最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

初夏に降る雪のような……なんじゃもんじゃ

2018-04-28 | 福岡
毎年、ゴールデンウィーク期間中に見に行っている、岡湊神社の「なんじゃもんじゃ」です。
初夏に降る雪のような、と言われていますが、大げさではないような気がします。


手水舎で龍の姿を見ることが多いのは、龍が水を司る神様とされているからなのですね。


なんじゃもんじゃの説明の看板ができていました。期間限定でライトアップされるようです。


岡湊神社全体が白く覆われているように見えました。


社務所のなんじゃもんじゃは特にボリュームがあります。


芦屋町に行ったら食べたくなる「大丸」のイカ月見丼。
ご飯には、サザエから取った出汁で煮込んだゲソやエンペラが細かく刻んで混ぜ込んであります。


私は普通のサイズを。夫はイカが2倍入っている特盛を注文しました。
白く見えるのはご飯ではなくイカです。


毎回注文する甘い卵焼き。

たまには違うメニューを、と思いますが、大丸の暖簾をくぐると、やっぱりイカ月見丼が食べたくなってしまいます。
岡湊神社から近い場所にありますよ。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

味処 大丸魚介・海鮮料理 / 芦屋町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.8


5年ぶりに咲いた蘭の花

2018-04-25 | Weblog
母にプレゼントしていた蘭の花が、5年ぶりに花を咲かせました。
うまくいけば毎年咲きますよ、と言われていましたが、それからずっと咲かないままだったのです。
姉と一緒にプレゼントしたものですが、そのときのことを思い出して、母がまた喜んでくれたので、なんだか得した気分です。


お土産の、たまごハウスの巨大シュークリームを3個も食べてしまった罪悪感……。


誘惑は続く……。


お土産つながりで。
夫が仕事帰りに、オープンしたばかりのミニクロワッサン専門店minicroで、ミニクロとカボチャのケーキのお土産を買ってきてくれました。
プレーンも、抹茶つぶあん入りも美味しかったので、全種類ある朝のうちに行ってみなくては。


アミの会(仮)のショートショート・アンソロジー『怪を編む』(光文社文庫)の刊行記念キャンペーン『怪を編む風景』開催中です。
柴田よしきさんのブログでわかりやすく紹介されています。
『怪を編む』の写真を撮って、気軽に応募してくださいね。
私も、また撮ってみました。

真ん中に球根を植えたのに、すみっこから芽を出したのは、たぶんヤマユリですね。
来週くらいには咲きそうです。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

ぶどうの樹 森のレストラン

2018-04-22 | 福岡
先日、久しぶりに友人たちと、ぶどうの樹の「森のレストラン」に行ってきました。


盛り付けも凝っている美味しい料理だったのに、間違って写真を削除してしまい、ケーキの写真だけになってしまいました。


デザートは、ケースの中から好きなケーキを選べます。


種類が多くてなかなか決められませんでした。これで、ほんの一部なんです。


友人が選んだブルーベリーのタルトも美味しそう。


ぶどうの樹をあとにして我が家へ。
おしゃべりが弾んで、この夜は、帰宅した夫も含めてプチ宴会となりました(^^)/


この季節は、どこに行ってもツツジの花が目に入りますね。
近所の、延々と続くツツジの歩道。


こんなにボリュームのあるツツジも。


心配していた鉢植のスズランは、無事に咲いてくれそうです。
やっぱり、涼しい日陰がいいようですね。



既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

吉祥寺の藤の花

2018-04-21 | 福岡
北九州市八幡西区にある、藤の名所、吉祥寺(きっしょうじ)では、4月27日から藤まつりが始まります。


人混みを避けて、ひと足早く行ってきました。


つぼみがたくさん。
ちょうど藤まつりの頃が見頃でしょうか。


鐘とピンク色の藤の花。


白い藤の花も咲いていました。
八重の藤は、もう少し先のようです。


境内の新緑が輝いていました。


色とりどりのツツジ。


春ぼたんも咲いています。


吉祥寺藤まつり2018年04月27日 ~ 2018年04月29日
北九州市八幡西区吉祥寺町13-11 
境内は藤の花の甘い香りに包まれていました。
藤まつりの期間中は、露店が並び、吉祥太鼓の演奏なども披露されるそうです。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

『怪を編む』 刊行記念キャンペーン「怪を編む風景」

2018-04-19 | 小説
アミの会(仮)のショートショート・アンソロジー『怪を編む』 (光文社文庫)の刊行記念キャンペーンが始まりました。

『怪を編む』のカバー・本体が写っている写真、「怪を編む風景」を投稿してください。
応募要項、プレゼントなど、詳しくは 特設ページを見てくださいね。
文庫を手に、外に出るのも、家の中を見て回るのも楽しかったです。
『怪を編む』の執筆者と編集者が撮った写真は こちら からどうぞ。(私が撮った写真も3枚載っています)
皆さまの「怪を編む風景」を楽しみにしています。

アミの会(仮)の朗報が続いています。
新津きよみさんの『二年半待て』 (徳間文庫)が、2018 徳間文庫大賞に選ばれました(^^)/
2018年発売の徳間文庫の中から、「書店さんが売りたい文庫の6冊」にノミネートされただけでもすごいことですが、期間中の売上数でも一位を獲得されたのですから素晴らしいです。
婚活、妊活、就活、離活、終活など、人生の岐路にまつわる上質のミステリーです。
未読の方は、この機会にぜひどうぞ。
新津さんは、『怪を編む』では「グリーフケア」を書かれています。
現実的で、じわじわと迫ってくる恐怖がたまりませんでした。

そしてもうひとつ嬉しいお報せが。
アミの会(仮)のメンバーの松尾由美さんの小説『九月の恋と出会うまで』(双葉文庫)が映画化されます。
2019年、全国ロードショー。主演はなんと、高橋一生さんと川口春奈さんです。
映画公式サイト
松尾さんは、『怪を編む』では、「穴を掘りに」を書かれています。
余韻が残る、不思議な物語です。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp