最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

お花見いろいろ

2019-03-31 | 福岡
八幡西区の八剱神社のソメイヨシノが見事でした。


咲いたばかりの桜の花芯は赤味がないですね。徐々に赤く染まっていくのだとか。


支柱を飲み込んでいるように見える、八剱神社のクスノキも健在です。


先日は、友人宅にお邪魔して、楽しいお花見となりました。


お庭の源平花桃が満開でした。


透き通るような白い花びらもきれいです。


花びらが大きな、立派なモクレン。


大好きなスノーフレークもたくさん咲いていました。

楽しいおしゃべりの中、小説のヒントになるような話題が出て、興味津々で、友人たちの子育てエピソードを聞いていました。
子育てはドラマチックなのですね。

我が家のプランターも、友達に分けてもらったりした花がいろいろ咲いて楽しいです。


コブシ並木。


アップで撮ってみました。

この季節は、外歩きしたくなります。
本城陸上競技場の御衣黄もそろそろでしょうか。


2月末に発売になった電子書籍オリジナル『家族の怪談』 (アドレナライズ)
1月に発売になったアンソロジー『毒殺協奏曲』 (PHP文芸文庫)
昨年12月に発売された長編サスペンス『黒いシャッフル』 (光文社文庫)
よろしくお願いします。
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

ロシア旅行 出発前の「羊香味坊」

2019-03-26 | 旅(海外)
今日は、青空の中、近くの公園を母と散歩してきました。
ソメイヨシノも、この暖かさで開花が進んだようです。
母が撮った写真がきれいだったのでアップしました。


なんという種類の桜かわかりませんが、これも母が撮った写真です。


ロシア旅行番外編は、御徒町にある羊料理専門店「羊香味坊(ヤンシャンアジボウ)」の写真です。
成田空港発の便が早朝だったため、東京に前泊したので、ラム肉好きの夫の希望で行ってきました。


ラムショルダー、ラムランプ、ラムネックなどの串セット。


もっちりとした麺とラム肉の相性が良かった、ラム肉とライスヌードル炒め。


ラム肉とパクチーのチャーハンも、旨みがじわっと感じられて美味しかったです。


でも、私が一番好みだったのは、ラム肉のお焼きです。もうひとつ食べたいほどでした。


パクチーたっぷりの魚羊麺。


酸湯スペアリブは夫がひとりで食べました。
骨つきスペアリブを白菜の漬物と発酵トマトの入ったスープで煮込んだ一品です。


そして翌日、成田発のJAL国際線でモスクワに向かいました。
機内食も美味しかったです。


夫は洋食を……。


茶巾ずし。


苺のデザート。


ブルーベリーのデザートも。


モスクワから、国内線でサンクトペテルブルクへ向かいました。
サンクトペテルブルクの夜景です。


空港からホテルに向かう途中、ワールドカップが開催されたスタジアムが見えてきました。
上空から見えた丸い形は、黒川紀章氏が設計したサンクトペテルブルク・スタジアムだったようです。


ホテルの朝食は、パンやクレープなども充実していました。


フルーツもたっぷり。


サンクトペテルブルクのホテルは3連泊だったので、自分が書いた「ザクロの秘密」を思い出しながら、ザクロを毎日食べていました。

「ザクロの秘密」が掲載されている、電子書籍オリジナルの『果実の誤解』 よかったら読んでみてくださいね。

ロシアの美術館巡りは、とても充実していました。
特にサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館は、一日、浸っていたかったほどです。

最後は食いしん坊日記になってしまいましたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。


2月末に発売になった電子書籍オリジナル『家族の怪談』 (アドレナライズ)
1月に発売になったアンソロジー『毒殺協奏曲』 (PHP文芸文庫)
昨年12月に発売された長編サスペンス『黒いシャッフル』 (光文社文庫)
よろしくお願いします。
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

ロシア旅行 クレムリンと赤の広場

2019-03-23 | 旅(海外)
ロシアに点在しているクレムリン(城塞)の中でも、もっとも壮大なのがモスクワのクレムリンです。
敷地内には帝政時代の宮殿や聖堂などの建物が並んでいました。

ロシア皇帝の戴冠式など、古くからさまざまな儀式が執り行われてきたウスペンスキー大聖堂。
中に入って見学しましたが、聖堂を支える4つの大きな柱に、歴史的に貴重なイコンが数多く描かれていました。


ブラゴヴェシェンスキー大聖堂。イワン雷帝の私的な寺院です。


イワン大帝、イワン雷帝、ピョートル2世などが埋葬されている、アルハンゲリスキー大聖堂。

クレムリン内の武器庫(宝物殿)や、厳重な警備のダイヤモンド庫で、きらびやかな宝飾品などを見ましたが、いずれも写真撮影禁止でした。

クレムリンの北東側の城壁に面している「赤の広場」に建つ、聖ワシリー寺院。
ロシアでもっとも美しい建物のひとつと言われています。(ライトアップされていました)


クレムリンに沿って建っているグム百貨店。


モールの中にはブランド品の店が並んでいました。
お金さえあれば欲しいものが買える時代になったと、ロシア人のガイドさんが言っていました。
知的労働に支払われる対価が低すぎるけれど、昔には戻りたくないそうです。


今回は写真が少ないので、アップしていなかったトレチャコフ美術館のポスター展の写真を……。


特別展として開催されていましたが、昨年、福岡アジア美術館のミュシャ展で見たポスターと同じものもありました。


ミュシャの作品が集まったスペースは見ている人が多かったです。
ロシアでも人気があるのですね。




トレチャコフ美術館では、ロダンの「去りゆく愛」も展示されていました。


ロシア旅行のブログも番外編を残すのみとなりました。
良かったら最後まで見てくださいね。


2月末に発売になった電子書籍オリジナル『家族の怪談』 (アドレナライズ)
1月に発売になったアンソロジー『毒殺協奏曲』 (PHP文芸文庫)
昨年12月に発売された長編サスペンス『黒いシャッフル』 (光文社文庫)
引き続きよろしくお願いします。
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

福岡でも桜の開花宣言が出ました

2019-03-21 | 福岡
最高気温が20度を超えた今日、福岡でも桜の開花宣言が出ました。
北九州市の染井吉野も咲き始めています。八幡西区の光貞池公園の桜です。


明日から寒の戻りがあるので、満開になるのは10日後くらいだとか。
時間をかけて少しずつ蕾が膨らんでいくのですね。楽しみです。


庭の花もいろいろ咲き始めています。


カップの色が違う水仙の花。


大好きなスノーフレークも。


イチロー、引退なのですね……。
以前にもアップしたことがありますが、シアトルのセイフコ球場でイチローを応援したときの写真です。
満塁ホームランでした。(2003年8月15日レッドソックス戦)
マリナーズファンのイチローコールが今でも耳に残っています。
本当にお疲れさまでした。



2月末に発売になった電子書籍オリジナル『家族の怪談』 (アドレナライズ)
1月に発売になったアンソロジー『毒殺協奏曲』 (PHP文芸文庫)
昨年12月に発売された長編サスペンス『黒いシャッフル』 (光文社文庫)
引き続きよろしくお願いします。
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

ロシア旅行 トレチャコフ美術館、プーシキン美術館

2019-03-20 | 旅(海外)
モスクワではまず、ロシアを代表する国立美術館のひとつ、トレチャコフ美術館を見学しました


歴史的に重要なイコン(聖画像)が数多く展示されています。


聖使徒ルカによって描かれたと伝えられている「ウラジーミルの生神女」


大作も多かったです。
アレクサンドル・イワノフ「民衆の前に現れたキリスト」


午後はプーシキン美術館へ。
日本でも何度かプーシキン美術館展が開催されていますが、モネの「草上の昼食」もポスターなどに使われていました。
印象派の技法を確立する前の、26歳のモネの作品だそうです。


モネ「ルーアン大聖堂」の《日没》と《昼》
刻々と表情を変えるルーアン大聖堂の連作33枚のうちの2枚が展示されていました。


モネ「ポール・コトンのピラミッド岩」


モネ「ヴェトウイユの風景」


モネ「エトルタの断崖」


プーシキン美術館では自由時間が長かったので、人気のあるモネの作品も、人がいないときにじっくり鑑賞できました。


生前に売れたゴッホの唯一の作品「赤い葡萄畑」
400フランで売れたのは、死去する5カ月前だったそうです。


絵の具をチューブから直接塗っているような厚みが感じられました。


ゴッホ「医師 レーの肖像」

アルバム代わりなので、このあとも、延々と絵の写真が続きます(^^;
興味のない方はスルーしてください。

ピカソの作品も数多く展示されていました。
自画像。


ピカソ「女王イザボー」


ピカソ「扇子を持つ女」


ピカソ「抱擁」


ピカソ「バイオリン」


ドガのコーナーです。


ドガ「写真スタジオでポーズする踊り子」


ドガ「バレエの稽古」


ドガ「ブルーダンサー」
4人の女性ではなく、ひとりの女性の動きを表現したものだとか。


ルノワール「ジャンヌ・サマリーの胸像」


こちらは、エルミタージュ美術館新館で観た、「女優ジャンヌ・サマリーの肖像」


ルノワール「黒い服の娘たち」


ルノワール「菊と日本の団扇」


ルノワール「セーヌの水浴び」


ゴーギャンのコーナーです。


ゴーギャン「テ・ティアレ・ファラニ」


ジャン・ルイ・フォラン「パリ、オペラ座の舞踏会」


フォラン「競馬」


マチスの作品も多かったです。


マチス「ヴェネツィアン・レッドの静物」


セザンヌ「ピエロとアルルカン」


セザンヌ「桃と洋梨」


セザンヌ「パイプ煙草の男」


ピサロ「オペラ大通り」


原田マハさんの小説『楽園のカンヴァス』がとても面白かったので、ルソーの絵をぜひ見たかったのですが、部屋が工事中だったようで見ることができず残念でした。
でも、どこも比較的ゆったりしており、充実した美術館巡りができたので満足しています。

  
少し暖かくなってきたので、『家族の怪談』はいかがでしょうか。
怪談と言うより家族の物語かな、と思っていたので、「ほんわかする怪談」という感想を目にして嬉しかったです。
電子書籍オリジナルですので
アマゾンkindle
楽天kobo
紀伊國屋書店Kinoppy
などで読んでいただけます。

昨年12月に発売された長編サスペンス『黒いシャッフル』もよろしくお願いします。
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp