最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

ゆいまーる通り

2005-07-31 | 沖縄
南風原(はえばる)ジャスコ内にある、昭和30年代の
沖縄の町並みを再現した、「ゆいまーる通り」。
夕暮れ時の雰囲気を出しています。ちゃんと食事もできますよ。


同じく、ゆいまーる通りにある、駄菓子屋さん。


懐かしいお菓子が並んでいました。もちろん買えます。


「ゆいまーる」というのは、「結い(ゆい)」を意味する
沖縄の方言だそうです。結束とか助け合いということ
らしいです。

*********************************************

律子の事件簿 File 3「フィフティ・フィフティ」は、
iモード公式サイト、ジョルダン株式会社『乗換案内』の
「読書の時間」にて配信中です。

短編集『女たちの殺意』(新風舎文庫)は、書店ならびに
net-poo  セブンアンドワイ bk1 e-hon等にて
取り扱っています。よかったら、読んでみてください。
(現在、amazon、楽天ではちょっと日数がかかるようです)
  
感想、苦情(?)などはこちらまで→ hiromi20050115@ybb.ne.jp
コメント (8)

玉家

2005-07-30 | 沖縄
今日はちょっと足を伸ばして、あちこちで評判になっている
沖縄そばの店、「玉家」に行ってきました。



場所は決していいとは言えないのに、お客さんの多いこと。
次から次に車が入ってきて、行列ができていました。
ということで、座敷の広いテーブルで相席となりました。

私は「ソーキそば」を、夫は「てびちそば」を注文。


てびち(豚足)は別皿で出ました。

さすが、評判の店だけあって、スープも麺も高得点。
てびちも、とろとろで美味しかったようです。

ところで、相席したのは親子連れ。小学校3、4年生
くらいの男の子と、その子の両親のようでしたが、お昼の
テレビのニュースが流れていたので、それを見ながら、
男の子は、盛んに父親に質問していました。

イギリスのテロ事件に関するニュースを見て、誰が
こんなことしたの? どうしてこんなことをしたの?
アルカイダって何? 果ては、宗教って何? まで。
父親の答えを聞いて、質問はますます広がっていました。
横田めぐみさんのニュースでは、さらに突っ込んだ質問が。
そばを待っている間、食べている間、とにかくずっと質問攻め。
それでも、父親は、頑張って答えていました。
子供って、ニュースにもこんなに関心があるのですね。
ふむふむ。
コメント (4)

収納

2005-07-29 | 沖縄
インテリア雑誌に知人の家が紹介されることになって、
みんなで撮影前の掃除をしに行ったことがあります。
もちろん素敵なお宅ですが、それでも、生活しているのだから、
少しは生活臭のする場所もありますよね。

インテリア雑誌の記者の話では、取材に行くと、「この部屋だけは
開けないでください」と言われることが多いのだとか。
そのひと部屋に、ごちゃごちゃしたものを押し込んで、他の部屋は
すっきりさせているわけですね。
気取らずに、普段の生活を撮らせてほしいと思っても、
なかなか思い通りにならないそうです。まあ、全国的に
室内を公開するのですから、多少の見栄はあって当然ですよね。

そういえば、テレビ番組の「大改造!劇的ビフォアーアフター」ですが、
リフォームが完成して、撮影のときは、すごくきれいになっているけど、
以前に使っていたものが戻ってきたらどうなるのだろう、と、いつも
心配になります。あれは、あくまでも撮影用ですよね?
結局、すっきり住むには捨てるしかないのでしょうか。

話は変わって、
てんもりさんのブログで、私のお気に入りの店、「月ぬ美しゃ」が
紹介されています。見ているだけで、じゅるじゅると涎が出そうな
写真がいっぱいですので、ぜひどうぞ。

そういう私は、ささやかに、沖縄の「氷ぜんさい」の写真を。
スーパーの入口などでよく見かける、ぜんざいの小さな屋台。
 
沖縄は小豆ではなく、金時豆を使うのですよ。甘さ控えめです。
下に氷が入っていて、ざくざく、かき混ぜて食べます。


*********************************************

律子の事件簿 File 3「フィフティ・フィフティ」は、
iモード公式サイト、ジョルダン株式会社『乗換案内』の
「読書の時間」にて配信中です。

短編集『女たちの殺意』(新風舎文庫)も
よろしくお願いします。
  
感想、苦情(?)などはこちらまで→ hiromi20050115@ybb.ne.jp
コメント (4)

カラダスキャン(2)

2005-07-28 | 沖縄
ジムに通い始めた夫、カラダスキャンの結果が、
実年齢よりマイナス10歳になったと喜んでいたら、
友達は、なんと、マイナス15歳とのこと。
マイナス5歳の私は、どうやら標準のようです。
ぬか喜びでした。(笑)

余談ですが、オムロンのカラダスキャンを買う前に
持っていた、タニタの体脂肪計で測ると、オムロンの
カラダスキャンより、体脂肪の数値がかなりいいのですよ。
食べ過ぎたな、と思ったときは、タニタの体脂肪計で
測るようにしています。
なんのためのカラダスキャンやら……。

写真は、ご存知「ゴーヤ」です。今は、全国的に
売られるようになりましたが、さすがにこの量は
多いですよね。1本100円ですし。え? これも普通?


沖縄そばのカップ麺。これも、本土でも売られて
いるのかな? 値段は、結構高いです。



*********************************************

律子の事件簿 File 3「フィフティ・フィフティ」は、
iモード公式サイト、ジョルダン株式会社『乗換案内』の
「読書の時間」にて配信中です。

短編集『女たちの殺意』(新風舎文庫)も
よろしくお願いします。
  
感想、苦情(?)などはこちらまで→ hiromi20050115@ybb.ne.jp
コメント (10)

余裕

2005-07-25 | Weblog
人は、余裕がなくなると、本性が出るというか、取り繕ったり、
他人の目を気にすることができなくなるのだな、と、あるテレビ番組を
見て思いました。

元トレンディ女優と、野際陽子さんが二人で「屋久島の縄文杉に会いに行く」
というのをやっていましたが(録画したものを見たのですが)、
6時間半くらいの厳しい道のりを、野際さんは、普段とまったく変わらず、
疲れていても、何かいい感じ。

彼女より20歳以上若い女優のほうが、遅れ気味だし、体調もあまり
よくないようでした。
途中で、「チョコレートちょうだい」とスタッフに言ったのですが、
その言い方も横柄に聞こえ、その他の発言も、普段と違って、どこか
とげとげしい。

マネージャーがギブアップして、リタイアが決定したときだけ、
彼女の顔が輝き、「ほかにギブアップする人いませんか~」と
大声を出していました。
脱落者が出たことで、ほっとしたのでしょうね。それからは、
気持ちに余裕ができたのか、元気になったように見えました。

そういう私も、普段は穏やかに見えると言われますが、余裕が
なくなると、トゲがたくさん出ます。(^^;


写真は、お気に入りの「うっちん茶」。
ウコンのお茶です。沖縄限定かな?


*********************************************

律子の事件簿 File 3「フィフティ・フィフティ」は、
iモード公式サイト、ジョルダン株式会社『乗換案内』の
「読書の時間」にて配信中です。

短編集『女たちの殺意』(新風舎文庫)は、書店ならびに
net-poo amazon セブンアンドワイ bk1等にて
取り扱っています。ぜひ、読んでみてくださいね。
  
感想、苦情などはこちらまで→ hiromi20050115@ybb.ne.jp
コメント (8)