最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

サイコミステリーコミックセレクション

2011-07-27 | 小説
気温の変化が激しくて、体調を崩されている方が多いようですね。
私も「食欲がなくて……」と言っていたら、友人から「それだけ食べていたら十分」と言われました。
本当に食欲がない人は、プチトマトしか食べられなくて数日過ごしたとか。
私は相変わらず、甘いものを食べています。


沖縄の友人が懐かしいサーターアンダギーを送ってくれました。いろいろな種類がたくさん。


これを何個も食べておきながら、「食欲がない」とはさすがに言えませんね。


小田原からは美味しい干物が届きました。
さすが小田原の干物。旨みたっぷりでした。今度は自分で注文しようと思っています。


昨日は、新しくお仕事をさせていただくことになった出版社の方が北九州まで来てくださいました。
聡明でとても素敵な女性編集者さん。楽しく有意義な時間が過ごせて、頭はすっかり小説モードです。

サスペリアミステリー9月号に、来月発売の『サイコミステリーコミックセレクション』の予告が載っていました。
表紙を見ると、内田康夫、森村誠一、新津きよみ、山村美紗、小池真理子(敬称略)という超豪華な原作者と一緒に私の名前も!
漫画化された『恨み忘れじ』(角川ホラー文庫)の「マニキュア」と「クレーム」が再録されています。
発売は8月25日とまだ先ですが、書店だけでなく、全国のコンビニでも販売するようですので、まだご覧になっていない方は、ぜひ。
ふたつとも、ラストは原作より怖いです。


先月発売された『鈍色の家』(光文社文庫)は、介護をテーマにしたサスペンスミステリーです。
現在、介護をされているという方にも読んでいただきたいです。
介護のヒントが見つかった、という感想もいただきました。
アマゾンの「なか見検索」で、冒頭部分が立ち読みできます。


『終わらせ人』(角川ホラー文庫)の電子書籍での配信も始まりました。
詳しくは、BOOK☆WALKER新刊情報をご覧ください。

勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

夏井ヶ浜の浜木綿

2011-07-24 | 福岡
夏井ヶ浜(福岡県芦屋町)のハマユウが今年も咲きはじめました。九州では、ここが自生の北限地です。


夏井ヶ浜に続く狩尾岬。海風に吹かれているだけで心地よかったです。


母が両膝の手術とリハビリを終えて無事に退院したので、
昨日は、若松区の割烹旅館「ふじむら」で姉家族と一緒に退院祝いをしました
とれたての海の幸が美味しかったです。


母に花束のプレゼント。
高齢にもかかわらず、手術もリハビリもよく頑張ったと思います。


両足に人工膝関節が入ったわけですが、膝の痛みもすっかりなくなったようで、足取りも軽くなりました。
症状にもよるでしょうが、人工膝関節全置換術は、母にとって最良の治療法だったようです。
名医に巡り合えたのも幸運でした。
約3ヶ月間、姉と交代で毎日病院に通っていましたが、それも卒業。
これからは、母と一緒にあちこち出かけられそうです。


先月発売の『鈍色の家』(光文社文庫)は、心理ミステリーです。
鈍色(にびいろ)」は喪の色……。ぜひ、読んでみてください。
アマゾンはこちらから。送料無料です。


4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
角川書店のHPで冒頭部分の立ち読みができます。
こちらもよろしくお願いします。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

夏本番

2011-07-17 | 福岡
容赦なく照りつける太陽に少々バテ気味の毎日ですが、
夏の花、ヒマワリは、さすがに元気ですね。


若松区有毛のヒマワリ畑。


海岸は海水浴を楽しむ家族連れでにぎわっていました。


食欲が落ち気味のときに送っていただいた、信州 戸隠のお蕎麦。
生わさびをすりおろしていると、安曇野の美しい わさび田が頭に浮かんできました。
食欲も一気に回復。


信州は大好きなところですし、NHKの『おひさま』を楽しみに見ているので、
味わい深いお蕎麦が、一層、美味しく感じられました。


先月発売の『鈍色の家』は介護にまつわる心理ミステリーです。
ぜひ、読んでみてください。

アマゾンはこちらから。送料無料です。

4月発売の『終わらせ人』角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

沈丁花の実

2011-07-11 | 福岡
実家の沈丁花が初めて実をつけました。
日本にある沈丁花は、ほとんどが雄株で、挿し木で増やすのだとか。
気付くのが遅かったので、シワシワになっていますが、
雌株がほとんどない日本では、めったに見られない実のようです。
母の退院も近いようですし、いいことがあるかな。


ずっと気になっていたお店を覗いてみました。
中間市中央にある「江戸蕎麦 平家(ひらのや)」です。


とろろそばを注文。お蕎麦も、甘味のある深川飯も美味しかったです。


生わさびの香りが蕎麦を引き立てていました。


お店の方たちは、凛とした袴姿。
同じ敷地内にある「相撲ダイニング武尊(たける)」は、ちゃんことステーキのお店ですが、完全予約制のようです。


先月発売の 『鈍色(にびいろ)の家』 は介護をテーマにした心理ミステリーです。
秘めたる女性の心理、ちょっと覗いてみてください。


4月発売の『終わらせ人』(角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp

325コレクション

2011-07-08 | Weblog
20年来の友人の光子さんが、自宅を増築してギャラリーに。
初のコレクションも無事に終わってほっとひと息でしょうか。


かっこいい325コレクション。


こちらは、子供服。Aラインの麻のワンピースと綿ローンのブラウス。
325のタグもお洒落だなあ。


お嬢さんがデザインした案内状。センスいいですね。
HPも制作中とのことですから、そのうち、ネットで注文できるようになるかもしれません。楽しみです。


七夕の昨日は、願いがかなったような嬉しいメールをいただいたし、
少し前は、会いたかった人にも会えたので、また頑張れそうです。

新刊、 『鈍色(にびいろ)の家』 の「鈍色」は喪の色。
主人公の多香子が手にした手紙に書かれていたことは……。
サスペンスミステリーです。よろしくお願いします。


4月発売の『終わらせ人』(角川ホラー文庫)は、
こちらで、冒頭部分の立ち読みができます。


勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp