自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

2015年の釣果

2015年12月31日 06時00分18秒 | 沖釣り日記
西暦2015年も今日一日でお終いですね。
明日からは2015年は二度と戻れない歴史上のこととなります。(ちょっと大袈裟・・・)

さて今年の船釣りですが、一言でいうと「釣りを始めて以来の最低の1年」でした。
なんと釣行したのはたったの2回で、そのうち1回は丸坊主です。

理由は簡単で、「釣りに行くぞ!」っていうモチベーションが上がらなかったからです。
プラモデル製作のモチベーソンは1年を通じて高い状態でしたが、その反動か、釣りは「まぁいいっか」という感じで見送ってしまいました。
自分が「行けると時」と「天候」が悉く合わなかったのも原因ですね。
体調も良いし、明日は行けるぞ・・・って時には台風が来たり、時化たりという感じが続きました。
毎年行っている銭洲遠征にも結局行けませんでした。
顔を出したのは松輪だけで、網代にも小田原にも平塚にも一度も行かずに終わってしまいました。

最初は8月15日の相模湾のキハダマグロです。
松輪からの釣行でしたが船中1本のみと言う貧果で、私はヒットすらなく完全丸坊主でした。
下の写真は貴重な1本が上がった瞬間です。
残念ながら私ではありません。


2回目は8月28日の剣崎沖のワラサです。
3kg前後のイナワラ4本と2kgのマダイ一枚です。
まずまずの釣果ではありましたが、マダイをあと2枚ほど追加したかったですね。
この時、納竿直前でPE6号が切れて、80号ビシとテンビンを損失しました。
お祭りした時にキズが付いていたんでしょうね。



ということで、非常にシンプルな報告になりました。

来年こそは・・・。



SHIMANO(シマノ) リール ビーストマスター 3000 31242
クリエーター情報なし
SHIMANO(シマノ)
コメント (2)

2015年下半期の積みと完成品

2015年12月29日 20時16分36秒 | プラモデルのお話
2015年も残すところ2日となりました。
月日の経つのは早いものです。
私も来年の2月には還暦を迎えます。

さて、恒例のプラモデルの積みと完成品の総括です。
今回は2015年の下半期、つまり7月~12月です。

先ずは「積み」(人によっては罪とも言います(笑))からです。
上半期と同様に自分で購入したものとサークル例会での放出品(つまり、頂き物)とに分けます。

購入分からです。

【7月】
タミヤ 1/72 リパブリックF-84Gサンダージェット

レベル 1/144 ハーバータグボート フェアプレイ

バンダイ 1/48 スター・ウォーズ 1/48 スノースピーダー

【8月】
レベル 1/72 ダグラスC-54 スカイマスター

アオシマ 1/45 ディーゼル機関車 DD51 北斗星

【9月】
珍しく、何も無しです。
【10月】
タミヤ 1/72 ノースアメリカンF-100Dスーパーセイバー

レベル 1/72 ドイツUボート タイプIX C/40

レベル 1/72 ドイツ海軍クルー(フィギュア)

バンダイ 1/144 スター・ウォーズ ミレニアムファルコン

【11月】
ローデン 1/144 ボーイングB720 ビージーズ1979USAツアー専用機

ローデン 1/144 ボーイングB720 ディープ・パープル1973USAツアー専用機

フジミ 1/72 ヴォートA-7AコルセアII ブルーブレザー

【12月】

以上12個です。

次はサークル例会での放出品(つまり、頂き物)です。

【7月】
なし
【8月】
ハセガワ 1/72 中島キー84疾風(箱なし)
イタレリ 1/72 ベルUH-1Bヒューイ(箱なし)
【9月】
なし
【10月】
なし
【11月】
アカデミー 1/72 ノースアメリカンT-6Gテキサン

【12月】
サークルの作品展での放出品
ハセガワ1/72 F-4JすファントムⅡ

サークル作品展にゲスト出品されたN誌からの戴き物
レベルノンスケール アメリカ客船アルゼンチン号

以上、5個でした。


次は完成品です。

【7月】
レベル 1/108 ハーバータグボート

【8月】
レベル 1/25 ホットロッドハイドロ
 
【9月】
ハセガワ 1/12 ホンダNSR500 1989WGPチャンピオン

【10月】
ハセガワ 1/72 ロッキードS-3Aヴァイキング

【11月】
クレオス 1/450 クィーンエリザベスⅡ世号

【12月】
惜しい所で「無し」

以上、5個でした。

上半期と合せると、

購入が19個、放出品が15個、積みの合計が34個でした。

これに対して、完成品は21個でした。

完成品の数は過去最多記録達成ですが、積みと比べると差し引き13個のストック増と言う結果に終わりました。

相も変わらず積み>完成です。
コメント (6)

最終着陸態勢

2015年12月26日 15時39分31秒 | ブログ
管制塔から着陸許可が出ました。
雲が切れて滑走路が見えました。
フルフラップ、ギアダウン、いよいよ最終着陸体勢です。
どうやら地上は穏やかな晴天のようです。

無事に着陸できれば、37年間の永い飛行はお終いです。
駐機場までのタキシングの間は大分楽ですね。 
もう少しの我慢です。

その後は気楽で楽しい地上の生活が待っていることでしょう。

もう少しで着陸です。
コメント (2)

スターウォーズ Eps.VII 観てきました

2015年12月19日 17時01分21秒 | 映画
12月18日から公開されたスターウォーズEps.VII「フォースの覚醒」を観てきました。
私が観たのは3Dの字幕版です。

過去6作品を観ていない方にはかなり判り辛い、と言うか殆ど意味の判らない映画だと思います。
ネタばらしになるといけないのでストーリーには触れられませんが、映画の流れはEps.IVとよく似ています。
懐かしい登場人物やキャラクター、マシンも沢山出てきますよ。
ハリソン・フォード(ハン・ソロ)とキャリー・フィッシャー(レイア)の熟年演技が光っています。
主役はハン・ソロとレイという若い女性です。

映画館でお金を払って観る価値はあると思います。

ラストシーンは確実にEps.VIIIへ繋がりますね。 
ヒントは「歴史は繰り返す」、「えぇ、またそうなるのぉ」・・・です。
最高指導者スノークの正体は? マズ・カナタという老エイリアンは今後どう係ってくるのか?
次作が楽しみです。


スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)
クリエーター情報なし
WALT DISNEY RECORDS
コメント (2)

模型サークル「ノンストック」第24回作品展レポート その2

2015年12月13日 05時35分23秒 | プラモデルのお話
模型サークル「ノンストック」第24回作品展レポートの2回目は、ゲスト参加の方々の素晴らしい作品をご紹介いたします。

先ずは、模型雑誌の作例記事の執筆もされているN氏の空母です。
1/700とは思えない繊細で精密な工作がされていて、素晴らしいです。




ソリッドモデルの有名クラブ会員のF氏の驚愕のフルスクラッチ複葉機です。
プロペラは本当の木製削り出しです。
この素晴らしさをジックリとご覧ください。










一昨年もゲスト参加して頂いた写真家のY氏の作品です。
私など凡人が考えもつかないような発想で突き抜けた作品を出品していただきました。
これぞ、ガン「ダム」です。

討ち入りです。ガルパンの次は「武者パン」でどうでしょう。

これは米国に実在する軍艦型ボートをモデルにしたものです。
フィギュアが本物とそっくりです。

これはフルスクラッチのお家です。


ゲストの皆さま、来年も素晴らしい作品をお待ちしています。
本当にありがとうございました。

次は来年5月14日~15日の静岡モデラーズクラブ合同作品展(ホビーショー併催)です。
コメント (8)

模型サークル「ノンストック」第24回作品展レポート その1

2015年12月12日 09時16分49秒 | プラモデルのお話
あっという間に1週間が経ってしまいました。
遅れ馳せながら12月5日(土)~6日(日)に開催された、模型サークル「ノンストック」の第24回作品展について2回に分けてレポートいたします。

場所は京王線の北野駅北側の駅前にある「北野市民センター」の7階展示室です。
2日間ともに天候に恵まれました。
2日間計で、
ご来場者が108人、出品数がゲスト参加の方々の分も含めて270点ほどとなり、お蔭様でいずれも昨年を上回りました。
ご来場いただいた皆様、ゲスト出品頂いた方々に、改めて御礼申し上げます。

では、先ずは会場の全体の様子です。



その1では正会員の作品をご紹介します。
(すべての会員の作品をご紹介し切れないことをご了承下さい)

Y会長の作品です。 塗装は全て筆塗りです。月に2~3個のハイペースで意欲的に製作されています。


バイダイのメカコレ全作一挙公開です。


若手のM会員の1/32のF-16。 ご覧の通り超絶の出来映えです。




最年長のS会員の作品群です。 こちらも全て筆塗りでの製作で、飛行機専門に毎月3~4孤のハイペースで製作されています。


紫電改命のKA会員作品です。 独特の退色表現が素晴らしいです。



カーモデル中心のKI会員の作品です。


AFV専門のSA会員の作品です。 フィギュアの塗装が凄いです。



遠方から参加されたO会員の作品です。
イントルーダーはSA誌のコンテストに出品された作品です。
非常に丁寧に作られています。



学校の先生をされているYA会員の作品です。
生徒さんに刺激されてこのような飛んだ作品を制作されました。


昨年の作品展をきっかけに入会されたSK会員の作品です。



同じく昨年の作品展をきっかけに入会されたKO会員の作品です。
下の写真はフルスクラッチのペーパーモデルです。
プラモデルも色々なジャンルを製作されています。



最後に私の展示です。
40点出品して、図々しくもテーブル1島占有させていただきました。


コメント

模型サークル「ノンストック」第24回作品展 無事終了

2015年12月06日 20時10分27秒 | プラモデルのお話
12月5日・6日の2日間開催された模型サークル「ノンストック」の第24回作品展が事故・トラブル無く無事終了致しました。

2日間のご来場者数は108人で前回よりも少し増えました。

ゲストさんの出品も含めて、2日間の出品数は270点を超えていたと思います。

他のサークルからのゲスト参加や、この世界では著名な方のご来場もいただき、非常に盛り上がりました。
ご来場いただいた皆様、ゲスト参加して頂いた方々に心から感謝申し上げます。

作品展の詳しい様子は、改めましてアップいたします。

出品作の荷解き、写真の整理、今回は輸送中の破損が若干ありましたのでそれの修理など、色々と後片付けが残っていますので、先ずはこれらを済ませたいと思います。
(大型艦船の運搬方法に課題が残りました。)

来年の静岡ホビーショー(モデラーズクラブ合同作品展)の日程も5/14・15に決まりましたので、これに向けて製作にも励まないと・・・。

コメント (4)

信玄の隠し湯と日蓮宗総本山

2015年12月04日 15時52分03秒 | 旅行記
一泊二日で、信玄の隠し湯のひとつと言われる「下部温泉」と身延山、久遠寺へ行ってきました。

自宅からは中央高速で甲府南ICまで行き、そこから富士川に沿って
静岡県富士市に抜ける国道52号線(かつて、武田信玄の軍師であった山本勘助が武田と今川の間を行き来するのに通った道です。)を南下すると片道2.5時間ほど、距離にして130kmで到着です。

位置関係は、甲府南ICからR52を南下して、身延山の少し手前を西(富士五個方面)に入ったところに下部温泉郷があります。
下部温泉方面に曲がらずにR52真っ直ぐに10分ほど行くと身延山の麓に着きます。
この麓に日蓮宗総本山の久遠寺があります。

午後から天気の崩れが心配されたため、麓に到着後、久遠寺参拝は後回しにして、すぐに身延山ロープウェイで標高1153mの山頂まで登りました。(所要時間は片道7分)


山頂には南、北、東の3方向に向いた展望台があり、10分足らず歩くだけで、それぞれ下の写真のような絶景が眺望できます。
残念ながら既に紅葉は終わっていました。

【南展望台】富士川の流れと駿河湾、伊豆半島

【西展望台】富士山

【北展望台】南アルプス連峰


そして、3つの展望台に取り囲まれるように久遠寺の「奥の院」があります。
御朱印も麓の本堂とは違いますので、ご注意を。(御朱印はフォトチャネルの「御朱印ギャラリーでどうぞ)




さて、山頂からロープウェイで麓に戻ると徒歩2分程で久遠寺本堂へ着きます。
流石は日蓮宗総本山だけあって非常に立派な寺院で、あちらこちらから「南無妙法蓮華経」の読経が聞こえてきます。
5年前に再建(復元)されたという五重の塔もあります。





本当はもう少し色々と見て回りたかったのですが、風邪をひいてしまい、体調が悪かったので15時頃には下部温泉の宿にチェックインしました。

下部温泉は確かに温泉郷の街並みがあり、それなりの数の温泉宿が集まっていますが、既に廃業していると思われる宿も多く、とても寂れた感じがします。

私が宿泊したのは「裕貴屋」という創業明治8年の老舗ですが、木造三階建ての全12室という今ではこじんまりとした佇まいの年季の入った宿です。
お宿のHPです。
http://www.yuki-ya.com/

自慢は源泉掛け流しと洞窟風呂と貸切露天と屋内の3種類の温泉ですが、貸切露天は湯がぬるくて入れませんでした。
洞窟風呂と室内風呂は趣があってなかなか良かったです。
とにかく古い建物なので、「清潔で快適」を期待されると少々がっかりするでしょう。
お料理は量は十二分で、名物の湯葉も出ますし、お味も及第です。


予定では翌日はR52を更に南下して、富士市へ出て東名高速で帰ろうとしていましたが、風邪の具合がドンドン酷くなってきたので、午前9時にチェックアウトして、そそくさと帰路に着きました。
お蔭様で午前裕に自宅に帰ることができ、そのまま医者へ行きました。(トホホ・・・)

コメント (3)

作品展の準備

2015年12月03日 16時57分15秒 | プラモデルのお話
模型サークル「ノンストック」の第24回作品展がいよいよ今週末開催されます。

プラモデルや模型が好きで、今週末のご予定が空いていらっしゃる方、是非遊びに来て下さい。
飛び入り、ゲスト参加も歓迎です!(参加料は勿論無料です。)
プラモデルや模型、それ以外のことでも、楽しくお話をしましょう。

【開催日と開催時間】

 12月5日(土)は10:00~18:00
 12月6日(日)は10:00~16:00

【開催場所】

  八王子市 北野市民センター 7階「展示室」
   京王線北野駅前の「きたのタウンビル」
   1階にスーパーアルプスやマクドナルドがあるビルです。
   (有料駐車場あり)
    http://www.hachiojibunka.or.jp/center/kitano/

【テーマ】
  一応毎年テーマを決めていて、今年は以下の3つですが、
  テーマに関係なく飛行機、AFV、カーモデル、キャラクター物、架空物など、何でもありです。
  例年、200点以上の作品が出品されます。
  1.飛行機    : 迎撃機(局地戦闘機なども同じ)
  2.カーモデル : レーサー(バイクもOK)
  3.船       : 民間船
  4.AFV     : 特になし(作りたいもの) 

・・・というような訳で、風邪もかなり回復した今日は、朝から作品展の支度です。

今年は、新作・旧作各20個づつ、合計40個を持ち込みます.
新作は昨年の作品展以降に完成したもので、この作品展では未発表ということです。
旧作は、過去の作品展で一度は出品したことがあるものですが、テーマとの関連で再出品候補となっているものです。
会場に作品を並べながらスペースの都合などに合わせて現場で最終的な出品数を調整します。
内訳は以下の通りです。
迎撃機が13個、民間船が6個、レーサーが6個、飛行姿勢(自己テーマ)が15個です。

会場は自宅から車で15分程の近場なので、荷造りは「竹串固定法」オンリーです。
70cmの衣装ケース5個と小型の衣装ケース2個、タイタニック号が入った細長いダンボール1個、応急修理セットや飛行姿勢のスタンドなどの小物少々です。


70Cm衣装ケースその1
1/72などの飛行姿勢が9希入りました。
置き方はこのように自由自在ですから、最も無駄なスペースが無いように工夫して配置します。


70Cm衣装ケースその2
民間船4隻と1/72飛行姿勢2機です。
QE2号はギリギリ入りました。


70Cm衣装ケースその3
レーサー6台、モーターボート1隻と牽引のコブラ、1/48のF86セイバーが入りました。


70Cm衣装ケースその4
48の迎撃機4機とお飾りのAFV多数が入りました。

竹串固定法とは、こういう固定の仕方です。
至ってシンプルでしょ。 これで東京から静岡までの往復運搬に十分耐えます。


70Cm衣装ケースその5
48の迎撃機が6機入っています。


衣装ケース小その1
72飛行姿勢が4機とお飾りのタンクローリー1台が入りました。


衣装ケース小その2
これが最後で72の飛行姿勢が3機です。

作品カードは既に用意出来ているので、これでほぼ準備完了です。
残っているのは土曜日の朝までに風邪を完治させることだけです。
そうすれば土曜日の朝、この荷物をマイカーの後部に積みるこんで行くだけです。
コメント (6)

鎌倉 定泉寺と長谷寺

2015年12月01日 11時44分55秒 | ブログ
日帰りドライブで鎌倉の定泉寺と長谷寺へ行ってきました。

最初に行ったのが大船の真言宗「定泉寺」です。
車で行くと国道一号線の原宿交差点を大船方面に曲がって暫く行ったところ、電車なら大船駅から徒歩20分となっています。
非常に小さなお寺なのでうっかりすると通り過ごしてしまいます。


何故、この小さなお寺に行ったかと言いますと、ここには「田谷の洞窟」と呼ばれる洞窟寺があるからです。
入り口です。

正式には「田谷山瑜伽洞」と呼ばれる元鶴ケ岡二十五坊の修道道場です。
粘板岩の巨大の1枚岩を鎌倉時代初期から江戸時代に掛けて掘りひろげた総延長1kmの巨大な洞窟寺です。
内部は南北に細長い形ですが、非常に入り組んでいて、複雑です。
入り口を入ってしばらく進むと「阿吽」の狛犬が壁面に浮き彫りされています。
更に進むと本尊、奥の院と続く構造で、つまり洞窟の中の立派なお寺のつくりになっている訳です。
途中途中に曼荼羅や金剛、大師、明王などが壁面に浮き彫りされています。
比較的柔らかい粘板岩で掘り易いとはいえ、これだけの大規模な洞窟寺を手彫りだけで掘ったのは大変な修行であり、ここだけではないかと思います。
残念ながら洞内は写真撮影禁止になっているので写真は掲載できません。



鎌倉遺構探索と言うサイトに洞内の写真も含めて詳しく紹介されていますのでURLを貼っておきます。
http://kamakura8.blogspot.jp/2013/10/blog-post_989.html


長谷寺は本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)と約2500株のアジサイで有名な大きなお寺です。
場所は江ノ電の長谷駅から徒歩7~8分というところで、有名な大仏のすぐ近くです。
(車でのアクセスは説明し辛いのでやめておきます)
山門です。

本堂は朱塗りではなく黒塗りです。
この奥に観音堂があります。(写真撮影禁止)

経蔵です。

本堂の向かって右隣にある阿弥陀堂です。

本堂の左手奥には眺望散策路言うのがあり、ここに上ると相模湾と三浦半島が見えます。


長谷寺のHPです。
http://www.hasedera.jp/
コメント