自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

マカロニ・ウェスタン

2019年02月21日 17時38分50秒 | 映画
懲りずに映画のお話です。

西部劇と言えばハリウッドでジョン・ウェインとなりますが、いやいや・・・もうひとつマカロニ・ウェスタンというのがあります。
皆さん、ご記憶にありますでしょうか。
イタリアで作られた西部劇なので日本では「マカロニ・ウェスタン」と呼ばれていますが、アメリカやイギリスでは「スパゲティ・ウェスタン」と呼ばれているそうです。
もう何十年も新作は公開されていませんが、ハリウッド西部劇には無い、汗臭さ、埃っぽさ、血生臭さ、陰湿さが魅力でした。
エンリオ・モリコ-ネの哀愁を帯びた音楽も良かったです。
やたらと脂ぎった顔のアップが多いのも特徴です。
殆どの作品がアメリカ南部とメキシコの国境辺りが舞台になってるような感じです。

先ずはジュリアーノ・ジェンマでしょう。
「荒野の1ドル銀貨」、「用心棒」シリーズが有名です。

その次は若き日のクリント・イーストウッドでしょうね。
「荒野の用心棒」(黒澤明の用心棒の西部劇版)、「夕陽のガンマン」、「続・夕陽のガンマン」の三部作です。
敵役のリー・ヴァン・クリーフが良い味を出してます。
ポンチョが流行りましたねぇ。

最後はフランコ・ネロ。
ジャンゴの名前で用心棒シリーズを引継ぎ「続・荒野の用心棒」、「真昼の用心棒」などに主演しました。
前の二人と比べると一番マカロニ・ウェスタンらしい陰湿さが出ていると思います。
棺桶を引き摺るシーンは有名です。
たばこの吸い方も独特でした。


荒野の1ドル銀貨 スペシャル・プライス [Blu-ray]
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント
コメント (4)

フジミ エンスージアストモデル No.24

2019年02月19日 04時34分49秒 | プラモデルのお話
無事63歳を迎えました。

カーモデルファンなら必ず知っている有名なシリーズ、フジミエンスージアストモデルシリーズNo.24、フェラーリ365GTS/4デイトナスパイダーをゲットしました。

インストの著作権マークが1988年になっているので、パッケージは発売当初のものではないかと思います。

1/24ですがパーツ数は180点以上あり、エンジン、サス、コックピットなどフルディテールです。

きちんと完成させられるかどうか自信はありませんが、できるだけ早いうちに作りたいと思います。(でも・・・いつになるやら・・・)





フジミ模型 EM365GTS エンスージアストモデル 1/24 フェラーリ 365GTS4 デイトナスパイダー イエロー
クリエーター情報なし
フジミ模型(FUJIMI)
コメント (12)

フォードGT40製作記 その11

2019年02月17日 18時12分22秒 | プラモデル製作記(陸)
68年型Mk.Iを先行させたので中断していた66年型Mk.IIの製作を再開します。
ゼッケン5の2位とゼッケン1の3位の2台です。
シャシーとコックピットは3台同時に作ってあるので、いきなりボディの塗装から再開です。

向かって左がゼッケン5、右がゼッケン1です。
ゼッケン5はボディがゴールドなので、サフの上から下地のグロスブラックを吹きます。
ゼッケン1はライトブルーなのでサフの上からゼッケンの下地の白を吹いて、ゼッケン部分をマスキングしてあります。


ゼッケン5に下地のシルバー(ガイアのミラークローム)を吹きました。


ミラークロームの上からクリアオレンジとクリアイエローを混色したものを吹きました。
ゴールドに見えますでしょうか?


今日はここまでで、次はゼッケン1の塗装です。



おもちゃ ホビー Exoto Racing Legends 1/18 Mario Andretti/Lucien Bianchi #3 1967 ford フォード GT40 Mk ... 模型 トイ [並行輸入品]
クリエーター情報なし
Exoto
コメント (6)

Pink Floyd

2019年02月16日 20時50分38秒 | 音楽
今日も音楽のお話で恐縮です。
これも私の大好きなバンド。

所謂プログレッシブ・ロックの元祖のようなバンドですが、ルーツは間違いなくブルースです。
ここが他のプログレバンドと違うところ!
ピンク・フロイドというバンド名からしてピンク・アンダーソンとフロイド・カウンシルというアメリカ人ブルースミュージシャンの名前が由来です。
誰か飛びぬけたテクニシャンや音楽家がいるわけではありませんが、一人一人が粒揃いで個性的でありながらバンドとしてのコンビネーション、アイデア(例えば、アナログ時代にテープの逆回しのトリックを使ったり)、曲・アルバムの構成などが秀逸なところが凄いです。
また「リラックスして聴ける」貴重なプログレバンドです。
ギルモアのストラトキャスターの音色を最大限に活かしたギターもいいですし、メイスンのちょっと遅れ気味のようなドラム、これに絡みつくようなウォータースの重々しいベースも絶妙です。

私にとってのピンク・フロイドは1968年以降のメンバー
ロジャー・ウォーターズ
リック・ライト
ニック・メイスン
デヴィッド・ギルモア の時代です。

アルバムで何と言っても一押しは”Meddle”でしょう。

その次が”The Dark Side of The Moon”

次が”The Wall”

次が”Atom Heart Mother”

の順で好きです。

ライヴではこれです。↓

David Gilmore - Live at Pompeii [Blu-ray]
クリエーター情報なし
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
コメント (6)

Creedence Clearwater Revival

2019年02月15日 05時42分23秒 | 音楽
C.C.R.って略してしまうのが嫌で、中学生のころに一生懸命スペルを憶えました。
皆さん憶えておられますか?

ジョン・フォガティの器用さと才能が突出していたことと、実兄のトムが抜けてしまったために空中分解してしまった感がありますが、60~70年代のアメリカで間違いなく最高峰のバンドでした。
彼らがいなければイーグルスもレイナードも無かったかもしれません。

当時はアルバム重視のバンドが多い中でシングルヒットを大切にした点でも大好きでした。(元祖パンク??)
オリジナル曲だけではなく、「スージーQ」や「悲しい噂」などのカバー曲の選曲も渋かったです。
カントリー、ブルース、ゴスペル、ロックンロールなど色んな顔を持ち、それぞれが交じり合いながら、それぞれ純粋消化している点も凄いです。
一部ではサザンロックやスワンプロックの元祖だとか言われているようですが、そんな単純なもんではないと思います。
でもご本人たちは自分達を「一介のロックバンド」と思っているところもいいですね。

残念ながらジョンの実兄のトム・フォガティは若くして他界してしまいましたが、残りの3人は今も健在です。
但し、ジョンとスチュ、クリフォードは仲が悪いらしく、全く親交がなくなっているようなのが残念です。

<私が特に好きな曲>

・Suzie Q
・Proud Mary(ジョンのオリジナル)
・Born on The Bayou(ギターがいいです)
・Bad Moon Rising(これもギターのリフがいいです)
・Lodi
・Green River
・Down On The Corner
・Who’ll Stop The Rain
・Up Around The Bend
・Run Through The Jungle
・Lookin’ Out My Back Door
・Long As I Can See The Light(まるっきりゴスペル)
・Hey Tonight(カーステで窓を開けて走りながら聴くと最高)
・I Heard It Trough The Grapevine(珍しく長い曲)
・Traverin’ Band

↓ジャケット画像はクリックすると大きくなります。


CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS
クリエーター情報なし
CONCO
コメント (8)