ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「スパイの妻 劇場版」、蒼井優がスパイの妻を演じる!

2020-10-22 18:15:08 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)

ミステリアスな映画好き ☆☆☆☆

第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。 黒沢清監督作品。

2020年6月にNHK BS8Kで放送された同名ドラマをスクリーンサイズや色調を新たにした劇場版として劇場公開。

一九四〇年。少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた頃。聡子(蒼井優)は貿易会社を営む福原優作(高橋一生)とともに、神戸で瀟洒な洋館で暮らしていた。

物資を求めて、満州に出張した優作は、中国人を使った人体実験の事実を知ってしまう。

正義感の強い優作は、これを外国へ公表しようと考える。

聡子は、この事実を幼馴染の神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森(東出)に告げる。

事実を海外へ公表しようとする夫、その夫についていこうと願う聡子。

なかなかサスペンスあふれる展開だが、地味といえば地味。

ラストの意外な展開になるほど。

NHKのバックがあるだけに、時代考証とか、撮影現場とか、かなり凝っている。

当時の上流階級の生活が垣間見れる。

だましだまされの展開の中で、夫を信じて行動する聡子。気がふれた擬態を演じる蒼井優。渾身の演技だ。

ひそかなる戦争批判映画。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ボーダー-自由への扉-」... | トップ | 「マッドレイジ Z 」、アルゼ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事