映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「日々是好日」

2018年11月15日 | 日記

    

    エッセイスト森下典子が約25年にわたり通った茶道教室での日々をつづり人気を集め
    たエッセイ「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」を映画化したものです。
    「本当にやりたいこと」を見つけられず大学生活を送っていた20歳の典子は、タダモノで
    はないと噂の「武田のおばさん」が茶道教室の先生であることを聞かされます。母から
    お茶を習うことを勧められた典子は気のない返事をしていましたが、お茶を習うことに
    乗り気になったいとこの美智子に誘われるがまま、流されるように茶道教室に通い出す
    のです。
    見たことも聞いたこともない「決まりごと」だらけのお茶の世界に触れた典子は、それか
    ら20数年にわたり武田先生の下に通うこととなり、就職、失恋、大切な人の死などを経
    験し、お茶や人生における大事なことに気がついていくのでした・・・。
    主人公の典子役を黒木華、いとこの美智子役を多部未華子がれ演じ、本作公開前の
    今年9月に他界した樹木希林が武田先生役を演じています。監督は大森立嗣。

    何と言っても樹木希林さん最後の作品なので劇場に駆けつけました。黒木華の役は20
    才台から40才台までという主人公で、茶道を通じて人間・人格形成が成されて行くと言
    うお話しなのですが、本筋の話は少しばかり影が薄くなり、樹木希林さんの品位ある茶
    道の先生役が素晴らしい雰囲気を醸し出し、希林さんの最後の締めくくり演技とも言え
    るものに見とれてしまいました。そしてその他のことはあまり念頭に残らない作品でもあ
    りました。




コメント (1)

映画 「パーフェクトワールド 君といる奇跡」

2018年11月13日 | 日記

    

    障害を抱える若者の恋を描いた有賀リエによる恋愛漫画「パーフェクトワールド」の実
    写映画化です。インテリアデザイン会社に就職した川奈つぐみは、仕事先の飲み会で
    高校時代の先輩で初恋の人である鮎川樹と偶然再会して心を躍らせるが、建築界で
    活躍する樹は事故で車イスでの生活を余儀なくされる障がい者になっていたのです。
    その姿を見たつぐみは樹との恋愛を無理だと悟るが、昔と変わらないまっすぐな樹の
    姿にかつての感情があふれだし、惹かれていきます。樹もつぐみの素直でやさしい性
    格に惹かれてますが、「自分は誰かを幸せにすることができない」との思い込みから、
    女性と付き合うことをあきらめていました。そんな樹の思いを知ったつぐみは、樹との恋
    をあきらめようとしますが・・・。
    樹役を岩田剛典、つぐみ役を杉咲花が演じ、監督は「流れ星が消えないうちに」の柴山
    健次です。

    あまり好き好んで見たくない範疇の作品ですが、ご贔屓の杉咲花の成長ぶりを見たい
    と思い映画館に行きました。全体がスローテンポで、しかも各挿話に切れ味が感じられ
    ないし、編集の不味さもあってただ長いだけの作品に終わっています。やっぱり見ない
    方がよかったとつくづく思う作品でしたが、杉咲花は頑張っていましたよ。





コメント

大映宣伝部 (47) 追悼・江波杏子さん

2018年11月12日 | 日記

         

    江波杏子さんの訃報は、10月30日に私の妻が亡くなり、通夜や告別式の最中に飛び
    込んできました。歳をとっても益々盛んな彼女の仕事ぶりをみていただけに訃報にはと
    ても驚きました。遅まきながら私なりの彼女の思い出を少しばかり述べます。

    大映では個性的な役柄がらながら、主演作品はなかった彼女でしたが、若尾文子がや
    るはずだった「女賭博師」が、色々な事情で彼女に回り、一躍脚光を浴びることになりま
    した。
    大映の関係者の中でも、彼女は変わった子だという人も居りますが、私は撮影所でもよ
    く会っていて、旅も一緒にしたし、キャンペーンなども幾度となくやりましたが、私は物事
    をはっきり言う活発な人という印象が強いです。
    映画の中での演技も本数を重ねるごとに上手くなって行ったし、大映末期に九州のキャ
    バレーに「女賭博師ショー」で彼女が舞台でスッテンコロリと転んだ時も、顔色一つ変え
    ずに演じ切ったのを目前に見て、彼女の根性に感動したのも思い出の一つになりました。
    晩年も映画にテレビに最後の最後まで頑張り活躍したことを大いに褒めてあげたいと思
    います。(最初の写真は福岡市の那珂川河畔で私が撮ったものです)
    江波杏子さん、どうかゆっくりお休みください。合掌

    

    

    

    

        

    




                 
コメント (3)

映画「イコライザー 2」

2018年11月09日 | 日記

   

    俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッ
    グを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編です。
    元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺して
    いく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコールの戦いを描いていま
    す。彼は戸籍上は死人ですが現在はタクシー運転手として働いているマッコールは、
    身近な人たちが窮地になればイコライザーとして手助けをしています。そんな時にCIA
    時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害され、独自に捜査を開始したマッコ
    ールは、スーザンが死の直前まで手がけていた任務の真相に近づいていきますが、
    マッコール自身にも危険が迫り・・・。

    私は前作からこの作品のファンですが、今回も期待通りの痛快さと面白さでほぼ満足
    しています。細かい矛盾点は指摘すればありますが、デンゼル・ワシントンの好演で無
    視してもいいでしょう。彼のアクションも素晴らしいし、特にラストの嵐の中でのアクション
    は、カメラも抜群にいいです。シリーズはあまり歓迎しない私ですが、これは次回作への
    期待が高まります。


    家内の急逝でここ半月は映画を見ていません。でもやっとブログを再開出来て良かった
    と思っています。少々遅れたり、飛ばす作品もあると思いますが、どうかお許し下さい。
                                                  (中島)




コメント (3)

 ブログを再開させていただきます。

2018年11月08日 | 日記

                            

     思わぬことで長期間のお休みをいただきましたが、本日よりブログを再開いたします。
     今回、妻が亡くなってつくづく思ったことは、想像以上の悲しみと寂しさでした。
     でもいつまでもめそめそしている訳には行きませんので、それを吹っ切るつもりです。
     幸いなことに私は映画を語ることが出来る者なので、今日からまた頑張ります。
     どうかこれからも宜しくお付き合いくださいますようお願いいたします。

         






         



コメント (29)