最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

13万本のチューリップと桜

2018-03-31 | 福岡
直方リバーサイドパークが13万本のチューリップで彩られていました。


「のおがたチューリップフェア」は、4月7日から4月15日まで開催されるようで、着々と準備が進んでいました。


今年はシンプルな形のチューリップが多いようです。


チューリップの向こうに満開の桜が見えます。今年は同時に楽しむことができました。


母も近くで見たいというので、桜の公園まで行ってみることに……。


ひと枝についている花の数が多いです。


ボリュームがありますね。


桜の向こうに遠賀川が見えます。


記念写真を撮っていた新一年生の女の子。親御さんの許可をいただいて、後ろ姿を撮らせてもらいました。
一年生には大きく見えるランドセルも、すぐに馴染んでくるのでしょうね。


直方をあとにして、八幡西区の本城公園に移動しました。


桜の花を見ながらウォーキングしたら気持ちよさそう。


八重の桜も咲き始めていました。御衣黄もそろそろですね。


13万本のチューリップを見たあとですが、わが家のチューリップもかわいいです。


花先がとがって、広がって咲いたチューリップ。(翌日、閉じたので写真を入れ替えました)
今年植えた球根の中で、変わり咲きは、この一球だけでした。



既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

チューリップが咲き始めました

2018-03-29 | Weblog
どこに行っても桜の花を見ることができるので、ほんわかした気分になっています。
プランターのチューリップもようやく咲き始めました。


30球ほど植えた球根は、ほとんどつぼみをつけたので、毎日、楽しみに眺めています。


淡い色あいのチューリップも……。


北九州市の桜は、今週末、満開のようです。

桜並木のきれいな公園があるので、近場でお花見してこようかな。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

『シェアメイト』新津きよみ(著)

2018-03-26 | 小説
新津きよみさんの新刊 『シェアメイト』 (角川ホラー文庫)を読了しました。
なんと、角川ホラー文庫だけで15冊目だそうです。
そして、今年がデビュー30周年! いろいろな節目の年ですね。
おめでとうございます(^^)/

『シェアメイト』は、女と住まいをテーマに、様々な種類の恐怖を描いた短篇集です。
収録作品は、「シェアメイト」「おばあちゃんの家」「魔取り」「我を忘れる」「食べごろし」「楽園」の6篇です。

あとがきにも書かれていますが、「怖い」と感じる対象は人それぞれですね。
どの作品も怖くて面白いのですが、「我を忘れる」などは、ラストで思わず声が出ました(^^;
ネタバレになるので、それぞれの短編の感想が書けないのがつらいところです。
日常の恐怖だったり、非日常の恐怖だったり、非日常の出来事なのに、日常の恐怖が押し寄せてきたり……。
私は、日常の恐怖のほうを、より怖いと感じます。静かで淡々とした筆致だと、なおさら怖いです。
ぜひ、お気に入りの短編を見つけてください。
『シェアメイト』を読み終えたとき、自分が感じる怖さの対象がわかるのではないでしょうか。

関東の桜は満開のようですが、少し遅れて、北九州市の染井吉野もかなり咲いてきました。
近くの神社の桜です。



既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

桜めぐり

2018-03-24 | 福岡
北九州市の染井吉野も、ようやく咲き始めました。
ふくらみかけた蕾もかわいいです。


山桜はかなり咲いていました。
これから、八重の桜や、緑色の御衣黄桜なども咲いてきますね。


こちらは、近所の公園の陽光桜ですが、染井吉野より少し早く咲いて、色もピンク色が強いのが特徴のようです。


蕾は、花びらが開くほどに色が淡くなっていくのでしょうか。


近くをドライブしただけで、いろいろな表情の桜を見ることができました。




今日は、久しぶりに母が付き合ってくれたので、手頃にうなぎ料理が食べられる竹林亭でランチを……。


ふっくらと美味しい鰻でした。


私は、ひつまぶし風に、そのまま食べたり、薬味を載せたり、お茶づけにしたりして食べるセットを注文しました。

竹林亭の入口に「本日の鰻は鹿児島県産です」という看板がかかっていましたが、店内に「輸入鰻につきまして」というお知らせがありました。
鰻の稚魚の捕獲量は、国内においては去年の100分の1なのですね。
竹林亭は、開店以来、国産鰻のみを使用してきたそうですが、全てを国産鰻のみで賄うことはもはや不可能となったとか。
メニューも販売中止のものがありました。
シラスの人工孵化は成功しているそうなので、完全養殖の実用化がうまくいくといいですね。

最後に、スタバの「さくらストロベリー ピンクミルクラテ」の写真を。



既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

日本酒 「勝山」 と 「蔵光」

2018-03-21 | Weblog
仙台の日本酒、勝山の純米吟醸「献」と特別純米「縁」をいただいたので、日本酒を楽しむ夕食会を開きました。


甥が持って来てくれた菊水酒造の「蔵光」は、魚沼産コシヒカリを23パーセントまで磨きあげて作ったお酒だとか。

料理は姉とふたりで持ち寄りで、久しぶりに私も日本酒を楽しみました。
どのお酒も口当たりが良くて、とても美味しかったです。
アルコールに弱い体質ですが、ワインと日本酒は、少量だと美味しくいただけます。

アミの会(仮)のお仲間の朗報が次々に届いています(^^)/
柴田よしきさんの短編「理由(わけ)」が日本推理作家協会賞の短編部門にノミネートされ、長編・連作短編部門に近藤史恵さんの 『インフルエンス』(文藝春秋)がノミネートされました!
【柴田よしきさんの「理由」は、アミの会(仮)のアンソロジー『隠す』 (文藝春秋)に収録されています】
そして、まだ、わくわくするニュースが続いています。楽しみ、楽しみ(^^♪

楽しみといえば、庭のチューリップも蕾が大きくなってきました。
最初に咲くのは黄色かな? 数えたら30本くらいありました。



既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp