1010 Radio

ラジオから色んな情報が発信されるように、車いすの視点から情報や思いを発信。

NHKラジオ第2放送 カルチャーラジオ・選 文学の世界「ボブ・ディランの世界を読む」

2016-12-31 | ラジオ
12月31から4夜連続で、NHKラジオ第2でカルチャーラジオ・選 文学の世界「ボブ・ディランの世界を読む」(全13回)が放送される。

「選」とあるので再放送ですが、初回放送は聴き逃してしまったので、今回は録音して聴き逃すことがないようにしたいと思っている。

スケジュールは下記の通り。

●12月31日 午後10時30分~午前0時30分

●1月1日  午後10時30分~午前0時

●1月2日  午後10時30分~午前0時

●1月3日  午後10時30分~午前0時

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ボブ・ディラン
クリエーター情報なし
SMJ

 
コメント

2016年12月31日、お勧めラジオ番組

2016-12-31 | ラジオ
直接、電波を受信して聴くことのできるNHKラジオをメインにして個人的に興味あるラジオ番組をピックアップ。


10時5分~11時55分
NHK R1 『チャンバラジオ!』

16時5分~18時55分

NHK R1『教授の大みそか~蓄音機&SPレコード特集 第9弾』

クラシックホーン蓄音機/ターンテーブル Pyle社 Mahogany【並行輸入】
クリエーター情報なし
Pyle


22時30分~24時30分
NHK R2『カルチャーラジオ・選 文学の世界「ボブ・ディランの世界を読む」<全13回>』

ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム(デラックス10周年エディション) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ユニバーサル ミュージック
コメント

先週一週間の青森での出来事(6015)

2016-12-27 | 青森
12月19日~12月25日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■19日、青森市のアラスカで「青函圏フォーラム」
■小野寺晃彦・青森市長は、再開発ビル「アウガ」を運営する第三セクター・青森駅前再開発ビルを巡り、木立均代表取締役社長ら2役員を解任する方針
■「第41回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」で、青森県から2人入賞

メタルバンク100マンエン シルバー
クリエーター情報なし
トイボックス

■19日、八戸市の海上自衛隊第2航空群は19日、所属するP3C哨戒機が同日午前10時半ごろ、オホーツク海上で今冬初めて海氷(流氷)を観測、昨冬より22日早く、過去10年間で最速
■19日、八戸市立市民病院のドクターカー「V3」が、7月の本格運行開始後、水難事故現場で初の手術

■「全道ロシア語弁論大会」で、青森南高校外国語科2年の女子生徒が、3分以内のスピーチ部門(Bクラス)で優勝

今すぐ話せるロシア語 入門編 (Oral Communication Training Series)
クリエーター情報なし
ナガセ

■小川原湖漁協(東北町)は今月、同湖で水揚げしたシラウオの冷凍品約50キロを香港の中華料理店に輸出
■五戸町と新郷村の民家や事業所などに飾り付けられているイルミネーションのコンテスト
■20日、いじめを訴えて自殺した青森市立浪岡中学校2年・葛西りまさんが、無料通信アプリ・LINE(ライン)上などで中傷を受けていたとして、青森南署や県警少年課が、同校の生徒数人を侮辱などの疑いで調査し、児童福祉法に基づいて児童相談所に通告

完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

■青森市民美術展示館唯一のエレベーターが老朽化による故障のため、9月から運転を休止したまま

■八戸市は来年5月1日に迎える市制施行88周年を記念するロゴマークを決定
■三沢市三沢の小川原湖畔で5日に回収されたコブハクチョウ1羽の死骸から、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出
■2014年度の県内総生産は、物価変動分を調整した実質で4兆5751億円となり、実質経済成長率はマイナス0.8%と2年連続マイナス成長
■津軽弁と南部弁の県民がラップで青森県の魅力について言い合う動画が話題
■20日、青森県教委委員会が、「三内丸山遺跡魅力づくり検討委員会」を発足

■青森市の障害者支援施設で職員から長年虐待を受けたとして、元入所者男性(45)=茨城県=が、虐待したとされる元職員2人や施設を運営する社会福祉法人、施設長に慰謝料など約660万円の損害賠償を求める訴訟を青森地裁に提起していたことが判明
■21日、青森市の県立美術館で、開館10周年を記念したコレクション展特別企画「青森コンプレックス2016」が開幕
■21日、日本原燃が六ケ所再処理工場の安全審査に関し、年内に一通りの説明を終え最終補正申請書を提出する計画を断念
■弘前大学が青森県内に事業所がある企業を対象に、「弘前大学グロウカルファンド」を創設
■21日、黒石市の「こみせ通り」を約4万個の発光ダイオード(LED)で彩る「イルミネーションinこみせ通り」始まる

■三沢市の三沢パークホテルが12月末で営業を終了し休業
■2015年に、むつ市川内町沖で起きた暴力団組員らによるナマコ密漁によって経済的損害を受けたとして、地元の川内町漁協が、当時の暴力団組長や買い取り業者ら5個人・1法人に対し、1億円の賠償を求める訴訟
■「スタミナ源たれ」を製造販売している上北農産加工農業協同組合(十和田市)と上北農産商事(弘前市)は来年度、台湾に総代理店を開設する計画

KNK 上北農産加工 スタミナ源たれゴールド 中辛 420g
クリエーター情報なし
上北農産加工農業協同組合

■22日、11月24日から長期休館していた青森県立図書館(青森市)が、蔵書や利用者情報などを管理するシステム更新作業を終え業務を再開
■22日、県内の多くの小中学校、高校、特別支援学校で終業式

■県内の幼稚園児から高校生(5~17歳)の肥満傾向の出現率が3年連続で、男女とも全ての年齢で全国平均を上回る
■22日、青森県警は、元警察官の八戸市の女性(43)を来年1月4日付で再び警察官として採用すると発表、元警察官の再採用は東北初
■十和田市の40代病院職員男性が動画サイト登録料などを巡る架空請求詐欺に遭い、計674万1千円をだまし取られる
■22日、青森県、青森市と友好交流協定を結んでいる中国遼寧省大連市の市政府訪問団6人が青森市長を表敬訪問
■22日、県内の多くの小中学校、高校、特別支援学校で終業式

■22日、青森県は専修大学(東京都千代田区)と「学生のUIJターン就職促進に関する協定」
■弘前市と平内町、むつ市で12日にそれぞれ回収された野鳥の死骸3羽から、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出
■県内の幼稚園児から高校生(5~17歳)の肥満傾向の出現率が3年連続して、男女とも全ての年齢で全国平均を上回る
■「JAグループ青森・台風等災害対策本部」が、8月中旬以降の台風と長雨で被害を受けた県内農家に対し、総額5031万円の支援対策
■全国アートコンテスト「第8回年賀状甲子園」に初出場した五所川原第一高校のチームがベスト16

■22日、道交法違反(酒気帯び運転、無免許運転)の罪に問われた元蓬田村総務課主査のアルバイト男性被告に懲役1年2月、執行猶予3年
■新青森駅奥羽線ホームに新たに整備していた待合室が完成
■23日、西目屋村中央公民館で、ロンドン五輪カヌースラロームイタリア代表の金メダリスト、ダニエレ・モルメンティ選手らとのトークセッション
■23日、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅前を約1万5千個の発光ダイオードで彩るイルミネーションが点灯
■23日、県立美術館で、八角堂のリニューアルセレモニー、弘前市出身の美術家・奈良美智さんの新作ブロンズ像「Miss Forest/森の子」がお披露目

■23日、おいらせ町本村地区の「もとむらふれ愛公園」で、初のイベント「ふれ愛公園冬まつり」始まる
■23~24日、八戸市の長根公園スケートリンクで、氷面や場内をライトアップするイベント「長根☆イルミナ」
■24日、むつ市の下北文化会館で東日本大震災復興支援・第九演奏会
■2015年の青森県の年齢調整死亡率は96.9で、12年連続で全国最悪
■七戸町に住む50代男性が融資保証金名目の特殊詐欺に遭い計約190万円の被害

■弘前市と弘前大学医学部付属病院が、ロボットスーツ「医療用HAL」を使った最先端のリハビリテーション導入
■25日、青森市長と高校生が、青森市の将来像で意見交換
■25日、東京・浅草のイベントホールで、五所川原市出身で27歳で早世した方言詩人・木村助男(1916~43年)と、同市出身の作家・太宰治(1909~48年)の作品朗読会

東奥日報、NHK青森放送局
コメント

先週一週間の青森での出来事(6014)

2016-12-20 | 青森
12月12日~12月18日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■12日、青森県りんご協会が、2016年「りんご界10大ニュース」を発表
■県内の所得税の申告漏れは、今年6月までの1年間に総額で50億円を超え、前の年を3億円余り上回る
■12日、三沢市三沢の小川原湖畔で回収したコブハクチョウ1羽の死骸について、国の検査機関で遺伝子検査を行った結果、A型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表
■12日、中泊町が現庁舎の老朽化のため建設を進めていた町役場新庁舎が完成し竣工式
■12日、むつ市上川町で11日夜に発生した計4棟を焼いた火災で、火元の住宅に住む飲食店従業員の少年(19)を現住建造物等放火の疑いで逮捕

■12日、おいらせ町の40代の土木作業員男性が、宝くじ「ロト7」の当せん金受け取り名目で約1126万円をだまし取られる詐欺被害
■12日、弘前市の方言川柳作家・渋谷伯龍さんが呼び掛けた募金で購入したリンゴなどが、熊本地震で被害にあった熊本県へ発送
■西目屋村は同村の津軽ダム完成に伴い、役割を終える同ダム工事事務所庁舎を国から買い取る方針
■青森県リンゴ産業の発展に貢献した功労者を顕彰する木村甚彌賞を選考している「木村甚彌りんご顕彰会」が、40回目となる本年度を最後に解散
■13日、青森市の2農場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題を受け、青森県は県内農場の一斉消毒に使う消石灰の無料配布を開始

■原子力規制庁が、日本原燃の安全管理体制に組織的な問題があると指摘
■JR東日本主催の駅弁コンテスト「駅弁味の陣2016」で、幸福の寿し本舗(青森市)が製造している「にぐ・さがな弁当」が、2位に当たる「駅弁副将軍」に選ばれる
■14日、横浜町の横浜小学校が、劇作家で演出家の平田オリザさんによる演劇ワークショップ

演劇入門 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社

■十和田市教育委員会は、児童生徒数の減少により同市湖畔休屋地区の十和田湖小学校を十和田湖中学校に統合し、小中併置校とする方針
■14日、作曲家・シンセサイザー奏者の喜多郎さん(63)が、14日から3日間の日程で青森県八戸市を訪問

決定盤 喜多郎/シルクロード ベスト
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

■青森県内施設9棟が大地震で倒壊・崩壊の危険性
■14日、安全保障関連法に基づく新任務「駆け付け警護」、「宿営地の共同防衛」に対応する陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊(青森市)を中心とする11次隊の主力2波約100人が、民間チャーター機で青森空港を出発
■14日、青森県警が、県下一斉に特別警戒取り締まりを実施
■八戸市で8日に回収されたオオハクチョウの死骸1羽について、北海道大学で確定検査を行った結果、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出
■15日、青森県は青森県がインフルエンザの流行期に入ったと発表

■15日、青森市桑原の青龍寺で、「昭和大仏」のすす払い
■15日、七戸町営スキー場で安全祈願祭
■15日、佐井村で奇習「おこもり」
■15日、青森県立中央病院で「院内ドクター・ナースによるクリスマスコンサート」
■15日、平川市中心部を約9万個の発光ダイオード(LED)で彩る「ひらかわイルミネーションプロムナード」始まる

■15日、八戸、三戸、五戸、階上、南部、六戸、おいらせの7市町の32万人余りに水道水を給水する八戸圏域水道企業団が、大地震の発生を想定した防災訓練
■16日、午前10時現在の積雪は、青森市40センチ、五所川原市26センチ、むつ市脇野沢22センチ、鯵ケ沢町21センチ、今別町20センチ、弘前市15センチ
■青森県内企業 正規社員採用「増やす」が半数超
■16日、平川市、来年1月「イクボス宣言」へ

子育て社員を活かすコミュニケーション
クリエーター情報なし
労働調査会

■16日弘前大学付属図書館で、同館所蔵の貴重な資料をデジタルデータで保存するための撮影作業

■16日、6月に解散した青森県内農業者の政治団体「県農業者政治連盟」に代わり、農政運動に特化した団体「県農業者政治連盟組織協議会」が発足
■本年度の八戸市景観賞に4件が決定
■16日、東京都内で、青森県産米の新エース「青天の霹靂(へきれき)」に合う県産食材のおかずを披露する試食会「あおもりテイスティング」
■17日、中泊町で新たな観光イベント、町無形民俗文化財「金多豆蔵(きんたまめじょ)人形芝居」に登場する人形の絵付け体験
■17日、西田酒造店(青森市)、鳩正宗(十和田市)、八戸酒造(八戸市)の3社が、東京・皇居外苑のレストランで合同の新酒お披露目イベント

青森地酒の散歩道 300ml×5本【送料込】 青森 お歳暮にも
クリエーター情報なし
丸大堀内


■17日、県水産ビルで「話してみよう韓国語」青森大会

韓国語が上達する手帳 2017年度版
クリエーター情報なし
HANA(インプレス)

■17日、八戸市の長根公園スケートリンクで、青森県スプリントスピードスケート選手権と県ジュニアスプリントスピードスケート選手権開幕
■17日、米軍三沢基地内をバスで回る「サンタ親子バスツアー」
■18日、十和田市深持梅山の市馬事公苑で、「駒っこランドクリスマスウィーク」始まる
■18日、プロ野球・楽天への入団が決まった細川捕手が地元平内町で野球教室

■18日、八戸市の八戸ポータルミュージアム「はっち」内の子育て支援施設「こどもはっち」で、障がいのある子どもの利用を優先する時間枠「オレンジデー」
18日、平川市中心部で、市主催の「ひらかわキャンドルナイト」
■18日、青森市内のホテルで「2017ミス・ユニバース・ジャパン青森大会」、青森代表に大学4年の相馬渓音(けいと)さん

東奥日報、NHK青森放送局
コメント

先週一週間の青森での出来事(6013)

2016-12-13 | 青森
先週一週間の青森での出来事(6013)

12月5日~12月11日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■5日、むつ市脇野沢地区の沖合でマダラ漁が始まる
■五戸町の中心商店街や民家などが色鮮やかな電飾を施すイベント「タウンズ・イルミネーション」始まる
■5日、陸上自衛隊の八戸駐屯地に勤務する24歳の陸士長が、飲酒運転をしたとして停職15日の懲戒処分

最高裁に「安保法」違憲判決を出させる方法
クリエーター情報なし
三五館

■5日、青森市の繁華街で消防が特別査察
■5~11日、むつ市大湊地区にある市観光交流センター「北の防人大湊 安渡館(あんどかん)」を会場に「まるごとキタモリWeek(ウイーク)」

■6日、平川市の尾上総合高校で、キャリア教育の一環として社会人ライフプラン講話
■三沢市防災協会が本年度初めて実施した防災士の養成事業で、3人の防災士が誕生
■6日、黒石市の県産業技術センターりんご研究所で、天皇、皇后両陛下や各宮家に献上する本年産リンゴの選果・箱詰め作業

天皇「生前退位」の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎

■板柳町教育委員会は、青森県内で唯一、町の小中学校が毎月1回程度行っている「土曜授業」を来年度実施せず
■6日、弘南鉄道は、弘前市と黒石市を結ぶ弘南線で、ラッセル車の試運転と係員の機器操作習熟訓練

■6日、ホタテガイ養殖の功労者を表彰する本年度の「山本護太郎賞」を、野辺地町漁協と横浜町漁協に
■青森県農業改良普及会が12月末で解散し、同会が発行している農業情報の月刊誌「あおもり農業」が12月号を最後に廃刊
■7日、県内23カ所の観測地点の全てで気温が氷点下となり、弘前など9地点で今季最低記録
■東北町の農事組合法人「青森マエダライス」が2015年産の飼料用米の生産量を水増しし、国の交付金約1600万円を不正受給
■7日、農林水産省は「地理的表示保護制度(GI)」の対象に、五所川原市・つがる市・中泊町の「十三湖産大和しじみ」など3品目を新たに登録

■7日、国土交通省東北地方整備局青森河川国道事務所が、八戸市長苗代の馬淵川河川敷で除雪グレーダーの習熟訓練
■7日、来年5月から運行する豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」(10両編成)の訓練運転に合わせ、青森駅で車両の外観を初めて公開
■県は年内に県内の養鶏場など家禽(かきん)農場176カ所を対象に緊急一斉消毒を実施
■弘前大学農学生命科学部の研究グループが中国・清華大と共同で、細胞内の小器官「リボソーム」で行われているタンパク質合成に関連したメカニズムを解明し、1日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に発表
■7日、青森県内在住の女子中学生を東京都内に誘い出して誘拐したとして、八戸署は未成年者誘拐の疑いで、東京都豊島区上池袋、自称プログラマーの男性容疑者(36)を逮捕
■青森市選挙管理委員会が来年度以降実施する選挙から、投票所入場券の性別欄で「男」「女」表記をやめ、記号などに変更する方向で協議

■7日、むつ市の海上自衛隊大湊航空基地に所属する34歳の隊員が、後輩の隊員から現金をだまし取るなどしたとして懲戒免職の処分
■7日、八戸市は「八戸ワイン産業創出プロジェクト」に基づき、同市産ブドウでワインを造る生産者として市内2者を認定
■青森県内オーナー企業 58%「後継者未定」
■8日、青森県内の東北新幹線・八甲田トンネル内で、大地震によって新幹線がトンネル内で緊急停止し避難用のトンネルを使って乗客を誘導する訓練
■8日、八戸市田向で同日回収されたオオハクチョウ1羽の死骸を同市の八戸家畜保健衛生所で簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスが検出

インフルエンザの世紀―「スペインかぜ」から「鳥インフルエンザ」まで (平凡社新書)
クリエーター情報なし
平凡社

■八戸中央青果と北日本青果は4月に経営統合
■新郷村の金ケ沢農村公園と周辺で、毎年恒例のイベント「ホワイトイルミネーション」始まる
■9日、むつ市の国道279号で、野辺地西高校の大型スクールバスに後続の中型トラック(キャリアカー)が追突し、7人が軽傷
■鯵ケ沢町は来年度から、現在は小学生までとしている医療費無料の対象者を中学生までに拡大
■9日、つがる市民診療所で、職員によるクリスマス・ロビーコンサート

■9日、公立文化施設に贈られる2016年度「地域創造大賞」(総務大臣賞)に、八戸市の八戸ポータルミュージアムはっち
■9日、黒石市は、宅配大手・ヤマト運輸(本社東京)と実施している「高齢者見守り宅配便事業」を市内に10ある町内会組織「地区協議会」に移行する方針
■10日、弘前大学で「県高等学校理数系課題研究発表会」

初歩からの物理 (放送大学教材)
クリエーター情報なし
放送大学教育振興会

■10日、青森市雲谷のモヤヒルズはでスキー場開き
■10日、航空自衛隊三沢基地が、三沢市公会堂で初めてのクリスマスコンサート

■10日、横浜町の「青森・下北ふるさとの会」が、町名産の横浜なまこをかたどったお菓子「横浜なまこエクレア」販売を開始
■むつ市の「盲目のシンガー・ソングライター」板橋かずゆきさんの未発表曲「津軽さくら物語」が、ベテラン演歌歌手・川中美幸さん(テイチク)のデビュー40周年を飾る1曲となり、来年2月22日にCDで発売
■10~11日、弘前市で、弘前市プロ野球一軍戦誘致実行委員会と弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座主催の「東北野球フォーラム2016」
■11日、板柳町の津軽りんご市場でリンゴ食べリレー
■11日、青森市で「エコノミクス甲子園 青森大会」 

イラストでわかる経済用語事典
クリエーター情報なし
宝島社

■11日、八戸市で「ディスクドッヂ八戸大会」
■11日、五所川原市のコミュニティセンター松島で、トランプゲーム「ゴニンカン」の大会
■11日、青森山田高校サッカー部が都内で行われた公式戦の際、更衣室からスパイク9足などを盗まれる被害
■11日、青森市民らによる年末恒例の第34回「青森第九の会演奏会」

東奥日報、NHK青森放送局
コメント

先週一週間の青森での出来事(6012)

2016-12-06 | 青森
11月28日~12月4日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■28日、県立黒石養護学校(黒石市)高等部の生徒3人が、同市の「松の湯交流館」で1日限定のカフェを開設
■28日、青森市の農場で飼われているアヒル10羽の簡易検査で、9羽から鳥インフルエンザの陽性反応
■28日、南部バス(本社 八戸市)が東京地裁に民事再生法の適用を申請、9月末時点の負債総額は約26億8千万円
■28日、弘前公園内の松を松くい虫被害から守るため、予防薬の樹幹注入を開始
■29日、青森市の家禽農場で高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高い食用アヒル(フランスガモ)が確認されたのを受け、県は午前0時25分、同農場に職員を派遣し、飼育する約1万6500羽全ての殺処分を開始

■五所川原市金木町の冬の風物詩「地吹雪体験ツアー」が、今冬から今別町、平内町、鯵ケ沢町でも実施
■29日、高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いのある食用アヒル(フランスガモ)約1万8360羽全ての殺処分が午後8時5分に終了
■29日、八戸市が国に申請していた「八戸ワイン産業創出特区」が認定される
■七戸町の金子ファームのブランド牛「NAMIKI和牛」が、2016年度の全国肉用牛枝肉共励会の和牛雌牛部門で最優秀賞
■29日午前1時47分ごろ、米空軍三沢基地内の宿泊施設で、つがる市の米陸軍車力通信所に勤務する米軍属の男が、基地従業員の50代日本人女性に暴行を加え顔にけがを負わせる

■鳥インフルエンザの感染が判明していることを受け、おいらせ町で8年間中止しているイベント「ふれあい白鳥デー」の本年度の再開を断念
■30日、弘前市の男2人を中心とする犯行グループが交通事故を偽装し、保険金をだまし取ったとされる事件で、保険金詐欺容疑で2人を再逮捕
■30日、南スーダンに向け、陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊(青森市)を中心とする11次隊の主力1波約120人が民間チャーター機で青森空港を出発
■30日、昨年12月、十和田市で走行中の車から30代男性が転落し死亡した事件で、監禁致死容疑で2人を再逮捕
■12月1日、三沢市が十和田観光電鉄に委託して運行しているコミュニティバス「みーばす」に、クリスマス仕様車が初めてお目見え

■1日、八戸市の八戸三社大祭を含む「山・鉾(ほこ)・屋台行事」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録
■1日、アジア・サッカー連盟(AFC)はアブダビでの年間表彰式で、リオデジャネイロ五輪の日本代表監督、手倉森誠氏(青森県五戸町出身)に特別賞
■1日、五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で、冬の風物詩「ストーブ列車」の運行が始まる
■1日、青森空港の除雪隊「ホワイトインパルス」が、同空港で今冬の出動式
■青森県内で今年1~11月末までに運転免許証を自主返納した高齢ドライバーが約2800人

ヘルプマン!! Vol.3 高齢ドライバー編
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

■1日、青森県内の民生委員は同日現在、定数3414人に対して3221人が委嘱され、21市町村で計193人の欠員
■2日、弘南鉄道は、弘南線で恒例の「忘年列車」の運行を始める
■2日、原子力規制委員会は、東北電力東通原発(東通村)の断層に関する2日間の現地調査が終了
■2日、十和田市現代美術館前のアート広場で、約30万個の青色発光ダイオード(LED)が彩る「アーツ・トワダ ウインターイルミネーション」始まる
■2日、ゴールボール女子日本代表でリオデジャネイロ・パラリンピックに出場した天摩由貴選手(八戸市出身)がも八戸市福祉公民館で講演

パラリンピックの楽しみ方~ルールから知られざる歴史まで~
クリエーター情報なし
小学館

■2日、青森市で鳥インフルエンザ2例目、初発農場から350メートル
■2日、青森市浪岡の歩道で1日に回収された野鳥のノスリ(タカ科)1羽の死骸を十和田家畜保健衛生所で簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザが検出されたと発表
■2日、来年3月末で閉校する弘前市の岩木高校で最後の餅つき大会

家庭用 ミニ餅つき道具セットデラックス(teto118)
クリエーター情報なし
オフィス木村 it21

■2日、青森県りんご協会が、2016年度の県りんご品評会と県りんご立木品評会の審査結果を発表
■大鰐町で350年以上前から栽培されている冬の味覚「大鰐温泉もやし」の収穫が本格化

■3日、八戸市の長根公園スケートリンクが今季の営業を開始
■3日、八戸圏域定住自立圏を構成する8市町村(八戸、三戸、五戸、田子、南部、階上、新郷、おいらせ)は東京・総務省の「移住・交流情報ガーデン」で、初の移住セミナー
■3日、青森市のトークイベントで、ピコ太郎のプロデューサーを務めるお笑いタレント古坂大魔王さん「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を物まね

古坂大魔王 単独ライブ ベストセレクション 【メンドクサイ男】 [DVD]
クリエーター情報なし
avex trax

■3日、ハタハタ漁が鯵ケ沢町で本格化
■3日、弘前市のヒロロで、本年産リンゴの食味ナンバーワンを決める「第4回りんご王者決定戦」

■3日、「津軽すこっぷ三味線世界大会」が今年で10周年を迎え、五所川原市のエルムホールで記念式典と祝賀会
■3日、むつ市のむつ来さまい館で、まちづくりフォーラム
■3日、黒石市の黒石中学校で閉校記念式典
■3~4日、八戸市の八戸ポータルミュージアム「はっち」で「南部弁の日」
■3~4日、鯵ケ沢町の海の駅わんど「大漁祭」

■4日、板柳町が町多目的ホールあぷるで健康宣言大会
■4日、五所川原市のエルムホールで「津軽すこっぷ三味線世界大会」
■4日、大鰐町地域交流センター「鰐come」で、40歳以上の三味線奏者が腕を競う「第12回津軽三味線全日本シニア大鰐大会」
■4日、八戸市が運営する書店「八戸ブックセンター」オープン
■4日、中泊町で「漬け物まつり」

ラクうま! 自家製お漬け物
クリエーター情報なし
ぶんか社

東奥日報、NHK青森放送局
コメント