最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

オランダ ベルギーの旅(6) アントワープ

2013-04-29 | 旅(海外)
オランダを出発してベルギーのアントワープに到着。
博物館のような雰囲気のアントワープ中央駅。


まん前に観覧車が……。スピードが早く、一分ちょっとで一周していました。


駅の中に入ってみました。「鉄道の大聖堂」と呼ばれているのも頷けます。


次々にホームに入ってくる電車。
鉄道ファンならずとも見入ってしまう、雰囲気のある駅です。


周辺の建物も、ほとんどが石造り。泊まったホテルも写っています。


スヘルデ川の近くにあるステーン城。
お城の前には、アントワープの伝説の巨人、ドルオン・アンティゴーンの像があります。
ドルオン・アンティゴーンは、スヘルデ川を通行する船に通行料を要求し、
それに応じない者の手首を切り落として、川へ投げ捨てていたそうです。


マルクト広場にあるブラボーの噴水。
ローマの戦士シルヴィウス・ブラボーが巨人を退治して、逆に、手首を切り落として川に投げ捨てたそうで、
この伝説からアントワープ(手を投げる)という名前になったのだとか。


「フランダースの犬」でも有名なノートルダム大聖堂。


ルーベンスの三連祭壇画が展示されています。
天に導かれている聖母マリアの姿を描いた「聖母被昇天」。


キリストが十字架に架けられるところを描いた「キリストの昇架」。


キリストが十字架から降ろされるところを描いている「キリストの降架」。


朝の散歩のときに、ルーベンスの邸宅とアトリエの前も通りました。
今は美術館になっているようです。


質素、倹約のオランダは、外食もあまりしないそうですが、ベルギーは美食の国なのだそうです。


夫が特に楽しみにしていたのはベルギービール。


ふらりと入ったレストランですが、店のビールリストを見ると100種類ほどありました。
ベルギーのビールは銘柄によってグラスが違うので、見ているだけで楽しかったです。


夜は冷えるのに、外の席はいっぱいで店内はガラガラ。
どうやら店内禁煙が理由だったようです。


美味しかった海老料理。


私が楽しみにしていたのは、チョコレートとワッフル。
デザートのチョコレートムースは、味わい深く、意外にも甘さ控えめでした。


次は、ブルージュです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

オランダ ベルギーの旅(5) キューケンホフ公園

2013-04-27 | 旅(海外)
オランダといえば、やはりチューリップ。
世界最大級のチューリップ公園、キューケンホフの近くにあるチューリップ畑にお邪魔しました。
今年の春は、冬が居座ったような寒さで、チューリップの開花も2~3週間遅れてしまったようです。


球根栽培が目的なので、花が咲いたら、数日でカットしてしまいます。
満開のチューリップ畑を見るのはタイミングが難しそうですね。
でも、広々とした畑を眺めるだけで気持ち良かったです。


赤いチューリップは寒さに強いのか、かなり咲いていました。


3月~5月の期間だけ開園するキューケンホフ公園。
ここのチューリップは観賞用ですので、花が咲いても切り取られることはありません。


色とりどりの珍しいチューリップたち。


「Vincent van Gogh tulip」 ゴッホの名前がついたチューリップもありました。


やわらかい色合いの八重のチューリップ。


強烈な配色のものも。


薄紫色のチューリップ。


最近、日本でもフリンジ咲きのものが増えましたが、この色合いは珍しいですね。




目を引いたチューリップとバラの組み合わせ。


チューリップと並んで多かったのがクロッカス。


ときどき雨も降るあいにくのお天気でしたが、それでも十分楽しめました。


園内には、チーズの販売店も。


パビリオンで食べたアップルパイ。控えめな甘さも、ごろんとした林檎の食感も好みでした。


美術館、風車、チューリップなど、見どころの多いオランダですが、
「窓」も印象に残っています。「飾り窓」だけでなく、さまざまな意味があることを知りました。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

オランダ ベルギーの旅(4) オランダの風景

2013-04-26 | 旅(海外)
オランダらしい写真を集めてみました。


アムステルダム独特の、間口が狭く奥行きがある建物。


隙間なく建てられた家自体が城壁のひとつだったようです。


最上階の表の部分に滑車がついており、それを利用して家具や大きな荷物などを搬入するのだとか。


オランダの最近の建築物は、奇抜で斬新なデザインが多いそうです。
バランスが悪そうに見えるけど、支えのない上の部分、大丈夫なのでしょうか。


ビルの壁面を利用した、アムステルダム国立美術館の広告。


オランダの人たちの移動手段は、主に自転車。自転車専用道が設けられている道路が多かったです。
人より自転車優先、という感じでした。


アムステルダム中央駅近くの自転車置き場には、ものすごい数の自転車が……。
自分の自転車を探すだけでも大変そうです。


現地ガイドさんの話では、家の周辺には駐車場がないので、車は、決められた道路脇に縦列駐車するのだとか。
どの車も、ほとんど間隔をあけないでとめるので、動かすときは、前の車と後ろの車のバンパーに静かに当てて、
間隔を広げてから出るのだそうです。


がらっと雰囲気の違う、キンデルダイクの風車網。


国土の 1/4 が海面よりも低いオランダ。
運河を作ってできた干拓地の排水のために、風車のポンプは欠かすことができないものだったのですね。


今でも、風車を管理している人たちは、足を守るために木くつを履いているのだとか。


ぐわん、ぐわん、という感じで回る風車は迫力がありました。


オランダは、次で最後。キューケンホフのチューリップです。



既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

オランダ ベルギーの旅(3) クレラー・ミュラー美術館

2013-04-25 | 旅(海外)
オランダ最大の国立公園、「デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園」の中にある、国立クレラー・ミュラー美術館。
20世紀初頭に莫大な財を築いたクレラー夫妻のコレクションが展示されています。
夫人が好きだった、オランダ出身の画家、ゴッホのコレクションが充実しており、作品は270点以上。
クレラー夫人の夢は美術館を建てることだったそうですが、事業破たんにより資金がなくなり、国に相談。
所蔵している絵画と、美術館を建てる土地を提供することで話がまとまり、静かな森の中に国立美術館ができたそうです。


広々とした彫刻庭園。
無料の貸自転車がたくさんあり、サイクリングを楽しむこともできます。
ただ、公園は5500ヘクタールと広大なので、サイクリングコースをはずれた観光客が迷子になったこともあるとか。


数多くのゴッホ作品の中でも見逃せないのは、代表作のひとつ「夜のカフェテラス」。


同じく「アルルの跳ね橋」。


遠い地まで来た甲斐があって、間近でじっくり観賞することができました。絵と一緒に記念撮影も。
アムステルダム国立美術館と同じく、フラッシュを使用しなければ写真を撮ることができます。


ミレーの「種蒔く人」をモチーフにして作成した「夕日と種蒔く人」。
色彩も、タッチもまったく違いますね。


「プロヴァンスの麦積み」。


「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」


デッサンも多数展示されていました。


アムステルダム国立美術館に比べて、室内も額もシンプルです。


団体客で賑わっても、一斉に移動するので、あとはゆっくり見ることができます。


著名な作品があっても、こんなふうに誰もいない部屋も。


「cipre ssen met twee figuren」(表記のまま)。


タッチがよくわかるように、アップにしてみました。


「四輪の枯れたヒマワリ」。


ゴッホはヒマワリの絵をたくさん描いており、その最後を飾るのが、このヒマワリだそうです。


ゴッホのほかにも、ルノワールやピカソ、ゴーギャンなどの作品が多数展示されていました。
ルノアールの「At the Cafe, circa」。


抽象画の普及に努めた、テオ・ファン・ドースブルフの作品。


Massimo Campigliの作品。


ピカソの「ギター」。


彫刻は、ロダンのものがさりげなく置かれていたりします。
今回は滞在時間が短かったので、いつか、デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園を、一日かけてゆっくりまわってみたいものです。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

オランダ ベルギーの旅(2) アムステルダム国立美術館

2013-04-23 | 旅(海外)
2004年に大規模改修が始まり、2008年夏に公開予定だったアムステルダム国立美術館。
大幅に工事が遅れて、リニューアルオープンは2013年4月とのことでしたので、それに合わせて旅行を計画しました。
でも、日本と違って、予定は変わるもの、という感じらしく、また遅れるのではないかと、訪問するまでは気をもみました。
それだけに、人がぞくぞくと入っていく美術館を見たときは嬉しかったです。


一番人気は、レンブラントの「夜警」。


展示している部屋は、常時、こんな感じでした。


同じく、レンブラントの「織物商組合の幹部たち」。


「夜警」と同じ部屋に飾られていた、バルトロメウス・ファン・デル・ヘルストの「ルーロフ・ビッカー隊の肖像絵」。


これも、「夜警」と同じ部屋に展示されていた、フランス・ハルスの「痩せた警備隊」。
訳あって、右半分は違う画家が仕上げているそうです。確かに左右で違いますね。


他の部屋はどこも、比較的ゆっくり見ることができました。


ジャン・アダム・コ ルネリスの作品。


ヘンドリック・ヤコブスショルテンの作品。


光沢のある布の質感が目をひきます。


フェルメールの「牛乳を注ぐ女」。


手元をアップにしてみました。


「美の巨人たち」でも取り上げられた、フェルメールの「手紙を読む青衣の女」。


フェルメールにも影響を与えたと言われているピーテル・デ・ホーホの作品。


同じく、ピーテル・デ・ホーホの「家の裏庭にいる三人の女性と一人の男」。


ゴッホの自画像。


クレラー・ミュラー美術館の写真もありますので、アムステルダム国立美術館の絵の写真はこのくらいで。
調度品も数多く展示されていました。


凝った装飾のノーチラスカップ。


奥の上段がカフェ。下の階がショップです。
一般公開初日とあって、両方とも混雑していました。


広いし、展示作品が多いので、全館、すべてを見るには、一日かかると思います。




既刊本等はサイドバーにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp