最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

ロシア旅行 トレチャコフ美術館、プーシキン美術館

2019-03-20 | 旅(海外)
モスクワではまず、ロシアを代表する国立美術館のひとつ、トレチャコフ美術館を見学しました


歴史的に重要なイコン(聖画像)が数多く展示されています。


聖使徒ルカによって描かれたと伝えられている「ウラジーミルの生神女」


大作も多かったです。
アレクサンドル・イワノフ「民衆の前に現れたキリスト」


午後はプーシキン美術館へ。
日本でも何度かプーシキン美術館展が開催されていますが、モネの「草上の昼食」もポスターなどに使われていました。
印象派の技法を確立する前の、26歳のモネの作品だそうです。


モネ「ルーアン大聖堂」の《日没》と《昼》
刻々と表情を変えるルーアン大聖堂の連作33枚のうちの2枚が展示されていました。


モネ「ポール・コトンのピラミッド岩」


モネ「ヴェトウイユの風景」


モネ「エトルタの断崖」


プーシキン美術館では自由時間が長かったので、人気のあるモネの作品も、人がいないときにじっくり鑑賞できました。


生前に売れたゴッホの唯一の作品「赤い葡萄畑」
400フランで売れたのは、死去する5カ月前だったそうです。


絵の具をチューブから直接塗っているような厚みが感じられました。


ゴッホ「医師 レーの肖像」

アルバム代わりなので、このあとも、延々と絵の写真が続きます(^^;
興味のない方はスルーしてください。

ピカソの作品も数多く展示されていました。
自画像。


ピカソ「女王イザボー」


ピカソ「扇子を持つ女」


ピカソ「抱擁」


ピカソ「バイオリン」


ドガのコーナーです。


ドガ「写真スタジオでポーズする踊り子」


ドガ「バレエの稽古」


ドガ「ブルーダンサー」
4人の女性ではなく、ひとりの女性の動きを表現したものだとか。


ルノワール「ジャンヌ・サマリーの胸像」


こちらは、エルミタージュ美術館新館で観た、「女優ジャンヌ・サマリーの肖像」


ルノワール「黒い服の娘たち」


ルノワール「菊と日本の団扇」


ルノワール「セーヌの水浴び」


ゴーギャンのコーナーです。


ゴーギャン「テ・ティアレ・ファラニ」


ジャン・ルイ・フォラン「パリ、オペラ座の舞踏会」


フォラン「競馬」


マチスの作品も多かったです。


マチス「ヴェネツィアン・レッドの静物」


セザンヌ「ピエロとアルルカン」


セザンヌ「桃と洋梨」


セザンヌ「パイプ煙草の男」


ピサロ「オペラ大通り」


原田マハさんの小説『楽園のカンヴァス』がとても面白かったので、ルソーの絵をぜひ見たかったのですが、部屋が工事中だったようで見ることができず残念でした。
でも、どこも比較的ゆったりしており、充実した美術館巡りができたので満足しています。

  
少し暖かくなってきたので、『家族の怪談』はいかがでしょうか。
怪談と言うより家族の物語かな、と思っていたので、「ほんわかする怪談」という感想を目にして嬉しかったです。
電子書籍オリジナルですので
アマゾンkindle
楽天kobo
紀伊國屋書店Kinoppy
などで読んでいただけます。

昨年12月に発売された長編サスペンス『黒いシャッフル』もよろしくお願いします。
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp
『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ロシア旅行 ロシア料理 | トップ | 福岡でも桜の開花宣言が出ました »