1010 Radio

ラジオから色んな情報が発信されるように、車いすの視点から情報や思いを発信。

先週一週間の青森での出来事(537)

2015-06-30 | 青森
6月22日~6月28日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■22日、弘前市で「リンゴ病害虫マスター」養成講座の開講式
■22日、県庁北棟1階ロビーで「ハンセン病パネル展」始まる

ハンセン病を生きて―きみたちに伝えたいこと (岩波ジュニア新書)
クリエーター情報なし
岩波書店

■「第22回全国高等学校写真選手権大会(写真甲子園2015)」に「東北」ブロックから県立弘前高校が初出場を決める
■大韓航空の青森-ソウル(仁川)線が7月1日から17日まで運休
■22日、五所川原市の立佞武多の館で記者発表会が行われ、コシノさんらが立佞武多ねぷたのデザイン画を披露

■23日午前0時35分ごろ、青森県下北で震度4の地震
■23日、青森市議会本会議で、2人目の副市長に前市経済部長で、市中心市街地活性化推進監の佐々木淳一氏を選任する人事案に賛成多数で同意
青森市議会は23日の本会議で、青森駅周辺整備推進事業の速やかな実施を求める決議案を可決した。採決は賛否同数となり、議長裁決で可決
■23日、青森市議会本会議で、青森駅周辺整備推進事業の速やかな実施を求める決議案を可決
■23日、八戸工業大学が、八戸市民病院と共同開発した移動型緊急手術室(通称・ドクターカーV3)を八戸市に寄贈
■23日、五所川原立佞武多に出陣する新作「津軽十三浦(とさうら)伝説・白髭水(しらひげみず)と夫婦(めおと)梵鐘(ぼんしょう)」の面に墨 を入れる書き割り

■県内少雨、農作物への影響懸念
■本年度の「女性のチャレンジ賞」(政府主催)に、本県から中泊町の農家・佐藤イネ子さん

女性の幸せの見つけ方-運命が開く7つの扉
クリエーター情報なし
きずな出版

■弘前大学名誉教授が、くも膜下出血で倒れてから社会復帰するまでの闘病体験をつづった本「おかえり、じいじ-弘前の医療・リハビリへの深い感謝 -」を自費出版
■23日、南部町民ホール「楽楽(らら)ホール」で、「南部町さくらんぼ狩りセレモニー
■24日午後1時ごろ、三戸町梅内城ノ下の県立城山公園の本丸跡駐車場でクマの目撃情報

スター熊よけ鈴 小熊に金棒DX 12213
クリエーター情報なし
スター

■24日、平内町茂浦の浦田地区で伝統行事「人形送り」
■24日、五所川原市金木地区で、西北五地域まち歩きワークショップ
■24日、2年ぶりにチェコの名門オーケストラ「プラハ放送交響楽団」の青森公演

マーラー:交響曲全集(全10曲)
クリエーター情報なし
ユニバーサル ミュージック クラシック

■24~25日、平川市で県内の農業高校など7校の生徒約280人が出場する「県学校農業クラブ連盟大会」
■ウズベキスタンから果樹栽培の研究者ら10人が研修

■認知症行方不明者 本県53人
■25日、許可を受けずに自家用車で運送事業をして報酬を得る「白トラ」行為をしたとして、、貨物自動車運送事業法違反(特定貨物自動車運送無許 可営業)の疑いで、弘前市の48歳のアルバイト従業員を逮捕
■25日、青森産業会館で県内外の食品バイヤーらに、本県の農林水産物や加工品を紹介する「青森の正直」商談会
■25日、青森市文化会館で、事業系ごみの排出事業者を対象に「ごみ減量・リサイクル推進講習会」
■25日、青森市のラ・プラス青い森で、県内の明るい選挙推進協議会(明推協)と市町村選管の担当者による合同研修会

■25日、青森市の合浦公園内の動物舎で、5年ぶりにインドクジャクのひな1羽が生まれる
■25日、県道青森浪岡線の高架橋「スカイブリッジ」(青森市高田)の下にある、県有未利用地を活用した太陽光発電所の開所式
■25日、県は、日本海北部ブロックに含まれる県内11漁協に対し、定置網による小型魚の漁獲抑制に努めるよう文書で通知
■26日、十和田市議会は午前、市立新渡戸記念館の廃止条例案を賛成多数で可決
■2016年度以降の東日本大震災の復興事業に地元負担が導入された場合の影響額は、16~20年度の合計で、県分が約8億2300万円、市町村 分が8市町村合わせて約2億500万円で、県全体で約10億2800万円の負担

震災復興 欺瞞の構図 (新潮新書)
クリエーター情報なし
新潮社


■県内で高齢者を中心とした運転免許の返納人数が、2014年は前年比607人増の1575人
■26日、五所川原市は、果肉まで赤い「御所川原」と甘みが強い「金星」を掛け合わせた生食向けの新品種の名称を「レッド キュー」に決めたと発 表
■三沢市の県立三沢航空科学館で展示されている旧陸軍の一式双発高等練習機が、日本航空協会(東京)の重要航空遺産に認定されることが確実な見通し

ダイナミック図解 飛行機のしくみパーフェクト事典
クリエーター情報なし
ナツメ社

■26日、本県太平洋海域の定置網による漁獲量が漁法別上限値の8割を超えたことから、県は太平洋側25漁協に「県警報」
■むつ市のプレミアム商品券が低調、原因は往復はがきで申し込まなければならないためと見られる

■「全日本国際酒類振興会」主催のレギュラー酒コンクールで、東京都内で開かれ、八戸酒類五戸工場(五戸町)の「如空 金撰」が最高賞の特別推賞 第1位に。また八戸酒類八鶴工場(八戸市)の「八鶴 金撰」も入賞
■26日、清酒「初駒」の蔵元として知られた旧佐藤酒造(黒石市元町)の蔵で、市民2人による彫刻展が始まる
■青森公立大学の図書館の蔵書を管理する「図書情報システム」で、図書19冊の購入額が計約23万円のところ、計約16億4千万円と誤登録
■26日、青森市の県立美術館で開催中の「ミッフィー展」の入場者が2万人を突破
■26日、五所川原市の立佞武多の館で「立佞武多アカデミー」

■26日、五戸町、八戸市から片道500円の路線バスで訪れてまちあるきを楽しむツアー「ごのへ馬肉料理バスパック」
■26日、五所川原市金木町の津軽三味線会館で入館者数80万人を達成
■27日、本県を含む東北北部が梅雨入り。平年より13日、昨年より21日遅い。1951年の統計開始以降、60年と87年に並び過去4番目に遅 い梅雨入り
■27日、十和田市の南公民館で、「武士道」の著者・新渡戸稲造が説いた精神や、開拓の心を育む「寺子屋稲生塾」の開講式

新渡戸稲造論集 (岩波文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店

■27日、秋田県境に近い深浦町大間越地区で伝統行事・春日(鹿嶋)祭り

■27日、青森市の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で開かれた「2015ミスねぶたコンテスト」で、グランプリに楠美茉里奈さん、ミスねぶたに青森市 の市川知実さん、同市の李沢(すももざわ)千里さんが選ばれる
■27日、岩木川流域で唯一の無堤防区間だった、弘前市大川・三世寺地区の堤防整備工事が着工
■27日、中泊町の総合文化センター・パルナスで、幕内の宝富士と十両の阿武咲の激励会
■27日、青森市のアップルパレス青森で、イタリア・ミラノ市で開催中の国際博覧会(ミラノ万博)での青森ねぶた運行の成功を祈念し決起会
■27日、中泊町の農産物加工販売施設「ピュア」で、町合併10周年とピュア2周年を記念したイベント「津軽半島VS下北半島食合戦」

■27日、十和田市で「十和田市防災士の会」発足
■県内587の幼稚園・保育所のうち本年度、158施設が認定こども園として運営
■27日、東京都品川区の中延商店街で、ねぶた運行
■27日、弘前市立百石町展示館で、国内外で活躍する声楽家が子どもたちに独唱・合唱を指導し、その魅力を伝える教室「みんなで楽しく歌のレッスン」
■27~28日、おいらせ町のショッピングセンターで「三沢空港ジェット機就航40周年記念イベント」

キャビンアテンダントのおもてなし ANAに学ぶマナー術
クリエーター情報なし
角川学芸出版


■28日、田舎館村で地域の食材にスポットを当てるイベント「食の味力発見in田舎館村」

1/350スケール プラスチックキット 青森県 田舎館村役場-いち姫セット-
クリエーター情報なし
ピーエムオフィスエー


■28日、弘前市土手町で「よさこい津軽」
■28日、東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ」が行われた東京・明治神宮球場で、球場内のビジョンで、むつ市の特産品を紹介する映像を流し、宮下宗一郎市長が始球式に登場

東京ヤクルトスワローズまるわかり!大百科―2015年の見どころからチームの軌跡まで、ツバメ軍 (B・B MOOK 1176)
クリエーター情報なし
ベースボールマガジン社

■28日、青森市の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で、男性ハネトのナンバー1を決める「第4回ミスター跳人(はねと)コンテスト」
■28日、十和田市の旧国道4号沿い八丁目街区で「とわだストリートフェスタ2015」

■28日、札幌市で青森、弘前、八戸、函館4市の観光キャンペーン「青函圏周遊博」で、PRを担う「アンバサダー」を務める俳優石原良純さんの就任式
■28日、外ケ浜町で、町村合併10周年の記念式典と北海道森町との友好町締結式

東奥日報、NHK青森放送局
コメント

先週一週間の青森での出来事(536)

2015-06-23 | 青森
6月15日~6月21日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■15日、「第1回JACEイベントアワード」で、田舎館村の田んぼアートが最高賞の「日本イベント大賞」を受賞
■15日、弘前市が、市内の空き家・空き地の利活用に向け、不動産取引業者、金融機関との間でパートナーシップ協定を締結
■15日、青森市内のホテルで、 「草食男子」造語の深澤真紀氏が講演
■本県病床4700削減、政府が目標
■三戸町梅内駒木にある推定樹齢300年以上、幹の周囲約3.9メートル、高さ約12.5メートルのアンズの巨木が、同町教育委員会から「駒木の アンズ」との名称で町文化財に指定

■1月末に酒蔵が全焼し、再建を目指している弘前市米ケ袋村元の「白神酒造」が、西目屋村内にも新たな酒蔵を建設する構想
■2014年度に青森労働局に寄せられた、相談件数は2380件で前年度より434件(15.4%)減少したものの、職場でのいじめや嫌がらせを 指す「パワーハラスメント(パワハラ)」に関する相談は前年度を16件上回る690件で、2年連続で過去最多

パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本
クリエーター情報なし
合同出版

■15日、日本原燃が、六ケ所再処理工場の現況を六ケ所村民に説明する全戸訪問を開始
■東北電力東通原発、電源開発大間原発、日本原燃六ケ所再処理施設で同時に原子力災害が発生したと想定した場合、3施設の緊急防護措置区域 (UPZ)をいずれも半径30キロ圏内と仮定すると、むつ市民約5万9700人が避難対象になる見込み
■15日、県警少年課が、児童ポルノのサイバーパトロールを開始

■16日、深浦町岩崎地区で2013年3月に座礁後、放置されてきた貨物船「ANFENG8」(アンファン号)の撤去に向けた県の解体作業が始ま る
■16日、米軍三沢基地所属の軍人が八戸市内で器物損壊の疑いで逮捕されたことを受け、八戸市は、米軍関係者の綱紀粛正の徹底などを、東北防衛局 長と米軍三沢基地司令官に文書で要請
■弘前市の社会福祉法人弘前愛成園は来年4月、東京都昭島市に保育施設「あきみ保育園(仮称)」を開設
■弘前市は、ふるさと納税応募者に曳屋体験

2015年改訂版 100%得をするふるさと納税生活完全ガイド
クリエーター情報なし
扶桑社

■県社会福祉協議会の前田保会長が、全国社会福祉協議会の副会長に再任

■16日、青森市と青森商工会議所、同市浪岡商工会などが13日に販売を始めたプレミアム商品券が、ほぼ完売
■16日、田子町、南部町で作物パトロール
■17日午前1時ごろ、田舎館村の垂柳公民館敷地内にあるねぷた小屋(約55平方メートル)で、積まれていたタイヤ4本や周辺のタオル類が焼ける ぼや、不審火の疑い
■ブラジルの最大都市サンパウロで2月に行われたカーニバルに参加した五所川原市の立佞武多が、サンパウロ近郊で焼失していたことが判明

コ-ヒ-ばかの店 ブラジル 300g 30杯~45杯 [豆のまま(オススメ)] コーヒー豆/ナッツのような、甘く香ばしい華やかな香り!■ブラジル・サントス・No.2・スクリーン18M■中煎り(シティロースト) メール便 珈琲豆
クリエーター情報なし
エフイーエム有限会社

■映画・テレビ番組のプロデューサー相原英雄さんが、今年生誕80年を迎える寺山修司(1935~83年)のドキュメンタリー映画を制作

■17日、青森市などでドメスティックバイオレンス(DV)に端を発した傷害事件を想定した初動対応訓練
■17日、中泊町の地元産の高級魚・ウスメバルを丸々1匹使った新・ご当地グルメ「中泊メバルの刺身と煮付け膳(愛称・メバル膳)」が完成
■17日、中国の駐札幌総領事が就任あいさつのため県庁を訪問
■17日、県農地中間管理機構が、農地の貸し借りに関する申請状況を公表
■17日、黒石市の黒石神社(津軽承公(つぐひろ)宮司)で、境内に新社殿「東照宮」が完成したことを祝う奉祝祭

■17日午前8時ごろ、ストッキング製造などを手がけるむつ市下北町のアツギ東北むつ事業所で放火とみられる火災
■公立野辺地病院はこのほど、医療の質が一定水準以上にあるとして、公益財団法人日本医療機能評価機構から病院機能評価認定
■17日、大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」が、青森市の沖館埠頭に寄港
■17日、サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸の細越健太郎代表が、八戸市にスタジアム整備のほか、資金面の援助につ いて、市の協力を求める要望書
■17日、大鰐町がスキー場のジャンプ台「滝ノ沢シャンツェ」を改修する方針

■18日、フジドリームエアラインズ(FDA)が運航する青森-名古屋線の搭乗者数が午前、通算30万人を突破
■満州事変の直前、1931(昭和6)年4月に出版されたが発禁処分となり、「幻の詩集」と呼ばれた「青森県プロレタリア詩集」が84年ぶりに復 刻
■18日、本年度の「MISAWAクイーン」に、三沢市の磯谷理恵さん(22)、三沢市出身で盛岡市在住の松倉杏奈さん(21)と、米軍三沢基地 勤務で米ユタ州出身の医療技師タリン・リン・メンドーザさん(21)の3人
■18日、弘前城本丸石垣大改修の一環として、8月から始まる天守の曳屋(ひきや)作業に向け、弘前市が曳屋のルート上にある桜「ヤエベニシダ レ」の移植作業に着手
■18日、県町村会が、青森市の県共同ビルで臨時総会

■18日、弘前大学医学部付属病院で、入院患者や家族にマスコットを作ることでリフレッシュしてもらい、作品を全国の病院で巡回展示して病気と向 き合う人たちの心をつなぐ「ハッピードールプロジェクト」

家で天寿を全うする方法 -病院での延命を目指さない生き方
クリエーター情報なし
さくら舎

■18日、県が、本県への誘客を促進するため、インターネットの宿泊予約サイトで利用できる割引クーポン「いくべぇ!青森 宿泊割引クーポン」を 22日から発行すると発表
■18日、むつ市の第二田名部小学校で、東通村にある東北電力東通原発で原子力災害が発生したとの想定で訓練、同原発30キロ圏内にある自治体の 学校で、危機管理マニュアルに基づき訓練を行うのは同校が初

原発と大津波 警告を葬った人々 (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店

■18日、五所川原市議会は定例議会が、議員定数を現行の26から4削減し、22とする条例改正案を賛成多数で可決
■18日、知的障害のある子どもたちのキャリア教育・就労支援の充実に向け、弘前大学教育学部は、弘前市の弘前パークホテルで第1回就職支援ネッ トワーク会議

知的障害・発達障害のある人への合理的配慮
クリエーター情報なし
かもがわ出版


■18日、青森市のアラスカで「若手農業トップランナー塾」開講式
■18日、青森市で次世代の水産業のリーダーを育てる「浜の未来塾」の開講式
■18日、六ケ所村の国際核融合エネルギー研究センターで「原型炉設計合同特別チーム」の初会合
■19日、五所川原市金木町の芦野公園で、作家太宰治の生誕祭
■19日、国の文化審議会が、国史跡に指定されている七戸町の二ツ森貝塚と外ケ浜町の大平山元遺跡について、史跡の面積を追加するよう、下村博文 文部科学大臣に答申

■19日、東通村内で地域の特徴的な地質資源を見学する「ジオパーク体験ツアー」
■19日、十和田市民交流プラザ「トワーレ」で、「かみきた畑美人講座」の開講式
■19~21日、青森市民美術展示館で「広島・長崎を語り継ぐ原爆写真展」

原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ 【日英2カ国語表記】
クリエーター情報なし
日本図書センター

■20日、大鰐町と町健康づくり推進協議会が、大鰐町総合福祉センターで「湯の郷(さと)おおわに健康長寿宣言 町民のつどい」
■20日午前10時55分、大相撲の元大関貴ノ浪の音羽山親方(本名 浪岡貞博)が、急性心不全のため大阪市内のホテルで死去

■県内での高速道逆走は、今年1月から半年間で既に通報が7件、昨年1年間の5件を上回る
■20日、五所川原市で、五穀豊穣(ほうじょう)と天下太平を願う「奥津軽虫と火まつり」
■20日、弘前市悪戸地区の岩木川河川敷運動公園で「第10回古都ひろさき花火の集い」
■20日、五所川原市と、太宰が眠る東京都三鷹市で「太宰治検定」
■20~21日、八戸市の種差海岸周辺で、全国各地の手作り品を展示販売する「種差海岸手作りフェスタ」

■「青森空襲を記録する会」が、グーグルの地図編集機能「マイマップ」を活用し、青森空襲の被害状況を地図にまとめ、ネット上で公開

池上彰の「経済学」講義 歴史編 戦後70年 世界経済の歩み
クリエーター情報なし
KADOKAWA/角川マガジンズ

■20~21日、本県と北海道南の女性たちでつくる「津軽海峡マグロ女子会(マグ女)」による下北半島ツアー
■21日、しもきた克雪ドームで少年サッカー教室。野辺地町出身で日本代表の柴崎岳ら、Jリーグ・鹿島アントラーズの選手やコーチがサッカー指導

ナイキ 2015 鹿島アントラーズ ホーム スタジアムジャージ バーシティレッド×チームレッド M
クリエーター情報なし
ナイキ

■21日、青森市の県観光物産館アスパムで「ニュース時事能力検定」

ニュースの大問題! ―スクープ、飛ばし、誤報の構造
クリエーター情報なし
さくら舎

■21日、三沢市で「三沢アメリカンデー」

沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社


■21日、平内町のほたて広場で「ホタテの日」(6月18日)を記念したイベント
■21日、青森市のアスパムで「第18代ミスりんご」の選考会で、弘前市の大学生相馬澄佳(さやか)さん、大鰐町の短大生小野笑美(えみ)さん、八戸市の大学生平沼日菜子(かなこ)さんの3人

吉田日出子/上海バンスキング ツイン・ベスト
クリエーター情報なし
ハイブライト

■21日、名古屋市守山区の斎場で、43歳で死去した大相撲、元大関貴ノ浪の音羽山親方(三沢市出身)の通夜
■21日、北里大学獣医学部の講師が、ニホンジカの個体数と目撃数が10年後にほぼ10倍となる可能性があると指摘

東奥日報、NHK青森放送局
コメント

先週一週間の青森での出来事(535)

2015-06-16 | 青森
6月8日~6月14日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■8日、県が本年度から2019年度までの5年間で展開する人口減少対策「県総合戦略」の素案が固まる
■8日午後3時1分ごろの地震で三八上北、下北で震度4
■外出が困難な高齢者らの自宅まで出向く移動スーパー「とくし丸」が7月下旬から、十和田市内で営業
■七戸町教育委員会は、町唯一の公立の七戸幼稚園を2017年度末に閉園する方針
■県は、県内水面漁業調整規則を一部改正し、現行の「懲役6月以下もしくは罰金10万円以下」から「懲役3年以下もしくは罰金200万円以下」 に、罰則の上限を大幅に引き上げ

■2014年度に県内の消費生活相談窓口に寄せられた特殊詐欺に関する相談が、前年度を172件上回る1133件
■天然ウナギの全国有数の産地とされてきた小川原湖での漁獲量が、2014年はわずか1.1トンにとどまり、13年の約12トンから激減
■9日、中泊町が、地元産の高級魚「ウスメバル」をメーンにした新・ご当地グルメなどをPRする「中泊メバル料理推進協議会」を設立
■9日、障害がある子どもが通う八戸地域の放課後デイサービス事業所で昨年、生活支援員の男性職員が女児の胸を触るなどの性的虐待があり、事業所 が男性職員を懲戒解雇処分にしていたことが判明
■鹿内博青森市長は、東北電力が25日に開く株主総会で、一部株主による「原発撤退」提案に市として賛成する考えを

■9日、県りんご協会が2015年産リンゴの結実量調査を始める
■9日、田舎館村の道の駅いなかだて内にある田んぼアート第2会場で田植えが始まる
■9日、上野-札幌間を走る寝台特急「カシオペア」について、JR東日本の冨田哲郎社長は廃止を視野
■10日、八戸市地域公共交通会議が、路線バスの利用促進に向けたインターネットのサイト「みんなで育むバスの未来!」を開設
■10日、キャロライン・ケネディ駐日米大使が、本県を初めて公式訪問

ミセス・ケネディ―私だけが知る大統領夫人の素顔
クリエーター情報なし
原書房

■10日、青森市の国特別史跡・三内丸山遺跡で、本年度の発掘調査開始
■10日、八戸市農業経営振興センターで、本年度から試験的に温室栽培を行っている「糠塚きゅうり」を初出荷
■10日、八戸市の児童福祉施設への放火容疑で、自称オーディオ機器販売員の男(46歳)を逮捕
■田舎館村は今年から、田んぼアート第2会場がある道の駅いなかだての敷地内で、「惜しまれる人」をテーマに、石を並べて亡くなった有名人の人物 画を表現する新たなアートに取り組む
■10日、十和田湖の子ノ口-休屋航路を運航している十和田湖遊覧船企業組合の遊覧船が1、同日朝から一部の運航を取りやめ

■10日、深浦町岩崎地区で座礁後、放置されている貨物船「ANFENG8」の解体・撤去に向け、現地で仮設道路の整備工事に着手
■10日、南部町議会が、議員定数を現行の18から16に削減する議員発議の条例改正案を可決
■10日、青森市議会総務企画常任委員会は、副市長を現在の1人から2人制にする条例改正案を賛成少数で否決
■10日、県は、東北電力東通原発半径30キロ圏内の医療機関や社会福祉施設などを対象に、原子力災害事故に備えた避難計画作成に関するガイドラ インを初めて示す

アベノクライシス~そこまでして原発続けますか?~ (竹書房新書)
クリエーター情報なし
竹書房

■10日、東北電力が、東通村にある東通原発1号機の再稼働時期を、2016年3月から「17年4月以降」に延期する方向で最終調整

■11日、ロシアの排他的経済水域で、今年のサケ・マスの流し網漁を予定していた八戸港所属の中型漁船2隻が、今漁期は出漁できないことが確定
■11日、むつ市の徳玄寺で今年で没後52年となるむつ市出身の映画監督・川島雄三(1918~63年)の53回忌・墓前祭
■11日、キャロライン・ケネディ駐日米大使が、三沢市の米軍三沢基地を視察
■八戸工業大学が、八戸市内の地盤液状化の危険度を示す「液状化リスクマップ」を作成
■八戸赤十字病院の医業赤字3億4425万円

■12日、コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが午前7時、県内6市町で8店舗を一斉に開店

セブン‐イレブンの正体
クリエーター情報なし
金曜日

■12日、東北電力は、東通原発1号機(東通村)の再稼働時期を2016年3月から「17年4月以降」に延期すると正式発表
■米軍の無人偵察機「グローバルホーク」が、7月上旬から12月下旬まで米軍三沢基地に一時配備
■12日、八戸市内のホテルて、県専修学校各種学校連合会が主催する職業体験フェア
韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が拡大しているのを受け、青森空港でも検疫強化

■13日、弘前市の土手町コミュニティパークで、ニュージーランドワイン試飲会

セントクレア マルボロ・ソーヴィニヨンブラン2013 NZ ニュージーランド産 辛口 白ワイン750ml
クリエーター情報なし
セント・クレア Saint Clair

■13日、青森市の青森産業会館で、「短命県返上」をテーマに、青森ドラッグストアショー開幕
■五戸町が2012~14年度、延べ985人分、計2659万円の後期高齢者医療保険料を徴収せず
■13日、八戸市の三陸復興国立公園の種差海岸天然芝生地で乗馬体験がスタート
■13日、五所川原市の金木、市浦両地区で、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願って地域を練り歩く、さなぶり行事「虫送り」が30年ぶりに行われ る

■13日、青森市プレミアム商品券販売開始

Amazonギフト券- Eメールタイプ - 花柄ギフトボックス
クリエーター情報なし
Amazonギフト券


■13日、器物損壊の疑いで、米軍三沢基地所属の軍人ジュエル・ウィリアム・ジェイコブ容疑者を逮捕

世界が日本を認める日―もうアメリカの「属国」でいる必要はない
クリエーター情報なし
PHP研究所

■13日、創立60周年を迎えた県文化財保護協会が、青森市のアスパムで総会と記念式典
■13日、三沢市の三沢商業高校で、県高校ワープロ競技大会
■13~14日、佐井村の津軽海峡文化館「アルサス」で、佐井村のキタムラサキウニを味わう「佐井村うに祭り」
■八戸市内に住む70代の無職女性が、警察官を名乗る男らに計350万円をだまし取られる詐欺被害

■13~14日、八戸市の長根運動公園で、がんに負けない社会づくりを目指すイベント「リレー・フォー・ライフ八戸」
■県立青森工業高校跡地が住宅地に
■13~14日、弘前文化センターで、県高校囲碁選手権兼第39回全国高校選手権県予選
■14日、弘前公園内をコースに、たすきをつないで42.195キロ走る弘前城リレーマラソン
■14日、青森市の県総合社会教育センターで、県高校放送コンテスト兼NHK杯全国高校放送コンテスト県予選会

NHK日本語発音アクセント辞典 新版
クリエーター情報なし
日本放送出版協会

東奥日報、NHK青森放送局
コメント (2)

先週一週間の青森での出来事(534)

2015-06-09 | 青森
6月1日~6月7日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■1日、青森空港と東京・羽田空港を結ぶ青森-東京線の定期便が就航50周年を迎え、青森空港で記念セレモニー
■1日、昨年11月10日から冬期休業に入っていた、八甲田山中の谷地温泉(十和田市法量谷地)が営業を再開
■1日、十和田市で最高気温が今年最高の29.2度
■1日、県産業技術センターりんご研究所で、リンゴ主力3品種の今年最初の果実肥大調査
■1日、青森署は青森市の浪館通りで、道交法改正で自転車利用者を指導

■1日、南部町が町内を流れる馬淵川水系や如来堂川を監視する「河川監視ライブカメラ」3台の運用を
■1日、県選挙管理委員会は、一般女性をモデルに手書きのボードで時刻を知らせるインターネットサイト「美人時計」の本県版と協力し、「投票日ま であと○日」のカウントダウンをフェイスブック上で開始
■県内公立学校「倒壊の危険」12棟
■1日、青森市の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で、若手ねぶた師4人が制作した小型ねぶたを集めたミニねぶた展
■1日、三沢市の社会福祉法人が、市立三沢病院近くに、障害者が接客、調理スタッフを務める「Cafe42(カフェ・フォーティーツー)」をオープン

写真でわかる重症心身障害児(者)のケア: 人としての尊厳を守る療育の実践のために (写真でわかるシリーズ)
クリエーター情報なし
インターメディカ

■1日、蓬田村が郷沢地区に建設を進めてきた、ホタテガイ養殖残渣(ざんさ)堆肥化処理施設が完成し竣工式
■2日、県庁災害対策本部室などで大規模地震発生に備えた防災訓練
■八戸市の保健推進員たちが市民の歌に乗せたオリジナル健康体操
■2日、弘前市が庁内組織「りんご産業イノベーション戦略研究会」を設立
■JR東日本は、寝台特急の維持・存続を要望した青森、岩手、北海道の3道県に対し、上野-札幌間を走る寝台特急「カシオペア」を本年度下期 (10月~2016年3月)も運行させる意向

寝台列車の図鑑
クリエーター情報なし
KADOKAWA/メディアファクトリー


■県内の認定農業者が2014年度末で9722人と、前年度から千人近く増え、過去最多
■2日、青森市と八戸市で今年最初の真夏日
■3日、青森市の県立郷土館が、収蔵資料をインターネット上で検索、閲覧できるサイト「県立郷土館デジタルミュージアム」を開設
■作家・太宰治が戦前の一時期暮らした東京都杉並区の民家兼下宿「碧雲(へきうん)荘」が、区による複合施設の建設計画が浮上し、取り壊される可能性

太宰治の辞書
クリエーター情報なし
新潮社

■2003年に閉館した青森市古川の映画館「青森松竹」で使われていた座席10席や映写機材が、秋田県大館市唯一の映画館「御成座」で活用・展示

映画館と観客の文化史 (中公新書)
クリエーター情報なし
中央公論新社


■5月の県内企業倒産件数は前月比2件増の6件、負債総額は約2.3倍の2億4700万円
■県が2010年度から青森市で進めてきた、ホタテガイ貝殻を使った水田向け水質改善事業「堤川1期地区水質保全対策事業」を中止
■3日、7日投開票の五戸町長選で、五戸町選挙管理委員会は選挙公報を発行、県内町村では野辺地町が4月の町議選で公報を発行しているが、首長選 で発行するのは五戸町が初
■3日、「山観(やまかん)の宵宮」として知られる弘前市西茂森の観音山普門院の宵宮が3日、弘前市内トップを切って開かれる
■3日、東北農政局が、青森市の市民文化会館で、国が3月に策定した新たな「食料・農業・農村基本計画」についての説明会

■県内でネット契約めぐる相談急増
■3日、6月7日投開票の知事選で、青森市選挙管理委員会が、青森中央学院大学に期日前投票所を初めて設置
■3日、八戸市が、職員の組織体制を盛り込んだ「中核市移行計画」案を公表
■4日、県は台湾による輸入規制強化を受け、コメと加工食品を対象とする県独自の産地証明書の発行業務を開始
■来年春の県内高校卒業予定者で就職を希望する生徒のうち、県外希望者が3年ぶりに増加

■5日、青森市で第68回県高校総合体育大会開会式
■5日、田舎館村むらおこし推進協議会は、田んぼアート第2会場の図柄を、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がテーマで、おなじみのキャラク ター「R2-D2」「C-3PO」に加え、新キャラクターの「BB-8」を発表
■5日、今別町と同町新幹線開業PRイベント実行委員会が、同町の北海道新幹線奥津軽いまべつ駅前で開業300日前記念イベント
■本県の2014年の出生数は8853人で、統計がある1950年以降、過去最少を記録
■5日、弘前市教育委員会が、5月に酒気帯び運転で弘前署に摘発された同教委教育センターの男性指導主事(51)を、同日付で懲戒免職処分

■5日、昨年6月、青森市役所に婚姻届を提出、不受理となった青森市の女性カップルが同市役所に婚姻届を提出、青森市は前回同様、不受理とした が、その根拠を「不適法」とし、前回の「憲法24条1項」と異なる根拠を示す

同性愛と異性愛 (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店

■5日、弘前市内に住む70代の無職女性が5月26日、投資名目で100万円をだまし取られる詐欺被害に遭ったと発表

老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書)
クリエーター情報なし
筑摩書房

■6日、県立美術館で「ミッフィー」の誕生60周年を記念した「ミッフィー展」開幕

ミッフィーからの贈り物 ブルーナさんがはじめて語る人生と作品のひみつ (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社

■6日、弘前市のはるか夢球場で、2009年以来6年ぶりにプロ野球イースタン・リーグ公式戦
■6日、むつ市内のホテルで、斗南藩藩士の末裔などでつくる「斗南會津会」が、立藩145年献霊祭前夜祭と記念誌発刊のレセプション

■6日、弘前市が、はるか夢球場(弘前運動公園内)を1軍戦仕様にするための改修設計・工事業者を鹿島建設グループに決定
■6日、青森・岩手の県境産廃不法投棄現場の田子町側跡地で緑の再生願い植樹
■6日、弘前市の弘前大学医学部学生支援センターで、2016年度以降に卒業予定の医学生や初期研修医を対象に、医師臨床研修指定病院の合同説明 会
■6日、青森市のアピオあおもりで、影絵ワークショップ「うつって うつして 影あそび」

影絵―SHADOW ART
クリエーター情報なし
文溪堂

■6日、大鰐町地域交流センター「鰐come(わにかむ)」で、初夏のイベント「万国ホラ吹き大会」

ウケる技術 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社



■6日、鶴田町の鶴寿公園で「結婚記念植樹祭」

うっかり結婚生活 一緒に暮らす2人のルール 8
クリエーター情報なし
メディアファクトリー

■7日、任期満了に伴う五戸町長選が16年ぶりに投開票
■7日、任期満了に伴う三沢市長選が12年ぶりに投開票
■本県で過去5年間、自転車運転中に事故に遭った死傷者約3400人のうち、半数近い約1600人に違反
■7日、弘前市の遊歩道・えきどてプロムナードで、日曜朝市「弘前あさいち」始まる

■7日、十和田市の市民交流プラザ「トワーレ」で、キャラクター「ウマジン」のかぶり物を作るワークショップ
■7日、青森市の合子沢記念公園では「第1回合子沢記念公園 紙ひこうき大会」

二宮康明の紙飛行機集 よく飛ぶ競技用機II (切りぬく本 新10機選 4)
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

■7日、県知事選の投票率43.85%、前回より2.33ポイント上昇したものの過去3番目の低さ
■7日、三沢市長選挙投票日

東奥日報、NHK青森放送局
コメント

先週一週間の青森での出来事(533)

2015-06-02 | 青森
5月25日~5月31日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■25日、県選挙管理委員会が選挙公報を発送
■県内の歯科医療機関に通う患者を対象に歯周病の罹患状況を調べたところ、30代の約4割、40代の約5割が中等度以上の歯周病
■25日、青森市の県立美術館で開催中の「成田亨 美術/特撮/怪獣」展の入場者が1万5千人を突破し、記念セレモニー
■五所川原市にある市指定有形文化財「楠美家住宅」の和室に取り付けられていた装飾金具「釘隠し」1個(時価約5万円相当)が盗まれる
■25日午前6時ごろ、青森市清水浜元のJR津軽線沿いにある女性方の敷地で、庭の下草約1平方メートルが燃える不審火

■25日、南部町名産の果物をPRする今年の「フルーツ娘」の7人が決まり、南部町の農林漁業体験実習館チェリウスで委嘱状交付式
■25日、階上町のハートフルプラザはしかみで、地域食材を使った減塩レシピの試食会

亀田総合病院の「血圧が高め」の人のためのおいしい減塩レシピ
クリエーター情報なし
PHP研究所

■25日、県農村工業農業協同組合連合会(JAアオレン)は、本県2014年産リンゴを原料に製造したリンゴジュース約5トンをベトナムに初出荷
■ヤマダ電機県内11店舗のうち青森市浪岡の「テックランド浪岡店」の1店舗が5月末に閉鎖
■県内で2014年、認知症が原因で行方が分からなくなり警察へ届け出があった人は53人(暫定値)と、前年に比べ25人増

■総務省によると2013年、県内の空き家総数は8万1200戸で空き家率は13.8%と全国平均を0.3ポイント上回る

空き家問題 (祥伝社新書)
クリエーター情報なし
祥伝社

■受診率アップを目指し、五戸町は2015年度、国保の人間ドック受診者(30~74歳対象)に、30品目を使い栄養バランスが取れた特製弁当の 無料提供
■2014年度に県や青森、弘前、八戸の3市の支援を受けて創業した人は過去最高の56人に
■県内の民間路線バスを維持するために国、県、市町村が2014年度に投入した補助金の総額が前年度比6.4%(2692万8千円)減の3億 9491万円に上る
■26日、むつ市観光協会が、本年度の「ミスおしまこ」を発表

■26日、深浦町は1983(昭和58)年の日本海中部地震から32年、大規模地震を想定した防災訓練

マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)
クリエーター情報なし
エイ出版社

■26日、弘前城本丸の石垣大改修に向け、弘前市が本年度の現地発掘調査に着手
■県内の高校をこの春に卒業した生徒の就職率は98.4%で、前年同期を1.0ポイント上回る
■26日、青森市内の大学で本県出身の詩人・劇作家の寺山修司をしのぶ「寺山修司忌」
■東京・築地市場などに出荷している大間町の水産会社が、インターネットで資金を募り、地元のマグロ漁業を支援する「大間マグロのオーナー制度」

■26日、弘前市は、桜の管理技術支援などでゆかりのある中国湖北省・武漢市との間で、来年3月に「友好関係協議に関する協定」を締結する意向
■医師不在に伴い、3月から司法解剖の受け入れを中止していた弘前大学大学院医学研究科法医学講座が6月1日から解剖を再開

九州大学生体解剖事件――70年目の真実
クリエーター情報なし
岩波書店

■27日午前、南東方向上空に、青森、弘前、黒石市、十和田などの広い範囲で「環水平アーク」

史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本
クリエーター情報なし
ナツメ社

■2014年度の国民健康保険(国保)の一人当たりの保険税・料(見込み)は、平内町が12万2100円で県内最高となり、最も低い深浦町(7万 4007円)との格差が約1.6倍
■27日、市民団体「反核燃の日・全国市民集会」実行委員会が、原発と核燃の停止を求める要請文を電気事業者、経済産業省、原子力規制委員会、県 にそれぞれ提出

世界に嗤われる日本の原発戦略 (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所

■28日、県産のハウス栽培の高級メロン「アムさんメロン」の初競りで、大きいサイズの6玉入り8キロ箱に、過去2番目に高い15万円の値
■男女雇用機会均等法に関連して、青森労働局雇用均等室に寄せられた2014年度の相談件数347件のうち、最も多かったのは「セクシュアルハラ スメント」に関する相談で239件。妊娠・出産に関する相談も66件
■29日、弘前市百沢の岩木山神社にコーヒー店がオープン
■29日、青森市の県立図書館が、1900年代初頭~50年ごろまでに国内で製造されたレコードの音源約5万点を検索して聴くことができる「歴史 的音源」(愛称・れきおん)のサービスを開始

アナログレコードはじめてBOOK2 (別冊ステレオサウンド)
クリエーター情報なし
ステレオサウンド

■29日、「11ぴきのねこ」などで知られ、2001年に73歳で亡くなった漫画家、絵本作家の馬場のぼる(本名登=のぼる)さんの分骨供養式と 帰郷セレモニー

11ぴきのねこ
クリエーター情報なし
こぐま社


■29日、七戸町の七戸小学校で、同町の柏葉公園内にある樹齢約400年のモミの古木と同じ遺伝子を受け継いだ「クローン苗木」の植樹式
■29日、八戸市役所前の市民広場で、八戸市内7高校の応援団員約100人によるエール交換会
■29日、福岡市で行われていた将棋の第73期名人戦7番勝負の第5局は、170手で先手番の挑戦者・行方尚史八段(弘前市出身)が羽生善治名人 に敗れ1勝4敗となり、初の名人位奪取はならず
■日本風力開発(本社東京)の子会社「風力開発」が、横浜町に3.8万kW風力発電計画
■佐井村漁協が、津軽海峡の荒波に耐えられる新たな漁具を活用したホタテガイの養殖に成功

■弘前大学機器分析センターが、物質の構造を原子レベルで観察・分析できる高精度の透過型電子顕微鏡システムを導入
■29日、県警捜査2課は、県内の60代女性が、息子をかたる男に埼玉県内に来るよう呼び出され、現金を振り込むように指示される特殊詐欺未遂容 疑事件が起きたと発表

あなたの知らない裏社会~特殊職業篇~
クリエーター情報なし
株式会社オトコノアジト

■むつ市大畑町地区にある薬研温泉の開湯400年を記念し、400年祭実行委員会は、薬研温泉水を原料とした記念商品「薬研温泉水石鹸」を開発
■30日、映画「ライアの祈り」県内封切り
■30日、弘前市岩木地区の住民を対象に、弘前大学などが取り組んでいる「岩木健康増進プロジェクト」の本年度の健康調査始まる

■30日、野辺地町常夜燈公園隣の野辺地町漁協荷さばき所前で、毎週土曜日開催してきた「のへじ常夜燈朝市」がリニューアルオープン
■30日、深浦町が、町フィットネスプラザ「ゆとり」で合併10周年の記念式典
■30~31日、弘前市百沢の桜林公園で、全国各地のクラフト作品を集めた「津軽森・つがるもり2015」
■31日、任期満了に伴う三沢市長選挙告示
■6月7日投開票の知事選の投票率向上に向け、投票を呼び掛ける歌が登場した。タイトルは「いけいけ僕らのリーダー」
https://www.youtube.com/watch?v=B_htqfpoMAk

■31日、田舎館村の名物「田んぼアート」の田植え
■31日、八戸市中心街の三日町から十三日町のメーンストリート約310メートルを歩行者天国として開放する「はちのへホコテン」始まる
■31日、六戸町の十和田観光電鉄旧七百駅構内にある駅舎、車庫など一帯が、「七百鉄道記念館」としてオープンし、一日限りの公開

ザ・ラストラン 十和田観光電鉄 [DVD]
クリエーター情報なし
株式会社ビジュアル・ケイ

■31日、深浦町松神下浜松の岩場で釣りをしていた秋田県の男性会社員が海に流され死亡
■31日、東京都江東区亀戸の商店街で、むつ市の観光・物産・文化をアピールするイベント「むつとの遭遇」
■31日、五所川原市で、小説家太宰治の故郷を走る「走れメロスマラソン」

東奥日報、NHK青森放送局
コメント