自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

映画「ボヘミアン・ラプソディー」

2018年11月15日 07時23分58秒 | 映画
大した前触れもなく登場した映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観てきました。
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

あまり期待せずに観に行きましたが、良い意味で裏切られました。
クィーンのファンの方にはお勧め度★★★★★です。
クィーンのファンって訳じゃないけど、ロック好きの方には★★★★です。

ロックスターの転落の定番コースと言ってしまえばそれまでですが、他の3名のメンバーとのギャップが大き過ぎて、ちょっと遣る瀬無い気持ちになります。
人間は一人では生きていけないということでしょう。

ネタバラシになるといけないのでこれ以上は書けませんが、4人の俳優さんたちがだんだんと本物に見えてくるのは間違いありません。
特にブライアン・メイはソックリ!!

「よき言葉、よき行い、よき心」・・映画の中に出てきた印象的な言葉です。
 

<おまけ>

来年はアポロ11号の月面有人着陸から50周年。
やはり出ました。
「ファースト・マン」というドキュメンタリー風の映画が来年2月に公開されるようです。
絶対観に行きます!


ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
クリエーター情報なし
Universal Music =music=
コメント (8)

グラマンF6Fヘルキャット製作記 その6 完成

2018年11月13日 04時14分56秒 | プラモデル完成写真
アカデミー(ミニクラフト)1/72のグラマンF6F-5ヘルキャットが完成しました。

ヘルキャットについては今更ご説明の必要も無いと思いますので、そこは省略させて頂きます。
神戸空襲で奇跡的に焼け残った母の実家に機銃掃射を食らわせた戦闘機です。

キットの出来は非常に良くて、一部のパーツの調整が必要なだけで、ストレスなく組み立てられます。
素組みで作るだけなら正味2日で完成できると思います。

今回はダイソルの6mmマイクロモーターでプロペラを回し、3V3mmの砲弾LED1発から光ファイバーで翼端灯と胴体灯、尾灯の5か所を点灯させました。
電源は台座内の単三電池2本、3Vです。
スタンドと機体のジョイントは従来のビス方式からネオジム磁石方式に進歩しました。
アイデアをご提供いただいたみずさんに御礼申し上げます。
また電動電飾の師匠であるSOMAPさんにも感謝申し上げます。

マーキングはキット付属の空母ホーネットⅡ搭載機です。
尾翼と主翼先端の白の部隊マークは塗装です。

先ずは電源OFF状態から。




電源ON!


尾灯が光っているんですが写真ではあまり判りません。(笑)

胴体灯2個です。 前がグリーン、後ろがクリアです。






来週の作品展には何とか間に合いました。

これで今年12個目の完成です。
取り敢えずツキイチペース達成です。
年内にもう一個いけるでしょうか・・・。
コメント (12)

次の週末はノンストック作品展へ

2018年11月12日 05時42分35秒 | プラモデルのお話
次の週末は待ちに待った(?)「ノンストック第27回作品展」です。

11月17日(土)の朝10:00に開場いたしますので、皆様どうぞお気軽にお越しください。

飛行機、車・・・スケール物だけではなくキャラクター物もあります。
プラモデルだけじゃなく、ペーパークラフトなどもあります。
あっと驚くゲスト作品も!
オールジャンルの楽しい模型の作品展です。

マニアの方でなくても、少しでも模型に興味のある方は是非お越し下さい。
お子様も大歓迎です。

唯一のルールは「作品にお手を触れないこと」と「公序良俗に反する行為は禁止」ということだけです。

八王子周辺は紅葉スポットも多く、来週あたりがそろそろ見頃かと思いますので紅葉狩りのついでに立ち寄るというのもいかがでしょう。
高尾ならお車で30分、相模湖、奥多摩あたりでも1.5時間程度です。

お車でお越しの際は下記の京王線北野駅周辺の駐車場情報をご参考にして下さい。
(会場の北野市民センターにも駐車場はありますが、料金がお高いので短時間以外はお勧めできません。)
https://www.navitime.co.jp/parking/around/?node=00008408

北野駅周辺のランチタイム情報です。
私は「サンガム」というインドカレー屋さんか、「蔵」という札幌ラーメン屋さんへ行きます。
https://retty.me/area/PRE13/ARE3/SUB302/STAN5562/PUR1/

皆様のご来場をお待ちしております。

コメント (6)

グラマンF6Fヘルキャット製作記 その5

2018年11月11日 05時26分02秒 | プラモデル製作記
旅行の写真の整理や釣りの後片付けも終わり、プラモデル製作を再開です。

ところで、先日釣った松輪サバを昨日〆鯖にして頂きました。
砂糖で30分、塩で1.5時間、お酢で1.5時間、合計3.5時間〆て綺麗な虹色に光る断面の〆鯖が出来上がりました。
熱燗を飲みながら、旨ぁ~~~い!

さて・・・話を戻しまして、スタンドの作成です。
支柱と機体とのジョイント部は出来ているので、電池やスイッチを仕込む台座の製作です。
ホームセンターで売っているトリミング済みの細い角材を45度にカットして額縁のように組みます。


この上に蓋をするように2mm厚のベニア板を貼る訳ですが、その裏に支柱の受け(バルサ材のブロック)接着し、60度の支柱差し込み穴を開けます。
横に空いている大きめの穴はスイッチ用の穴です。


こんな感じの台座になります。


台座の配線に取り掛かる前に、支柱に銀塗装します。
下地のグロスブラックを塗った所です。
この上からアルクラッドのクロームでメッキ風の塗装をします。


台座の裏に単三電池2本(3V)の電池BOXとスイッチを取り付けて、配線で結びます。
ごく簡単な配線です。


これを先程の枠の上に貼り付けます。


次は機体の塗装です。
キャノピーのマスキング(モールドが浅いので「細切り法」を使い、補助的にマスキングゾルを使用しました)してから機体に接着しますが、0.5mmほどの隙間ができるため、プラ板を挟んで埋めました。


翼端灯はマスキングゾルでマスキングしました。


悪戯半分で主翼の機銃の銃口をピンバイスで開口しました。


基本塗装の準備が出来ました。


先ずはキャノピー部分に機体内色を吹きます。
この後、全体に1500番のサフを吹きます。


基本塗装開始です。
グロスシーブルー一色なので簡単です。


尾翼と主翼先端の白の部隊マークは付属のデカールは使わず塗装にしました。


国籍マークと「35」の機番はデカールを使用しました。
キットが古いせいもあるのでしょうけれど、もの凄く薄くて破れやすく、扱い辛いデカールです。



胴体上部と尾部のライトはクリア塗料を盛り上げて表現しました。


プロペラの塗装も完了です。


この後、全体にグロスクリアを吹いてピッカピカにしてから、プロペラや爆弾などの小物を取り付け、モデリングワックスで磨いて完成です。

次は完成写真になります。

何とか作品展に間に合いました。


ハセガワ 1/32 アメリカ海軍 F6F-3/5 ヘルキャット プラモデル ST7
クリエーター情報なし
ハセガワ
コメント (6)

滝めぐりと紅葉と温泉 一泊旅行 二日目

2018年11月10日 05時20分44秒 | 旅行記
北関東の滝と紅葉と温泉の一泊旅行の二日目です。

ぐっすりと眠った翌朝5:00に起床し、コップ一杯の水を飲んだ後、一風呂浴びました。
前日は既に暗くてよく見えませんでしたが、部屋の真下に渓流が流れているのが見えます。
黒く囲んだ簾の目隠しが見えるのが渓流露天風呂です。
紅葉も綺麗です。

朝はガスが掛かっていて部屋から見える景色が水墨画のように綺麗でした。



朝食は和洋のバイキングです。
メニューの種類は少なめですが、味はなかなか良くて満足です。
8時頃チェックアウトし、ホテルサービスの引き立てコーヒーを渓流に面したテラス席(屋内)で頂きました。

8時過ぎにホテルを出発し、先ず向かったのが前夜にライトアップを観た「袋田の滝」です。
今度は朝の景色です。
前夜は入場料250円を取られましたが、早朝は無料でした。
※袋田の滝の詳細は一日目の日記をご覧下さい。

前夜のライトアップでは良く判らなかった紅葉が綺麗に観られました。
流石は日本の三大瀑布と言われるだけあって見応えがあります。

滝の正面に3階建ての観漠台があり、少しづつ違った角度から滝を観られるようになっています。

途中、ガスが流れてきて良い雰囲気です。

滝の下流の渓流です。

トンネルの途中のバルコニーからの紅葉です。
絵のようです。


9時半頃に袋田の滝を出発し、次に向かったのが、車で20分くらいのところにある「月待ちの滝」です。

ここは袋田に比べると遥かに小さな滝で落差は10m位ですが、滝の裏側に入って観ることができます。

正面から見るとこんな感じです。
こじんまりとした清楚な感じの滝です。
滝の周辺には沢山の「もみじ」がありますが、まだ紅葉していませんでした。
これが紅葉するとかなり美しい景色になるでしょう。


滝見物はここまでで、次は車で1時間ほどのところにある「竜神大吊橋」に向かいました。
竜神川を堰き止めた竜神ダムで出来た竜神湖に掛かる人専用の大吊橋で全長が375m、水面からの高さが100mもあります。
バンジージャンプもできます。(TVのバラエティ番組でも何度か紹介されています。)
詳細は下記HPにて。
http://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/ryujin_bridge.html

ここはとにかく橋から眺める渓谷の紅葉が最高でした。
駐車場側から見た橋です。

反対側から見たところです。

100m下に竜神ダムが見えます。

ダム上流の紅葉が本当に綺麗でした。

ここでちょうどお昼になったので、レストハウスでお蕎麦の昼食を頂きました。

少し時間があったので。帰り道に筑波山へ寄って行くことにしました。
常磐自動車道を通って2時半頃に筑波山へ到着です。
ロープウェイに乗って女体山山頂まで登りました。
紅葉は殆ど終わりかけていましたが、山頂からは霞ケ浦が見えました。
写真で山の稜線の向こうに横長に白く見えるのが霞ケ浦です。

残念ながら曇っていたので、富士山までは見えませんでしたが、雲の間から差し込む夕日がきれいでした。

ロープウェイのゴンドラから観た紅葉です。山の中腹から下は紅葉が残っていました。


4時前に筑波山を出発し、帰路に着きました。

圏央道をひた走って、特段の渋滞も無く、6時過ぎに無事に自宅に到着しました。
事故・トラブルは一切なく、なかなか濃密でありながら平穏で良い旅でした。

二日間の総走行距離は約660km(無給油)、燃費は18.4km/Lでした。
コメント (8)