映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「大脱出」 & 「THE ICEMAN 氷の処刑人」

2014年01月31日 | 日記

   

     「大脱出」
     シルベスター・スタローンからのオファーを受けて、アーノルド・シュワルツェ
     ネッガーが共演したサスペンスアクションです。

     偽りの犯罪者として刑務所に入り、そこから脱出することでセキュリティの問
     題点を指摘するコンサルタントとして名を馳せるブレスリン(シルベスター・スタ
     ローン)は、何者かが仕掛けた罠により、意識を失ったまま一度入ったら絶対
     に脱出できないことから「墓場」と呼ばれている私設監獄に入れられてしまい
     ます。

     目覚めたプレスリンは、その監獄の設計に自らもかかわっていた脱獄が絶対
     不可能の「監獄要塞」だったのです。
     ブレスリンは、自分を罠にかけた組織の陰謀を暴くため脱獄計画を練りはじめ
     ますが、そんな彼の前に、凶暴な囚人たちを束ねるロットマイヤー(アーノルド・
     シュワルツェネッガー)が現れて・・・。

     物語自体のアイディアは面白いのですが、肝心のシルベスター・スタローンと
     アーノルド・シュワルツェネッガーが、ともに還暦を過ぎていてアクションそのも
     のは今までより弱く感じました。
     ですからアクション以上に、内部での頭脳合戦とか駆け引きを、もっと加えるべ
     きだったと思いますが、そこまで手が回らなかった作品でした。
     お二人のファンでもある私にとって、至極残念な一本としか言えません。



   

     「THE ICEMAN 氷の処刑人」
     優しい家庭人という表の顔と、片や冷酷な殺人者という裏の顔を持っていた実
     在の人物を描いたクライムドラマです。

     1960年代、ポルノ映画のコピー工場で働いていたリチャード・ククリンスキー(マ
     イケル・シャノンの)は、デボラ(ウィノナ・ライダー)と結婚。ニュージャージーで
     妻と2人の子に囲まれ幸せに暮らし、近所でも評判の良き夫・父親でした。
     しかし、その裏では家族が全然知らない残酷な殺し屋として約20年間で100人
     以上を殺害していたのです。

     アイスクリーム売りの殺し屋フリージーと組んで、死体を冷凍ボックスに入れて
     保存し、死亡時間を誤魔化すことから「アイスマン」の異名をとったククリンスキ
     ーは、殺し屋家業を続けていましたが・・・。

     監督はイスラエル出身のアリエル・ヴロメンで、主人公が極端な二面性の顔を
     使い分ける様を、色彩を殺した画面で中々上手く描き出していますが、やはり
     凄いのはマイケル・シャノンの怪演でしょう。
     こんな人物が実在したのか・・・と、半ば唖然としながら見たのですが、あまりに
     もエゴイストであり冷酷なので、作品の良し悪しを通り越して共感出来なかった
     作品です。
     それに省略し過ぎて事情がいま一つ判りづらい部分、例えば結婚の経緯とか、
     家庭での描写を丁寧に描けば更に厚味が出て面白くなっただろうにとも思いま
     した。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「トルコの旅 ⑩」 ベリーダンスと、ボスフォラス海峡クルージング

2014年01月30日 | 日記


   ↑ ボスフォラス海峡クルージング。向かって左がヨーロッパ・サイド、右はアジア・サイドです。

      

      

     イスタンブールからスタートしたトルコの旅ですが、トルコの東部地方は
     シリアと国境が隣接しているため治安に不安ありで行けず、トルコを半
     周する形で再びイスタンブールに戻ってきました。
     イスタンブールの主な観光地はほとんど到着時に行っているので、トル
     コの最終日はアジアとヨーロッパのど真ん中を進むボスフォラス海峡ク
     ルージングと、名物のベリーダンス見学で楽しみました。

     ボスフォラス海峡は黒海とマルマラ海を結ぶ全長31kの海峡で、東側は
     アジア・サイド、西側ロッパ・サイドと呼ばれ、どちらもイスタンブール市
     です。
     海峡には1973年にイギリスとフランスによって初めて架けられた900m
     のボスフォラス大橋、1988年に日本の建設会社が施工した1200mの第
     2ボスフォラス大橋が架かっていて、車の往来が多かった二つの大橋で
     したが、昨年、海峡の底を掘削して完成した海峡トンネルも施工は日本
     の建設会社で、完工式には安倍総理が出席しています。

     海峡クルーズは、両岸に宮殿や寺院・城塞などが立ち並び、陸から眺め
     る風景とはまた違ったイスタンブールのもう一つの姿を眺めることが出来
     ました。
     クルーズ船に乗る桟橋への往復に、一区間のみで世界一短い地下鉄と
     いわれるトゥネルにも乗りましたし、丁度その日は市民マラソン大会が行
     なわれていて元気なトルコを見ました。

     もう一つ楽しみにしていたベリーダンスは、中東やアラブ世界で伝承され
     てきた妖艶な踊りですが、トルコではオリエンタルダンスとも呼ばれ、オ
     スマン帝国時代から、ハーレムでの宴や国家の祝祭時に華を添えたエン
     ターティメントとして人気が続いています。
     腹筋を動かし、骨盤を激しく振ったり、旋回させる動作に特徴があります
     が、私も鼻の下が少し伸びたようです。

     ベリーダンスは近年は見るだけではなく、自身で踊ることが流行だそうで、
     お腹に意識を置いて踊ることで、呼吸や姿勢が良くなり、ダイエットにも効
     くとか・・・。
     とまあ締まりがない旅行記のエンディングとなりましたがお許しください。
     次回はトルコ旅行の”付録”として帰途に寄ったシンガポールの模様をお
     伝えして、本当の旅日記ラストにさせていただきます。

  

  

  

  

  

  

  

  
      ↑ 世界一短い地下鉄
           

  

  

  

  

        
        ↑ ベリーダンサーとのツーショット。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本舞踊泉流 「花泉会 初舞会」 (福岡)

2014年01月29日 | 日記



     今年も1月26日に日本舞踊泉流の泉徳三照師匠のご自宅稽古処で行なわれた、
     恒例の「花泉会 初舞会」に私もご案内を受けて参加させていただきました。

     この会にお招きをいただいて四年目になります。いつもながら思うのは泉徳三照
     師匠のお人柄と、お嬢さんの泉徳乃さんのサポートぶりが素敵なこと、そして一
     門やお弟子さん進歩ぶりが目覚しいことです。
     私は毎日お稽古を見ている訳ではありませんので、こうして「初舞会」「ゆかた会」
     と半年ぶり毎に拝見しますと、尚更その精進ぶりが判るし、成果を拝見するのが
     とても楽しいのです。

     師匠や徳乃さんを中心に、とても和気藹々で明るく楽しい会なのですが、そのお
     稽古はとても厳格と伺っていますし、特に若い人たちに礼儀作法を厳しく教え込
     んでおられるとも伺っています。

     話は脱線しますが、去年私は角川大映撮影所で開かれた「大映会」に出席して
     懐かしい昔の仲間に会いましたが、年齢を重ねてもいまだに元気で活躍している
     多くの方たちをこの目で見て、やはり年齢に関係なく、常に目標を持っているから
     だと感心しました。
     それと同様に、「花泉会」の若い人たちの進歩振りも目覚しいのですが、年配の
     方々が活き活きとされているのが素晴らしいと思うのです。
     伸びる若手に、片や精進を忘れないベテランの皆さん、どうか何時までもお元気
     で活躍されますよう、心からお祈りいたします。

     「初舞会」に続いて、これまた楽しい恒例"花幸"での宴会です。今回は、半年以
     上の入院生活から帰還した親友のTも出席、久し振りで彼のご挨拶も聞けました
     し、私もご挨拶をさせていただき光栄です。

     最後になりますが、泉徳三照師匠を初めご一門の益々のご活躍を心からお祈り
     申し上げるとともに、お招きいただきましたことを改めて厚くお礼申し上げます。
     有難うございました。

      
        ↑ 泉徳三照先生と若いお弟子さんたち
  
  ↑ 泉葵三照・石丸日奈子・古館浩澄の皆さん    ↑ 泉仁三照さん
  
   ↑ 石丸日奈子さん                   ↑ 古舘浩澄さん  
  
   ↑ 泉紫津穂さん                    ↑ 泉扇鈴さん
  
   ↑ 泉葵三照さん                    ↑ 泉宝三照さん
  
   ↑ 泉徳乃さん                     ↑ 泉花三照さん
      
           ↑ 泉徳乃さん
      
           ↑ 皆さんで「糟屋音頭」

  

  

  

  

  
                                   ↑ 私めにございます。
 
      
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 「セッションズ」

2014年01月28日 | 日記

   

     6才の時にかかったポリオが原因で首から下が麻痺し、重度の呼吸障害を
     抱えるマーク(ジョン・ホークス)は、それでも人生を悲観することなく誰よりも
     ポジティブに生きてき若者でした。
     そして38歳になり、若く美しいヘルパーのアマンダに恋したマークは、健常
     な男性同様に「愛する女性と肉体的にもつながりたい!」と願うようになるの
     です。

     周囲の温かい励ましもあり、マークは思い切ってセックスセラピスト(ヘレン・
     ハント)のセッションを受けることを決意するのですが、果たして上手く運ぶの
     でしょうか・・・。

     監督のベン・リューイン自身もポリオサバイバーだそうですが、実話を基に
     したタブーとも言える領域の物語で、障害者のセックスを正面から取り上げ
     ていても違和感がなく、明るく爽やかな展開なので感動に連がります。

     主人公マークを演じたジョン・ホークスが、この作品で去年のゴールデング
     ローブ賞で主演男優賞に、セラピスト役のヘレン・ハントがこれも昨年のア
     カデミー賞で助演女優賞に、それぞれノミネートされた程の素晴らしい演技
     もこの映画の大きな見どころです。

     語り口がとても知的で爽やかで、他のスタッフで製作しようとしても、中々
     真似の出来ないユニークな作品だと思います。お薦め作品が続きますが、
     是非ご覧ください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大映宣伝部・番外編 / 古い写真の思い出 ( 53 )

2014年01月27日 | 日記


         ↑ 「陽気な殿様」左から坪内ミキ子、市川雷蔵、高田美和
     

     今回の主人公は坪内ミキ子さんです。以前にアップした渚まゆみの項の中で、
     一緒に撮った写真があったため坪内ミキ子のことに触れていて、今回は少し
     Wる部分がありますがお許しください。

     彼女のお父さんである坪内士行は坪内逍遥のお兄さんの子ですので逍遙と
     は血が繋がっていることになります。
     またお母さんは宝塚一期生の元トップ娘役・雲井浪子ですから、坪内ミキ子は
     毛並が抜群のお嬢さんです。
     しかもお父さんは一時、逍遥に養子縁組をしていたこともあり、我々宣伝部は
     デビュー当時ミキ子さんを逍遥の孫として宣伝しました。

     彼女のもともとの希望はお母さんの影響もあって宝塚に入ることでしたが、お
     母さんが大反対したこともあって断念。早稲田大学を卒業、縁があって大映
     に入社、市川雷蔵の「陽気な殿様」(1962年、監督・森一生)がデビュー作品
     で時代劇を中心に活躍しました。
     私は撮影所で会ったり、キャンペーンなどで何度か一緒に仕事をしましたが、
     まず人柄がいいこと、そして明るくお茶目でさえあったな彼女・・・が当時の私
     の印象です。

     彼女の結婚相手は我々と同じ宣伝部出身で、後に大映レコード室長をやった
     桜井正伍氏で、お二人の新婚旅行は九州でした。
     大映倒産後もテレビを中心に活動、更に総務庁の青少年問題審議会委員や
     更生保護事業振興財団の評議員など、幅広い活動を展開していました。
     桜井正伍氏とはその後も度々会う機会があり、最近は去年の「本郷功次郎
     を偲ぶ会」でしたが、その時の彼の話によると、相変わらず奥さんのミキ子さ
     んは藤村志保や雷蔵夫人と仲良しで、「三人は毎日のように電話をしたり会
     ったりしていますよ」ということでした。

    



   
     ↑ キャンペーンで渚まゆみ、坪内ミキ子、そして若かりし頃の私です。
   
     ↑ 新婚旅行中のお二人、長崎にて・・・。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加