最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

岡湊神社~なんじゃもんじゃの杜

2015-04-29 | 福岡
思いがけず青空が見えたので、遠賀郡芦屋町の岡湊神社に行ってきました。


今年も、なんじゃもんじゃの花で、境内全体がお化粧をしたように白くなっています。


木によって咲き方がまちまちで、いろいろな表情を見せてくれますよ。


道路を挟んだところにある社務所前のなんじゃもんじゃは、
雪を抱えているように見えるほど、花がびっしり咲いていました。


敷地内には、日本三大蘇鉄のひとつである千光院大蘇鉄があります。


大輪のテッセン。


境内の駐車場の近くには、こんな藤棚もありました。


5月5日までは、午後7時頃から午後9時頃までライトアップされるようです。
夜の、なんじゃもんじゃの杜を楽しむのもいいかもしれませんね。



『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)のkindle版が4月16日より配信開始となりました。
2月4日に発売された電子書籍オリジナル短篇集『果実の誤解』(アドレナライズ)も、「恨み忘れじ」同様、心理サスペンスの短編集です。
既刊本等はサイドバーにまとめています。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

洞不全症候群とペースメーカー

2015-04-26 | Weblog
母と夫と3人でお墓参りへ。霊園内のツツジが満開でした。


この季節は、どこに行ってもツツジが目に入りますが、ここはかなりのボリュームです。
夫も、久しぶりにカメラを構えていました。
後姿を見ていると、入院中に体重が落ちたのがわかります。


夫は、ジムに行くたびに、脈拍数もチェックしていましたが、脈が弱いということもなく、不整脈の症状もありませんでした。
洞不全症候群の症状は、いきなり出始めたのです。


突然、胸がキューンと締め付けられる症状が何度か出て、脈をみてくれる? と言われて手首でみてみると、
弱かったり止まったりと、素人目にもわかる異常な脈の打ちかたでした。
循環器系の医院で心電図検査をしてもらうと、心臓が8秒間止まっていることが何度もあるので、
ペースメーカーを植込む手術をすることになるかもしれないと言われて、専門の病院を紹介されました。


夫は、入院する前に、仕事の段取りをつけるため出勤したかったようですが、
そう言っている間にも、何度も脈が止まってふらつく症状が出たので、説得して、紹介された病院へ。
到着したときには、歩いてはいけない、トイレにも車椅子で、という状態でした。
8秒間心臓が止まっても、それで死ぬことはないそうですが、意識を失って無防備に倒れて脳震盪を起こしたり、
車の運転中だったら事故を起こしたり、階段を上り下りしているときだったら、そのまま転落したりという危険が大きかったようです。
心臓が動いていない間に血栓ができて、それが脳に飛んで脳梗塞を引き起こす危険もあるとか。


結局、心臓カテーテル検査のあと、ペースメーカーを植込む手術を受けることになりました。
驚いている暇もないほどの展開でした。
心臓に、動けという指令を出すところの機能が弱ってしまったので、今は、ペースメーカーが補ってくれているのですね。
写真は、主治医の許可を得て撮らせてもらった、夫のレントゲン写真です。
優秀なペースメーカーのおかげで、40台に落ちていた脈拍も60をキープできています。

さて、洞不全症候群の原因は何なのでしょう。どうやら90パーセントが原因不明のようです。
夫は、血液検査の結果もすべて正常値ですが、今にして思えば、ときどき、胸がちくっとしたことがあった、ふらっとしたことがあった、と言っていました。
そういう症状があったら、洞不全症候群も疑ったほうがいいかもしれませんね。


写真は実家のスズランです。
株分けしてもらった我が家のスズランは、毎年、葉は出るのに、花を咲かせてくれません。
今年も無理そうですが、来年こそはと期待しています。



『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)のkindle版が4月16日より配信開始となりました。
2月4日に発売された電子書籍オリジナル短篇集『果実の誤解』(アドレナライズ)も、心理サスペンスの短編集です。
既刊本等はサイドバーにまとめています。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

ヒムネオオハシとネモフィラ

2015-04-23 | 福岡
久しぶりに、母と一緒に若松区のグリーンパーク熱帯生態園へ。
ヒムネオオハシが食事中でした。


すぐそばで写真を撮っても逃げずに、いろいろな表情を見せてくれましたよ。


熱帯生態園と熱帯果樹温室の植物たち。


パキスタキス・ルテアは、白い部分が花で、黄色い苞は葉の変形したものだとか。


パッシフロラ・アラタ。
ぐるぐる巻きのツルが面白くて、しばし眺めていました。


咲くとこんな感じです。イソギンチャクっぽい花もインパクトがありますね。


ハナキリンは、長い茎に棘が密生していました。


おなじみハイビスカス。


ポニー広場の近くには、爽やかな色のネモフィラが広がっていました。


白いネモフィラも……。


母と、ゆっくり園内を散策。休憩できる木陰やベンチがたくさんあるので助かりました。


洞不全症候群でペースメーカー植込み手術を受けた夫ですが、土曜日に退院して、月曜日から出勤しています。
入院中は、職場の方たちにフォローしていただき、ご迷惑をおかけしたので、その分、頑張っているようです。
今回は、心臓関係の医療の進歩を目の当たりにしました。
丈夫だと思っていた心臓が、突然SOSを出すこともあるのですね。
参考になるかもしれないので、いつか顛末を書きたいと思います。



『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)のkindle版が4月16日より配信開始となりました。
2月4日に発売された電子書籍オリジナル短篇集『果実の誤解』(アドレナライズ)も、心理サスペンスの短編集です。
既刊本等はサイドバーにまとめています。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

アップルウォッチとフィンガーチップOximeter

2015-04-19 | Weblog
夫に付き合って、小倉のリバーウォークまでアップルウォッチを見に行ってきました。
カラフルなベルトのApple Watch Sport。


写真もOKということで、たくさん撮ってきましたよ。


私も何種類か試着しましたが、思ったより軽く、ベルトの部分も、いい感じにフィットしました。


入荷は未定ということですが、夫は、職場にも馴染みそうな、
ステンレススチール製の42ミリサイズのアップルウォッチを予約。
ベルトは、右の、シルバーのリンクブレスレットにしました。
身体データを測定し継続的に管理する機能を搭載しているそうで、
常時、心拍数も測定できるというのが大きなポイントです。


姪が、血中の酸素量や心拍数を簡単に測定できるフィンガーチップoximeterを送ってくれました。
とても手軽で正確です。アップルウォッチが届いても、毎日、使うことになると思います。


減塩は、工夫する方法がいろいろわかり、今のところ楽しみつつ料理しています。
こうして、退院したばかりの夫の健康面をみんなでサポートしていますが、本人の自覚のなさが……。
入院中の栄養指導も、「行ってらっしゃい」と私に向かって手を振り、
栄養士さんに、まずはご本人ですよね、と諭されていました。
ほかにも……、愚痴になりそうなので、やめておきますね。

写真は、リバーウォークの噴水で遊ぶ子供たちです。




『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)のkindle版が16日より配信開始となりました。
2月4日に発売された電子書籍オリジナル短篇集『果実の誤解』(アドレナライズ)も、心理サスペンスの短編集です。
既刊本等はサイドバーにまとめています。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

芝安のうどん

2015-04-13 | Weblog
思いがけないことが起きて、病院通いが続いていましたが、やっと落ち着いてきました。
ばたばたしており、アップし損ねていた、本城公園の八重桜です。


降るように咲いていましたが、今日通ったら、半分くらいになっていました。


かたまって咲いて、ぼんぼりのようだったのですが……。


愛知の友人が、芝安の、はまぐりうどんなどを送ってくれました。
まだ寒い日が多いので、体の中から温まりたいと思います。


珍しい、バラの香りと味のするお菓子も。


遠賀町のハイデルベルグの焼き菓子もいただきました。


ものすごい勢いで減っているのがこわいです。


私以上に甘い物を食べている友人がいますが、血液検査の結果は常に良好とか。
茶葉をお浸しなどにして、たくさん食べているので、それがいいのかもしれないとのことでした。
そろそろ新茶の季節ですし、真似してみようかな。

  
2月4日に発売された電子書籍オリジナル短篇集『果実の誤解』(アドレナライズ)は、心理
サスペンスの短編集です。
既刊本等はサイドバーにまとめています。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp