最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

未唯のお気に入り

2005-03-31 | 未唯(みゆ)
今日は、未唯のお気に入りのぬいぐるみ、シープちゃんとのツーショット写真を。
未唯は、寝るときは、必ず、このぬいぐるみと一緒です。
ぬいぐるみの名前はシープちゃん。母のニュージーランド土産です。
中国ではパンダちゃん。オーストラリアではコアラ君。旅行好きな母の
バッグに必ず入っているのが未唯へのお土産です。娘の私への土産が
ない時でも、未唯にだけはあるんですよね、これが。(笑)
最初は、ぬいぐるみにも凝った名前をつけていましたが、
数が多くなって、めんどうになったので、安易なネーミングになって
しまいました。

コメント (2)

石敢當(いしがんとう)

2005-03-30 | 沖縄
写真は、「石敢當(いしがんとう)」です。
まるで、表札みたいに、あちこちの塀についているので、
最初はなんだろう? と思っていましたが、これも、シーサーと同じく、
魔よけなんですね。(沖縄はよほど魔物が多いのでしょうか)

悪鬼は直進するのみで、曲がることができないから、T字路の突き当たりの
家などに飛び込んでしまうのだとか。
直進しかできないなんて、ちょっと……ですね。(笑)
そこで、T字路の突き当たりの家などに、悪鬼を駆逐する強い神として
信仰されている、「石敢當」がつけられているわけです。
昔から、辻は魔界の入口などと言われて恐れられていたせいか、
突き当たりの家だけではなく、三叉路にも、この「石敢當」があるんです。
そういえば、うちも三叉路の角地です。だからお向かいの塀にも石敢當が
あるのですね……。
「石敢當」もなく、ちびシーサーだけの我が家には、やっぱり、魔物が集合かな? 
コメント (2)

シーサー

2005-03-29 | 沖縄
沖縄では、ほとんどの家に、当然のごとくあるシーサー。
ご存知、魔よけです。写真のように、ご近所の門柱の上
にちょこんと載っています。この辺りでないのは
うちだけかも。もしかして、魔物は我が家に集中?
借家なので、勝手に門柱の上にシーサーを載せるわけにもいかず、
とりあえず、ちびシーサーを買って玄関の下駄箱の上に
置いています。こんな小さなもので大丈夫かな?

ところで、このシーサー、雄と雌の対になっていて、
口を開けているほうが雄、閉じているほうが雌だと聞いています。
雄は大きな口で威嚇して魔物を退けると同時に、福を呼び込み、
雌は、その福を逃がさないように、しっかり口を閉じているのだとか。
でも、まったく逆の説もあるのです。さて、どちらが本当? 
まあ、口を開けているほうが雄、というほうが好みなので、
そう覚えておこうっと。

沖縄料理

2005-03-28 | 沖縄
写真は、沖縄料理専門店のランチです。
沖縄料理はヘルシーなことで有名ですが、好き嫌いが
分かれるようですね。
確かに、なかみ(豚モツ)汁、ゴーヤのおひたし、
ミミガー(豚の耳の皮)の和え物など、独特です。
中央の右端にあるのは、ジーマミー豆腐(ピーナッツ豆腐)です。
この豆腐は、揚げ出しにしても美味しいですよ。

コメント (3)

沖縄そば

2005-03-27 | 沖縄
沖縄料理といえば、まずは「沖縄そば」でしょう。
去年の5月に沖縄に来てから、ガイドブックに
載っている店や、口コミで美味しいと聞いた店を
回っています。
とろとろに煮込んだソーキ(豚のあばら肉)が載った
「ソーキそば」は絶品。
あちこち食べ歩いた結果、意外にも、家の近くの
「いさやそば」が一番好みに合っているような……。
しかし、今日もまた、更なる味を求めて、新しい沖縄そばの
店へ行ってきました。写真は、そのお店のソーキそばです。
でも、軍配は「いさやそば」かな。

ところで、沖縄そばが「そば」と呼ばれるまでには
いろいろ苦労があったようです。
確かに、日本蕎麦とはまったく違う麺。
「全国生めん類公正取引規約」によると、「そば」という
名称を使う場合、そば粉が30%以上入っていないと
いけないそうです。
沖縄そばには、その「そば粉」がまったく入っていません。
そこで、全国製麺協同組合連合会を説得し続けて、昭和52年に
通称としての「沖縄そば」が認可されたのだとか。
それが10月17日なので、その日が「沖縄そばの日」なんです。
もちろん、その日のスーパーは沖縄そばが前面に並びます。
年越しそばも、もちろん、沖縄そばなんですよ。
コメント (3)