はじめの戦車模型づくり

老眼に悩みながらもとにかく完成させることを目指します!

停滞中

2019-08-18 12:04:25 | 近況報告

16日金曜日から喉が痛くなり、土曜には咳が出始めました。

どうも風邪をひいたようです。

喘息があるのと色々と慢性疾患の薬を服用しているので売薬は服用せず、明日にでもかかりつけ医に行こうと思います。

そんなわけで先週から模型は中断しております。

咳が出始めると危なくてカッターを使えません。塗装も咳こんだらできませんし何より気力がダメですね。

実は16日にシャーマンをお手つきしました。48のM4A1です。

足回りを組んだところでストップしております。

体調が回復したらまずはシャーマンを組み上げたいと思います。

コメント (3)

1/35 Sd.kfz.131 MARDER II #6 塗装4

2019-08-11 21:30:34 | 第二次大戦 ドイツ軍

▼フィギュアの基本塗装をしました。全てラッカー系で済ませています。さすがに体型や軍服で年代を感じます。

▼ウォッシング、ウエザリングに備えてつや消しコートをしておきます。

▼車体にタミヤパネルラインのダークブラウンでスミ入れをいたしました。

▼タミヤエナメルシンナーではみ出した部分を拭き取りながら広げて縦方向に筆を動かして雨だれを意識しながらウォッシングをしていきました。

▼仕上がりを確認していたら、後部にあった取っ手がなくなっているのに気がつきました
 ツルハシの上に付いていました。跡が残っていますね やっぱりエナメル溶剤は怖いですね。

部品を探しましたが、なぜか見つかりません。やれやれ取っ手は真鍮線で作って付け直しとなりました。

▼転輪もスミ入れとウォッシングをやっておきました。

次回は、油彩を使っての退色表現、足回りのウエザリングに進みたいと思います。

明日より家内の実家へ行きますので作業は15日すぎになる予定です。

コメント

8月の買物 塗料、ウエザリング類を仕入れました

2019-08-10 12:03:48 | 買物と完成品

▼シャーマン用にオリーブドラブのカラーモジュレーションセットを仕入れました。

▼個人的にはカラーモジュレーションは不自然な感じがするのですが、見栄えの効果はあると思います。
 購入した一番の目的は、ハイライト色を調合するのが省けるのと、途中でハイライト色が切れてしまった時に調合する手間が省けることです。シャドー色は車体下部や足回り用だそうです。

▼ウエザリング塗料として、車体上の埃にサンディウォッシュを、使用してみないとはっきりとつかめませんが、泥か退色表現用にグレイッシュブラウンを買ってみました。

▼専用薄め液も同時購入。タミヤパネルライン系だとするとエナメル系なのでしょうか。
 タミヤエナメル溶剤も試してみようと思います。もし問題なければこの薄め液は今回のみの購入になりそうです。

▼同じく足回り用にペースト塗料も購入。こちらも薄める場合は上記の薄め液が指示されています。
 う〜ん、試しに買ったので薄め液は小にしましたが、もしタミヤエナメルが使えないとなると次は大瓶の購入になりそうです。

▼苦手なフィギュアの顔のスミ入れに買ってみました。どんな感じになるか全く見当がつきました。
 早速MARDERのフィギュアに使ってみようと思います。

▼MARDERについている砲弾用にペイントマーカーのゴールドを買いました。すでにシルバーは履帯の剥げた面に使用しています。非常に発色が良いので砲弾の薬莢部分に金属感が出ればと期待しています。

瞬間接着剤も残り少なくなったのでこの機会に一緒に仕入れておきました(笑)。

今回は、前々から使ってみようと思っていたものをまとめて買いました。
ヨド○シは送料が基本無料ですが、配達される会社のことを考えるとなるべくまとめられる時はまとめた方が良いと思っています。

コメント (4)

1/35 Sd.kfz.131 MARDER II #5 デカール

2019-08-08 17:08:56 | 第二次大戦 ドイツ軍

▼デカールを貼るためにクリアコートを吹いていたら、

あれ、指紋がついてる!!

おそらくOVMを塗り分けている時、手に塗料が付き、気が付かずそのまま触ってしまったのでしょう。

▼仕方ないのでベースのダークイエローを吹き、再度レッドブラウンでインクスポットを上から吹き直しました。

▲クリアコートを吹いてしまってから再塗装したので最初と少し変わってしまいました(汗)。

▼相変わらず都合の悪い事は無視し、さあ、デカールを貼りに進みましょう。

▲デカールを貼る部分は迷彩を避けるべきでした。思いっきり迷彩の上から貼っています。

▲こちらの面は避けて貼りましたが、位置が少し変になってしまいました。砲身のキルマークは思いっきり迷彩の上に貼ってあり、透けて迷彩が見えます。まずいなあ〜。カッチョわる〜くなりました。

一晩乾燥させてからつや消しコートを吹いてスミ入れ、ウォッシングにかかりたいと思います。

コメント

1/35 Sd.kfz.131 MARDER II #4 塗装3

2019-08-05 22:34:35 | 第二次大戦 ドイツ軍

▼基本塗装に入ります。ベースはタミヤラッカーLP-55ダークイエロー。

▼続いてホワイトを足してハイライトをつけました。意識して少し強めにしました。

▼インクスポット迷彩をタミヤラッカーLP-57レッドブラウンにLP-55ダークイエローを少々足して吹きました。調子に乗ってやりすぎた感があります(汗)。

▼こちら側の装甲板は実は失敗した部分。吹き始めに試し吹きをしないでいきなり行ったのでボワっと出てしまい、その後修正のため吹き直したので濃くなってしまっています。(前の写真と比べるとその差歴然です)

▼やはり調子に乗ってスポット迷彩をつけすぎました。
なんか「はしか」状態みたいになって気持ち悪いです。

▲ウエザリングで改善できるか心配ですが、このまま進めてしまいます。

▼装備品をタミヤアクリルで塗り分けました。

次回は、クリアコートを吹いてデカールを貼り、乾燥を待つあいだにフィギュアの塗装をしたいと思います。

コメント (2)

1/35 Sd.kfz.131 MARDER II #3 組立と塗装2

2019-08-04 20:10:41 | 第二次大戦 ドイツ軍

さて、前回の続きで浮いてしまった砲弾ケースの支柱を修正しようと思います。
ところが装甲板と砲弾ケースに貼っていた固定用のマスキングテープを剥がそうとしたところ、なんと一緒に装甲板と砲弾ケースも取れてしまいました。
こうなったら改めて砲弾ケースだけを支柱が浮かないようにして接着してみました。下の写真がその結果です。

▼左右の装甲板をつける前に車内の砲尾部分にツヤ消しコートをかけ、タミヤパネルラインのダークブラウンでスミ入れとウォッシングを済ませておきます。

▼履帯はタミヤラッカーLP-54ダークアイアンにLP-25陸自茶色を少し混ぜて吹きました。

▼砲の動きを確認しながら左右の装甲板を接着します。

▼前方から見ると、小柄な車体に長砲身で迫力を感じます。この辺がまさに自走砲の魅力ですね。

▼付属のフィギュアを乗せてみました。インストにある乗せ方は外からは分かりませんが、足が宙に浮いてしまいます。しっかり足がつくように乗せようとすると、う〜ん、後ろ向きがしっくりとしました。

▼これはこれでいいかなと勝手に思っております。

箱絵にある木箱は前方に置くものはフェンダー上の工具がぶつかるのと砲撃時に死角になりそうなので載せるのをやめました。後方に置く木箱はどうするかはもう少し考えてみます。

今回はほとんど組立が主体でした。次回やっと車体の基本塗装に入れます。

コメント

2019年 上半期の完成品と購入キット

2019-08-02 21:50:20 | 買物と完成品

2019年も半ばを過ぎたので、ここで完成品と購入キットをまとめておきます。

まずは完成品から。

1月 無し

2月
タミヤ 1/35 Sd.Kfz.142 Ausf.B III号突撃砲B型
クレオスの新色ジャーマングレー(513)で塗装してみました。やや青味掛かった私にとっては好みの色でした。

ドラゴン 1/35 突撃砲乗務員
キットに合うフィギュアを探して組み合わせてみました。

フジミ 1/76 PzKpfw 38(t)
久々のミニスケールです。古いミニスケールは、履帯が残念なキットがよくあります。
製作にあたっては、アンテナが太すぎたのと砲口を開けなかったのが残念でした。

長谷川 1/700 駆逐艦 睦月
初めて艦船の迷彩塗装をしました。マスキングテープで塗り分けましたが、船体は煙突部分だけなので助かりました。

3月
タミヤ 1/48 M10 中期型

米軍の代名詞である荷物を後部に満載させました。
今見ると装備品を止めるロープが糸のままですね。カーキやその他の色で塗装すればよかったと思います。

4月
タミヤイタレリ 1/35 Sd.Kfz.231

前々から作ってみたいと思っていた車両です。装甲車は好きなジャンルでこの後Sd.Kfz.222も作ることになりました。
フロントの発煙筒を前後反対につけるチョンボをしております。6輪の内左側ダブルタイヤの1輪が接地しておりません。

AIRFIX 1/76 MATADOR & 5.5 inch GUN
エアフィックスは何だかなあというパーツの古いキットでも完成するとフォルムが抜群に良い不思議なメーカーです。
いろいろと手を入れて楽しむキットですが、私は全く素組みで済ませています(汗)。

タミヤ 1/35 Sd.Kfz.222
平成最後の完成品です。
令和に持ち越したお手つき品はたくさんありますが、平成最後の年に手をつけたキットは全て完成させました。

5月 無し

6月
タミヤ 1/35 M20
令和になっての最初の完成品です。
M8の派生車両。オープントップなので車内を塗装しながら組み立てていきました。米軍お約束の装備品を載せています。
車体を完成させてからドライバーが乗せられなくなってしまったことに気がつきました(アホです)。

タミヤ 1/35 Sd.Kfz.161/3 メーベルワーゲン量産型
苦手な細吹きでボワっと吹いてしまった部分が何ヶ所あります。
その他にも......、全くチョンボなしで完成できないのでしょうかね。
でも私はめげません、とにかく完成させます。

7月
MENG MODELS NON SCALE KV-II
デフォルメされたスナップキット。この種のキットは初めてです。
汚さないで仕上げるか、いつも通りに汚すかと迷いましたが、結果いつも通りにやりました。
自分では中途半端かなと思いましたが、皆様からお褒めのコメントを頂いてとても嬉しかったです。

以上、完成品は、10点でした。

購入キット

1月 なし

2月
AIRFIX  1/72  SPITFIRE 4機購入
AIRFIXの1/72は飛行機の中で唯一時折チェックしているメーカーです。今回はスピットファイアが多く販売していたのでポチりました。
ちなみに飛行機の完成品は全くなく、キットコレクターと化している状態です。

3月
長谷川 U-BOAT  VIIC/IXC

7月
タミヤ 1/35 AAVP7A1 アップガンシードラゴン
ブログ友の「模型そぞろあるき」様で紹介されていた茨城県水戸市の模型店で購入しました。

イタレリ 1/35 M32B1
書籍「タンクモデリングガイド M4シャーマン」を購入してシャーマン熱が出ているおり、ネットで見つけて半ば衝動買いしたキットです。

以上、上半期の購入キットは7点でした。

購入キット数7点に対して完成品10点、ほんの少し在庫が減りました。
在庫の中から今一番作りたいのは何度も言うようですが、シャーマン系です。
現在進行中のMARDER II、ポルシェ・ティーガーの内、どちらかが完成したら1/48のM4A1か1/35のM4A4(75mm)に取り掛かりたいと思っています。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

コメント (2)

1/35 Sd.kfz.131 MARDER II #2 塗装1

2019-08-01 21:09:24 | 第二次大戦 ドイツ軍

梅雨も明けてやっと塗装に掛かれるようになりました。
本当はシャーマンを作りたいのですが、ここはぐっと我慢して以前製作していたMARDER IIの塗装に取り掛かることにしました。

▼オープントップの自走砲なのでまずは車内の塗装から取り掛かります。
タミヤラッカーLP-55ダークイエローで基本色を塗装し、エンジンはタミヤアクリルXF-56メタリックグレイで塗り分けます。転輪ゴムはタミヤアクリルNATOブラックを使いました。
床とエンジンにタミヤパネルライン、ダークブラウンでスミ入れし、エナメルシンナーで拭き取ったのが下の写真です。

▼車体上部部品の車内部分にもタミヤパネルラインのダークブラウンでスミ入れ及びウォッシングをした後、タミヤエナメルのバフにホワイトを足して軽くドライブラシをかけておきます。

▼装甲板を付けてしまうとやりづらくなるので、車内にヴァレホのブラックグレーとチョコレートブラウンを混ぜた色でチッピングをしておきます。

▼履帯はバンパープライマーをかけておきます。

▼装甲板の内側をタミヤパネルラインでスミ入れをします。

▼はみ出した部分をタミヤエナメルで広げながらウォッシングを兼ねてしまいます。

▼砲身、砲架、防盾を組立て塗装し、車体に取り付けていきます。左側の装甲板を取り付けながら砲弾ラックの位置を決めて接着しました。

▼接着した後に砲弾ラックが車体から浮いているのに気がつきました

▲砲弾ラックについている支柱を伸ばしてごまかすことにいたします

コメント (4)

1/35 Sd.Kfz.181 VI(P) #3 組立終了

2019-07-30 21:08:32 | 第二次大戦 ドイツ軍

▼ポルシェ・ティーガーの組立が終わりました。砲塔がかなり前方にあるため前のめりな感じがしますね。

▼ゲペックかステンと砲塔の間に予備履帯が積まれるはずなのですが、なぜかインストにその指示がありません。ドラゴンの1/72では同じ個体で積んでいたので積もうと思っていたのですが、うっかりインストのままで組んでしまいました(汗)。

▼エンジングリルのエッチングパーツの接着にはかなりの量の瞬間接着剤を使いました。それにも関わらず組立中に引っ掛けたりして2回ほど端が浮いてしまい、その都度接着し直しています。

▼何と牽引ロープの部品を紛失し、プラ棒とあまり糸を使って自作しました。こんな大きな部品を紛失するとはボケたかなあと思い少しショックです。

▼砲塔を後ろ向きにしたほうがバランスが良い感じがしますね(笑)。

梅雨も明けたのでMARDER IIの塗装に入れるのですが、前回の記事に書きましたがシャーマンの組立をしてしまうかもしれません。

コメント (2)

2019年7月の買物

2019-07-27 19:19:47 | 通販・買い物

3月に1/700のUボートを買って以来のキット購入となります。

▲AAV7(水陸両用強襲輸送車7型)はアメリカ合衆国で開発された水陸両用車としての能力を有する装甲兵員輸送車です(ウィキペディアより)。アメリカでは1,300両あまり全てが海兵隊に配備され、わが国では離島防衛防衛強化のため陸上自衛隊に新編成された水陸機動団に58両(参考車両6両を含む)が配備されています。
このキットはブログをフォローをしていただいている「模型そぞろあるき」さんで紹介されていた茨城県水戸市の個人商店ホビーランドさんで購入しました。40年営業されているそうで各ジャンルがバランス良く置いてありとっても雰囲気の良いお店です。家内の実家が茨城県のため里帰りの折、訪ねてみたお店です。
タミヤでは少し前に再販していたのですが、最近はあまり見かけずここで見つけて思わずゲットしてしまいました(笑)

▲ヨ○バシ.comを覗いていたら偶然見つけました。アスカからも発売されていたと思いますが、結構お買い得値段で出ていたので迷わずポチりました。
最近、モデルアート社から刊行された「タンクモデリングガイドM4シャーマン」を読んでいたのでシャーマン系に敏感になっていたのかもしれません(笑)。
ちなみにこの本は丸ごと1冊M4シャーマンと銘打っていて複雑なシャーマンの種類見分け方がわかりやすく解説されていてオススメです。久しぶりに読んでいてキットを作りたくなった書籍でした。
というわけで現在お手つきしているキットの後はシャーマンになる可能性が大です。

コメント (6)