坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

湿原の風~釧路湿原マラソン2009 vol.3

2009-07-29 12:40:01 | マラソン大会

 このまま行くと、折り返しの15kmで脚が重くなりはじめて、20kmまでは問題なく行ける感じ。25kmまででかなり重くなるが、心肺には影響がなく、ゴールまでの残り5kmを脚重と闘いながらいくというイメージができた。
 
その10km給水の手前にあった看板。
ここから直線5km
 まぁ、ご丁寧に。思わず笑ってしまった。
 10km地点から折り返しの15kmまで、少しずつではあるが上っている感じがした。2号に少しずつ離されていく。ついていこうとするが、これ以上のペースアップは命取りだと体が言っている。
 
2号には先に行ってもらおう。」
 自分の今のペースを守ればいい。そう切り替えて、他の同じようなペースの
2人に乗り換えた。2号はじわじわと離れていく。

 直線は次第に左に大きくカーブし始めた。その手前で先頭とすれ違う。桁違いのペース。風のように通り過ぎて行った。大きなカーブを終えると、その先に黄色いパトランプ。折り返し地点だ。2号との差は思ったほど開いていない。距離にして20mだろうか。すれ違いざまにエールを送り、すぐにあとを追った。

 15km通過タイム:1時間223秒。5kmラップ 2012秒。

 離されていったこの区間、ペースはさらに上がっていた。
 なんと
42秒強/㎞。
 まじかい。自分が一番おどろいた。 折り返して2.5㎞くらいで2号に追いついた。あとでわかったが、2号は横腹に異常がきていたらしい。
 前を走っていた2人も飲み込んで、またもや4人集団。後ろにぴったりとつかれるのはいやなものだ。抜くなら早く抜いてくれ。

 折り返してからは後続ランナーのみんなとエールを交換しながら走るのが楽しい。オアシスの狐さん、マキちゃん、おんたまさん、piyoちゃん、niko、こまっちさん。この頃、天候が一時回復して気温が高くなったから結構つらそうだった。
 そんなことをしながら走った復路の直線は短く感じた。
 
20kmを通過した。

 20km通過タイム:1時間2410秒。5kmラップ:2146秒。 

 421秒/km

・・・・つづく

Comment   この記事についてブログを書く
« 湿原の風~釧路湿原マラソン2... | TOP | 湿原の風~釧路湿原マラソン2... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | マラソン大会