最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

紫のカーテン ふじ寺・吉祥寺

2009-04-29 | 福岡
GWに突入ですね。
連休中の高速道路の渋滞なども気になるところです。
と言っても、我が家の遊びの予定は、近場の温泉のみですが。

写真は、先週見に行った、八幡西区にある、吉祥寺の見事な藤の花です。


八重の藤の花は初めて見ました。


アップにすると、コサージュのよう。


白い藤の花も珍しいですよね。


帰り際、階下から見上げると、紫のカーテンがかかっているように見えました。


◇◇◇

★ジョルダン「読書の時間」、パソコン版でも携帯小説が読めるようになりました。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。

「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

住所のハンコ ~ すなめり遊印

2009-04-25 | Weblog
すなめり遊印さんから、念願のハンコが届きました!
本体彫刻は、大好きな本に囲まれた我が家です。
印面は、本のイラスト枠の中に、住所や電話番号、メールアドレスなどが彫られています。
わがままなお願いを、全部、きいてもらえました。


斜めから見るとこんな感じです。なんだか新居に似てますよ。


本の形をした屋根(最初は気付きませんでした)を外すと、壁の一部も本になっているのがよくわかります。
そして、家の中には……。


家族の幸せがつまっていました。私たち夫婦に抱っこされて、未唯は安心しています。
手にしたとき、思わず涙が……。これは無理ないですよね。


新居では、1日しか一緒に暮らせなかった未唯だけど、これでもう、ずっと一緒です。
本体に関しては、「新居と家族をイメージしたものを」ということだけお願いしていましたが、
届いたハンコは、想像以上のすばらしさ。
順番待ちの長い列に並んで1年半。待った甲斐がありました。


すなめり遊印の応接間の飾り棚には、たくさんのハンコや印面が並んでいますよ。
このハンコも、もうすぐ飾られると思います。楽しみ♪
(追記:『いろいろ形ハンコの棚17 』に飾られました)

◇◇◇

★ジョルダン「読書の時間」、パソコン版でも携帯小説が読めるようになりました。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。

「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

未唯の一周忌

2009-04-18 | 未唯(みゆ)
17歳9か月で旅立ったミニチュアダックスフントの未唯。
一周忌の今日は、「お父さんの腕の中」の写真を集めてみました。
沖縄と青森に住んでいた頃の、14歳から17歳までの未唯です。
順不同で、大きさもばらばらの親ばか写真ですが、よかったら見てください。
旅先でも、未唯はいつも一緒でした。

宮古島でも……。


十和田湖でも……。


石垣島でも……。


竹富島に向かうフェリーの中でも……。


浄土ヶ浜展望台に向かう小道でも……。


田沢湖でも……。


たまにはキャリーバッグの中も……。
長時間歩くときに登場しましたが、未唯はちょっと不満そう。


実家でお年玉をもらったときも……。


豊見城市の海軍壕公園でも……。


いつも、お父さんの大きな腕の中で安心していました。


でも、未唯は、夫には気の毒なほどのお母さんっ子(^.^)。
夜は、一応、夫の布団に入るものの、寝息が聞こえると、そっと抜け出して私の布団の中へ。
そして、そのまま朝までぐっすりでした。
ときどき、脱出に失敗して、また布団に引きずり込まれていましたが、
そっと抜け出すあたり、未唯も気を遣っていたのでしょう。

転勤族で各地を転々としてきましたが、未唯はどこでも、すぐに慣れてくれました。
12歳くらいまでは健康でしたが、その後は、2度、会陰ヘルニアの手術をして、
介助がなければ排便できなくなりました。
15歳からはてんかんの発作も始まり、腎臓も悪くして、闘病の日々が続いていました。
それでも、懸命に病気と闘いながら、18歳近くまで一緒に暮らしてくれました。
未唯は天寿を全うすることができたのだと思っています。

ここ数年は、未唯の介護最優先の生活を続けてきましたが、
今は、未唯が、「時間を気にせずにお出かけしていいよ」と言ってくれている気がして、
積極的に出歩いています。

昨日は、おばあちゃんたちも集まって、未唯の写真を見ながら、一周忌の法要をしました。
今夜は、未唯が子供の頃から家族ぐるみでお付き合いしている方たちが遊びにきてくれます。
ゆっくり未唯の思い出話もできそうです。

長府毛利邸 & イチローの満塁ホームラン

2009-04-16 | 日帰り
先週は、初夏のような陽気の中、古江小路の坂を上って長府の毛利邸へ。
「写真はどこを撮ってもいいですよ。どうぞ、ごゆっくり」という言葉通り、
縁側から庭を眺めたり、生けられた花を鑑賞したり、庭を散策したり、
歴史を感じつつ、ゆったりした時間を過ごすことができました。


各部屋に、それぞれ趣の違う花が生けられていました。一部だけですが……。








意外とこぢんまりとしていた明治天皇御宿泊の間。こちらにも自由に入ることができました。


立派なつくばい。


苔むした庭。よく手入れされていました。


話は変わりますが、イチロー、やりましたね!
復帰第一戦で満塁ホームラン、しかも、大記録達成なんて、ほんと、スターだなあ。
ずいぶん昔のことですが、私も、シアトルのセイフコ球場で、ラッキーなことに、
イチローの満塁ホームランを見ることができました。
写真は、満塁ホームランを打ったときの打席です。
地元のマリナーズファンと抱き合って喜んだ、大興奮の一日でした。


セイフコ球場でのイチローとのツーショット写真。といっても、看板のイチローですが(^^;


***

★ジョルダン「読書の時間」、パソコン版でも携帯小説を公開中。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。

★ケータイ版作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。

「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

ネスカフェ ドルチェ グスト

2009-04-12 | Weblog
夫の里にお墓参りに行き、帰りに、下関市の城下町、長府に寄ってきました。
半分葉桜ですが、それでもやっぱりきれいですね。


長府の中でも、もっとも城下町の面影を残す古江小路。


このところ、ばたばたしていますが、こんなときこそ家でも美味しいコーヒーを、
と、ネスカフェ ドルチェ グストを取り寄せました。
早速、ラッテマキアートに挑戦。なかなか美味しくできましたよ。


次は、カフェオレを作りました。カップは、両方とも、スターターキットについてきます。


コーヒーのお供はやっぱりケーキですよね。


***

★ジョルダン「読書の時間」、パソコン版でも携帯小説を公開中。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。

★ケータイ版作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。

「夢おむすび」共通のQRコード


「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

 女人的殺意   アンソロジーふたり。
 

※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp