坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

Greg Olsen

2006-04-29 21:22:44 | シアトル漂流記
・35歳 男性 (独身 彼女がいるかは聞いていないが・・・) ・身長 kentopisle と同じくらい。約176cm ・体型 同上 ・職業 Finacial consultant ・趣味 サッカー・ハイキング・キャンプ・ゴルフ・バイク・スキー・モータースポーツ観戦(特にMOTO GP) ・家族構成 父・母・弟(建築関係らしい)・おばあちゃん(住んでいる所は違うが)   . . . Read more
Comments (2)

EAST 43rd STREET

2006-04-26 21:30:03 | シアトル漂流記
East 43rd StreetAlan Battersby(著)Cambridge university pressNew York を舞台にした私立探偵ミステリー。腕は現役の警官にはまだまだ負けていないMarley。 彼は私立探偵だ。ある日、いつものバーで飲んでいると、見かけない美女が独りで飲んでいる。なんとなく気になるMarley。店を出た後を追いかけて行くが見失ってしまう。し . . . Read more
Comment

マリナーズ観戦   4月23日

2006-04-24 00:48:57 | シアトル漂流記
試合結果                123456789 RHE デトロイト・タイガース  200010030 691 シアトル・マリナーズ      000010030 481 勝:バーランダー(2-2) 負:ヘルナンデス(0-3) S:ジョーンズ(2S) [本塁打] [タイガース]モンロー5号3ラン(ナジオッテ) [試合時間] 2時間45分  . . . Read more
Comments (2)

5週間経過   4月22日

2006-04-22 21:00:37 | シアトル漂流記
写真はいつも使っている図書館からの風景。今日で渡米してからちょうど5週間が経ちました。ほんとに早いものです。1週間があっという間に過ぎていってしまう。来週が終わったらもう日本ではゴールデンウィーク健康的な生活をしているせいか体重が2キロほど痩せました。あっ決してひもじい思いはしてませんから。英語力はどうなのおと問われたら「全然上達した気がしない」と言うのが自分の正直な感想。他の学生も口を揃えてそう . . . Read more
Comments (5)

スターバックス

2006-04-21 20:47:22 | シアトル漂流記
日本とシアトルの関係はかなり深い。ボーイング、マイクロソフト、スターバックス社、エディ・バウアー、アマゾン・ドット・ コムなどなどこれら日本でよく聞く会社はみんなシアトルにある。スターバックス、タリーズを始めとするコーヒー産業がさかんで、コーヒーキャピタルと呼ばれ、ラテの発祥地でもある。そのスターバックス。世界最大のコーヒーチェーンして、日本でもそこら中にある。当たり前だが、シアトルにもそこら中に . . . Read more
Comments (6)

虫の知らせ?・・・4月18日

2006-04-18 21:50:59 | シアトル漂流記
4月14日部屋でメールの整理をしてると、ふとN君がちょうど私がシアトルに出発する日にくれたメールに目が止まった。3月18日付けできていたそのメールを読んでいないと思ったのである。N君も大学時代に世話になった友人で、私の結婚式の時も友人達とわざわざ東京から札幌まで足を運んでくれた。大学時代の友人達には個人的な用事がない限り近況報告ということで一斉にメールを送ることにしている。何か連絡事項があるときも . . . Read more
Comments (4)   Trackback (1)

その時・・・ 4月17日

2006-04-18 21:17:07 | シアトル漂流記
It scared me out of my wits. それは私を死ぬほど怖がらせた。今日は夕方5時半からマーケティングのクラスがあった。2時間の授業の後。19:35大学内にてNO67のバスに乗る。いつも乗るやつだ。外はまだまだ明るく天気も良い。20:05ほぼ時間通りNorthgate trangit centerに到着。ここでNO345のバスに乗り換える。しかし、出発は20:35。愛用のipo . . . Read more
Comment

誰????  4月17日

2006-04-17 14:27:38 | シアトル漂流記
今日(月曜日)通学途中、バスの乗換えの待ち時間にトイレに行きたくなった。(すいません下品な話題で・・・)North gate transit centerの横にはでっかいショッピングモールがあって、そこのRest roomを拝借しに行った。多くのファーストフードのお店が集まるフードコートの一角にRest room(トイレ)はあり、無事何事もなく用事は終わった。「さぁ戻ってバスに乗るか」とRest . . . Read more
Comment (1)

John Yokoyama

2006-04-16 10:28:19 | シアトル漂流記
週末土曜日。これは観光には申し分のない良い天気・・・・・・・・ではなく。それでも、「女心と秋の・・・・」(死語)とばかりにSeattleの空に期待しつつ昼前にSeattle観光に出発Downtownで待ち合わせ。12時待ち合わせで11時半に着いてしまったがバスではしょうがない。ビルのロビーで待つこと10分。彼女・・・・・・・・・彼は現れた。今日は野郎(これも死語)二人で市内観光・・・・・決してH. . . . Read more
Comment (1)

My favorite space   4月12日

2006-04-13 20:47:12 | シアトル漂流記
今回は私の秘密の基地を公開する。 公開したのでもう秘密の基地にはならないが・・・・・まぁどうでもいいか ALLEN LIBRARY   と言う。まぁよくこれだけ飾っておくものだというくらい本がある。BRANCH LIBRARYと言われていて、大学マップなるもので確認すると、15箇所くらい敷地内に図書館があるのだが、上記の図書館は併設してあるSUZZALLO LIBRARY  . . . Read more
Comments (3)

頂上・・・バス停

2006-04-13 20:45:09 | シアトル漂流記
おお我が愛しのBUS。待っていてくれたのかなんて、そんなにぎりぎりな時間ではないのだ。さっきの坂を上り、右に曲るとこのバス停が見えてくる。丁度写真の右側から来ることになる。カレッジの駐車場を横切ってバス停に上がってくる。写真はバスが来る方向に移動して撮ったもの。ここから一日が始まる。額から噴出した汗をハンカチで拭っている姿は既にオジサンである。 . . . Read more
Comment

通学路-3

2006-04-13 20:43:30 | シアトル漂流記
ここが、前回の坂の中間地点。この辺りから額に汗がにじんでくる。ついでに息まで切れてくる。それでも歩き続ける。 to be continue・・・・ . . . Read more
Comment

通学路-2

2006-04-13 20:42:17 | シアトル漂流記
前回の写真をまた進行方向に向き直って再び200m程歩いて右に曲がると少し急な坂道が現れる。この300程先をまた右に曲がって100m位で「Shoreline Community College」のバス停に到着するわけだが、ここが最初にして最後の難関で全工程を普通に、急がず歩いて15分。このペースで歩くとこの坂も心地よい運動になるのだが、10分強で歩こうとすると心臓破りの坂に姿を変える。こっちに来てか . . . Read more
Comment

通学路-1

2006-04-13 20:41:42 | シアトル漂流記
今回は通学路をちょっと紹介しよう。写真から想像するにどんな田舎に住んでいるんだ?と想像するかもしれないが確かに田舎なのである。ステイ先の家の道路を挟んで向い側にはShoreline Community Collegeという2年生の大学(日本で言う短大)があり広大な敷地には多くの森があり川まで流れている。その緑豊かな一角にステイ先の家はある。写真は家を出てから200m程歩いたところから振り返って撮っ . . . Read more
Comment

週末  4月9日

2006-04-13 20:07:31 | シアトル漂流記
この週末でシアトルに来てから3週間が経った。まだ来たばかりのような感じもするが、自分の居場所に段々と慣れてきたもの事実だ。平日は8:12の大学直行バスで9時には到着し、午前中は気に入った図書館で勉強する。(図書館は7つもあってそれぞれ特徴があって楽しい)今までの人生でこれほど図書館で過ごしたことはない。 授業は午後の1:30からで通常は5:30に終了(月・水は7:00くらい)。それから直ぐにバス . . . Read more
Comment