♪LUNCHEON MAT♪

力を抜いた毎日の幸せの形をお届けします
firstupdate2009.07.01

大分旅行記1/14編

2015-01-19 19:34:19 | H27、1/11~1/14大分旅行記


大分旅行記最終日です

1/13は有給を取り遊んでいた夫ですが、働いてもらわないといけません
休みの日の朝食は必ずパンを食べている夫ですが、平日は御飯です



これはフリーズドライの味噌汁でほうれん草とお揚げが入ってました
かーなーりー美味しいです

フリーズドライは1袋だいたい80円位とちょっとお高めです

夫はこれに毎日、フルーツ、ヨーグルト、コーヒーを飲んで仕事に行ってるようです


6時前に起き、7時前に出勤

ひたすら夫のジャマにならないように、息を潜めていました

この時間には滋賀県はすでに日が昇り明るくなる時間ですが、大分はまだまだ真っ暗でした

8時過ぎの電車に乗るために、コロコロちゃんを引いて駅まで歩きましたよ


朝早かったので、10時前からお腹が空いちゃいました



小倉駅でお弁当を探しましたがあまり美味しそうでもないし、「これは」と思う物は2000円近くもするのです
高すぎる、無理無理
セブンにしました

小倉駅のセブンはお手拭を入れてくれてましたよ



夫がポッキーを鞄に入れておいてくれました


そうそう、小倉駅の新幹線のトイレの手洗いですが、水が流れていく排水口は、新幹線の絵が鍛造してありました

これはと思ってスマホで撮ろうと近付けたら、スマホに反応して水がピュッと出てきてしまいました
哀れ、スマホは濡れてしまったのでした

これは、小倉駅だけなのかしらん
かなり癒されました

食べ続けた旅でしたが、体重はキープ
心底ホッとしたのは言うまでもございません


これで終わりです

今回の旅も、とても思い出深い楽しい旅になりました
思いがけず4連休になったとわかった時に「じゃあ、新幹線のチケット取るから遊びにおいで」と言ってくれた夫には感謝、感謝です

まだまだ続く単身赴任生活
元気に仕事を頑張ってもらいましょう

自分の為だけの、自己満足な備忘録にお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました

次はいつになることやら。。。

人気ブログランキングへ



大分旅行記1/13後編

2015-01-18 18:20:43 | H27、1/11~1/14大分旅行記
大分旅行記続きです

さてさて夕方5時過ぎに向かった先は臼杵市です

大分旅行記6/21、6/22編でも行ってます

目的地は、料亭 山田屋 臼杵本店

globeのケイコさんのご実家で有名なフグの専門店で、ミシュラン三ツ星の支店が麻布にあるそうです
こちらのお店を予約してくれました

臼杵市は「ふぐの郷」と銘打つくらい有名で、街にはふぐ料理店がたくさんあります。

豊後水道の荒波にもまれたふぐは身も引き締まっておいしい・・・


今回の旅は、これが最大の目的でした



ちょっと早目に出発したので、臼杵城跡に行き、歩いてお腹を減らそうという作戦です
5時半過ぎの画像ですが、滋賀県と比べるとかなり日の沈むのが遅いと感じました



Aコープで海苔を買ったり、地元の特産物を探した後、ちょっと早いけどお店に行こうと向かったのですが
ナビの言う通りに向かったら、どんどん海から離れ山の手へ。。。。
突いた先は、住宅街の新興住宅地

「こりゃおかしい」

もう一度登録しなおしたら、今度はスーパーの駐車場

諦めてお店に電話をし、お店の人にナビをしてもらいながら着いた所は、立ち寄った臼杵城跡の隣りだった
ショボン



左から、なまこ、魚の白身を固めた「おふ」のようなもの、イカの塩辛
ここにはフグは見当たりませんが、どれも上品です



と、その前に箸置きは「フグ」でした
愛嬌があるじゃないのお

欲しくなっちゃいました




お刺身
真ん中に写ってる皮ですが、これがコリコリしてアクセントになり歯応えが全然違ってすごく美味しかった



薬味は、「きも」これは脂がのってました
御飯にのっけたら絶対いけるお味です

もみじおろしと、小葱




うへへ、5枚一緒に贅沢食べ
厚みが丁度いい、プリプリ具合です



唐揚げ
スパイスがよく効き、下味がしっかりついてました

フグはとてもアッサリした魚なので、ちょっと濃い目のお味が丁度良かったです



お待ちかね
テッチリさん

お出汁は昆布だけです
かつお出汁は入ってなく、このお出汁がアッサリ食べられました



グツグツ



ヒャーー
美味しいーーーーー
ホクホクで、アッサリ、夫婦揃って無言です


(すんません、美味しいのですが語彙力がありませんので、これが限界かと)

とり皿はフグさん



ぞうすい

お皿によそって持ってきてくれました
溶き卵とか、葱の美しいよそい具合は、あたしは100年経っても無理だなあ




小豆を固めた物と、リンゴ、柿のムースが入ってました



平日だったので、もう一組お客さんがいらしただけでした


仲居さんって言うのかな
若い方と、年配の方と2人でお世話してくれたのですが、若い方が驚くほどお綺麗な人でした
夫の目が「点」となったのが(もともとチッコイ目ではありますが)横にいてもわかった位です

女優さんみたいでした




個室の掛け軸

かなり贅沢な夕飯になりましたが、とても美味しくていい時間を過ごせました
夫、ごちそうさま
ありがとうね
嬉しかったよ

3日目、お腹一杯にて終了

ビールはめっちゃ飲みましたが

続く

人気ブログランキングへ



大分旅行記1/13前編

2015-01-17 18:54:38 | H27、1/11~1/14大分旅行記
大分旅行記の続きです

当日は夕方に予定があるだけだったので、のんびり起きました



あたしが食べたのは、手前にある「アン生」
生クリームとアンコが入ったパンです

ヨーグルトも食べました

前日入ったお風呂がとても残念だったので(温泉だと思って入ったのに普通の大きなお風呂だった)、今日は別府に行こうと鼻息粗く、意気揚々と出かけた先は、
棚湯で有名な杉の井ホテル
ここは、別府の温泉を紹介するテレビや本で必ず一番に紹介するような、有名な温泉ホテルなのです
しかし、どうも様子がおかしいのです

やたら工事車両があちこちに止まっているは、工事現場で働く人達が忙しそうにしていらっしゃるし、、、、
ホテルに入ろうと思っても自動ドアが動かず入れない
中は暗い

ここでも鈍いあたし達は、実は入れないと言う事に全然気付いてないのでした
ショボン

そしたら中からホテルマンが出てこられ「今週一杯は全面改装の為入れません」

「SHOCK!!!」

「えーーーー!!そうですか!!」
たぶんあたしは、すごく悲しそうなショックで倒れそうな顔をしていたと思います

ホテルマンがもう1人中から出てこられて、2人ですごく謝ってくださいました

「イヤイヤ、あなたは何も悪くはございません、ごめんなさい、大変ご迷惑をおかけいたしました」とションボリ帰ってきたのです



しかたない




夫は、特製味噌ラーメンを食べ




あたしは、柚子塩ラーメンを食べ、作戦会議

九州はとんこつラーメンが主流ですが、こちらは札幌のラーメン屋さんの支店らしく、美味しい味噌ラーメンを食べられました


大きめのショッピングセンターの本屋さんで、立ち読み

向かった先は、柴石温泉(しばせきおんせん)



閑静な山間にある、とても風情のあるいいお風呂でした



早い時間だったため数人しかいらっしゃらず、地元のお姉さま達がしゃべっているのを聞きながらのんびり浸かりました

静かな小さい小さい温泉は、あまりにも気持ちよく、嬉しくて楽しくて幸せで、涙が出てきました

こちら市営の為、わずか210円で入れます





紺碧の空

続く

人気ブログランキングへ




大分旅行記1/12後編

2015-01-16 19:39:58 | H27、1/11~1/14大分旅行記
豊後二見ヶ浦をノンビリ眺め、向かった先は

さいき海の市場○(まる)です

店内には海鮮加工品が山盛りで売っています
スイーツやパンもありました。


お弁当・お惣菜、鮮魚、野菜、果物など1階のコーナーで好きな物を買うと、2階にあるイートインコーナー「鮮度壱(いち)番」で食べる事ができます
一番のお勧めは、握ったお寿司のようです
ここは、かなりの人だかり

握りたてのお寿司がドンドン運ばれてきてました

大トロは500円

目の前は市場、ネタが新鮮で美味しいに決まっています



まぐろづくし
中トロが入っているし、炙ってあったマグロ赤身はトロトロです



りゅうきゅう丼のネタは一体どれだけ乗っているのか
すごい量でした



こちらの海鮮丼のネタは、一体どれだけの種類が入っているのか

もちろんどれも1000円以下で食べられます



かに汁と、あさり汁

子供が遊べるスペースがあり、家族連れにも優しい所でした


横にある棟には、お土産コーナーがありました
こちらも珍しいのが一杯

時間を忘れてしまうほど、面白かったですよ
店内は、人で一杯

大分県内は、行きたい所はだいぶ行き尽くしてきたようですので、
当日はあまり計画を立てずに、行き当たりバッタリの旅


さーーて、お次はどうしましょうか
と、店内で貰った観光案内の地図を見ていたら、

小半(おながら)鍾乳洞を見つけました



明治32年に発見された後、大正11年に国の天然記念物に指定されています
洞内は1年中15度を保たれている為、夏は涼しく冬は暖かく、それまでモコモコだったあたしは、マフラーをとり、手袋をとり、どんどん薄着になって行きました
全長700メートルの洞内には、50をも超える景勝が続き、見ごたえバッチリ



これは、「傾柱石」と名づけられた物ですが、地殻変動の影響により、傾斜した状態で身をうずめていますが
世界で唯一ここだけだと言われている石です

不思議ですよね
何故傾斜しているかは、いまだ解明されてはいないようです

のんびり見学して約1時間
あたし達だけだろうと思っていたら、数組の人とすれ違いマシた
外国人ともすれ違いました

怖かったのは、「ここで地震がきたらきっとダメだろうな」
絶対、あっと言う間にチーーーンだろうなと思いました

お次はお約束の
お・ふ・ろ

やよいの湯

良かったのですが、温泉だと思って入ったら、露天風呂がカルキの匂いがほんのちょっとだけプンっとするのです(プールの匂いハイターの匂い
どうも変だなっと、入り口の所にあった成分表って言うのかなを見たら、「沸かし湯」になってた~

シュン


仕方ない
こんな事もあるさ


計画を立てずに、行き当たりバッタリの1日目
思いのほか、楽しい一日になりました


夕方7時過ぎにスーパーへ買出し




狙うは半額寿司

前回の旅では味噌汁だけは作り、いばっていたのに今回味噌汁はインスタント
妻失格

フリーズドライの味噌汁をいつも食べている夫ですが、初めて食べてみました
案外美味しいです
って言うか、かなり美味しくってビックリコン

2日目終了

続く


人気ブログランキングへ


大分旅行記1/12前編

2015-01-15 18:05:20 | H27、1/11~1/14大分旅行記
行く度に必ず朝御飯に買っているパンですが、すごーーく美味しいのです



もちろん作りたてというのもあるのですが、朝はあまりお腹に重くないパンがいい
大きさが手頃で、すんなり食べられるって言うのかなあ

いつも小さなお店の中はお客さんで一杯です



お正月は大雪だったのと、あたしがズーと仕事だった為、そして夫が赴任先に戻らないといけなかったりと、初詣に行く時間がありませんでした

会社の人にリサーチして、大分護国神社に初詣

12日にもなるから、人はまばらかとおもいきや案外大勢の人でとても活気がありました
観光バスをチャーターした団体さんもいらっしゃいました

鳥居をくぐると



こんな感じや



こんな感じで案外派手目

雨がパラっときて、思ったより寒かったです

この日は、大分から南にある佐伯市に行きました


大分のインターから南に向かい、津久見インターで下車
そこから佐伯市に行くのですが、日豊海岸を通るこのドライブコースはとても快適です



途中見えてくるのが、豊後二見ヶ浦

この二つの夫婦岩は長さ65メートル、直径75センチのしめ縄で結ばれています
お正月の初日の出のスポットとして有名ですが、3月と10月には、夫婦岩の間から上る朝日が見られるようです


カロリーたっぷりめの朝御飯を食べたのですが、丁度いい具合にお腹が空いてきました

続く

人気ブログランキングへ




大分旅行記1/11編

2015-01-15 16:45:15 | H27、1/11~1/14大分旅行記
今回の旅を備忘録として残しておきたいと思います
完全なる自己満足で面白くもありませんが、お付き合い下さいませ
しかし、毎回アップしているこの備忘録、いつも後からとても役にたっているのです

いつもの旅行は、予定を立ててから会社に休みの申請をするのですが、今回はシフト表を見た所、思いがけずの4連休だった為、急遽旅行が決まりました




当日は、いつも通り12時迄仕事




「帰ってから弁当を作り」と言っても

オムライスを作り、冷凍庫から発掘した根菜の煮物は凍ったままお弁当にイン
ゴールドキウイと、これ以上簡単にできないようなお弁当です



パウンドケーキは頂き物


いつもよりちょっただけ早い新幹線で行きました

米原駅と京都駅では、寒くて寒くてブルブル震え、カイロが必須

先日テレビを見ていたら、新幹線のアイスが美味しく話題になってるとの事だったので、必ず食べようと思っていたのだけど、寒くてそれどころじゃありませんでした




ビールをたっぷり冷やしておいてくれました


人気ブログランキングへ