♪LUNCHEON MAT♪

力を抜いた毎日の幸せの形をお届けします
firstupdate2009.07.01

宮崎、大分旅行記6/20後編、6/21編

2015-06-29 20:34:29 | H27、6/18~6/21宮崎、大分旅行

宮崎、大分旅行記最終編です
もう少しだけお付き合い下さい



夕ご飯は帰りのドライブついでに買ってきたものです


関あじの開きが売っていたので、お買い上げ
「関」がついているだけで、お値段はドーーンと上がるのですが、お値段だけの事はあると思います
とても美味しいあじです

平茸と玉葱の炒め

サラダ

お味噌汁

塩豆腐と言う聞きなれないお豆腐です
塩気がほんのり付いていて、固めの美味しい豆腐でした

かつおのおさしみは旬ですね

好きな物を買ってきて、シンプルですが旬な物を揃えて、お腹一杯美味しい夕飯を食べました



ビールはおいしそうな物をたくさん買ってきました


この日の走行距離は150キロ

よく走りました



最終日の朝御飯は、パン



お昼ご飯のかわりに、ケーキを買ってきて軽くすませました



旅のお供は、大好きな「小池真理子」さんの「夏の吐息」



帰りの新幹線では、又パン



おにぎり



チョコ

戦々恐々としていた体重ですが、、、、、
何も言えません
そして、その体重は帰ってきてから10日程経ちますが、元に戻るどころか増え続けるという世にも恐ろしいこととなっています
ああ、どうした物か、、、

今回の旅は雨に降られてしまいましたが、行きたかった宮崎に行け、又思い出が増えました
年を重ねてくると、「物より思い出」の方が魅力的になってきます

イヤイヤ、物欲もなかなか衰えません
食欲は増すばかり

困ったもんだ


まだまだ行きたい所が、たくさんあります
しかし九州とは言っても、本当に広い
なかなか回りきることは難しいです


普段はちょっと心細い毎日ですが(実は心細くはないけどかわい子ぶってみた)、
こんな楽しいご褒美があると、毎日の留守番も悪くないなと思うのでした

最後までお付き合いいただきありがとうございました

遠い所で頑張って働いてくれている夫には、感謝感謝です
又、交通費出してね
(大分旅行への交通費はすべて夫のお小遣いから出ているのです)

人気ブログランキングへ




宮崎、大分旅行記6/20編

2015-06-27 20:07:37 | H27、6/18~6/21宮崎、大分旅行

宮崎、大分旅行記続きです
もう少しだけお付き合い下さい




前日少々飲みすぎてしまったようで、食欲がありません
冷蔵庫にあった飲むヨーグルトだけの朝御飯

夫も付き合ってくれました

早目のランチは、別府へドライブです
別府は冷麺が有名らしいのです


行った所は、「胡月」

お店はこんな感じ



お店の前には別府冷麺発祥のお店と書かれています



思っていた冷麺とは、驚きの別物でした



太麺の麺の上にキャベツキムチ、牛肉チャーシュー、ゆで卵、葱、白ゴマ

冷たいチャーシュー麺の並盛
夫は大盛り

麺はコシはないけど、もちもちしていて噛んで麺の味を味わえます
小麦粉にそば粉が混ぜてあるそうで、出汁は和風味

チャーシューは牛肉でした

温麺もあるようです

美味しかった
もう一度食べたいです


別府でランチを食べた後は、高速にのって由布院へ
大分から別府までは、下道を行きましたが、別府で高速にのり由布院へ

別府湾のサービスエリアでデザート



暑くも寒くもなく快適
風は気持ちいいし、ウグイスの鳴き声があちこちから聞こえてきます


由布院の温泉旅館の入浴チケットがあったので、使いました



由布院ことぶき 花の庄

12時くらいに伺ったのですが、広い温泉が1人占め
誰もいなかったのです

こんなの初めて
ノビノビとお風呂に入り、気持ちいいお風呂でした

行って良かった




お菓子をだしてもらい
お土産のお菓子を、1箱頂きました




その後由布院温泉街を散策し、金鱗湖を眺め



ソフトクリームを



2種類

由布院へは去年一度行っているのですが、大分旅行記H26、4/5編折角の温泉チケットが無駄にならないように行って来たのです

帰りはあちこち寄り道しながら、お買い物

そろそろ旅も終盤になってきました

「帰りたくないなあ」と非日常の夢見心地の数日です

人気ブログランキングへ





宮崎、大分旅行記6/19後編

2015-06-26 21:16:35 | H27、6/18~6/21宮崎、大分旅行

宮崎、大分旅行記続きです
もう少しお付き合い下さい

宮崎から大分に帰ろうと、ナビに登録したら3時間半
ゲッソリしてたら2時間半の間違いでした

それでも家に帰ったら21時

ヘロヘロでした

近くの魚民へ
又、歩いた



とりあえずは、「お疲れさ~~ん」

後ろにグラスが見えますが、うっかり生中を注文してしまい「しまった
一瞬で飲み干し、この画像は生大

しかも、何も食べ物が来てないというのにビールだけで一気飲み




オードブル



エビの唐揚げ



掻き揚げ



を、はさみで切る



サラダ



ししゃも



イカ



鯖だったかな

飲んで、飲んで、酔っ払いのグッタグタ

どうやって帰ったのか記憶ナシ

続く

人気ブログランキングへ





宮崎、大分旅行記6/19中編

2015-06-25 19:30:24 | H27、6/18~6/21宮崎、大分旅行


宮崎、大分旅行記続きです

鵜戸神宮の次は、サンメッセ日南へ
今日の一番南端の目的地鵜戸神宮を出たら、ここからは北上しますよ
観光地に寄りながら、北上します



世界で唯一、イースター島の長老会から特別許可を得て、完全復刻したモアイ像がシンボルです



日向灘を背景に、高さ6.5メートルのモアイ像が7体建っています
後ろは、かなり荒れた海です

モアイ像をさわると運気が上がるそうですよ

天気さえ良ければ、すごく眺めがいいけど仕方ない



牛は優雅に食事中



夫に向かってテクテク歩いてくるロバ



そしてドンドン寄って来るロバ
この後50センチ近くまで寄って来てビビル夫

あたしはさっさと逃げた

この後ロバが鳴いたんですが、ロバの鳴き声ってメッチャクチャ驚くほど大きいです
すぐ後ろで突然鳴かれて、そりゃあもうビックリギョウテン

サンメッセ日南のお次は、「道の駅フェニックス」




お土産探しながら休憩です

マンゴーアイス



日向夏アイス



南国の木は、日本のほぼ最南端にきているのだと実感します
真夏の日差しは、すごいだろうなあ


どんどん北上するよ


次は青島神社
亜熱帯植物に囲まれた小島、青島の中央に鎮座する神社です



鬼の洗濯板に囲まれています



蟹がたくさん歩いています
撮ろうと思っても、すばしっこい



山幸彦が竜宮城から戻ってきたとされる場所です

社殿はとても綺麗な鮮やかな朱色

江戸時代には島全体が霊城といわれ、一般の人は入れなかったそうです




青島神社を出たら、「願いが叶うクルスの海へ」



ちょっと判り辛いのですが、「叶」と言う字に見えるのです

岩場に囲まれた海が「十」の字に
近くの小さな岩場と合わせて「叶」の文字に見える事から思いを込めて祈ると願いがかなうと言われています




寄り添ったカップルをモチーフにしたと言われる「クルスの鐘」があります


願いが叶うクルスの海のあとは、絶景スポット「馬ヶ背」へ
駐車場から、テクテク歩くこと約10分
日向岬の突端にあります



心が洗われる絶景でした
すごい迫力です

画像だけでは伝えられないのがとても残念

この日はメチャクチャ歩きました

どこもここも、歩く歩く

足のスネが筋肉痛になりました
「足のスネ」ってオイッ
面白い所が筋肉痛

馬ヶ背を出たのが18時くらいでした

長距離の移動と、歩け歩け大会のような一日でした
ヘロヘロのクタクタ

ナビで家を登録したら、3時間半
辿り着けるのか、イシ子家

1日の総移動距離650キロ
前回長崎へ行った時は、2日で600キロでした
隣りの県だと言うのに、恐るべし広い九州です

なんとか無事、帰宅

続く

人気ブログランキングへ






宮崎、大分旅行記6/19前編

2015-06-24 19:30:35 | H27、6/18~6/21宮崎、大分旅行

宮崎、大分旅行記続きです

起きたら、外は強めの雨
やっぱりね、ショボボーーン
でも、天気予報を見ると、快方に向かっているようです

雨ばかりは仕方ない



カロリーMAXな朝御飯は、カレーパンとチクワパン
Wで揚げパン

大分県と宮崎県は隣りの県ですので、近いかと思うと大間違い
行けども行けども、着きません
遠かった
遠いけどもすべて高速道路で空いているので、運転のストレスはあまりなかったように思います

トンネルをたくさん通るのですが、トンネルを抜けるたびにいい天気になってきました
宮崎ではちょっとは降られたものの、ほとんど傘をささずにすみました
よかった~

まずは、西都原古墳群へ行きました

なんと東西2.6キロ、南北4.2キロの間に形も規模もさまざまな311基の古墳が密集する風土記の丘です

「このはな館」という所で、話好きなボランティアのお爺さんに古墳の説明をたくさんして頂きましたが、とても興味深い話をたくさんしてくれました
とても詳しくしてくださるので、興味があったらすごくお勧めです

広い古墳群なので、レンタサイクルで回るのもいいかも




これは、「鬼の窟」という古墳で国内唯一の円墳



中はこんな感じ

古墳群を回った後は、お昼です


入船で鰻定食



こちら有名店らしく、お店の中は有名人の方の写真やサインで一杯です



「ご汁」と言うのですが、粗く潰した大豆がたくさん入ったお味噌汁
初めて食べました
具は豆腐のみで大豆の量がすごいです
すごく美味しい、美味しい、おいし過ぎる

鰻も柔らかいし、白い御飯も甘い

お漬物も美味しい



丼、ご汁、漬物の味のバランスっていうのかなあ
トータルな味がすごく良かったです



キモは、コリコリっとホロ苦い

ご汁はお腹が膨れるし、御飯の量は多いし、御飯が食べ切れなかった



お店はこんな感じ

平日だったので待たなくてもすんだけど、休日は1時間待ちは当たり前のようです

お腹ポンポコリンになった所で、まだまだドンドン南下しますよ

次に行った所は、鵜戸神宮



日向灘の荒波が吹き付ける岸壁にたっています
天気が良いと、強烈な日差しで暑いと思われます



入り口を入り




神社としては珍しく、急な階段を下ったところに社があります
「下り宮」というそうです

この石段を降りた所にある広場から、亀石にむかって願いを込めながら運玉を投げ、くぼみに入れば願いかかなうといわれるのですが、
試してみたわけですよ

そしたら、入ったんですよ

今回の旅で一番嬉しかった事です
飛び上がって喜びました

この運玉は、5個入り100円

どうか願いかかないますように




階段を下りると、大きな洞窟の中に本殿があります



洞窟の中にある「お乳岩」
安産や育児を願う人が多いそうです


蒸し暑かったのですが、強烈な日差しの下の鵜戸神宮も歩いてみたいと思いました

とても心が満たされました

続く


人気ブログランキングへ






宮崎、大分旅行記6/18編

2015-06-23 11:24:01 | H27、6/18~6/21宮崎、大分旅行

今回の旅も、いつものように記録に残しておきます
もしよろしければ、自分の為だけの備忘録にお付き合い下さい

前回は2月の終わりに長崎に行き、しばらく間があいてしまいました
やっとこさの旅行でした



新幹線に乗る時間が早く、大慌て
大急ぎで仕事から帰り、超特急で家を出ました

なんとか予定通りに乗れました
米原駅で雨に濡れるかと思ったけど、ギリギリセーフ



パンとおにぎり、お茶買って



作りおきしておいた、小豆のパウンドケーキ

お昼ご飯を食べる暇がなかったので、お腹ペコペコ




大好きな林真理子さんの「来世は女優」を読みながら、大分に向かったのでした

20時半位に大分に着き、お風呂に入り



カンパーーーイ

当日まで九州南部は大雨で、宮崎に行くか下関に行くか迷いに迷い、
宮崎決行となったのでした(大袈裟な


続く

人気ブログランキングへ