれそうな気がしますから、民間で接種してしまおうと思ってます。
これもワクチンの入荷状況次第で、現状不確実ですが、政府のを待つだけよりマシかなと…???
自民党の某議員が、SNSへ「国民全員の接種」と書いてましたから、「海外在住日本人も忘れないで!」とコメントを入れておきましたが、票にも金にもならなければスルーかな?w
在外邦人が在宅投票しようとすると、選管へ投票用紙を請求したりで、もたもたしていると期限に間に合いません。
もう少し簡単に手早く投票出来る仕組みが欲しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイで健康生活」カテゴリの最新記事