自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

今年もお付きあい頂き、ありがとうございました

2014年12月30日 07時14分10秒 | ご挨拶
いよいよ晦日になりました。
2014年も残り1日です。
通勤電車も休日ダイヤになり、とても空いています。

皆様、今年も楽しくお付きあいを頂き、本当にありがとうございました。(* ̄∇ ̄*)
ご訪問いただいた方々、コメントまでいただいた方々に心から感謝いたします。
皆様にとっての2014年はどんな一年だったでしょうか?

今年は羽生選手や錦織選手の大活躍とノーベル賞受賞以外には世の中ではあまり良い出来事が無かったような気がします。
高倉健さんや菅原文太さんが相次いで亡くなられて、私達世代の生まれ故郷である昭和が益々遠くなった様な年でもありました。
私や家族にとっても、これといった嬉しい出来事はありませんでしたが、全員怪我や病気も無く、無事に過ごせたのが何よりも良いことだったかと思います。

当ブログのテーマである自己満足道楽は今年は少々低調で、どれも目標達成には至りませんでした。(>_<)
特に船釣りは記録的な絶不調で、かなり凹んでいますが、冬のシーズンオフの間にリセットしたいと思います。

来年も引き続きお付きあいいただきますよう、宜しくお願いいたします。
皆様がご健康で良い新年を迎えられますことを、心からお祈りいたします。
コメント

2014年下半期の積みと完成品

2014年12月29日 19時38分02秒 | プラモデルのお話
早いもので今年2014年も残り2日となりました。

恒例となりましたプラモデルの「2014年下半期の積みと完成品」を振り返ってみます。

まず積みです。

お金を出して購入したキットと、サークルの例会などの放出品(いただき物)に分けてご紹介します。

では、購入分から。(フィギュアだけのキットは除きます。)

【7月】

レベル1/72 DGzRS 9.5mクラス 海洋パトロール船
会場を走る船はこういうのが好きです。


【8月】

ホビーボス1/350 ロシア海軍タイフーン級原子力潜水艦
これは潜る船です。


ホビーボス1/48 グラマンF4F-3Sワイルドキャット水上機型


【9月】

フジミ1/24 フォードGT40Mk.Ⅱ1966年ル・マン2位入賞車
大好きなGT40、1966年ル・マンの1~3位が揃いました。


タミヤ1/48 イギリス兵員輸送車ブレンガンキャリアMk.Ⅱ


【11月】

バンダイ1/12 スターウォーズ ダースベイダー
ファインモールドから版権を奪取したバンダイは、どうやら本気のようです。


バンダイ1/72 スターウォーズ タイアドバンストx1


エアフィックス1/72 ダグラスC-47スカイトレイン
新金型かと思って買ったら、レベルやイタレリと同一の旧金型でした。


ドラゴン1/48 スパッド13


ドラゴン1/72 シーヴァンパイア F.2


【12月】

バンダイ1/72 スターウォーズ X-Wingスターファイター


バンダイ1/12 スターウォーズ ストームトルーパー


トランペッター1/48 デ・ハビランドホーネットF.1


ハセガワ1/12 ホンダNSR500 1989年WGPチャンピオン エディ・ローソン車


フジミ1/24 フォードGT40Mk.Ⅰ1968年ル・マン優勝車



次は放出品(いただき物)です。

【7月】

アカデミー1/72 グラマンF4F-4ワイルドキャット(箱なし)

ホビークラフト1/72 マクダネルF2H-3バンシー(箱なし)


エアフィックス1/72 ヴォート キングフィッシャー


ホビークラフト1/72 DHCオッターU-1


アリイ1/32 58年型 ダイハツミゼット


【8月】

フジミ1/72 マクドネルダグラスA-4E/Fスカイホーク


エッシー1/72 ロッキードF104G/Sスターファイター


【10月】

フジミ1/72 マクドネルダグラスA-4Bスカイホーク


フジミ1/72 マクドネルダグラスF-4C/D/Jファントム


フジミ1/72 ノースアメリカンF-86Fセイバー


【11月】

エアフィックス1/72 スーパーマリンS.6B


【12月】
総選挙の影響で例会中止のため、無し。

合計24個で、去年の上半期より10個多い・・・。


次は、完成品です。
4発重爆を3機一気に完成させたので体力を使い果たした感じです。

【7月】

アカデミー1/72 ボーイングB-29Aスーパーフォートレス


【8月】

ハセガワ1/72 コンソリデーテッドB24D リベレーダー


【9月】

レベル1/72 ボーイングB-17G


タミヤ1/48 ドイツ対戦車自走砲マーダーⅢM


ICM1/144 Uボート タイプⅡB


【10月】

タミヤ1/48 百式司偵 Ⅲ型改造防空戦闘機(キ-46)


フォードGT40MkⅡ エッチングパーツ付


上期と合計すると・・・・

積みの購入分が15個、放出品が15個で合計30個
完成品は14個
見事ダブルスコアで惨敗、結果、積みが16も増えてしまいました。(-_-;)
今年の正月に立てた目標は完成18個、積みは「それ以下」ですから、全くお話しになりません。(* ̄∇ ̄*)

現在の積みの合計が255個で、累計の完成品数が92個です。

あぁーー来年こそは・・・
コメント (2)

飛行姿勢での製作 シーバンパイア その2

2014年12月28日 17時55分59秒 | プラモデル製作記
年末になってから仕事が忙しくなったことと、雑用が増えたことでプラモデル作りがなかなかできませんが、今日は少しだけ進みました。

ドラゴン(サイバーホビー)の1/72シーバンパイアの飛行姿勢製作の続きです。

機体下面です。
閉状態専用の脚カバーパーツが付いていて、ドンピシャフィットです。
フラップが開閉のいずれかの状態で組めるようになっているのですが、閉状態で組むためには主翼側をかなり削る必要があって、手こずりましたが何とか収まりました。
飛行状態でフラップ開はおかしいですもんね。


士の字?になりました。
スタンドは新橋のタミヤショップで売っていた汎用のスタンドです。
クリアパーツのシンプルな作りです。
全長13cm、全巾15.5cmとジェット機にしては小さなキットにピッタリフィットです。
やっぱり飛行状態はカッコイイでしょ。



あとは塗装してデカール貼るだけです。
墨入れはしますが、ウェザリングは殆ど無しにして綺麗目に仕上げる予定です。

年内はここまでで終わりになりそうです。
コメント

いよいよ年末年始突入

2014年12月27日 13時59分07秒 | 季節の日記
クリスマスが終わり、街には松飾りが日に日に増えています。
昨日、26日金曜日で御用納めという職場も多かったようです。
12/27~1/4まで9連休と言う方も多いそうですが、円安と景気足踏みの影響か、海外旅行は不振で安・近・短の国内観光が多いそうです。

さて、私はと言いますと・・・

年末は31日の大晦日まで仕事で、正月休みは三が日だけという、極めて情けない状況です。
一応正月祝いと初詣には行きますが、旅行や遠出は無理です。

ちょっと寝ぼけたお話になりますが、クリスマスイブの夜に我が家で恒例のクリスマスのご馳走を食べました。
例年、手作りのミートローフが登場しますが、今年はサーモンのカルパッチョなどに化けました。
シャンパンは例年通りモエですが、今年はロゼにしまし。


ケーキも今年は初めてチョコレートケーキということで、いつもの年とは少しづつ違った内容になりましたが、それはそれで新鮮で良い物です。(実は家内の誕生日がイエス様と近いので、○○回目の誕生日のバースデーケーキを兼ねています。)
家族そろって、美味しく頂きました。
コメント (2)

飛行姿勢での製作 シーバンパイア

2014年12月22日 04時59分34秒 | プラモデル製作記
1/72の飛行姿勢製作へのチャレンジは、感じを掴むため一番出来が良いドラゴン1/72のシーバンパイアから進めてます。
その間、グラマン猫族はちょっとお休みです。

まずお決まりのコックピットが完成しました。
計器盤と操縦桿とシートだけの簡単な作りです。
残念ながらパイロットは居ません。
出来上がったコックピットユニットを胴体株のパーツへ取り付けます。


マスキング(今回は自製)の終わったキャノピーを胴体上部パーツに取り付け、主翼一体型の上下分割の胴体パーツを仮組したところです。
パーツ精度はほぼ完璧です。


今日はここまでです。
コメント (2)

映画「インターステラー」を観てきました

2014年12月21日 06時18分41秒 | 映画
今日は家内の誕生日と言うことで、夫婦50割・・・夫婦ともに50歳以上は一人1000円で映画が観られる割引制度を利用して、映画「インターステラー」を観てきました。
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

近未来の地球、人類は住めなくなりつつある地球を脱出して移住する先の新たな星を探しています・・・・という「アルマゲドン」のような単純なお話かと思いきや、全然違ってました。

この映画を観る前に、アインシュタインの「相対性理論」を少しだけでも知っておいた方が良いと思います。
私はたまたま以前に雑誌「ニュートン」で読んでカジっていたので理解できました。
その上で一生懸命観ていないと、途中で意味が判らなくなる可能性があります。
途中でうたた寝やよそ事を考えるのは禁止です。(笑)

こういう映画は絶対にネタバラシをしてはいけないと思いますので、これ以上は書けませんが、なかなか見応えのある、佳作です。
お勧めします。
お勧め度は5点満点の4~4.5くらいです。

コメント

1/72は飛行姿勢で・・・製作候補、続々登場

2014年12月15日 04時43分33秒 | プラモデル製作記
飛行機は空を飛んでる時が一番カッコイイものです。
これは殆どの人が異論はないのではないかと思います。

しかし、最近の飛行機のプラモデルキットの殆どが脚を出して地上に駐機した状態=地上姿勢で作るようにできています。
空を飛んでいる状態=飛行姿勢で作ろうとすると、パイロットのフィギュアが無かったり、脚を収納した状態の脚カバーなどのパーツが無かったり、そもそも飛行姿勢でディスプレイするためのスタンドも付いていなかったりで、困ってしまいます。

つまり空を飛ぶために作られた「飛行機」の模型であるにも関わらず、本来の姿=飛行姿勢で作ることを想定していないキットが殆どなんです。
これって、なんか変ですよね。
この「変さ」に気付きながらも、メーカーさんの指示のままに地上姿勢の飛行機を20機以上も作ってきました。
私が過去に作った数少ない飛行姿勢完成品の中のひとつです。


じゃぁ、全部飛行姿勢で作れば・・・ってことになりますが、
1/48や1/72でも四発機などの大型キットを飛行姿勢で作ると、スタンドも相当大きくて頑丈なものにしなければなりませんし、置き場所の「高さ」もかなり必要になってしまうので、現実的ではありません。

でもやっぱり飛行姿勢のカッコ良さ、美しさは捨てがたい。
そこで、1/72の単発機や小型双発機、1/144や1/200の大型機などの「小さなキット」に限って、これからはできるだけ飛行姿勢で作ることに決めました。
これ、「2015年の抱負」のひとつにします。

昨日の日記に引き続き、プラモデルストックの詰まったクローゼットから出てきた1/72の箱なし放出品を2個開封しました。
どちらも1/72の戦闘機なので、飛行姿勢で作ります。

一つ目は最近の例会で放出されたホビークラフト1/72のバンシーです。
箱なしでしたが、箱絵部分だけ切り取った物が入っていました。
中身の写真を撮り忘れたまま、既にパーツの切り離しをしてしまいました。


二つ目はサニー1/72のスーパーエタンダールです。
フォ-クランド紛争時のアルゼンチン空軍の仕様で製作予定です。
中身はエアフィックスやアカデミーのキットと同じでしょうか?


これでサークル放出品の箱なしキットはひとまず無くなります。

もうひとつ、放出品ではなく、最近買ったキットですが、ドラゴン1/72のシーバンパイアです。
仮組してみると、パーツ精度はほぼ完璧ですし、飛行姿勢専用の脚カバーパーツも付いているので、マスはこれから取り掛かろうかと思います。



この他もストックの中には飛行姿勢候補キットは沢山あって、ざっと数えただけでも40個ほどあります。
コメント (6)

グラマン猫族 製作記 その3

2014年12月14日 10時24分52秒 | プラモデル製作記
早くも12月中旬、今年も残り2週間半です。
年末になると何かと雑用が増えて、プラモデル作りまで手が回りません。

グラマン猫族の飛行姿勢での製作も12月に入ってからはほぼ停止状態です。

年末と言えば大掃除ですが、プラモデルのストックが詰まったクローゼットを整理していると、グラマン猫族の1/72キットがもう一個出てきました。

イタレリ1/72のF6Fヘルキャットです。
これもサークル例会での放出品で箱なしですが、デカールも含めて中身は完璧です。


ついでに、箱なしの放出品がいろいろと出てきて、その中にこんなのもありました。
タミヤ1/72のF-4Uコルセアです。
グラマン猫族ではありませんが、仲間に入れることにしました。


早速、飛行姿勢に必要なパーツだけをランナーから切り離して、ケースに分別し、臨時の箱に入れました。
脚回りなどの使わないパーツは袋に入れてジャンクパーツの箱へ仕舞いました。
コメント

映画「フューリー」観てきました

2014年12月07日 08時59分21秒 | 映画
アカデミー賞の有力候補との呼び声高い映画「フューリー」を観てきました。

私個人の感想を手短に言えば、「何ともコメントのしようが無い、どうコメントして良いか判らない映画」です。
きっと賛否両論いろいろ出ると思います。

先ず、反戦映画であることは間違いないのですが、ナチス=悪、連合国軍=善という単純明快な色分けはこの映画でも健在で、ハリウッドが作る反戦映画の限界を感じます。
「戦争ってこんなに人間性のない、悲惨な物なんだ」と一生懸命言っている一方で、「でも世界に悪者がいる以上、仕方ないよね」とも言っているようで、米国の迷い、苦悩を象徴しているようにも見えます。
但し、従来のハリウッド映画と比べれば、「よくここまで表現したなぁ」と思う部分も多々あって、頑張った映画だとは思います。(プライベートライアンと同様、人によっては「そこまで描写しなくてもいいのに・・・」と、不快に思うようなシーンもあります。)

メインテーマが「反戦」だとすると、サブテーマは「男の絆」だと思いますが、これがかなり無理していて、押しつけがましい感じがします。
あまりネタばらしをするといけないので、詳しくは書けませんが、クライマックスのフューリー1台で300人を相手に戦うに至るプロセスは、「えぇ・・・」って感じで、全然説得力がありません。

この映画の見せ場のひとつである、シャーマンとティガーの戦闘シーンは迫力とスピード感があり、コンパクトにまとまっていて良かったと思います。

ミリタリー物、特に戦車がお好きな方にはお勧めです。
それ以外の方には特にはお勧めはしません。

因みに、某私鉄沿線の有名シネコンで土曜日の真昼間で、観客は10数名程でガラガラでした。
コメント (2)

月刊ウェブモデラーズ12月号への投稿

2014年12月03日 21時36分04秒 | プラモデルのお話
毎月投稿させていただいている月刊ウェブモデラーズ(http://www.webmodelers.com/index.html)の12月号に投稿し、掲載して頂きました。

今回は「第2特集 仏エレール、東欧、ロシアメーカー」に旧作のエレール1/72のコードロンC.635シムーンです。
一応、サンテクジュペリ搭乗機のつもりで作ったものです。
http://www.webmodelers.com/201412kurakin1.html

御時間があればご覧ください。
12月号もいろいろと盛り沢山で見応えありますよ。
コメント