最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

春爛漫

2010-03-30 | 福岡
お城と桜は似合いますよね。小倉城の桜です。




幹から直接出ている桜の花も、個性的でかわいいです。


若松区のグリーンパークの桜も満開でした。




春のフラワーフェスタ開催中です。


畑の菜の花も密度が濃くなっているような……。


崩れるとばかり思っていたお天気が、すっかり回復。今年は桜を堪能できました。




どこを見ても春爛漫。でも、手の冷えだけはしつこくて……。




【既刊本】

恨み忘れじ(角川ホラー文庫)は、不倫や交通事故、近隣トラブル、いじめなど、
普通に暮らしていても陥る可能性がある、日常の恐怖を書いた短編集です。
お近くの書店で見かけたら、ぜひ、連れて帰ってやってください。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193  定価(税込)580円
ネット書店でも販売中です。
amazonはキャンペーン中で、文庫一冊からでも、国内配送料無料のようです。
bk1 e-hon セブンネットショッピング

ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

女人的殺意(台湾で翻訳出版されました)  アンソロジーふたり。
               

「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

携帯小説も書いています。
★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

満開です!

2010-03-28 | 福岡
お花見日和ですね。


花冷えで、少し停滞気味だった桜の花も、今は満開! 遠賀郡芦屋町の桜です。


友人のブログで紹介されていたスノーフレーク。見てみたいと思ったその日に見つけました。
名前を知って、こちらが関心を持つと出会える、ということが多い気がします


アップにしてみました。花びらの模様は、職人さんの丁寧な手仕事、という感じです。


ドライブの途中で見つけた桃の花。一本の木に紅白の花が咲いていました。


春らしい写真をいろいろ撮っていますので、また見てくださいね。



【既刊本】

恨み忘れじ(角川ホラー文庫)は、不倫や交通事故、近隣トラブル、いじめなど、
普通に暮らしていても陥る可能性がある、日常の恐怖を書いた短編集です。
お近くの書店で見かけたら、ぜひ、連れて帰ってやってください。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193  定価(税込)580円
ネット書店でも販売中です。
amazonはキャンペーン中で、文庫一冊からでも、国内配送料無料のようです。
bk1 e-hon セブンネットショッピング

ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

女人的殺意(台湾で翻訳出版されました)  アンソロジーふたり。
               

「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

携帯小説も書いています。
★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

「フリースタイル」

2010-03-26 | 小説
北九州市の桜は、今、こんな感じです。今日の午後、近くの公園で撮りました。
桜の季節は、やっぱりワクワクしますね。


嬉しいことがほかにも。
作家の盛田隆二さんが、「フリースタイル11」の「One,two,three!」で、
「アンヴィル」 「高慢と偏見とゾンビ」と一緒に、「恨み忘れじ」を取り上げてくださいました。
本・映画・漫画・音楽の4つのジャンルから、選者が自由に選ぶというもの。
(2009年10月1日から20010年1月31日までに発売・公開のものが対象)
紹介文を読ませていただき、感激。もっと頑張ろうと思いました。


その、『恨み忘れじ』に掲載された「マニキュア」が、ミステリーコミック専門誌
「サスペリアミステリー」7月号(5月24日発売)に掲載されます。
写真は5月号ですが、予告に載っていました。コミック化は初めて。
主人公たちがどんなふうに描かれるのか、とても楽しみです。


短編小説のゲラチェックも終わりました。こちらも5月発売でしょうか。
嬉しいメールが多い春です。



【既刊本】

恨み忘れじ(角川ホラー文庫)は、不倫や交通事故、近隣トラブル、いじめなど、
普通に暮らしていても陥る可能性がある、日常の恐怖を書いた短編集です。
お近くの書店で見かけたら、ぜひ、連れて帰ってやってください。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193  定価(税込)580円
ネット書店でも販売中です。
amazonはキャンペーン中で、文庫一冊からでも、国内配送料無料のようです。
bk1 e-hon セブンネットショッピング

ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

女人的殺意(台湾で翻訳出版されました)  アンソロジーふたり。
               

「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

携帯小説も書いています。
★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

門司赤煉瓦プレイス ~ girasole

2010-03-23 | 福岡
国登録有形文化財 門司赤煉瓦プレイス内にある、ギャラリー&カフェ girasole(ジラソーレ)。


可憐なイベリス・ブライダルブーケが出迎えてくれます。


お洒落な店内には、源右衛門窯のカップがずらりと……。




ランチのパスタ。


サンドイッチの具にほうれん草というのは初めてでしたが、結構、合うものですね。今度、作ってみます。


ギャラリーに展示してある作品を楽しみつつ、美味しいコーヒーが飲める、雰囲気のいいカフェでした。




新刊恨み忘れじ(角川ホラー文庫)は、不倫や交通事故、近隣トラブル、いじめなど、
普通に暮らしていても陥る可能性がある、日常の恐怖を書いた短編集です。
お近くの書店で見かけたら、ぜひ、連れて帰ってやってください。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193  定価(税込)580円


ネット書店でも販売中です。
amazonはキャンペーン中で、文庫一冊からでも、国内配送料無料のようです。
bk1 e-hon セブンネットショッピング

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

女人的殺意(台湾で翻訳出版されました)  アンソロジーふたり。
               

「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

携帯小説も書いています。
★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp

毛利邸と防府天満宮

2010-03-22 | 日帰り
昨日は、山口にお墓参りに行ってきました。久しぶりに、防府の毛利邸庭園も散策。


咲いている桜もちらほら……。満開は今週末くらいでしょうか。楽しみです。


広々とした庭園は手入れが行き届いています。


防府天満宮は、青空の中、参拝客も多く、かわいい花嫁さんの姿も見えました。


天満宮では、枝垂れ桜や白い桜が出迎えてくれました。






セミナーや国際交流パーティーなどにも参加させていただき、盛りだくさんの連休です。



新刊恨み忘れじ(角川ホラー文庫)は、不倫や交通事故、近隣トラブル、いじめなど、
普通に暮らしていても陥る可能性がある、日常の恐怖を書いた短編集です。
お近くの書店で見かけたら、ぜひ、連れて帰ってやってください。
ISBN 978-4-04-394317-3-C0193  定価(税込)580円


ネット書店でも販売中です。
amazonはキャンペーン中で、文庫一冊からでも、国内配送料無料のようです。
bk1 e-hon セブンネットショッピング

【既刊本】
ふたつの名前    幸せのかたち     女たちの殺意   
    

女人的殺意(台湾で翻訳出版されました)  アンソロジーふたり。
               

「星の見える家」新津きよみ(著) 文庫の解説を書かせていただきました。

携帯小説も書いています。
★ジョルダン 乗換案内「読書の時間」の携帯小説、パソコン版はこちらから。
タイトルをクリックすると作品が表示されます。
★ケータイ版の作品一覧はこちらから。

★docomo、SoftBank、au、willcomの公式サイト「夢おむすび」にて、携帯小説、
「白いソファ」「居場所」「それぞれの結末」を公開中です。
パソコンでも読めるようになりました。ここをクリックしてくださいね。
「夢おむすび」共通のQRコード


※勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
  ご意見などは下記のメールアドレスまでお願いします。
  hiromi20050115@yahoo.co.jp