最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

小倉城と八坂神社

2018-12-31 | 福岡
平成最後の大晦日ですね。
写真は、エレベーター設置工事と館内展示リニューアル工事の為、休館中の小倉城です。


小倉に行ったときに、八坂神社で年末詣をしてきました。
元日には初詣の参拝者で埋めつくされる八坂神社ですが、年末詣は落ち着いた気持ちで手を合わせることができました。


今年は、初めての時代小説『拾われ地蔵』が、電子専門の出版社アドレナライズより発売されました。
【助けを必要としている者に拾われ、願いを叶えるという木のお地蔵様とは……。
その不思議な力と江戸市井の人情を描く、電子オリジナルの時代小説連作短編集。(作品紹介より)】
私の小説では珍しく、読んだあとに温かい気持ちになれる短編集です。


今月には、長編小説 『黒いシャッフル』(光文社文庫)が刊行されました。
時間がかかってしまった分、手にしたときは嬉しかったです。高柳雅人さんのカバーデザインも、とても好きです。
【中学時代の恩師が亡くなって開かれたお別れ会。
かつてのいじめられっ子が、経済的にも恵まれ、まばゆいばかりに美しくなっていた。
なのに私たちときたら――。
ヒモ状態の浮気夫、引きこもりの暴力兄、ストーカーと化した元夫。
同級生三人で愚痴を言い合ううち、飛び出してきた計画。
「交換殺人でもする?」冗談めかした発言が、やがてリアルさを帯びてゆく! (作品紹介より)】


アミの会(仮)のアンソロジー『怪を編む』(光文社文庫)に参加しました。
豪華メンバー(私以外)のショートストーリー集です。
イベントに合わせて、いろいろ工夫して本の写真を撮りました。(これは加工したものです)


アミの会(仮)のアンソロジー第1弾『捨てる』が文庫化され、文春文庫より発売されたのも感慨深かったです。


新しい年は、アミの会(仮)アンソロジー『毒殺協奏曲』(PHP文芸文庫)からスタートです。
『毒殺協奏曲』(原書房)が文庫化されました。
書店で、ピラカンサの実とモルフォ蝶が印象的な表紙を見つけたら、手に取ってみてくださいね。


最後も宣伝になってしまいましたm(_ _)m
今年も一年、お付き合いいただき、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

小倉城庭園と師走の旦過市場

2018-12-30 | 福岡
久しぶりに小倉城庭園に行ってきました。
小倉城主、小笠原氏の下屋敷跡地に、江戸時代の大名屋敷を再現したものです。


庭園は、池の周囲を巡りながら景観を楽しむ池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)です。


武家屋敷の様式を再現した和室は、茶会やいろいろな催しに使うことができます。
この日は、結婚式の前撮りが行われていました。


美しい打掛姿。写真を撮らせてもらいました。


着物姿つながりで……。
手作りの箸袋と楊枝入れをいただいたので、お正月に使いたいと思います。


今年も残すところあと2日。
小倉の旦過市場は、前に進むのが大変なほどの人出でした。


お正月の買い物を済ませて、旦過市場前ビストロYukiontoko(ユキオントコ)へ。


私は、時間をかけてオーブンで焼き上げるハンバーグを。


夫は、店おすすめの、若鶏の香草パン粉焼きを選びました。
ソースとの相性が抜群だったようです。


デザートのクリームブリュレ。


庭の掃除もして、大掃除はなんとか終わりました。
住んでいる地区は、大晦日にゴミ収集があるので助かります。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

Yoroizuka EC 「ソフティショコラ 」

2018-12-29 | Weblog
友達から、Toshi Yoroizukaの最新スイーツ「ソフティショコラ」を送っていただきました。


12月7日に恵比寿でオープンしたトシ・ヨロイヅカのショコラティエの新ブランド「Yoroizuka EC」の看板だそうです。
12月7日といえば、「黒いシャッフル」の発売日です。
そんなこともあって、贈ってくださったのかな。ありがとうございます(^^)/
なめらかで、感激の美味しさでした。


全部違う味のようです。写真の「ピスターシュ」も、すごく好みの味でした。

頑張ったときに、ご褒美として、ひとつずついただくことにします。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

「百舌のしわざ」にて

2018-12-28 | 福岡
親しい友人たちと、小倉の「百舌のしわざ」で今年最後の忘年会です。


燻製牛タンと百合根のサラダ。


ドライアイスの演出でお造りが運ばれてきました。


新鮮なブリやサバの美味しいこと。


カナトフグの藁焼き。


A5黒毛和牛のサーロインステーキは、驚く程のやわらかさでした。


しっかりした甘みを感じた、南九州産の白姫海老の天婦羅。


銀鱈と大根の地酒蒸し。


合鴨と蓮根の釜飯と、金目鯛の土瓶蒸し。




デザートは黒ゴマのプリンでした。

「百舌のしわざ」は2度目の訪問ですが、今回の料理もとても美味しく、個室なのでゆっくりおしゃべりを楽しむことができました。
興味深い話題が多く出たので、長編のストーリーが膨らんできました。

帰宅すると、中学時代の担任の先生から、新刊『黒いシャッフル』の感想の葉書が届いていました。
元クラスメイトが先生の分まで本を買って、渡してくれていたのです。
『黒いシャッフル』は、中学時代の担任教師のお別れ会(告別式)の話から始まるので、少し焦りました(^^; 
とても好きな先生だったので、数十年ぶりに連絡を取ることができて嬉しかったです。


既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

母のカレンダーとアメシンの飴細工

2018-12-26 | Weblog
年末恒例ですが、母が撮った写真でカレンダーを作りました。
今年も一年、元気でいてくれたことに感謝しています。


来年も、一緒にいろいろ写真を撮りに行けますように……。


帰省している姪から、浅草アメシンの飴細工をお土産にもらったので、早速飾りました。


来年の干支のイノシシです。うり坊、かわいいですよね。


玄関のしめ飾りは、姉に譲ってもらった水引で作りました。


今日は実家で「豊前海一粒かき」忘年会。
義兄と夫が、漁港の直売所まで牡蠣を買いに行ってくれました。


今年は天候の影響で小ぶりだそうですが、味は例年通り濃厚でした。


新鮮なので牡蠣フライも美味しかったです。


姉がバーニャカウダなど、いろいろ準備してくれていました。


デザートは、姪のお土産のカップケーキを……。


甥は果物をいろいろ買ってきてくれ、賑やかな夜になりました。



既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp