ワイのもじけたブログやで~

飛行機(大戦機)とAFVキット中心の模型製作記ブログです。
旅行記なども掲載しています。

本日の到着キット(2018-6・7・8)「タミヤ1/35 ゴリアテセット」「M4A3E8 シャーマン イージーエイト(朝鮮戦争)」「同1/48Bf109G-6」

2018年02月17日 15時36分36秒 | 趣味
風邪で体調がまだ芳しくない状態ですが、今日、予約していたタミヤの3キットが到着しました。

一つ目は「1/35ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット」です。以前、ドラゴンがキット化していたと思いますが、まさかタミヤがキット化するとは思ってもいませんでした。1/35MMシリーズNo.357です。以下、パーツ群です。


上段画像のランナー枠がもう1枚入っていて、2台分がセットされています。塗装はダークイエロー一色で、デカールはありません。フィギュア3体と組み合わせて、これだけで簡単なジオラマが作れます。


続いてはこちら。同社「1/35アメリカ戦車M4A3E8シャーマン イージーエイト(朝鮮戦争)」です。

1/35MMシリーズNo.359ですが、まだNo.358が何になるのか、公式発表はありません。因みに、1/48MMはチャーチルクロコダイルになるようです。久々のフルイラストの箱絵ですが、思うに、タミヤのシャーマンのキットと言うのは、こう言うフルイラストのキットが多いように思います。前作のヨーロッパ戦線仕様のキットもフルイラストでしたから、それだけ、タミヤはシャーマンに思い入れがあるのかもしれないですね。




履帯はベルト式のみですが、個人的に特に拘りはありません。コアなAFVファンは別売履帯を購入する事も可能です。キットには、ロシア フィールドカー GAZ67Bのパーツも同梱されています。

デカールです。派手な顔を描いた車体と、オリーブドラブ単色のマーキング2種類となっています。


そして3キット目はこちらになります。

去年、ドイツニュルンベルグでの衝撃発表からかなり待たされましたが、「1/48メッサーシュミットBf109G-6」です。大阪ホビーフェスで実物を見て、発売を待ち望んでいたキットです。




機首部分(カウリング部分)を挿げ替える事で、エンジン部分を見る事が出来る構成となっています。過去に発売された他のG-6のキットに比べるとパーツ数も多い(その分、値段もチョイ高)ですが、リサーチも行き届いており、G-6の決定版キットでしょうね。今後、バリエーション展開もある予感がします。

デカールとキャノピーマスキングです。キャノピーマスキングはもうすっかりタミヤの飛行機キットの定番となりしたね。

マーキングは3種類ですが、いずれもヨーロッパ戦線のマーキングとなっています。先にも触れたように、今後、バリエーションとしてアフリカ仕様なども登場するかもしれないですね。飛燕同様、1/72キットの発売はあるのでしょうか?


2月だけで、8キットも到着しましたが、今月はまだキットが届く可能性があります。入荷日が集中すると困りますね。(ブログアップ後、また布団に潜り込んで安静にしてます。早く風邪を治さないと、この先が非常に心配です。)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

風邪でダウン中

2018年02月15日 22時42分25秒 | 日記
只今風邪でダウン中。仕事もお休みです。

今夜はもう寝ます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の到着キット(2018-4・5)「タミヤ1/48 ドイツ重牽引車 SS-100」・「ブレンガン1/72 MXY-7 桜花 11型」

2018年02月11日 20時42分00秒 | 趣味
建国記念日の今日、予約していたキット2個が届きました。1月はゼロでしたが、2月でそのゼロ分を例年と変わらないキット購入数に押し上げてしまった感じで、今月はまだこの後もキットが届く予定となっています。

一つ目はこちら。
「タミヤ1/48ドイツ重牽引車SS-100」です。予定では今年最初に到着するはずのキットでしたが、送料を無料にするために同時予約したキットの入荷が遅れ、約1ヶ月遅れの到着となりました。以下、パーツ群です。



去年の大阪ホビーフェスで実物を見ていますが、やっと手に入ったって感じです。1/48MMシリーズNo.93となりますが、次のアイテムの発表はまだありませんね。程よいパーツ数で、作り易そうです。He219と同時製作がお薦めなんでしょうか?

デカールです。塗装例として、箱絵にあるダークイエローにダークグリーンの迷彩塗装と、ジャーマングレー一色の2種類が選択出来ます。ジャーマングレー一色も捨て難いですね。



二つ目はこちらになります。
「ブレンガン1/72 MXY-7桜花 11型」です。購入をかなり迷いましたが、送料を無料にしたくて、SS-100と同時に予約しました。入荷が少し遅れたために、SS-100が今年最初の到着キットとなるべきところが、なりそびれてしまいました。ITEM番号を印刷ミスしているようで、後からテプラのようなテープで貼り付けています。(テープ下は72029です。)同社には1/48キット(22型)もありますが、ファインモールドのキット(11型と練習機型)が存在するので、未購入です。

箱裏には塗装例が印刷されています。1/72の桜花は、ハセガワのキットがありますが、一式陸攻のおまけキット(単品発売ってありましたっけ?)ですので、単品でパッケージ販売されるのはこのキットが初だと思います。(間違ってたらすみません。)1/48ではホークのキットが存在していました。(完成済)

中身はこんな感じで、まずまずのデキのように思います。若干バリなども見受けられますが、製作には問題ないと思います。今後、22型の登場もあるかもしれないですね。

メーカーHPから拝借しました。連合国側からコードネーム「Baka Bomb、或いは単にBAKA(バカ)」と呼ばれながらも、11型は755機も作られ、その内、55名が特攻で戦死しています。当時この×チ○イじみた計画を立案した人間(大田正一)はどう言う心境だったのか、今では考えられない愚かな計画だったとしか言いようがありませんね。でも、戦争と言うのは、人間の思想までも変えてしまう(異常な思想でも正常としてしまう)と言う事だと思います。こう言う兵器はプラモの世界だけに留めておける平和な世の中であって欲しいと願わずにはいられません。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

イタレリ1/35 タイガーI 後期生産型 製作記・その10

2018年02月10日 19時40分20秒 | イタレリ1/35タイガーⅠ後期型製作記
前回の製作記をアップ後、台湾東部で大地震が発生したと言うニュースが飛び込んで来ました。花蓮市近くが震源地で、去年11月に花蓮に行ったと言う事もあり心を痛めています。被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、一日でも早い復旧をお祈りしたいと思います。台湾へはまたいつか必ず行きますからね。

一方、私の心にも異動と言う大激震が発生し、心中穏やかではありません。昨日と今日は連休になりましたが、仕事の事を考えると休みを満喫するどころか、よけいストレスが募る感じがして、心が休まりません。

今日は朝から雨になりましたが、明日から寒波到来で、北陸地方ではまた大雪になりそうな予報となっています。今年の寒波はこれで何度目になるんでしょうかね。春はまだ遠いのでしょうか?

気を紛らわそうと、タイガーⅠ型の製作を行ないました。前回、パーツを飛ばしてしまい、止むを得ず密林に注文した装備パーツが届き、今日でOVMの取り付けが終わりました。

こちらが密林に注文した「タミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズNo.185ドイツ陸軍IV号戦車 車外装備品セット」です。左上の赤丸で囲んだワイヤーカッターだけの使用です。

OVMや残っていたパーツを本体に取り付けました。この状態で、次回からウェザリングを行ないます。

今回はこれだけの内容になってしまいましたが、2月中には何とか完成させられそうです。

明日からまた嫌な仕事が始まります。胃の調子が予想通り、良くありません。

その11に続く。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

イタレリ1/35 タイガーI 後期生産型 製作記・その9

2018年02月06日 22時01分20秒 | イタレリ1/35タイガーⅠ後期型製作記
昨夜の雪は今朝方には止みましたが、薄っすら雪化粧の朝となりました。口を開けば「寒い」と言う言葉が真っ先に出て来ます。この寒さ、一体いつまで続くのでしょうか?

さて、今日で長年在籍した職場を離れる事になりました。明日から、別の部署に異動になります。この歳で、しかも嘱託社員の私がまさか職場を異動する事になるとは思ってもいなくて、戸惑いを隠せませんが、明日から外回りの仕事になります。(スーツを着ての仕事ではないのが救い)寒い中、車で移動する事になりますが、安全運転に心がけようと思っています。目もそんなに良い方ではないので、くれぐれも事故を起こさないようにしたいと思っている所です。まぁ、異動と言えば聞こえは良いですが、早い話し「左遷」ですね。嘱託契約は3月エンドで切れますが、このまま更新する条件と言う事で、異動の憂き目にあったと内心思っています。いつまで働けるか分かりませんが、働けるうちが花と思って頑張ろうと思っています。明日からは変則勤務になりますので、土・日が休みとは限りません。

と言う事で、異動後はブログの更新も途絶える可能性があるので、現状報告としてアップする事にしました。

まずは、前回、溶きパテを塗布した部分の修正状況から…。
パテの乾燥後、サンペ掛けを行ないました。

サンペ掛け後、ガイアカラー204ダークイエロー2(ドゥンケルゲルプ2)を吹いて修正完了です。

履帯に付着しているダークイエローを隠すために、履帯色を筆塗りしました。ウェザリングを施せば、はみ出しは目立たなくなりますので、けっこうアバウトに塗装しています。砲身のマスキングも剥がして、本体に砲塔をセットしてみました。

そして、今日、少し早目に帰宅したので、デカール貼りを行ないました。20年以上も前のデカールなので、劣化が心配でしたが、無事に貼り終えました。

第505重戦車大隊所属機としました。全部で7枚しかありません。フィルムは薄くて良いのですが、糊も薄くて剥がれやすいので、タミヤのデカール糊を塗布して貼り付けています。半乾きの時に、マークソフターで馴染ませました。中央の国籍マークは予備履帯(防弾履帯)で隠れてしまいます。

まだ少し時間があったので、OVMパーツの塗装を行ないましたが、その時にワイヤーカッター(クリッパー)パーツを吹っ飛ばしてしまいました(^^;) 探しても見つからないし、ジャンクパーツを探しても見つからないので、仕方なく「タミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズNo.185ドイツ陸軍IV号戦車 車外装備品セット」を密林に注文しました。これにワイヤーカッターパーツが含まれているので、これを使用する事にしています。

ここまでが今の状態です。次は、OVMを本体に取り付けて、ウェザリングを始める予定ですが、次の休みがいつなのか、明日行って見ないと分からないので、いつ作業が出来るか分かりません。新しい仕事も早く覚えなくてはならないし、ちょっと精神的に(肉体的にも?)しんどい日が暫く続くかもしれませんね。

いつ更新出来るか分からない、その10に続きます。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.185 ドイツ陸軍 IV号戦車 車外装備品セット プラモデル 35185
クリエーター情報なし
タミヤ(TAMIYA)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加