1010 Radio

ラジオから色んな情報が発信されるように、車いすの視点から情報や思いを発信。

ラジオ・タイランド(7月28日放送)

2006-07-31 | ラジオ
●シリラート病院によると、先に腰部狭窄手術を受けられた国王陛下は
 順調に快復され、補助具無しで歩行訓練が出来るようになっている。
 シリラート病院の前には早期の陛下の快復を願う、大勢の人々が泊ま
 りこんでおり、支援者などから食事などが振舞われている。またこれら
 の人々に陛下の容態を伝えるためにも病院側は、頻繁に陛下の状態
 に付いて発表を行っている。
 陛下は以前から脊椎に症状が出ていたもので、今年3月にシリラート病
 院など医療機関の専門医が検討し、外科手術が必要との判断に至った。
 しかし6月はじめに即位60周年を記念する、盛大な祝賀行事が予定され
 ていたことから陛下の手術はその後に行われた。手術は成功で陛下は
 痛みを感じずに歩行できるようになられている。

●運輸副大臣によるとスワンナプーム空港は今年9月28日に、予定通り正
 式オープンできるとした。この空港では29日実際に乗客が乗った航空機
 による試験運用が行われる。また国際民間航空機関の報告書によると、
 スワンナプーム空港には開港までに準備が整わないと思われるエリアが
 多数あるとのことだが、副大臣によると準備作業は順調に進んでおり、予
 定通りにオープンできるとした。
 
 スワンナプーム空港はバンコク国際空港に代わる、タイの新しい空の玄関
 口となる国際空港で、その規模はバンコク国際空港の5倍となっている。
 新空港のオープンに伴いタイに乗り入れる航空機が増加し、これがタイの
 観光産業の成長を促進するものと期待されている。
 またタイ政府は、タイをこの地域の航空センターに成長させるとの目標を掲
 げているが、新空港のオープンがその実現に大きく貢献するものと考えられ
 ている。
世界の「空港」物語―わくわくするほど、エアポート
事情が深くわかる


主婦の友社

このアイテムの詳細を見る

●タンマラ国防大臣によると、先に開かれた治安当局者の会議で南端3県の
 治安回復に関する報告が了承された。このような会議は南部対策の効果や
 現状分析等のために随時開かれている。
 南端3県はイスラム教徒が住民の大部分を占めるという特殊性もあり、イスラ
 ム過激派による殺傷事件が頻発している。このため治安が悪化している。過
 去2年間余りにこれら3県では、イスラム過激派による殺傷事件で、1300人
 以上が犠牲になっている。

コメント

中国国際放送(7月30日放送)

2006-07-31 | ラジオ
●中国商務省は、まだ中国は対外投資大国ではない。投資によって外国
 の市場と一部の企業に脅威をもたらす状況はないとした。
●中国国家民族事務委員会は、北京で開かれた全国民族地域農村の優
 秀教師研修クラスで、中国は引き続き、民族地域の教師チームの育成を
 強化するとした。
中国の少数民族教育と言語政策

社会評論社

このアイテムの詳細を見る

●今年上半期、中国の町村営企業の業績は良好で、累計2兆7000億元余
 りの付加価値を出し、去年同期より13%近く増加した。

●中国の公安相が6日から29日まで、アメリカを公式訪問。
●クロアチアで開催中の第49回世界射撃選手権大会で、中国選手が30日、
 3個の金メダルを獲得した。
●国連レバノン事務所は29日に表わした声明の中で、レバノンのヒズボラと
 イスラエルの軍事衝突で、すでに600人が死亡し3220人余りが負傷したほ
 か、およそ80万人のレバノン人が亡命していると発表した。
 すでに2週間余り続いたレバノンとイスラエルの衝突は29日も続いており、イ
 スラエル軍の航空機はレバノンの首都ベイルートと、シリアの首都ダマスカ
 スを結ぶ道路を空爆し、道路が再度通じなくなった。
 またアメリカのライス国務長官は29日、エルサレムでイスラエルのオルメルト
 首相と会談を行い、レバノンの南部国境地域へ多国籍部隊を派遣する問題
 を重点に討議した。

●イスラエル民衆数千人が現地時間の29日夜、テルアビブでデモ行進を行い、
 レバノンでの軍事行動を停止し、交渉で衝突を終えるようイスラエル政府に要
 求した。今回のデモはイスラエルの10余りの女性団体によるもので、デモの
 隊列は数キロに及び、参加者の大部分は黒衣をまとっていた。
●大統領の引継ぎ式に参加するため、ペルーのガルシア大統領はペルーを訪
 問中の中国の文化相特使と会談した際、ガルシア大統領はペルーは、ひとつ
 の中国の政策を揺るぎなく実行し、台湾とはいかなる政府間関係も結ばない
 と述べた。

世界遺産 アンデス・インカをゆく

小学館

このアイテムの詳細を見る

コメント

ラジオ・タイランド(7月27日放送)

2006-07-30 | ラジオ
●外務省によるとタイ政府はスラキアット副首相が、次期国連事務総長に選
 出されるよう今後も努力を続ける方針。先に国連安全保障理事会では、こ
 れまでに立候補を表明している、4人の候補に付いて模擬的な投票が行わ
 れた。ここで最も多く支持を得たのは韓国の候補だった。第2位がインド
 候補そして第3位がタイのスラキアット副首相だった。第4位はスリランカ
 候補となっている。
 外務省によると今回の模擬的な投票は、新しい事務総長選びの幕開けで
 あり、また今年10月ごろには、新事務総長が決まるものと予想される。

 現在のアナン国連事務総長は今年12月31日で任期満了となり、来年1月
 1日に新しい事務総長が就任することになっている。
 外務省によると10カ国で構成されるASEAN東南アジア諸国連合は、タイの
 候補を押すことで一致しており、これを基盤にタイ政府としては支持を拡大
 できると考えている。

●警察当局は先にクレジットカード詐欺のグループを逮捕した。このグループ
 による詐欺では、被害額が1億バーツを超えていると予想されている。
 また警察によると共犯者が複数居ると考えられており、この行方が捜索され
 ている。
 このグループは電話回線に手を加えるという、巧妙な手口でクレジットカード
 の情報を盗み出し、それを偽造したカードにインプットして使用していた。
クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する
「カード&ネット」のしくみと防犯術


実業之日本社

このアイテムの詳細を見る

●ラジオ・タイランドそしてTV局のチャンネル・イレブンを運用する政府広報局の
 パタリア副局長が、先にアジア太平洋放送研究所の新会長に選出された。
 この研究所は、この地域の国々の政府が協力して運営している機関で、放送
 内容の改善等を目的としている。
 また中国の代表が副会長に選ばれた。この機関の年次総会が先にタイ南部の
 観光地プーケットでオープンし、ここでパタリア副局長が新しい会長に選ばれた。
 会長の任期は2年となっている。

 今回の会議は今月25日にスタートしたが28日に閉幕する。年次総会開会式で
 は内閣府大臣が基調演説を行った。

コメント

中国国際放送(7月28日放送)

2006-07-29 | ラジオ
>●中国の唐家セン国務委員は、北京を訪れた日中友好議員連盟の甘利事
 長ら一行と会談した際、今の情勢の下で中日両国は共に努力し、両国関
 係の発展を妨げる政治的障碍を取り除き、両国関係を正常な軌道に戻す
 べきだと述べた。
●日本の中国大使館が27日に明らかにしたところによると、中日国交正常
 化35周年を記念するため、中国は11月17日から12月17日までの予定で、
 日本で中国文化祭を行うことになった。これは今年日本で行われる最大規
 模の中日文化交流活動となる。
 今回の文化祭は音楽をテーマに、中国の伝統劇曲、古楽、雑技、交響楽、
 写真展、書道展などレベルの高い文化的催しが披露される。また日本では
 知名度の高い女子十二楽坊も文化祭に出演する。
女子十二楽坊 ~日本初プレミアム演奏会~

キングレコード

このアイテムの詳細を見る

●28日は24万人もの死者を出した河北省の唐山地震から30周年を迎えるが、
 これにちなんで28日、唐山市で地震救済30周年式典が開かれた。
 30年前の7月28日未明に唐山では、M8.1の大地震が発生し24万人が死亡、
 16万人が負傷し、河北省の工業都市として知られた唐山は、一瞬のうちに
 廃墟と化した。
●全国工商業連合会は27日、去年、営業額2億元以上の一定規模を持つ、民
 間企業の全般的所得が、3兆1000億元あまりに達したとの調査結果を発表
 した。
●7月1日に青海チベット鉄道が開通したが、これまでに一日約5000人近くの
 観光客がチベットを訪れている。7月1日から20日までにチベットの観光部門
 は、延べ30万人近くの観光客を受け入れたが、この数字は去年同期の2倍
 となり、うち3割は列車でチベット入りした。

●レバノン駐在の中国大使は27日、記者のインタビューに答え、レバノンから
 脱出する中国人に便宜を提供することは、大使館の責任であり義務であると
 強調した。
●国連安保理は27日議長声明を表し、イスラエルがレバノン南部にある国連
 暫定軍施設に空爆を加え、4人の停戦監視要員が死亡した事件について、深
 い衝撃と悲しみを表明した。
●第13回ASEAN地域フォーラムが28日、マレーシアの首都クアラルンプールで
 開かれ、25ヶ国の外相と代表が中東情勢や、朝鮮半島の核問題などの地域
 問題や国際安全保障問題をめぐって討議する。
●WTO・国際貿易機関一般理事会は27日の会議で、ラミ事務局長によるドーハ
 交渉凍結についての提案を正式に批准した。

コメント

ラジオ・タイランド(7月25日放送)

2006-07-28 | ラジオ
●メーンホンソーン県では農家などに対し、鶏を含む家禽類の移動制
 限を厳守するよう呼びかけている。これは国内の複数の県で、鶏の
 大量死が報告されていることによるもの。
 農業省によるとここ数週間の大量死は、伝染病によるものと考えられ
 また、かつてタイ国内の各地で感染が確認された、鳥インフルエンザ
 のH5N1型ウイルスは、今のところピチット県だけで検出されている。

 メーンホンソーン県によると家禽類の移動規制を破った場合、罰金刑
 や禁固刑等が科せられることになるため、農家は充分注意する必要
 がある。この移動規制は伝染病の感染拡大を予防するための措置と
 なっている。また農業省の担当者によると鶏の大量死に付いては、鳥
 インフルエンザによるとの見方があったが、検査ではチット県だけでウ
 イルスが見つかっている。

 タイは一昨年から昨年にかけ鳥インフルエンザの感染拡大のために、
 国内の養鶏場が非常に大きな打撃を受ける事になった。現在もヨーロ
 ッパ連合はタイからの冷凍生鶏肉の輸入を停止しており、先にヨーロ
 ッパ委員会は、この措置を年末まで延長することに決めている。

 農業省の担当者は関係当局は、現在の対応に付いて検査を進めてい
 るところだ。当局が鳥インフルエンザの発生を隠していたとの見方があ
 るが、我々は事実を速やかに公表し、適切な対策を講ずることがベス
 トであることを経験から理解している。感染を隠ぺいしても誰も得にもな
 らないと強調した。

●原価価格の高騰で新車販売に影響が及んでいるが、一部では中古車
 販売も影響を見せている。チャイヤブーム県の中古車業者によると、現
 在の販売落ち込みは雨のシーズンであることが考えられるが、今年に
 入ってからの統計でも、販売台数が昨年の同じ時期を下回る結果が出
 ている。
 このためチャイヤブーム県の中古車業者は、積極的なプロモーション等
 で販売を伸ばそうと躍起になっている。
得する!車の基礎知識AtoZ―選び方買い方、保険
からメンテナンスまで


グラフ社

このアイテムの詳細を見る

●スワット副首相が先にタイの南端の県を視察した。これは一村一品製
 品の販売、観光の促進に付いて、関係当局と意見交換することを目的
 とした。
 今回スワット副首相はトラン、パッタルン、ナコーンシータンマラートの3
 県を訪れた。一村一品製品は、第一次タクシン政権が開始した一村一
 品運動で生産されている特産品で、現在では全国各地でそれぞれの原
 材料、伝統などを生かした特色のある製品が各種生産されている。

コメント

中国国際放送(7月26日放送)

2006-07-27 | ラジオ

●9億の有権者が参加する次期人民代表大会の代表選挙が、全国各地の
 県と村で相次いで行われている。中国の憲法と選挙法の関連規定及び
 全国人民代表大会常務委員会の県と村に関する、人民代表大会の代表
 選挙の決定に基づき、全国の県と村の人民代表大会の次期代表の選挙
 は、今年7月1日から来年12月31日まで相次いで行われる。
 人民代表大会の制度は中国の基本的な政治制度で、有権者が民主的選
 挙を通じ、代表を選出し人民代表大会を構成する。今回の全国の県と村の
 選挙では、人民代表大会の次期代表200万人が選出される。

●レバノン南部の町ヒアムにある、国連のレバノン駐在停戦監視施設が25日
 夜イスラエル軍の空爆を受け、中国人を含む4人の国連要員が死亡した。
●中国外務省の責任者は中国政府がレバノンから、在留中国人を引き揚げ
 る行動は終わりに近づいていると述べた。
 7月12日レバノンとイスラエルの紛争が起きてから、中国外務省はレバノン、
 シリア、キプロスなど駐在の中国大使館と密接に協力しながら、段階的にレ
 バノンにいる中国人170人を引き揚げると共に、出来るだけ早く帰国できるよ
 うな措置を講じた。

●中国最高人民検察院は26日、公務員の汚職や職権濫用による公民の人権
 と民主的権利への侵害行為を厳しく処罰するため、汚職と人権侵犯に関する
 立件の基準を発表。
現代中国の裁判と法

成文堂

このアイテムの詳細を見る

●中国商務省はWTOのドーハ交渉は、世界経済が秩序とバランスのとれた発
 展を実現できるかどうかに関係しているので、交渉の再開を希望。
●広西チワン族自治区発展改革委員会によると、広西チワン族自治区では、6
 00万キロワットアワーの白竜原子力発電所が建造される計画で、今後5年以
 内に着工される見込み。

●中国福建省の気象台によると、現地に上陸した台風5号「ケーミー」は26日0
 時に熱帯嵐に弱まったものの、台風による暴風雨はしばらく続いていくものと
 予想している。台風の影響で福建省、広東省、浙江省、江西省などの一部分
 の地区では、暴風雨か巨大な暴風雨に襲われる恐れがある。福建省では43
 万人が安全な場所に避難した。
黄帝内経運気―古代中国の気象医学とバイオリズム

ベースボールマガジン社

このアイテムの詳細を見る

●第39回ASEAN東南アジア諸国連合外相会議が25日、マレーシアのクアラル
 ンプールで開かれた。会議では10カ国の外相はASEANの一体化や、共に関
 心を寄せる地域問題と国際問題について共同コミュニケを発表。
●第5回世界科学技術都市連合会議が26日、オーストラリアのブリスベーンで
 開幕。

コメント

先週一週間の青森での出来事(75)

2006-07-26 | 青森
7月17日~7月23日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■17日、弘前市で全日本女子バレーボールチームの紅白戦
■17日、八戸工業高等専門学校で子どもロボット教室
■17日、青森市で縄文農耕考えるフォーラム
■17日、青森港を、みなとオアシスに登録
■17日、南部町長選違反で町議ら4人を逮捕

■17日、三沢市営住宅の火災で、31歳の男性が死亡
■今年の青森ねぶた祭に函館いか踊り参加
■17日、黒石市のこみせ通りに灯籠180個飾りつけ
■18日、平川市の平賀西中学校でガラス9枚割られる
■18日、再処理集中審議へ臨時県議会開会

■18日、弘前市で60歳以上の男性を対象にした、おじさま料理倶楽部
■18日、東地方農林水産事務所が蓬田村で県産米「まっしぐら」栽培指導
■18日、八戸市で防災・減災フォーラム2006inあおもり
■18日、青森市の平和公園で、ねぶた囃子青空教室
■18日、戦後に旧ソ連のシベリアに抑留され死亡した、男性の遺骨が61年ぶりに
 田舎館村の自宅へ帰宅
真相シベリア抑留―ヤルタ協定に基づく現物賠償で
あった


碧天舎

このアイテムの詳細を見る

■18日、頭に弾丸残るチェチェン人の少年が手術で来県
■18日、五戸町がひばり野公園に、五戸小学校のプール完成
■18日、奥入瀬遊歩道の危険木伐採始まる
■18日、深浦町の昆虫園でカブトムシの放虫式
■18日、五所川原市で別れ話のもつれから、26歳の女性の首を絞めたとして20歳
 の男を逮捕

■19日、常盤村農協が乾燥ニンニク初出荷
■19日、ハンセン病題材の映画監督が来県
生きて、ふたたび―隔離55年ハンセン病者半生の軌跡

毎日新聞社

このアイテムの詳細を見る

■19日、東北町で飼い犬4匹が相次ぎ変死
■八戸三社大祭の「笠鉾」復元完了
■19日、おいらせ町で百石高校生徒が地引き網体験

■19日、弘前高校ねぷた出陣
■19日、高速道路でパトカーに追跡されていた自動車がコンクリート側壁に衝突
 した後、運転していた50代男性が車から降り、側壁を越え40メートル下に落下
 し死亡
■20日、県立美術館の入場者数が1万人を突破
■20日、恐山で夏の大祭
■20日、平川市が田舎館村に対し「来年4月の合併は無理」と伝える

■20日、八戸市の南郷ブルーベリー観光農園で開園セレモニー
■20日、つがる白神農協でメロン初出荷
■20日、弘前市で自転車2人乗りをしていた男子高校生を摘発
■20日、青森市で食の安全・安心に関するリスクコミュニケーション
■ねぶた運行サポーター今年も不足

■十和田市が4カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で生活情報誌発行
■21日、八戸市で全焼した車のトランクから遺体
■21日、県内の小中学校で終業式
■21日、第三十六回八戸小唄流し踊り
■21日、八戸市民エネルギー事業化可能性調査へNEDOが4700万円補助

■21日、北海道斜里町で弘前ねぷた
■21日、深浦町のウェスパ椿山で、茨城県日立市から譲り受けたSLの設置完了
■21日、屏風山スイカ初出荷
■21日、県民意識調査で、4割の県民が生活に満足(ホントかよ???)
■22日、県内高校生らによる、ねぷた工作セット発売開始

■県の風力発電設備容量が2位に転落
■十和田湖の遊覧船で船上音楽会
■むつ市で発生したO157集団発生の感染源は牧場
■21日、全焼した車から発見された焼死体は、三沢市の33歳女性と判明
■22日、大相撲名古屋場所で、弘前出身の寶智山が十両初優勝

■22日、弘前市で巨樹・古木の担い手リーダー養成研修会
■22日、南郷サマージャズフェスティバル2006
ジャズ・サックス・オン・ブルーノート
オムニバス, ハンク・モブレー, デクスター・ゴードン, ソニー・ロリンズ,
キャノンボール・アダレイ, ルー・ドナルドソン, ジョン・コルトレーン
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る

■22日、大鰐町で、たいまつ行列
■22日、青森市で看護大学等進路説明会
■八戸市がe-コミュニティ形成支援事業の実施自治体に選定

■22日、外国人対象に、ねぶたばやし講習会
■23日、中泊町中里地区でホタルまつりinなかどまり
■23日、青森市の滝つぼに、65歳の男性が滑落し死亡
■23日、五所川原市の立佞武多の館の入館者40万人突破
■23日、第五十七回県中学校体育大会夏季大会開幕

■23日、県営浅虫水族館の新マスコットキャラクターの名前は「ここる」
■23日、六戸町と南部町の町長が、文部科学省が行う2007年度全国学力・学習
 状況調査に不参加の意向

東奥日報、NHK青森放送
コメント (2)

最近の露日関連の出来事に付いて

2006-07-25 | ラジオ
プーチン大統領は日本の自動車メーカー、日産自動車のロシア国内に
おける企業活動の拡大プランを、支援する用意があると表明した。
これに付いてロシアの声評論委員は、次のコメントをしている。

日産ロシア工場の建設に関する合意文書が調印された6月13日、プー
チン大統領はサンクトペテルブルクで、日産自動車の指導部と会談し、
その席上、日産が数多くの候補地の中から工場建設地として、サンクト
ペテルブルクを選んだことに感謝の言葉を述べた。
一方日産のカルロス・ゴーン社長は、日産サンクトペテルブルク工場の
今後の見通しに付いて質問に答えた中で、2009年には3車種のモデル、
特にオフロードカーとセダンの生産を開始する計画であることを明らかに
した。
日産側によると自動車部品の一部は、同じくサンクトペテルブルクの郊
外で生産を予定し、すでに工場の建設に着工している日本のTOYOTA
の下請け業者から仕入れることになる。

また同じく6月13日プーチン大統領はサンクトペテルブルクで,ITERの開
発を主導している3人の学者に、グローバルエネルギー国際賞を授与した。
受賞者の中には日本人の、吉川(ラジオなので漢字不明)博士が含まれ
ている。
グローバルエネルギー国際賞はエネルギー分野での大発見や、優れた
発明に対して贈られる。
受賞セレモニーでスピーチした吉川氏は、柔道愛好家として知られている
プーチン大統領が以前に語った、柔道に必要なのは調和だという言葉を引
用し、調和は柔道だけでなく、エネルギー分野を含めた世界にとっても重
要だとの考えを述べた。
吉川氏は現在、エネルギー資源の確保というテーマに、益々大きな関心
が寄せられているのはまさにそのためであるとし、G8サミットでこの問題
が取り上げられることは、極めて重要な意味を持つとの見方を示した。
また吉川氏はロシアが発案し、エネルギーの供給や世界が直面している
エネルギー問題の解決に向け、主導的役割を果たすことになるよう期待の
意を表わしている。

その頃モスクワでは、ロシア外務省次官と日本外務省の石田外務審議官
がG8サミットの議題となっている問題や、差し迫った国際問題に付いて意
見を交わした。
ロシア外務省の発表によると、ロシア外務省次官と石田審議官はロシアと
日本が国際舞台で、今後どのような相互行動を起こしていくか、その見通し
に付いて意見を交わした。
また6月13日にはロシアの(?)ガス社と日本の北日本パイプライン開発機構
が、2008年にサハリン南部から青森県まで、全長850kmのガスパイプライ
ンの建設に着手する計画であることを発表した。
これは東京で北日本パイプライン開発機構の、小川代表取締役が発表した。
小川氏は日本の消費者へ天然ガスを販売すするため、サハリンのどの生産
者からも天然ガスを購入する用意があることを明らかにし、ガスパイプライン
の建設計画は頓挫してしまっている、資源開発分野の露日共同プロジェク
トに対する関心を再び呼び戻すものになると指摘している。

6月15日放送 ロシアの声・ラジオジャーナル


トヨタと日産―自動車王国の暗闇

講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント

NHK青森放送局の河村アナウンサーが転勤

2006-07-24 | 青森
2002年6月からNHK青森放送局に勤務していた河村アナウンサーが、今度はNHK
大分放送局への転勤が決まった。
NHKアナウンサーらしくないといえば失礼かもしれないが、あまり堅苦しさを感じさ
せないところが気に入っていた。

キャラクター的に、僕の知り合いの大学生K君に少々似ているので親近感があった。
コメント

緊迫化の度合いを増す中東紛争

2006-07-24 | ラジオ
ロシアは中東情勢の緊迫化に伴い、市民の引き揚げを実施する。
二日間でパレスチナとレバノンから、1300人のロシアとCISの市民が退
避する。これに付いてロシアの声の評論委員は、次のようにコメントして
いる。

イスラエル・レバノンの紛争地域からの引き揚げは、主に地上のルートを
使って行われる。これはレバノンからシリア国境へ向かうルートである。
また大型輸送機でロシア人を、キプロス島に非難させる可能性も検討さ
れている。同時にロシアはアルメニア、グルジア、ウクライナ、モルドバそ
の他の国々の市民が戦火を逃れるため支援も行っている。
アメリカ政府はレバノンのからの非難を希望するアメリカ市民に対してさ
へ、その費用を自己負担することを打ち出しているが、ロシアはその点で
はアメリカとは異なる。
ロシア政府は市民を非難させると同時に、燃えさかる紛争を解消すべく
集中的な努力を行っている。国連の仲介役にロシアの外務次官が加わ
っている。暴力を一刻も早く中断する道を模索すること、これが外務次官
と中東諸国の指導者との会合での主要なテーマだ。

紛争調停におけるロシアの役割に付いて、ロシアの専門家は次のように
述べている。
「ロシアは直接、紛争に介入すべきだろうか。これは大きな問題です。ロシ
アは中東情勢に影響を与えることは出来るが、それは先ず第一に外交的
な影響力です。外交的な影響はロシアを危険にさらすことは無いし、また
ロシアが他人の利益のために火の中に手を突っ込む羽目になることも無
い。中東紛争を解決するには時間が必要となるだろう」

この程、国際的な仲介役グループ第一団が中東地域を訪れたが、今のと
ころ目だった成果は挙がっていない。一方現地ではイスラエル北部で、イ
スラムシーア派武装組織ヒズボラの戦闘員らが、ユダヤ系市民を攻撃した
ことへの報復として、18日深夜、イスラエルの戦闘機がベイルート郊外で
大規模な空爆を実施した。犠牲者の数はすでに250人を超えており、レバ
ノン、イスラエル双方から多くの死者を出している。

こうしたことからレバノン在留外国人の中には、国外に脱出する動きが広
まっている。また今回の紛争はアラブ諸国の統一にも打撃を与えた。アラ
ブの国々をまとめているアラブ連盟は、ヒズボラの戦闘員がイスラエル兵
を拉致した事件に対し、一致した見解を示すことができなかった。

一方イランとシリアが、ヒズボラを支援しているとするイスラエルの声明が、
石油市場を煽る形になっており、紛争が近隣諸国にも広がる可能性があ
る、との危惧から原油価格を吊り上げる動きもある。

原油の産地で戦火があがっている。火に油を注ぐことは、つまりこの石油
樽を爆破することになるのだ。

7月19日放送 ロシアの声・ラジオジャーナル

コメント