坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

ランナーズハイ

2009-07-31 11:17:49 | マラソン大会
 緊急参加した釧路湿原マラソンは、自分でも驚く記録で走ることができた。  今まで意識したことのなかった「ランナーズハイ」。 調べると、「マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用」であり、脳内麻薬と呼ばれる。「エンドルフィン」という脳内で機能する神経伝達物質がモルヒネ同様の作用を示して、鎮痛効果や多幸感をもたらすという。 それを感じた瞬間が、往路の新釧路川の堤防(約7.5㎞~10km) . . . Read more
Comments (4)

湿原の風~釧路湿原マラソン2009 vol.4(最終回)

2009-07-29 13:38:58 | マラソン大会
 エールを送りながら蛇行していたこともあり、ペースはダウン。 そういえば、途中で集団の2人は前に行っていたなぁ。  湿原の直線も終わり、釧路川を渡る。右に曲がって同じ堤防を戻る。ウォーキングの人達はのんびり。応援をしてくれる。22kmくらいで2号がさがった。何度か振り返るが一向に追いついてくる気配はない。仕方がないから、前方のランナーに張り付いた。そのうち追い上げて来るだろうと。 堤防もアッという . . . Read more
Comments (3)

湿原の風~釧路湿原マラソン2009 vol.3

2009-07-29 12:40:01 | マラソン大会
 このまま行くと、折り返しの15kmで脚が重くなりはじめて、20kmまでは問題なく行ける感じ。25kmまででかなり重くなるが、心肺には影響がなく、ゴールまでの残り5kmを脚重と闘いながらいくというイメージができた。 その10km給水の手前にあった看板。「ここから直線5km」 まぁ、ご丁寧に。思わず笑ってしまった。 10km地点から折り返しの15kmまで、少しずつではあるが上っている感じがした。2号 . . . Read more
Comment

湿原の風~釧路湿原マラソン2009 vol.2

2009-07-29 06:45:59 | マラソン大会
 お世話になったpiyo家を後にして、7時半から受け付け開始の競技場へ向かう。 朝から満たされたお腹は、もちろん出すほうも活発になった。これ結構大事なのである。混雑する前にすっきり。 30kmのスタートは9:30.着替えも済ませて、開会式も無事終了。さぁもうすぐスタートだっ・・・というのにどうも気分が乗ってこない。昨日の夕食が気分をすっかりグルメツアーに変えてしまったのか。まるっきり緊張感もわいて . . . Read more
Comment

湿原の風~釧路湿原マラソン2009 vol.1

2009-07-27 23:59:38 | マラソン大会
 このまま北海道には夏がこないんじゃぁないかと思うほど雨と曇りの繰返し。 そして今朝もまた雨。 数年ぶりの釧路。目的は「釧路湿原マラソン」である。アミノバリューランニングクラブのpiyoちゃんに誘われ申し込んだ。条件は車での送迎プラスお宿の提供。送迎と言ったって、なにもpiyoちゃんに全部運転してもらうわけじゃない。お宿は近くの鶴居村にあるpiyoちゃんの実家。それでもその気持ちがうれしいではない . . . Read more
Comments (2)

皆既日食

2009-07-22 22:42:51 | 生活
46年ぶりに日本で観測できる皆既日食。46年ぶりが一人歩きして、なんだか今回見ないと生きている間は拝めない雰囲気があったが、そんなことない。そりゃぁ近くで見れるにこしたことはない。でも来年はチリのイースター島で見れるらしい。今回だって本当に見たい人は世界中から日本にやって来ている。(~0~)みたけりゃイースター島へいけばいいんだっモアイ像の下でみるダイヤモンドリングの方が神秘的だぞ皆既日食なんて毎 . . . Read more
Comment

カムイミンタラ~神々の遊ぶ庭 最終回

2009-07-21 22:32:15 | 
裏旭だけを振り返ったときの雪渓です。空の青とのコントラスト。息を飲む絶景でした。 様々な高山植物が咲き乱れています。短い夏を、そして厳しい自然環境を克服するために地面に這い蹲るように。裏旭岳の雪渓に後ろ髪をひかれながら間宮岳にむかう。赤茶けた大地。分岐点では他の登山者も休憩。お鉢平の絶景がなんともいえません。日本離れした景色にしばし見とれてました。登山道の両脇にも一面お花畑。間宮岳山頂です。登っ . . . Read more
Comment

カムイミンタラ~神々の遊ぶ庭 vol.3

2009-07-15 22:38:09 | 
もう山頂は目の前ダァ。出発から1時間40分。ついに旭岳登頂ぉ標準タイムより20分早い到着。いつもは登りが弱いnikoもやはり走ってる分鍛えられてる。山頂からの景色はさいこーすでに多くの登山者が山頂でくつろいでた。途中抜いてきたオーストラリア人カップルも無事登頂です。空気がうまいしばし悟りの世界へ。 さぁ今度は裏旭岳。雲海へ飛び込む。裏旭岳はおきまりの残雪(雪渓)が。噴煙の表とは別世界。夏も本番で . . . Read more
Comments (3)

カムイミンタラ~神々の遊ぶ庭 vol.2

2009-07-14 23:39:34 | 
歩くこと10分程で姿見の池が見えてきます。その奥に噴煙が。今日はなんとなく噴煙が多いような。元気がいいね。振り返ると「大雪愛の鐘」です。1962年に10名の登山者が遭難し、その慰霊のために創設されたものです。今は登山者の安全を祈願する役割をになっています。 そして「石室」。緊急時の非難小屋の役割。普段は宿泊できません。そしていよいよ旭岳山頂への登山道に入る。次第に噴煙が近づきます。硫黄の匂いが。 . . . Read more
Comments (2)

カムイミンタラ~神々の遊ぶ庭 vol.1

2009-07-13 12:20:35 | 
マラソンをし始めてからめっきり回数が減った山登り。今夏も結局、練習、合宿、レースと忙しいランスケジュールとなってしまった。だけど、年に最低一度は行きたい山。それが「大雪山」。大雪山という山は実在しない。大雪山国立公園の大雪山連峰のこと。日本最大の国立公園に主峰「旭岳」を筆頭に多くの魅力的な山々がある。年に一度は行きたい大雪山の今回のメインはその主峰「旭岳」。標高2291m。現在も噴煙をあげる活火山 . . . Read more
Comments (4)

第29回千歳JAL国際マラソン

2009-07-10 16:47:31 | マラソン大会
かなーりレトロな記事ですいません。2009年6月7日に開催された千歳JAL国際マラソンの完走記です。   洞爺湖が終わって2週間。フルマラソンのあとは燃え尽き症候群になる。というよりいつも練習不足で走ってるからその後遺症も大きいのだ。友人の多くが洞爺湖マラソンと千歳JAL国際マラソンをフルでエントリーするのだがとんでもない話だ。本当はハーフだって走りたくない。でなきゃいいじゃんって言 . . . Read more
Comment

それって・・・

2009-07-09 22:20:36 | 新千歳空港
今、新千歳空港で仕事をしている。北海道の空の玄関は今夏の繁忙期を迎えて、連日観光客でいっぱいだ。団体旅行のお年寄り団体さんをバスが送迎してきていて、バスガイドさんらしき人がお客さんの荷物を出すのを手伝いながら別れの挨拶をしていた。「お元気で」 なんと爽やかなその時、ちょっとまてよ・・・・と思った。相手が若い人なら違和感がないのだが。お年寄りの団体さんであったことで違和感を感じたのだ。聞こえたのは . . . Read more
Comment

名古屋コーチン

2009-07-05 20:55:42 | マラソン大会
これまでの人生で3回目の名古屋訪問となりました。弟に会いにいったんですけど。これまでの訪問では会社の研修だったりして街中は通過しただけ。今回も時間があったわけではないけど純粋に観光ができた。  中部国際空港:セントレアから特急で名古屋に向う。350円多く払って指定席へ。たまには贅沢してもいいよねぇ。山本屋総本家の味噌煮込みうどん。JRタワーのレストラン階で。クーランガンガン効いている中 . . . Read more
Comments (2)