1010 Radio

ラジオから色んな情報が発信されるように、車いすの視点から情報や思いを発信。

アメリカ国防総省の報告

2006-03-31 | ラジオ

2003年にロシアがアメリカ軍の作戦に関する情報データを、イラク
に提供したとするアメリカの情報は、イラク状勢と関係している可
能性がある。この情報が手渡された背景には、体質的な陰謀が隠
れている。ロシアのラブロフ外相は、3月27日にモスクワでこのよう
な発言を行った。

これに関連して、ロシアの声政治評論委員は、次のようにコメントし
ている。

こうした非難に対して、ロシアの有名な政治家や外交官らは、次の
ような反論を示している。
先ずロシアの国連大使は、これはまるで非現実的なものだ。との見
方を示し、またイラク戦争開戦当時、バグダットに駐在していたロシア
の元駐イラク大使は、アメリカ政府の作り話は不自然な創造の産物
であるとの見解を示している。一方ロシア議会下院国家会議の副委
員長は、アメリカ政府高官に対して、この問題を適切に処理しショー
を企てるのを止めるようにとの期待を表した。

アメリカから伝えられてるところによると、アメリカのライス国務長官は
来週、ドイツのベルリンで予定されている、ロシアのラブロフ外相との
会談の中で、この問題に付いて意見を交わしたい考えである。

この問題を明瞭にする必要があることは明らかだ。というのも先週金
曜に発表された、アメリカ国防総省の報告書に含まれている、ロシア
に対する非難は、イラクの匿名の情報筋からの情報を元にしたもので
ある。これは全て馬鹿げたことであるにも関わらず、問題は極めて深
刻だ。

ところでプーチン大統領は2001年9月11日の、同時多発テロ事件の後、
諸外国の中で一番に、ブッシュ大統領に電話をかけ、同情の念を表す
と共に、テロとの戦いにおいてアメリカの同盟国となる用意があると表
明した。

またロシアはこれまでも、そして現在もアメリカのイラク戦争は、大きな
過ちであるとの立場を占めながら、テロ対策においてアメリカと協力して
いくという提案を拒否したことは無い。
しかしこのことが、ロシアがアメリカにこのような提案をしつつ、イラクに
協力をするというダブルゲームを行う理由には成り得ない。

もしもロシアが裏でイラクに協力していたとしたら、アメリカはそれほど
容易にイラクを「(?)ノイズで聞き取れず」することは出来なかったろう。

ロシアに対して、このような非難が表された本当の理由を、ラブロフ外
相は正しく言い当てている。
これはイラクにおけるアメリカの明らかな失敗から、人々の注意をそら
そうとしているものの政治的陰謀である。

イラクではテロ事件が相次ぎ大規模な攻撃、衝突事件へと発展してい
る。またアメリカ軍兵士の犠牲者の数も増加し、ブッシュ大統領の支持
率は過去最低の29%以下にまで低下している。
だからこそアメリカ政府は、イラクにおけるアメリカの行動を正当化する
ためのプロパガンダを展開している。
そしてロシアに対する事実無根の非難も、アメリカ特務機関内部でまとめ
られた、このプロパガンダ作戦の一環である可能性が極めて高いと思う。

正式なタイトル名は下記の通りだが、長かったため記事のタイトルは一部
省略
「イラク戦争時に、ロシアがイラクにアメリカ軍の情報を提供していたとする、
アメリカ国防総省の報告」

第3次世界大戦―最強アメリカvs不死鳥ロシア

成甲書房

このアイテムの詳細を見る


3月29日放送 ロシアの声・ラジオジャーナル



コメント

ロシアの声(3月29日放送)

2006-03-30 | ラジオ

●プーチン大統領はアメリカがロシアのWTO加盟に向けての、さら
 なる障害を作り出しているとした。このなかでアメリカがすでに調
 整が計られたと考えらていた問題に対する要求を突き付けて来た
 事を明らかにし、これは構成プロセスを後戻りさせるものと指摘した。
●火曜日、イスラエルで議会選挙が行われ、即日開票の結果、昨年
 シャロン首相が旗揚げしたカディマ党が120議席中28議席を確保し
 第一党となった。

●日曜日に行われたウクライナ議会選挙の結果、第一党となる事が
 確実視されている地域党は、ロシアとの間で統一経済圏創設に関
 する話し合いを再開させる意向を示している。
●国連のアナン事務総長はイランの各開発問題をめぐる、危機的状
 況が成功裡に解決されることを望む声明を出した。同時にアナン事
 務総長はイランに対し、IAEAの要求に応えて全ての核開発プロジェ
 クトを凍結するよう再度呼びかけた。

●フラトコフ首相はノルウェー主導部との会談のためノルウェーを訪問
 している。今回の話し合いの中では、エネルギー部門での協力が、主
 要なテーマのひとつとなっており、特にロシア領内に存在するガス田
 の開発に、ノルウェーの企業が参加する問題が重視されている。
 またノルウェーの領海内で、ロシア漁船が操業する際の条件なども
 重要な議題になる。さらに環境保護部門における両国の協力に付い
 ても、話し合いが計画されている。

フランスのドビルパン首相は、昨日国内各地で200万人規模の抗議
 デモが行われたことを受け、29日に学生や労働組合の代表者と話し
 合いを実施すると発表した。このなかでは若い労働者の雇用契約の
 変更に付いても取り上げられる可能性がある。
 一方で学生と労働組合側は強硬の姿勢を崩しておらず、政府との話
 し合いを拒否しているほか、一部の労働組合はゼネストを呼びかけて
 いる。また木曜にはフランス憲法会議は、新たな労働法が憲法に違反
 していないかどうか、判断を下すことになっている。

ロシアの声では3月26日を持って、中波での日本語プログラムが廃止
となり、短波のみでの放送となった。短波帯での受信は中波に比べノイ
ズも多く、今まで中波で聴きなれていたので今回の決定は残念に思う。




コメント

中国国際放送(3月28日放送)

2006-03-29 | ラジオ

●中国商務省は科学技術省と共に、技術導入奨励目録を制定
 しており、企業による情報、生物、新素材、先進的製造技術、
 及び環境と海洋など分野での最も重要な技術の導入を重点的
 に支援することになった。
●中国西南部の重慶市で天然ガスが流出し、27日まで付近の住
 民約1万人が避難したが、これら住民のと住、及び医療は確
 保されている。

●インドネシアを訪問中の中国政治協商会議議長は、28日にジャ
 カルタでユドヨノ大統領と会談した。
●中国外相はアルジェリアのベジャウィ外相と会談し中国は各分
 野でのアルジェリアとの交流と協力を強化し、両国の戦略的パー
 トナーシップを全面的に推進させていくと述べた。
●中国アクセサリー博覧会が北京で開催。

日本の四国地方の小泉首相の靖国神社参拝訴訟で、69名の原
 告が28日、今月15日の松山地方裁判所の判決を不服とし高松
 等裁判所に控訴した。
●朝鮮労働党の労働新聞は28日論評を載せ、もし日本が朝鮮への
 制裁を実施するなら、朝鮮はこれに対し強硬な報復措置を講じる
 と強調した。

●第62回国連人権会議は27日ジュネーブで再開し、2時間半後に閉
 会した。今回の会議では人権委員会が、成立60年このかた、世界
 での人権実現のための、これまでの貢献をまとめ新しくできる人権
 理事会に対する期待を表明した。
●パレスチナ評議会は、イスラム原理主義組織ハマスの指導者であ
 るハニヤ新首相が提出した閣僚リストを討議した。
●国際社会は平和的方式を通じて、イラン核問題を解決するよう再度
 表明した。そしてアメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランス、ドイツ
 は30日にイラン核問題に付いて立場を協調することになる。

●タイ首相府の責任者は28日、タクシン首相の挙国一致内閣設置とい
 う構想を改めて考慮するよう、三つの主要野党に呼びかけた。
●ロシアのラブロフ外相は、ロシアがイラク戦争期間中にフセイン政権
 に情報を提出したというデマを、アメリカが撒いたのは政治的な狙い
 があったからだ、とこれを非難した。




コメント (2)

皆既日食をネットで観よう!!!

2006-03-29 | PC・インターネット
ふだん熱心な天文ファンでなくても、もし日本で部分日食が観られるとなっ
たら思わず、お天道様を見上げてしまう方も少なくないと思います。

今回の皆既日食は残念ながら日本で観測できませんが、ネットでlive中継
されるので、お時間のある人はぜひ下記サイトでご覧ください。
中継開始は時刻は、日本時間の18時からです。

http://www.live-eclipse.org/

しかし僕自身、時間的に最後までネットにアクセスできないので観れません
(汗)
コメント

先週一週間の青森での出来事(58)

2006-03-28 | 青森
3月20日~3月26日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■20日、ICパスポートを受け付け開始
■20日、JR五所川原駅に、もしもし券売機
■三沢市と百石町の協が合併を断念
■県内で一日に消費される総電力量の最大値が、13年間で49%増
■2005年度介護保険、14市町村が借り入れ

■20日、県立高校で後期選抜の合格発表
■本県の高齢化率が過去最高22.35%
■20日、青森市で養業の振興テーマに意見交換
■20日、八戸市で最大瞬間風速5.7メートルを観測、40年ぶりに記録を更新
■20日、青森署はタイヤ390本盗み、転売した6人を逮捕

■21日、七戸町「NonoUe人形の館」が新装開館
■21日、弘前市でアカペラコーラスグループ「J’S(ジェイズ)」がLIVE
■21日、二階経済産業相が六ヶ所村の、再処理工場を視察
■21日、チーム青森の小野寺、林が退職、帰郷
■21日、岩木川市民ゴルフ場がオープン

■21日、黒石市の佐藤造に「酒林」お目見え
■F15戦闘機の訓練が三沢に移転
■22日、つがる市の車両火災で1人死亡
■弘前大学医学部は発酵ニンニクに、強い抗がん作用があることを
 明らかにした
■22日、青森地方気象台は、今年二回目のの開花予想日を発表

■22日、チーム青森の、北海道出身の3選手が道庁を訪問
■22日、国土交通省は県などに、除雪費追加補助
■七戸町と住民有志ら映画ロケ支援
■下北・津軽半島のトドによる被害は112件
■22日、新青森駅舎のデザイン概念決まる

■22日、白神の保全利用構想を大筋で了承
■23日、昨年9月に弘前市で発生した、連続放火の被告に懲役10年の
 判決
■23日、 NTT東日本青森支店と、県警「こども110番」で協力
■23日、深浦町の行合崎で野焼き
■23日、浅虫水族館が新マスコット審査会

■23日、稲垣中が水環境文化賞「児童・生徒の部」(みじん子賞)を受賞
■介護新予防給付26市町村が先送り
■防衛庁が車力の最前線化を否定
■23日、青い森鉄道の2005年度事業収支見込みは2千万円の赤字
■24日、県内の小中学校で修了式

■24日、県警学校で卒業式
■24日、県人事課は酒気帯び運転の県職員2人に停職処分
■24日、青森公立大の不正流用事件に絡んで、 元総務課長を提訴へ
■24日、六ケ所再処理工場で、臨界事故想定し社内訓練
■24日、情報公開度ランキングで青森県は40位

■25日、おいらせ町のマエダモール開店
■弘前市の「太宰の下宿」復元が完了し、4月18日から「太宰治まな
 びの家」の呼称で一般公開
■県は社会福祉法人「美景会」に、422万円返還請求
■現JR青森駅を総合ターミナルに
■県教委は2006年度から、下北の学力向上へ学習サポーター

■青森中央大橋が、4月1日から無料開放
■25日、むつ市の旧田名部駅前「むつ来さまい館」が完成
■25日、立美術館開館プレイベント「現代版『アレコ』国際ダンス・コンペテ
 ィション」開幕
■25日、つがる市でXバンド県民説明会
■25日、弘前と黒石で、第6回全日本中学生バドミントン選手権大会開幕

■「第二回シネアスト・オーガニゼーション大阪エキシビション」オープン・コ
 ンペ部門で、県人作品最優秀賞
■八戸港にエネルギー供給施設計画
■26日、南部町誕生式典
■26日、青森市で4364戸が、5時間に渡って停電
■26日、おいらせ町で初の町長選挙

■26日、県青年の家が、47年の歴史に幕
■26日、五所川原市の金木川にサケ放流

東奥日報、NHK青森放送


コメント

観た「これであなたもブログ通」(NHK-BS)を

2006-03-27 | PC・インターネット
3月26日にNHK-BS2にて「これであなたもブログ通」が放送されることをいつだ
ったかNHK教育で知った。

僕的には率直に言わせて貰うと、物足りなさを感じてしまった。
ま、ブログそのものを知らない人にも、ということならば仕方ない点もあることは
ある。

それと何千万なんだか、それともそれ以上のブログがあるのかどうかさへ判らな
い、膨大な数のブログをたったの30しかノミネートしないで「2006春・ブログおもし
ろ大賞」なるものを、お気軽にとは言え決めるのは無理がある。
現に今僕がこうして記事を作成しブログ上に公開するまでにも、幾つかのブログ
が消え新しいブログが増え続けている。

今回ノミネートされたブログの中には、僕も時々アクセスさせていただいているの
でノミネートされても当然と言えば当然かもしれないが、もう少し選考方法を考え
る予知はあると思う。

今回はNHKとして初の試みと言うことだが、次回もしあるならばさらなるVersion
upを期待したいところだ。


コメント (4)

クリル諸島(北方四島)の生活向上プラン

2006-03-27 | ラジオ

クリル諸島を管轄するサハリン州知事が明らかにしたところによると、とりわけ
国後、エトロフ、アラムヒル、色丹の近代化が重視されていると言う。

これに関してロシアの声の評論委員は、次のようにコメントしている。

この発展プランによりクリル諸島では、港や空港、電線が整備されるほか、初
めてアスファルトの舗装道路が造られる。今年投じられる予算の内75%はイン
フラの整備、また25%は社会施設の建設とりわけ住宅の建設費用に当てられ
ることになっている。
一方来年には、この比率は逆転する見込みとなっている。こうしたプランは連
邦政府と地方当局の協力によって進められる。プーチン大統領の述べている
ようにロシア政府は、クリル諸島の住民の生活レベル向上を目指しており、
昨年ロシア政府の閣僚がクリル諸島を訪問した際にも、こうした問題が取り上
げられた。

クリル諸島とサハリンの発展は、ロシアと日本の協力にとっても有益なものと考
えられている。また現在、北海道とクリル諸島いわゆる北方四島の間では、ビザ
無し交流が実施されており、日本の漁船には南クリル海域で操業する際に、有
利な条件が与えられている。

さらにロシアは南クリルでの、露日共同の建設プランを提案している。
昨年11月に東京で実現した、露日首脳会談の中では開かれた、また具体的な
話し合いが行われた。

1月31日モスクワで行われた記者会見の中でプーチン大統領は、11月の首脳
会談で両国はようやく困難な問題の話し合いの中で、相手を理解することが出
来たと述べてる。

プーチン大統領はまた善意を発揮すれば日本との間に、相互の受け入れが可能
な解決策を導き出すことが出来ると指摘しながらも、一方でヤルタ協定やポツダム
協定、サンフランシスコ平和条約の結果に反するべきではないと述べている。
さらに大統領はあくまでも双方が望む場合にのみ、問題の解決が可能であり、こ
れを政治的に利用してはならないと語った。

一方でプーチン大統領は日本のパートナーが現実を理解し、ロシアとの新しい関
係作りと協力し合いながらの問題解決を望んでいるとして、高い評価を与えている。

2月4日放送 ロシアの声・ラジオジャーナル




コメント

中国国際放送(3月25日放送)

2006-03-26 | ラジオ

●中国政府はアジア太平洋宇宙協力機構7カ国に、「風雲」気象
 衛星データの受信システムをそれぞれ贈った。
●中国衛生省は上海で、鳥インフルエンザの人への感染例1件を
 確認したと報告した。この29歳の患者は3月13日に発病し、臨
 床では発熱、肺炎の症状が表れ、治療の甲斐なく3月21日に死
 亡した。

●中国の新疆ウイグル自治区はこのほど、天然のコトカケヤナギ
 を保護するため、人工降雨プロジェクトを実施した。
 コトカケヤナギは「砂漠の」と呼ばれており、新疆ウイグル自治
 区の天然コトカケヤナギは主にタリム川流域に分布している。
 ここ数年、気候の変化、人口の増加、耕地の開墾などのため、年
 々減少する傾向にある。




●マカオ衛生局は、鳥インフルエンザが全世界で拡大することに
 鑑み、マカオの衛生部門は各税関で体温測定を実施し、特に鳥
 インフルエンザが発生した国や地区からの人々に対する測定を
 強化しているとした。

●2003年から始まり今年で4回目を迎えた、アモイ国際マラソン
 会が25日、中国南部のアモイで行われた。
●中国を訪問中のブラジルのアレンカル副大統領は、中国とブラ
 ジルは食品や鉱物産業の面で相互補完性を持つことから、各自
 の優位性を発揮させ、共栄を実現すべきであると表明。
●チェチェン共和国のアルハノフ大統領は、チェチェンと中国の関連
 代表団が今年中相互訪問し、チェチェンへの投資に付いて協議す
 ることを明らかにした。

●ドミニカのリバブール大統領は中国を離れ、中国に対する7日間
 の非公式訪問を終えた。
●24日ブリュッセルで開かれていた、EU欧州連合サミットは閉幕し
 た。

●アメリカ国務省はライス国務長官と、ロシアのラブロフ外相が電話
 会談を行ったことを明らかにした。電話会談では国連安保理でイラ
 ン核問題を討議することに付いて意見交換した。
●国連アナン事務総長は、国連職員の安全を確保するよう世界各国
 に呼びかけた。

コメント (2)

中国国際放送(3月24日放送)

2006-03-25 | ラジオ

●中国外務省報道官は胡錦涛国家主席が、ブッシュ大統領の招きに
 より4月中旬から下旬にかけてアメリカを公式訪問する事になったと
 し、中米双方はその準備作業をしていると発表した。
●中国・ブラジルハイレベル協調協力委員会の第1回会議が24日北京
 で開かれ、双方は政治、経済協力と貿易、科学技術、エネルギー、
 鉱産物などの分野で協力を行い、両国の戦略的パートナーシップを
 深め、両国間の互恵協力を推し進めることで合意。

●中国を訪問中のアメリカ議会上院のグラハム議員とスキーマー議員
 は、中国の為替改革を楽観視していると述べた。
●中国内陸の広東省、香港特別行政区とマカオ特別行政区の警察刑
 事部門の責任者はマカオで会合し、三者間の協力強化に付いて共
 通の認識に達した。
●23日の朝、中国広東省の沖合いで、中国と韓国の貨物船との衝突
 事故が起きた。 この衝突により中国貨物船はひどく破損したが、乗っ
 ていた11人の船員は関係方面の緊急救助により無事だった。

●中国・ASEAN博覧会事務所が主催する「南博サイト」がスタートした。
 http://www.caexpo.com
●中国中央テレビ局は今年、内容が誠実で信用でき、また健康的な広
 告を出すことを提唱し偽りの広告或いは、ポルノや暴力的な内容を含ん
 だ広告を根絶するため、グリーン広告制度を制定することになった。
●FIFA・国際サッカー連盟のハヤトー副会長はこのほど、FIFAは2008年
 北京オリンピック大会の、サッカー試合の準備状況に満足していること
 を表明した。

●日本の公明党の神崎代表は、2005年度の中国向け円借款に付いて
 の年内の供与決定を見送りするとした、日本外務省の方針を厳しく批
 判。
●韓国のイ・ビョンワン大統領秘書室長は24日、ノ・ムヒョン大統領が当
 日、ゴルフ問題で辞任したイ・へチャン前首相の後任として、与党ウリ
 党の女性国会議員のハン・ミョンスク女史を候補に指名したと発表した。
 この指名が国会で採択されれば、韓国初の女性首相の誕生となる。

●アメリカ・ホワイトハウスのマクレラン報道官は23日の記者会見で、朝
 鮮半島の核問題をめぐる6カ国協議に無条件で、いち早く復帰するよう
 朝鮮に改めて呼びかけた。



コメント

中国国際放送(3月23日放送)

2006-03-24 | ラジオ

●中国を訪問していたプーチン大統領は、今回の訪問の成果に満
 足の意を表した。
●ベトナムのルオン国家主席は、ベトナムを訪問中の中国の賈慶
 林議長と会談。双方は両国関係の発展を、一段と推し進めていき
 たいと一致して表明した。
 またルオン国家主席は会談の中で、中国はベトナムの隣国であ
 り最大の市場でもある。中国が改革開放におけるいろいろな問題
 を適切に処理した経験はベトナムの参考になるとした。

●中国政府は22日、中国と国交のある国に、温家宝総理が署名し
 た2010年上海万博の政府関係者向け招待状を送った。これによ
 り上海万博への各国の出展招待作業が正式に始動し、万博の準
 備活動が重要な段階に入ったことになる。
●香港特別行政区長官は、香港は金融サービス分野での経験を生
 かし、汎珠江デルタ地域内の協力を促すため力を発揮したいと述べ
 た。

●中国気象局副局長は、気象災害がもたらす社会的経済的損失を
 減らすため、中国は気象観測システムを一層整備していくと述べた。
 23日は世界気象デー。今年のテーマは自然災害の予防と軽減。
 中国は世界でも気象災害による被害が多い国の一つで、気象災害
 による被害は、全ての自然災害による被害の7割前後を占めている。
 中国は今後5年の間に気象観測ステーションを、今の6000ヶ所から
 1万ヶ所に増やす予定。
 また副局長は、中国は今年と来年、二つの気象衛星を打ち上げ、気
 象観測能力の向上を図っていくと述べた。

●WHO事務局長は各国がさらに準備し、鳥インフルエンザの発生に対
 応するよう呼びかけた。
●国連食糧計画のモリス事務局長は、巨大な人口を抱える中国が数
 多くの、人口の食糧問題を解決したその貢献度は非常に大いと評価。
メキシコシティーで開かれていた、水フォーラムが閉幕。

●日本共産党の志位書記長と、日本社民党の福島党首が憲法改正問
 題に付いて意見交換を行った。その結果、両党は共同で憲法改正と、
 そのプロセスを規定する国民投票法案に反対することで一致した。
 日本共産党と日本の社民党が党首会談を開くのは28年ぶり。
●国連経済社会理事会は、6月16日に本部がジュネーブにある人権委
 員会を正式に廃止することを決定した。
●パレスチナの新任首相で、パレスチナイスラム原理主義組織の指導
 者ハニヤ氏は、今月25日に新政府の組閣案に対する信任投票を行な
 うよう、パレスチナ評議会に要求した。



コメント (4)   トラックバック (1)