勝地(かつち)ブログ

ご意見は下記に
✉ tsunehisa605@gmail.com
📞 090 - 8532 - 3755

NO.151 和高卒業式

2009年02月27日 23時57分40秒 | Weblog
9時に登庁し会派で予算勉強会の簡単な打合せの後、和田山高等学校の卒業式に向かいました。正式にいうと卒業証書授与式。朝来、養父の教育委員関係者、PTA、同窓会、出身中学校教頭、評議員など12名が出席来賓という中に八鹿の井上宮司がPTA副会長役職でおられました。子供さんが3年生で卒業という話に、評議員でありながら知らなかったことに申し訳なさを覚えました。
卒業生は3クラスで109名。生徒のご両親もたくさん見えるなか式典挨拶の言葉に自立、自律、感謝、希望、と幾度も並びます。世相を反映して100年に一度、の言葉も卒業生答辞にありました。厳しい社会に漕ぎだしてゆく彼らの前途が明るいことを祈らずにはおられません。


正午前に帰庁し会派勉強会に合流。5時まで缶詰め状態でしたが予算の全貌がつかめきれません。月曜日早朝までに予算質疑項目を会派でまとめることを会派メンバーに伝え解散。その後、「事務事業評価」「まちづくり基本条例」の委員会調査報告書作成の打合せを行い、副委員長の役目として明日土曜日正午までに提出の宿題をもらいました。唸ってしまいます、たいへんです。

午後6時から鳥林で八鹿ほろにが会2月例会でしたが、受付と会費徴収のみをこなし帰宅しました。今月から半年間程度、例会を欠席します。理由は血糖値です。

NO.150 予算説明会

2009年02月27日 00時55分27秒 | Weblog
日にちが明けて27日になりました。

昨日は終日会派合同予算説明会がもたれました。前夜から今年2回目となる軽いじん麻疹を発症していたのでおとなしく出席したところ風邪で欠席議員が3人もあり、また病気検査入院が1人あることから健康管理に気を配るようにと議長挨拶です。13人の会議も寂しいものです。
当局から10部署に分けて各40分ずつ説明、議員質問無しの申し合わせでひたすら説明をうける一日でした。説明資料が整ってない部署もあり分かりづらく感じましたが、議員の勉強不足と受け入れました。
夕刻、議会報告を少し広範囲に配りながら7時に帰宅。予算書の頁を再び開いて手持ちの資料あわせをしてますが、質疑項目は10項目にも満たない状態です。

今日も終日、会派・新政議員団による勉強会を持ちます。直ぐ中座して和田山高等学校卒業式に出席し、年度最後の評議員の役目を果たします。

NO.149 過密日程

2009年02月24日 23時02分10秒 | Weblog
昨日夕刻に議会報告第2号の印刷が上がり早速配り始めました。でも内心はモヤモヤ状態で気分は晴れません。この時期、こんなに議会スケジュールが詰まってくるとは想定外だったからで、配って歩いている時間的余裕がないのです。まずかったかな。
そもそも3月に入ってから定例議会が始まること事態、町村レベルの事務スピードです。市ともなれば2月中旬には来年度予算の全体説明がなされ、2月末には定例会が開会されて3月末まで十分な会期のなかで審議が尽くされる日程が組まれるべきです。非常に遅いと云わざるを得ません。
 



本日午後、議員全員協議会が開かれ3月定例議会日程が示されて膨大な議案書を渡されました。26日(木)に会派合同で議案説明会がもたれます。27日(金)、3月2日(月)と空いて3日(火)に議会が開会し、以降26日(木)の閉会日まで空きの日は閉会日直前の25日(水)の一日だけの日程です。この過密さでは時間日程に追われて問題・課題点の十分な審議が尽くされない恐れがあります。合併して4年間も経過しているのにこの状態とは、少し驚きです。遠慮がちな表現ですが。
議会運営員会から当局に改善を求めるべきだと強く感じましたが、次年度の課題です。
予算審議特別委員会、議会基本条例制定特別委員会が設置されることとなり、予算委員会の副委員長に互選されました。

NO.148  「典子は、今」

2009年02月23日 00時01分00秒 | Weblog
「典子は、今」。20年以上も前にこの映画を観ました。

ドキュメンタリーでサリドマイド薬害の彼女を追った映画。彼女は生まれつき両腕がない。幼くても足を使って身の回りのことを懸命にこなしていた。一人立ちするためのお母さんの厳しい愛情が溢れていた。小学校も同級生と同じように行った。泳いでいるシーンが強烈に記憶に残っている。明るく前向きに生きていく彼女を、とても偉いと思った。

http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000902170004

お元気で何よりです。勤め先の熊本市役所は3年前に退職され、今は各地で講演活動をしてご活躍の様子。養父市の人権講演会に是非お呼びしたいと思いました。

NO.147 臨時議会閉会

2009年02月20日 21時41分41秒 | Weblog
午前9時から本会議前の全員協議会、本日のスケジュール打合せの後、本会議。

第32回養父市議会臨時会2日目、議題は1件のみで「養父市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について」。文教民生常任委員会への付託議案であったため、委員会審査報告を受け、結果は「原案可決すべきもの」。私は3点について確認質疑を行い答弁を受け、結果「了」としました。今期臨時会はこれで閉会です。


午前10時から議員全員協議会。事業系一般廃棄物の行政回収の取り扱いについて生活環境部長から説明を受けました。本ブログNO.145で内容を紹介してきましたが4月からスタートなので早い住民周知が望まれます。
さらに、南但ごみ処理施設整備に伴う一般廃棄物の最終処分場の整備についての覚書締結の経緯について説明がなされ内容を了としました。
続いて、会計管理者から養父市の基金運用の実態について説明がありました。12の基金があり総額は約51億円。公金管理委員会(構成:副市長、総務部長、財政課長、会計課長)で運用協議を行い約17億5千万円の債券(5年もので東京都債、大阪府債など)を運用しています。運用益を上げるには30年満期というような長期債の購入となるが換金できず、利息益はでても為替相場しだいで元本割れするケースもあるとのこと。本市は隣市のような騒ぎにならないような債券運用がなされている説明でした。

正午前から会派代表者会議。予算特別委員会設置、議会基本条例調査特別委員会設置に伴う委員の選任の件を協議。会派「新政議員団」はそれぞれに3名を送りだすこととなります。その他、新年度予算説明会ほか3月3日開会定例会の審議スケジュールの詰め、3月26日閉会までとても忙しくなります。

午後、所用があり㈱上杉輸送機製作所養父工場を訪問。副工場長と親しく話をさせていただいたあとに工場長を紹介され31歳という若さに驚き、私の地元の若者だったことから二度驚きです。生き残りをかけ企業間競争が激しいなか、未来を見据えながら人材育成に果敢に挑戦している企業実態を31歳のトップ人事から教えられたようでした。市役所の31歳というと係長職にもなってない。こういう企業が市内で事業展開していることに誇りを感じました。

夕方6時、後援会だより第2号「議会報告」の完成USBデータを印刷屋に持ち込み今日の仕事を終えました。

NO.146 臨時議会

2009年02月17日 21時42分10秒 | Weblog
昨夜からチラチラしていた雪が今朝方には10㎝くらい積もりました。三寒四温の気候です。無限に天から降ってくる雪を見つめ無意識に口を開け舌を出す自分に苦笑。子供の頃よくやっていた記憶が蘇ります。

今日は第32回養父市議会臨時会の開会初日で9時前に議場に向かいました。



議員全員協議会の後、9時半開会。

■公立八鹿病院組合議会議員の補欠選挙
  高橋議員辞職に伴うもので同じ会派の深沢議員が議長指名推薦で選ばれました。

■養父市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定
  21年度介護報酬の改定に伴う介護保険料の急激な上昇を抑制し被保険者の負担の軽減を図るための基金設置です。文教民生常任委員会に付託となりました。

■養父市一般会計補正予算(第6号) 1,148,911千円の追加補正。
  国の第2次補正に係るもので大きく三点、定額給付金、子育て応援特別手当、地域活性化・生活対策臨時交付金、がその内容です。以下は事業費1千万円以上の事業内容です。
  ◆交通安全施設整備事業 
    市道幹線道路の外側線、中央線の整備/20,000千円
  ◆定額給付金給付事業 
    定額給付金(450,000千円)及び給付に係る事務費/467,526千円
  ◆子育て応援特別手当支給事務費 
    子育て応援特別手当(13,320千円)及び支給に係る事務費/14,338千円
  ◆保育所バス送迎事業 
    保育所・幼児センターの送迎用バス(39人乗り)2台購入/10,480千円
  ◆林道維持管理事業 
    落石防護柵復旧工事(八木谷大谷線、天谷線)、落石防護網復旧工事(天谷尾ノ谷線)/24,000千円
  ◆市単独治山事業 
    流末処理工事(排水路整備 大谷、上網場、奥米地、伊豆)/25,200千円
  ◆道路橋りょう維持事業 
    市道尾崎見山1号線、市道京口堤防線維持補修工事/23,000千円
  ◆除雪対策事業 
    除雪用タイヤショベル(8t)1台購入/16,500千円
  ◆市単独道路整備事業 
    市道朝倉高柳線歩道整備工事、市道三谷線改良工事/74,000千円
  ◆河川総務費 
    奥山川河川改修工事/30,000千円
  ◆消防施設整備事業 
    消防ポンプ車4台、消防普通積載車9台購入/119,693千円
  ◆養父小学校管理運営費 
    校舎耐震工事/230,300千円
  ◆図書整備事業 
    図書システムの導入(養父・関宮公民館)及びネットワーク整備/14,300千円
  ◆文化財保護事務費 
    大庄屋記念館屋根修繕、立誠舎石垣保存修理工事/10,650千円
  ◆あけのべ自然学校運営事業 
    屋根改修、外壁塗装、トイレ改修/17,000千円
  ◆鉱山学習館・探検坑道運営費 
    明延鉱山探検坑道保坑工事/17,000千円

私は定額給付金について、支給スケジュール、消費に回る額、消費を促すプレミアム商品券等の工夫について質疑。
ここで大失敗です。
歳出予算全体で6項目の質疑を用意して臨んだのですが、定額給付金の質疑で「質疑権」を使い果たしてしまう結果となったのです。
1議題で3回以内質疑、答弁含めて15分以内が質疑条件のところに、1議題という解釈を1項目と理解したために起きた失敗です。このケースでの1議題は予算全体でした。定額給付金で3回を使い果たしたことに気がつき、残り5項目は質疑が出来ませんでした。予備調べが台無しです。
原案可決です。

■養父市介護保険特別会計補正予算(第3号) 20,862千円の追加補正。
  前述の基金条例に係るもので、原案可決です。

議会中継CATV放映は、二日後です。

NO.145 事業所ごみ

2009年02月16日 23時08分17秒 | Weblog
淡路・紀伊水道を臨んで、ひと時の「春の彩り」を楽しむことができました。

 

事業所ごみ収集運搬方法が4月から変更になることで、多くの市民の皆さんから激変緩和策を取るべきだという要望意見をいただき、以来、市当局に小規模事業者への対応策について具体的提言を行ってきました。

市当局にも関係団体等から要請が寄せられており、これら状況を勘案し、条例を変更しない方向でおおむね次のような排出方法により対処を図るべく、現在、最終の調整作業が進められています。

(1)可燃ごみ
 小規模排出業者の便宜を図るため次のように取り扱い、家庭ごみと同様に行政回収を行う。
①小規模排出業者の定義
 計画収集日に1袋(45㍑)以内の排出量であること。一時期のみ大量に排出する事業者は、その時期は対象外とする。②使用する指定袋
 可燃ごみ業務用袋を使用し、家庭ごみの分別方法に従う。
③排出場所
 ゴミステーション。区長等管理者に排出許可を受けること。許可を受けずに排出は出来ない。

(2)不燃ごみ、大型ごみ・金属類
①大量の場合
 産業廃棄物として適正処理する。若しくは一般廃棄物であれば許可業者に依頼するか自己搬入する。
②小量の場合
 家庭から出る程度であればゴミステーションに排出できる。
③排出場所
 ゴミステーション。区長等管理者に排出許可を受けること。許可を受けずに排出は出来ない。家庭ごみと同様、計画収集日のみ行政回収する。

(3)資源ごみ
①大量の場合
 許可業者に依頼するか自己搬入する。
②小量の場合
 家庭から出る程度であればゴミステーション(びん・カンは拠点回収場所)に排出できる。家庭ごみの分別方法に従う。
③排出場所
 区指定場所。区長等管理者に排出許可を受けること。家庭ごみと同様、計画収集日のみ排出できる。

NO.144 ことの成り行き

2009年02月16日 01時06分39秒 | Weblog
市長が満を期して提案し賛同をもらおうとしていた「副市長選任同意」の案件は、2月臨時議会への上程が見送られました。市議会議員の多くが賛同する雰囲気を持っていなかったと、議員の瀬踏みをした市長自らが感じ判断したからです。もちろん昨年6月から空席となっている副市長の早い選任が必要、という趣旨に反対する議員は一人もいません。
賛同する雰囲気がなかった原因は、候補者の資質が評価されたからでした。資質を評価するのは誰も同じですが、資質の中身は何かとなれば、それは議員それぞれです。市長は、市政の手助けを依頼する多くの人材の中で自分に無いものを持っていると総合判断して今日に至ったのですが、議員の評価は全く違ったものとなりました。市長の評価軸が甘い、判断誤りと云わざるを得ません。

そして市長は、議会各派に対して「2月議会は見送るが、今後なんとか理解をお願いしたい。」という時間をかけた宥和策に出ました。同一人物に固執するという連続二つめの判断誤りです。ここにきてそんな宥和策は実を結ばないだろうし、市議会も二元代表制もなめられたものです。

議員から選ぶ選択肢は当然あって然りです。議員定数に穴があく、民意を反映する機会を奪うかどうかは、定数を18に削減した時から法的に3名減までは補欠選挙は出来ない旨が明記されていることから、私は関心を持っていません。

私が副市長候補者にあてている評価軸は、候補者が持つ政治哲学と政策形成能力と政策推進能力だけです。市長が強く推している候補者は市議会議員という政治家ですから、政治哲学と政策形成能力と政策推進能力のいずれにおいても評価されるべきものです。
それが私なりに考える資質とも云い替えることができ、私は評価していません。

候補者本人が何をどう考えているかそれを見極めたいがために、候補者が副市長として相応しいか否かを判断する公開「公聴会」を議場で開催し、議員はそれをもって賛否を投票するシステムとすべきだと会派内で持ちかけたが賛成2、反対2、その他2でした。日本では法的にどうなのか調べが間に合っていませんが。「新しい市政」を目指すとした市長、どうですか。市民の直接選挙もなく4年間を任すのですから、これくらいのことは当然でしょう。

政治は民意、民意に応じて変えていけばいい、さしたることではない、絶対化する必要はさらさら無い、情で突き進んで共爆する気ならそれもまたいい。春一番が吹こうとしているのに、早く次の本題のまちづくりへ向かわなければ。

NO.143 調査視察

2009年02月13日 22時48分49秒 | Weblog
バタバタと気ぜわしく、ゆっくりPCに向かう時間余裕がない日々を送っています。

そんな中、今日は会派・新政議員団6名でかねてからの政務調査活動での視察に行ってきました。視察先は岡山県・和気町(人口16,334人)。まちづくり基本条例、まちづくり協議会の二点について教示いただき意見を交換してきました。



隣町との合併時、新町建設計画で審議会は置かず替わりにまちづくり協議会を置くとしたことがスタート点です。町民共通のルールがないとまちづくりが前へ進めない。まちづくり条例に魂をいれないと条例の存在価値がなくなる。魂を入れる活動がまちづくり協議会であるという説明に納得です。
今では町内52行政区が9つのまちづくり協議会を組織し、職員189名が兼務ではりついて向こう5年間の事業計画を立てPDCAを重ねながら事業展開。事業予算は町税の1%、1500万円を原資とし均等割70%、人口割30%で交付されているとのことでした。
議会提案当初は、二重行政になるのではないか、議員が要らなくなるのではないか、と意見が飛び交い2ヶ月間に渡って慎重審議が続けられ可決成立した経緯があります。また時はちょうど夕張市の財政破綻のおり、町民は、自分は何が協力できるか、と大いに議論がなされたとのことです。
地域が変わればやり方も変わって当然ですが、さて養父市はとなると腕を組んでしまいそうです。3月3日から定例議会が開かれ、養父市まちづくり基本条例制定の議案が上程される予定です。議会はどう審議すべきか会派で検討を始めますが、市民に条例理念が理解されるよう、また市民意見が反映されるために時間をかけてあらゆる方法で審議していくことを基本に、会派意見をまとめていきたいと考えています。

NO.142 再試合

2009年02月09日 23時57分17秒 | Weblog
今期臨時議会で副市長選任同意案件はどうするのか。市長から報告がありました。私流の言い回しで表現すると「選手交代もなく得点差がついたまま日を改めての再試合」の様相です。

午後1時半から議員協議会が開かれ17日開会の第32回臨時議会招集通知が配られて当局から説明を受けました。内容は、八鹿病院組合議会議員補欠選挙、介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定、介護保険特別会計補正予算、一般会計補正予算です。特に一般会計補正予算は国の第2次補正予算に伴う経費補正で、定額給付金に係るもの約4億6千7百万円、子育て応援特別手当に係るもの約1千4百万円、地域活性化生活対策臨時交付金に係るもの約6億6千7百万円の計約11億4千8百万円となります。

その後開かれた議会運営委員会と広報特別委員会では諸般の事情でそれぞれ副委員長が交代となり、どちらも新政議員団メンバーが選ばれました。私は広報特別委員会の副委員長です。4カ月目にして常任委員会を含む五つの委員会全ての副委員長を新政議員団が努めることとなり、こんな巡り合わせもあるものだと少しの驚きです。責任も増し会派・新政議員団各位の研鑽が望まれます。

NO.141 写真がいい

2009年02月07日 23時12分33秒 | Weblog
ずいぶん年が離れていた義兄の一周忌の法要にでかけた。親戚が集まり和尚が到着、一緒に25回忌と100回忌の先祖様の供養も行うという。100年前というはるか昔、誰も名前も顔も知らない空無の彼方の人だ。故人を偲びたいが戒名では偲ばれない。人となりのイメージが浮かばない。遺影の顔写真でもあればまた別だが。義兄の顔写真は天井なげしに飾られているからいい。

訃報の知らせをもらい夜もまた葬儀会館での通夜にでかけた。まだまだ早すぎる年齢だが、命が尽きたときが寿命であり何歳であっても精一杯生きてきたのだと、だから寿命の文字に寿をあて慶びあうのだと和尚が説く。祭檀で遺影の顔写真が笑んでいる。人柄が偲ばれるいい写真です。

偲ぶには写真がいい。
「供養には戒名を唱えることも大事だが写真も故人を偲ばせてくれる。生きてる間にたくさんの写真を家族で撮りなさい大好きな人と撮りなさい、その時間を共有しなさい。」と説くのもいい。

顔写真と見立てて自分の顔を手鏡で見てみる。悪役でもなく賢者でもなく小心者のようでないような、なかなかのもの。

NO.140 プレミアム券

2009年02月06日 23時20分36秒 | Weblog
4億5千万円が養父市における定額給付金の総額と推計されています。給付金の良し悪しはさておき、決まったからには養父市の景気浮揚につながる有効な対策をとるべきで、かねてから市長にプレミア付振興券を提案していました。そして同時にNPO市民オフィスやぶでも内々に研究を始めていました。市商工会が以前に取り組み話を市商工担当課にもちかけたがまとまらなかったと聞いていたので、具体的な運営システムを描き市役所はプレミアム相当分のみ負担してもらうだけの提案をしないと現体制では職員動きませんよと商工会事務局長に申し上げてきた経緯があります。そこで再確認すると、作業は進んでおり近々市長に企画提案・要請を行うとのこと。作業ご苦労さまです、応援します、楽しみにしています。

(以下、毎日新聞サイトから記事転載)
毎日jp 毎日新聞 2009年1月30日 19時41分(最終更新 1月30日 20時08分)

定額給付金:129市町村で「プレミアム商品券」発行
 総額2兆円の定額給付金に合わせ、34都道府県の129市区町村が「プレミアム(割り増し)付き商品券」の発行を予定していることが30日、総務省のまとめで分かった。99年に発行された地域振興券は地元で使うほかなかったが、現金で支給される給付金は、どこまで消費に回るか懸念する声が上がっていた。地域を限定して使える商品券を併せて発行することで、地元の消費を活性化させたい意向が働いている。
 プレミアム商品券は、市区町村が地元の商工団体などと連携して、地元で1~2割増しの買い物ができる商品券を発行するのが一般的な方法。長崎県佐世保市を皮切りに、北海道網走市や東京都港区、大阪府池田市、鳥取市、松江市、山口市などが予定している。
 青森県三戸町や埼玉県秩父市、奈良県大和郡山市など8道県の8市町は消費拡大を狙ったセールを予定している。東京都多摩市と大阪府箕面市は給付金を受け取った市民に寄付を募り、別の事業にあてる取り組みを実施する方針だ。【石川貴教】
 ◇プレミアム付き商品券の発行を予定している市区町村
 【北海道】網走市、士別市、名寄市、根室市、岩内町、浦臼町、美瑛町、上富良野町、下川町、音威子府村、枝幸町、小清水町、訓子府町、白老町、新冠町、上士幌町、広尾町、池田町、浦幌町、弟子屈町【青森】風間浦村、南部町【岩手】釜石市、岩泉町【宮城】塩釜市、大崎市、加美町【秋田】由利本荘市【山形】上山市、村山市、東根市、尾花沢市、南陽市、朝日町、大江町、舟形町、三川町【福島】田村市【栃木】那珂川町【埼玉】熊谷市、秩父市、春日部市、上尾市、入間市、小川町、美里町【千葉】旭市、柏市、勝浦市、流山市、いすみ市【東京】港区、品川区、杉並区、板橋区、青梅市、日野市、羽村市【神奈川】横須賀市、厚木市【富山】南砺市【福井】越前市【長野】諏訪市、小諸市、茅野市、塩尻市、小海町、佐久穂町、下諏訪町、宮田村、豊丘村、坂城町、信濃町【岐阜】高山市、中津川市、恵那市、郡上市【静岡】沼津市、三島市、伊東市【愛知】蒲郡市【滋賀】長浜市【京都】京丹後市【大阪】池田市、八尾市【兵庫】豊岡市、加古川市、西脇市、丹波市、南あわじ市、佐用町【鳥取】鳥取市、湯梨浜町、大山町【島根】松江市、浜田市、出雲市、美郷町【岡山】玉野市【広島】安芸高田市、安芸太田町、北広島町、世羅町【山口】山口市、防府市【徳島】美馬市、北島町【高知】南国市、東洋町【佐賀】唐津市、鹿島市、嬉野市、神埼市、吉野ケ里町【長崎】佐世保市、対馬市、長与町【熊本】八代市、南阿蘇村、湯前町【宮崎】串間市、都農町【鹿児島】南さつま市、志布志市、長島町、東串良町、肝付町、中種子町、瀬戸内町
 ◇消費拡大セールを予定している市区町村
【北海道】士別市【青森】三戸町【群馬】下仁田町【埼玉】秩父市【千葉】勝浦市【福井】鯖江市【長野】信濃町【奈良】大和郡山市

NO.139 ぶらり

2009年02月05日 00時25分56秒 | Weblog
養父市内の時の話題の喧騒を避けるように午後5時、旧知の友人に会いたくなりぶらりと電車で久し振りに隣町の豊岡市に出かけてきました。新型車両となった電車に乗るのは初めて、入口出口わきには開閉スイッチがつき車内も広くシートも豪華で、その快適さは豊岡勤めの15年前に走っていた電車とは大違いです。
目指すは豊岡駅前で一杯呑屋を構える大盛屋、30数年来の付き合いです。いつもそうですが「やぁっ!」と店に入ると先客一人。4月市議会議員補欠選挙の話を向けると「そのことそのこと、いま・・・」と。あとは呼びもしないのに匂いを嗅ぎつけたのか次々と当時の労組のつわものが店に顔を出し、国政話やらで賑やかな昔パターンにタイムスリップとあいなりました。
我が家に遅く帰ると時の話題の電子メールが。市井の声です。

 

NO.138 春がこんにちは

2009年02月03日 23時42分04秒 | Weblog
今日は会派代表者会議がもたれました。
ここのところ毎日議会に顔を出していますが、朝9時に庁舎に着くのが億劫になってきました。夜型人間、おまけに貧血症なのでスロースタートなのです。目もかすみがちで現役仕事人であったなら、体内の声を聴き現役引退の潮時とするだろうな。

いま議員となりて全てにおいて一体何をやってる、こんなでいいのか少し戸惑い気味です。議会・議員の役割・責務はこうあるべきと「そもそも論」ばかりを論じあい地域にお金を生んでいるわけでも元気を与えているわけでもありません。果たして町づくりのために役立っているのか「オイッ! 勝地」と自問です。企業誘致担当の名刺でもぶらさげて、瀬戸内企業訪問でもやってる方がまだましか。温泉やスキー場の手伝いもあるな、有害鳥獣柵の維持補修作業もあるなと。

地域の人や地域そのものが変わらない政治は偽物ではないか、地域が停滞する最大の敵は無関心ではないかと教えられました。

春がこんにちは
山東町の書家・上地拝碩さんから手作りカレンダーを送っていただきました。その一枚から、心がなごむ春のごあいさつです。明日は立春。3月29日は誕生日日曜日。

NO.137 Text of Obana`s 

2009年02月02日 21時49分56秒 | Weblog
議会広報特別委員会が開かれて最終文章校正、そしてトップ写真がスノーフェスティバルで私が撮った「餅つき」に決まりました。A4版16ページ、2月15日発行です。
 

午前11時、アポをとっていた廣瀬市長への要請行動です。全建総連による「建設不況打開と資材高騰への緊急対策を求める要請書」で、市内552名の要請署名を添えて東播建設労働組合但馬支部としての市長要請、松田書記長に同席しました。いま民間事業はもちろんのこと公共事業もほとんどなく仕事確保が最大の課題となっています。①地域や生活に密着した公共工事を増やし地元業者に発注。②入札の最低限落札の引き上げ、業者の過当な低価格競争の防止。③小規模営繕工事登録制度を活用して地元登録業者への発注を増やす。④緊急融資制度の創設。などを要望しています。有意義な意見交換ができました。



午後から議員控室で一般会計予算の一人勉強ですが、最中に議員辞職の出来事と副市長人事との思惑話が次々と入ってきます。この類の人事は賛同者が圧倒的多数となる人物をと心がけることでしょう。特定の或いは狭い視野からの判断は禁物ですし、人事の玉突きは進むも戻るも取り返しがつきません。

三階議員控室から見える夕日がきれいです。



オバマ大統領の就任演説ネット配信を見つけました。演説内容は英会話勉強にも利用されていると妻から聞かされ「ヘェ~」と感心した次第です。危機への決意、国家の偉大さ、安全と理想、世界への責任、自由と未来、アメリカの偉大さに憧れます。
YouTube-President Barack Obama 2009 Inauguration and Address