自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

諦めの夏??

2018年08月31日 07時59分53秒 | 沖釣り日記
先週計画していて、台風20号の影響で延期していた相模湾キハダマグロ釣りに行って参りました!

・・・って言いたいところだったのですが、またもや!!!
今度は秋雨前線に向かって台風21号から吹き込む湿った南風のお陰で、お船が出ませんでした・・・・(´;ω;`)

昨日から準備万端整え、夜中の2時に起きて、2時半に自宅を出発、4時に船宿に着いたところ、何やら怪しい風が・・・。
舩宿の親父さんが船着き場に様子を見に行って、なかなか戻ってこないので不安になっていたら・・・見事的中!

「申し訳ない! 今日はポイント付近の南風が強くて、出船できません」

との宣告!!!
・・・一同、シーン・・・

自然相手、安全第一なので、こればっかりは仕方ありません。
10人くらい集まっていたお客は、皆さんガックリとして、そそくさと解散です。

私も6時過ぎには自宅に戻ってきました。

その後、確認すると平塚の船宿は出船したようです。
どうやら沖は1.5~2m位の波のようで、安全という面では何とか大丈夫なようですが、釣りになるかどうかは微妙です。

この後、チャンスがあればリベンジしたいと思いますが、どうやら「諦めの夏」になりそうな気配です。

それよりも! 台風21号が相当ヤバそうです!
920Hpというもの凄い強さで日本を直撃しそうです。
何時どの辺りに上陸するかはまだ判りませんが、来週の後半が最も危険な感じです。

皆様、どうか被害に遭われませんよう、お祈りしています。
今週末は十分な備えをしておきましょう。
コメント (6)

結局マグロ釣りは延期

2018年08月25日 06時13分31秒 | 沖釣り日記
24日に予定していた相模湾キハダマグロ釣りは、台風の直撃ドンズバで敢え無く中止となりました。(相模湾でも4mの波)

25日は船宿によっては出船しているようですが、台風一過の土曜日で混雑が予想される(マグロ・カツオ釣りで混雑は致命的)ことと、朝一番はウネリが残っている筈なので見送りました。

・・・ってことで、結局1週間延期です。
マグロちゃん、それまで待っててくださいね!!


シマノ (SHIMANO) 電動リール 15 フォースマスター 9000 右ハンドル
クリエーター情報なし
シマノ(SHIMANO)
コメント (8)

今週末はマグロ釣り?

2018年08月21日 05時39分31秒 | 沖釣り日記
今週末金曜日は待ちに待ったキハダマグロ釣りです。

年に一度の大博打!
カツオやキメジには目もくれず、目指すは30kgオーバーのキハダマグロのみ!

神様、お願い! あの大格闘劇をもう一度味わわせて!

・・・・って勢いづいて、準備万端整えていたら・・・・・

なんと・・・・なんと・・・・台風20号が・・・
本州直撃コースで24日頃に上陸とか・・・・
波の予報を見ても4m以上・・・こりゃ、だめだ。

あぁーーーなんということでしょう! サラリーマンがやっと確保した平日の休みを無慈悲にも踏みにじるなんて・・・・。

一日延期で土曜日にするか、1週間延期するか・・・もう少し台風の動向を見て決めます。


シマノ リール 電動丸 9000ビーストマスター ZB
クリエーター情報なし
シマノ(SHIMANO)
コメント (4)

新島ウラ五目遠征

2018年07月18日 05時34分32秒 | 沖釣り日記
6月の剣崎沖イサキに続いて、7月はちょっと遠出で伊豆網代港から新島ウラの五目釣りに行ってきました。

潮は中潮、天候は晴れ、波は0.5~1m。

午前2時に網代港へ集合し、乗船。
釣り人は中乗りさんと私含めて全部で6名、片舷3名づつですから余裕の大名釣りです。
私の釣り座は左舷のオオドモです。

乗船手続きを済ませ、粗方の仕度をしたら出港です。
約3時間の行程なので、冷房完備の後部キャビンのベッドで仮眠です。

5時半頃、目が覚めてデッキへ出て、コンビニで買っておいた朝食を食べながら見た朝陽です。


暫くすると利島(一番右)と新島(一番左)が見えてきます。


6時半頃に最初のポイント、新島ウラに到着です。
ポイントから観た新島です。実際は写真で見るより近いです。


タナは水面から70m前後。
80号ビシにオキアミコマセ、片テンビン、2mm/1mのゴムクッションの先にハリス6号6m2本針の仕掛けを付け、オキアミの付けエサという仕掛けです。
ロッドはアグリショット50-80、2.2m。
リールはシマノビーストマスター3000にPE6号です。

セオリー通り、指示棚からハリス分下げて、コマセを撒きながら指示タナまで上げるという釣り方で、開始です。

一投目でかなり重いアタリ、何かと思って慎重に上げると35cmサイズの赤イサキの一荷でした。
(赤イサキは綺麗な白身で食べると旨い)

その後は頻繁に移動しながら、25~30cmサイズのイサキがポツポツと上がりました。
サイズは小さいですが15~20cmウメイロも2尾混じりました。

他のお客さんにはメダイ1、メジナ1、アオダイ少々、ウメイロ少々という感じです。

ほぼイサキ一色で前半が終了し、船長が何とかシマアジを釣らせようと気を利かしてくれて、前日シマアジが上がった利島周りまで30分位かけて戻りました。

タナはグッと浅くなって25~15m。
しかし、残念ながらここもイサキメインでシマアジの顔は全く見られませんでした。
更に、トロトロとしていた潮がカッ飛び始めて釣りにくい状況になってしまいました。

結局、このまま時間切れ、納竿となりました。
13:50分頃網代帰港、渋滞も無く15時過ぎに帰宅できました。


私の釣果は20~30cmイサキ20尾、35cm赤イサキ2尾、15~20cmウメイロ2尾という結果でした。
6月以降、イサキに取りつかれているようで、我が家の冷凍庫はイサキで満杯状態です。



シマアジの顔が見られなかったのは凄く残念でしたが、久々の遠征釣りを楽しめて満足です。

次は8月のキハダマグロです。
コメント (11)

新島ウラ遠征決定

2018年07月13日 20時11分14秒 | 沖釣り日記
来週、西伊豆網代港の「ゆたか丸」さんから、新島ウラの五目遠征釣りが決まりました。

平日なので最低釣行人数が揃うかどうか心配でしたが、無事釣行決定です。

あとは天候を祈るだけです。

五目釣りなので何が釣れるか楽しみです。
イサキ、アオダイ、ウメイロ、マダイ・・・。
ひょっとするとシマアジも??
運が良ければカンパチかヒラマサか・・・・。

こんなこと考えてる今が一番楽しい??(笑)
コメント (4)

台風一過のイサキ釣行

2018年06月13日 05時33分19秒 | 沖釣り日記
5月の末に7ケ月振りで釣行し、次は6月1日開始のイサキ!って意気込んで、都合よく12日(火)に平日休みが取れたので、200%行く気になっていたら・・・台風5号・・・(´;ω;`)

何とか早めに通過してくれないかと、淡い期待をしていたのですが、直前予報でも波高2m以上ということで、半ば諦めていました・
ところが月曜日の夕方、船宿へ電話で確認すると「出船しますよ」!
駄目元で、とにかく行ってみました。
結果、大正解!

いつもの松輪港から剣崎沖のポイントです。
微妙な天候だったせいか、普段の平日よりも更に空いています。
全長20mクラスの大型新造船で片舷4名の大名釣行で、おまけに運良く左舷オオドモの釣り座を確保。

午前5時半出船すると会場はやや波とうねりが残るものの、釣りに支障があるレベルではありません。
最初は曇り空でしたが、後半はドピーカンで完全に凪。風もそよ風程度です。

タナは水面から15~20mで、仕掛けはウィリーの4本針ハリス1.5号、のち3本針のハリス2号です。
朝一1時間くらいは入れ食い状態で、投入の度にアタリ。
その後は落ち着いたものの、一日中ポツポツとアタリが続きました。
サイズは15~30cm、船中最大で40cmも上がりました。
外道はメジナ、カワハギ、イシダイなどです。

さて、私の釣果ですが、何年振りかでようやく釣りらしい感じになりました。
15~30cmのイサキが44尾、プラス外道で30cmメジナと20cmカワハギが各1尾で合計46尾

良型2尾とメジナ・カワハギは刺身で頂き、残りは冷凍(-60℃)で後日、お刺身、塩焼き、煮つけ、イサキ飯などで頂こうと思います。







これで釣り禁断症状は少し治まりました。

次回は青物ですね。
コメント (8)

7ケ月振りの釣行

2018年05月29日 18時17分04秒 | 沖釣り日記
昨年の10月28日にワラサ釣りに行って以来、ちょうど7ケ月振りに釣行しました。

釣り物は「マダイ」です。
場所は東京湾の入り口、通称剣崎沖と言われるポイントです。
ちょうど乗っ込みマダイのシーズン(そろそろ終盤)です。

天気は前半曇天、後半晴れ、潮は大潮ですが緩い動きでした。

5:15頃、いやぁーー久しぶりの海です。
この風景もなんだか懐かしい感じすらします。


ロッドはシマノシーマイティ3m、リールはシマノプレミオ3000にPE4号、80号ビシでオキアミコマセ、仕掛けは4号8mの1本針からスタートです。
タナは上から18~25m辺りです。

開始から5~6投目でアタリ。
なんだか遠慮がちなアタリだなぁ・・・って思っていたら上がってきたのは27cmのかわいいマダイ君です。

その後、アタリが無く、仕掛けを3号10mに変えたとたん、明らかにタイとは違う妙なアタリ。
上がってきたのは25cmのカワハギ。

その後、30cmサイズのフグが1尾上がりましたが、当然リリース。

以後、全くアタリ無く、納竿となってしまいました。

つまり1日の釣果はこの2尾だけということです。

情けない・・・。
オオドモのお客さんは30cmクラスのマダイ3尾に40cmくらいの良型イシダイとメジナ各1となかなかの好釣果で、私とは大きな差がついてしまいました。
年に数回しか釣行しないのですから上達する訳がないですよね。(反省・・・)

まぁ、坊主は免れましたし、食べれば美味しい魚なので「良し」としましょう。

そう言えば、釣りとは関係ありませんが、今日は横須賀に停泊していた米空母ロナルドレーガンが出港したそうで、ちょうど私が釣りをしている時にすぐそばを通過しました。
全長333mの原子力空母です。 海上で航行中の姿を間近に見るのは初めてですが、ものすごくでかいです。

下の写真は横須賀港を出て1時間くらいの間、港の沖に止まっていた時の写真です。

更に下の写真は、止まっている時にヘリコプター(多分CH-60)が次々と甲板に着艦していく様子です。
空母の右のほうに米粒みたいに黒い点が見えるのが、ヘリです。

その他にもこんな船が通りました。



次の釣行は6月のLTイサキ釣りです。
コメント (4)

休暇1日目 2ケ月振りの釣行

2017年10月29日 07時24分53秒 | 沖釣り日記
昨日から9日間の休暇に入りました。

休暇1日目は、
8月25日にキハダマグロで釣行(1ヒットバラシで撃沈!)して以来、なんだかんだでチャンス無く、なんと2ケ月も我慢した「釣り」に行ってきました。
今回も台風22号の接近で危ぶまれましたが、そんなことはお構いなく「もう我慢できるか」という感じで強行しましたが、何とかギリギリセーフでした。

釣り物は「ワラサ」で、場所はお馴染の剣崎沖、船宿も松輪港のお馴染みの船宿です。

台風を嫌った方が多かったようで土曜日とは思えない空き方で、大型船で片側4名というゆったり釣行です。

6:30出船、天候は曇りで、沖へ出ると北風がかなり強く、白波が立っていますが、北風のお陰で波はそれ程高くなくて1~1.5mという感じです。

港から10分くらいでポイントへ到着、上から35m棚で釣り開始です。
ロッドは10年以上使っているシェイクスピアのアグリショット60-80/2.2m
リールはシマノビーストマスター3000MutekiにPE6号
仕掛けは、80号ビシ、50cm天秤、2.5mm50cmクッション、ハリスはフロロ8号3m、針は伊勢尼13号の1本針にオキアミ付け餌です。

開始早々、1投目で早くもアタリ!
何だか懐かしいような引きで、直ぐに判りましたが、上がってきたのは38cmのマダイでした。
これですっかり気分が良くなってしまい、「今日はなんだか行けそう」・・・。

その20分後くらいにそれほど強くはありませんが、グイグイとした引き。
今度は45cmくらいのイナダでした。

その後は暫くアタリがなく、雨も降ってきたので置き竿に作戦変更。
するとまたもマダイのアタリ。 今度はやや小ぶりで35cm弱です。

置き竿作戦を続けていると、遂に竿先が水面に突き刺さりました!
明らかにワラサです。
少し緩めてあったドラグを滑らせながら一進一退のやりとりの末、無事タモに入ったのは68cm(3kgオーバー)のワラサです。

この後もマダイとソウダカツオを追加して、10時頃でアタリが完全に止まりました。

11時頃、ポイントを移動し、イナダ狙いに切り替え、仕掛けもハリス5号3mに変更しました。
ショゴ(カンパチの幼魚)を期待しましたが、ここでも全くアタリなし。

台風の影響もあり、結局そのまま若干早上がりで12時頃に納竿となりました。

悪天候で釣りにくいコンディションでしたが、チャンスを逃さず、バラシも無く、まぁまぁ良い釣りができたと思います。
船中ワラサは2本、オデコの方も何人かでたようで、私が竿頭だったみたいです。
ここ数年続いた絶不調もようやく終わりの兆しが見えてきたような気がします。

マダイはお刺身とタイ飯で頂き、ワラサはお刺身で頂きました。
余った分は全部サクと切り身にしてマイナス60度の冷凍庫へ直行です。
後日解凍して、お刺身なりで頂きます。







シマノ リール 16 ビーストマスタ- 3000XS
クリエーター情報なし
SHIMANO(シマノ)
コメント (10)

マグロ釣行 結末は・・・

2017年08月26日 08時04分52秒 | 沖釣り日記
念願の相模湾キハダマグロ釣りに行ってきました。

今まで相模湾のキハダマグロ釣り(船はカツオ・マグロ船)は小田原と松輪(三浦半島の先端)の船宿から釣行していましたが、今回は初めて真ん中の平塚の船宿へ行ってみました。
平塚の船宿の中ではマグロ釣りに熱心なところで、この日も平日にも関わらず大型船を3隻も出していました。

私が乗った船は片側4人づつと船首にルアー客が1人の合計9人で、ゆったりとしていました。
私の釣り座は左舷前から2番目です。
海はややウネリはが入っていて、波は1mくらいです。
天候は晴れで気温は30℃を軽く超えていたと思います。

6時に出港し、小1時間で小田原沖の最初のポイントで止まり、7時頃、釣り開始。
棚はカツオが水面から20m、マグロがその10m下という浅さです。
どうも魚の活性が低いようで、ボイルや鳥山は殆ど無く、魚探で反応を探りながらの釣りで、嫌な予感がしました。

私はカツオは全く眼中になく、マグロ狙いに絞っていたので当然30m棚を狙います。
仕掛けはハリス22号4.5m、針はネムリ針です。
オキアミの付けエサで、80号ビシでオキアミコマセを撒きます。
ロッドはダイワのゴウインブルHHH2.3m、リールはシマノビーストマスター9000ZBです。

8時頃に船首のルアー客に最初のヒットがありましたが、リールに巻いていたラインの量が足りなかったようで、ファーストランで全部出されてしまいラインブレークでした。

その後も頻繁にポイントを変えながら、大船団の中に入ったり、少し離れたりしながらの釣りですが、なかなかアタリがありません。
10頃になってようやくカツオがポツポツとアタリだし、船中5~6本上がりましたがサイズは2~3kgクライスで本カツオとしては小振りです。

10時頃になって、左舷ミヨシ(つまり私の隣)のお客さんにアタリ。
ファーストランで300m出されて、ラインブレーク。
10号のPEが切れたので、根ずれかも知れません。

そして・・・
その30分くらい後、遂に私のロッドが突き刺さりました。
フルロックから半回転戻しにしてあったドラグはファーストランで100m程でました。
5年前を思い出すような強烈な引きです!
ファーストランが収まったところで巻きに掛かりました。
やりとりしながら少しづつ巻いて、残り8mくらいまで来て、タモがスタンバイしたところで、悲劇が・・・。
痛恨のフックアウト!!!
ファーストランの距離、引きの強さから推定して10kg台だったと思います。
(目標だった30kgに及ばないことは確実)

残り8mでマグロが船の陰に気付いて驚き、最後のひと暴れをした瞬間に外れてしまったのだと思います。
この最後のひと暴れは予測していたのですが、もう少し寄せてからと思った矢先にやられてしまいました。
元々針掛りが浅かったのかも知れませんが、私のミスです。

その後はアタリなく、13時納竿となりました。
船中、マグロはゼロ、2~3kgカツオが6~7本というところです。
他船も似たような状況で、全般に「外れ」の日でした。

今回の教訓・・・「詰めが甘い」!です。

完全坊主という結果でしたが、釣行できたこととマグロの引きを楽しめたことだけで「良し」とします。
これで「釣行禁断症状」は収まりましたが、今度は「釣りたい症候群」が出てきそうです。(笑)

今年はマグロにもう一度行けるかどうか・・・微妙です。
マグロが終ったら次はワラサ・ブリです。

最後に今回の釣行の写真を・・・。

出港前の綺麗な朝焼けです。


朝日です。


小田原沖から見た富士山です。


帰港中
ウミネコ?が船の間近の水面スレスレを飛んでいます。


江の島が見えます。
その右に延びているのは三浦半島です。


西に目を向けると伊豆半島が見えます。
コメント (8)

マグロ釣行決定

2017年08月20日 09時37分11秒 | 沖釣り日記
行きたくてなかなかチャンスが無かったマグロ釣りですが、ようやく25日に行けそうです。

マグロ・・・と言っても大島のクロマグロではなく、お手軽な相模湾のキハダマグロです。

天気予報では晴れの猛暑日です。 台風が発生しないことを祈るばかりです。
潮は大潮の最終日です。

5年前の2012年の8月21日に小田原沖で28kgのキハダを仕留めたことがあるので、今回の目標は30kgオーバーです。
カツオやキメジではなく、大物キハダに狙いを絞って、坊主覚悟の一か八かのギャンブル釣りです。

ロッドはダイワのゴウインブルHHH220、リールはシマノビーストマスター9000ZBで行きます。
仕掛けはハリス20~30号、長さ3~4.5mを用意します。
ファーストランが収まったら、サメに食われないようゴリ巻きする作戦なので、太目のハリスです。

さて・・・どうなりますことやら・・・
コメント (2)