最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

よいお年を

2014-12-30 | Weblog
昨日、仕事納めだった夫は、休暇初日の今日、若戸大橋まで往復4時間のウォーキング。


お土産に、三日月屋のクロワッサンを買ってきてくれました (^^)v
天然酵母のクロワッサンで、シナモンやメープル、チーズやあずき、紫いもなど、種類も豊富で美味しいです。


私は、さきほど、電子書籍用の短編を送付して、今年の仕事納め。
新しいパソコンで仕上げることができました。
セットアップまでは自分でしましたが、甥に、データの移行など、いろいろ手を加えてもらいました。
おかげで、最初から使いやすいです。

それにしても、今のパソコンの薄くて軽いこと。箱も小さくて驚きました。
奥に見える、5年選手のパソコンをだましだまし使っていたのですが、これでもう安心です。

今日は、気温も上がったので、大掃除の続きをしています。
ダイニングテーブルの下に絨毯を敷いたので、ちょっと温かい雰囲気になりました。


今年も一年、ありがとうございました。
アクシデントの多い年でしたが、なんとか無事に年を越すことができそうです。

よいお年をお迎えください。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

『自滅』 柴田よしき(著) と カレンダー

2014-12-27 | 小説
爽やかな高原の風を感じた 『風のベーコンサンド』 (文藝春秋)に続いて発売された、柴田よしきさんの新刊 『自滅』 (角川書店) を読了しました。
こちらは、心理ホラーの短編集ですが、しっとりとしめった風が心の中に吹きました。
感じる恐怖の種類は、読む人によって違うと思います。
私は、隠しているものを探し出されてしまった、というか、自分で見つけてしまった恐ろしさを感じました。

余韻のある作品ばかりで、からめとられる感じ、心の奥底を覗かれている感じがたまりません。
この余韻をまとったまま、私も心理ホラーの短編を書いています。

注文していた2015年のカレンダーが届きました。母の撮った写真で作成したものです。
表紙を含めて13枚の写真を使っていますが、その中の2枚、海の中道海浜公園のチューリップと、岡湊神社のなんじゃもんじゃです。


こちらは、「すなめり遊印」の手刷り版画カレンダーです。
手刷りの版画は温かみがありますね。


今年は、力強く美しい、JR貨物列車のカレンダーも仲間入りです。


機関車に、「ECO POWER ブルーサンダー」や「ECO-POWER もも太郎」などの愛称があることを初めて知りました。
愛称を知ると、親近感が増しますね。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

小さなクリスマスケーキ

2014-12-24 | Weblog
我が家のクリスマスケーキは、一番小さなサイズのホールケーキです。
ショートケーキ4個分くらいだと思いますが、ホールケーキってなぜか嬉しいですよね。


実家では、帰省した姪たちと一緒にチョコレートのクリスマスケーキを (^。^)ノ


母は姉夫婦と一緒にハウステンボスのイルミネーションを見に行き、きれいな写真をたくさん撮ってきました。
「光と噴水の運河」です。 今年も母が撮った写真でカレンダーを作りました。


世界最大級、1100万球の輝きが楽しめるようです。


タワーシティから見たハウステンボス。


お土産がたくさん。チョコレートは「ショコラ伯爵の館」の入場券なのだとか。
やっぱり私も行かなくては。


クリスマスプレゼントにいただいた、SABONのバラのオリーブオイルソープとバスボール。


香りをとじ込めたバスボールは、シュワシュワと湯舟の中で溶けていくそうで、リラックスできそうです。


夫の干支の、こんなプレゼントも。 出羽桜の干支ボトル(未バージョン)です。


イタリア製のベネチアンボトルだそうで、来年の干支の、未のレリーフがいい感じです。


首の痛みも取れてきたので、滞っていたことが進みそうです。
大掃除も、手抜きをせずにやろうかな、と殊勝なことを思ったクリスマスイブでした。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

春夏冬(あきない)と日本酒

2014-12-22 | 福岡
親しくしている友人ご夫妻と、八幡西区大浦にある「春夏冬(あきない)」へ。
楽しいおしゃべりは尽きることなく、ご縁があった一年を、夫婦揃って感謝した忘年会でした。


今回は、日本酒に合う料理が多かったです。ギンナンとホタテ貝柱の串焼き。


フグ料理も色々楽しめました。


塩加減が絶妙だったフグの唐揚げ。


フグの白子の湯豆腐。野菜を入れる前に、まず白子をいただきました。大きな白子が口の中でとけていきます。


最初の日本酒は、出羽桜大吟醸 しぼりたて生酒「雪漫々」。
下戸だったのに、日本酒が美味しいと思えるようになり、嬉しいです。
向こうに見えているのは友人ご夫妻。お手本にしたいような、本当に素敵なご夫妻です。


食感も楽しめたミル貝の刺身。


旬の焼き牡蠣。


「雪漫々」の次は、無濾過の雫酒「冬の月」です。


ホワイトアスパラなどのフライ。


ワサビで食べるローストビーフ。


日本酒の次は、7年古酒『蔵真紅(くらしんく)』。
鹿児島酒造が7年の歳月をかけて造り上げた芋焼酎古酒の逸品だそうです。


自然薯のとろろごはん。 美味しく楽しい忘年会でした。


楽しんだ分、昨日はしっかり働きました。大掃除も始めましたよ。
でも、首を傷めてしまったので、今年の大掃除はかなり手抜きとなりそうです。
毎年、手抜きと言っている気がしますが……。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

『風のベーコンサンド』  柴田よしき(著)

2014-12-19 | 小説
柴田よしきさんの新刊 『風のベーコンサンド 高原カフェ日誌』(文藝春秋)。


カフェを始めた主人公と一緒に、厳しい現実に不安になったり、料理を褒められてほろりとしたりしつつ読み終えました。
カフェ「Son de vent(ソン・デュ・ヴァン)」で出される料理があまりに美味しそうだったので、思わず自分のブログ内で食材探し。
作中にも出てきたアイスプラントを使ったサラダです。


ポークソテーも出てきました。ブラウンソースもいいけれど、高原トマトのソースで食べてみたいな。
写真は、アイスプラントが添えてあったポークソテー。
どの写真も、頭に浮かんだイメージとは違いますが……。


天然酵母のパン。


もちろん美味しいコーヒーも。


お豆のカレーも出てきます。


そして、なんと言ってもベーコンサンド! 美味しいベーコンが手に入ったら、ぜひ作ってみたいです。
もちろん、美味しいのは料理だけではありません。
高原の四季と、そこで暮らす人たちの人間模様、都会から吹く風も、丁寧に、繊細に描かれており、何度も涙ぐんでしまいました。
読み終えたとき、温かく、優しい気持ちになれる本です。

来年1月16日からスタートする、柴田よしきさん原作の金曜8時のドラマ『保育探偵25時 花咲慎一郎は眠れない!』も今から楽しみです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp