東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

にんぎょう日本 '22 7月 NO.572 (日本人形協会)

2022-06-27 04:38:05 | 今戸人形(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 しばらく郵便受けをさわるのを忘れていたらパンパンになっていて、一度きに取り出そうとしたら函ごとハズレてしまいそうで両手を塞がれるとヤブ蚊に襲われそうなのでパニクりながら数度に分けて取り出しました。健康診断のお知らせだの公共料金の支払い、選挙のチラシに混ざっていたのがこの冊子です。

 先月だったか?いつもお世話になっているTV「何でも鑑定団」で人形玩具についての鑑定でご活躍されている林 直輝さんが冊子の連載を執筆されているエッセイスト・食文化研究家の向笠千恵子さんがはるばるお越しくださっていつも土いじりをしている我が家の狭い上がり框に椅子をお出しして現場をご覧いただいた折の記事が掲載されていました。それと葛飾区青砥のお煎餅屋さんの「神田淡平」さんの煎餅作りで使用される今戸焼製の鏝(こて)を作っていらっしゃった実質最後の今戸焼やさんだった青砥の内山英良さんのことも記されていて、自分がかつてはじめて葛飾区内で操業されていた白井善次郎本家の白井和夫さん(お花茶屋)と内山さんを訪ねてお話を聞かせていただいた二十代だった頃を思い出しました。当時は興味の中心が郷土人形としての今戸人形に傾いていたので折角お聞かせいただいた内容を一生懸命ノートしていたのに予習が足りず勿体ないことでした。それでも近所の工事現場から掘り出された土が敷地内に山となっていて、片や錦絵に描かれているようなダルマ風の窯、一方で戦前の尾張屋 金澤春吉翁の使用されていたキセル窯がある景色にはビックリしました。一般世間的にはこれら実質最後の今戸焼屋さんはあまり紹介されていなかったような気がします。その原因のひとつは郷土玩具の愛好家たちが戦中に廃絶してしまった尾張屋さんの人形から型どりさせて人形作りを勧めた家ばかりに焦点があてられており、マスコミもそれに追従していたかの様相だったからではないでしょうか。今戸焼の焙烙や入谷朝顔市や四万六千日のほおづき市の赤い素焼きの植木鉢は葛飾の今戸焼屋さんによって支えられていたようです。今ではプラスチック製の鉢に替わっていますが、その生産者の方もかつては今戸焼の旧家の流れの筋の方だったようです。最近まで墨田区足立区辺りの雑貨屋荒物屋でかつての今戸焼の焙烙や植木鉢の在庫が残っている家がありました。実用のための供給だったから製品に「今戸焼」とロゴを入れていないのが当たり前だったのでしょう。そういうことを久しぶりに思い出すきっかけになったし、淡平さんをお訪ねしてお話を伺ったり、淡平さんがわざわざ家のお越しくださったこともありました。淡平さんからいただいたお煎餅の鏝も先に駒場のべにや民藝店で作品展をやらせていただいた折に作品の横に展示させてもらい、お客さまとお煎餅の話にもなりました。

 掲載くださってありがとうございました。

 


お知らせ(吉徳本店)

2022-06-18 03:15:59 | 今戸焼招き猫(浅草 隅田川)

 今日、閉店時間過ぎに吉徳さんへ作った人形をお納めにお邪魔してきました。今までに起こした型のものをひととおり素焼きをへて支度していたものの作業スペースや最近の生活の変化のため、前もって支度していた割には間に合わなかったものが少なくなくて申しわけないです。

 いつもの猫もの、狐もの、火入れと都鳥のがらがらくらいです。

 生活の変化というのは、運動不足の解消を考えて公立のプールへ通って歩いたり少し泳ぐのとその往復のアップダウンで自分的には何もしないより生活に必要な体力を、、と思ってのことなのですが、思っている以上に疲れているのか家で作業しているうちにこっくりしていて走らせている筆がいつの間にか手から落ちていることが目立って作業能率がよくありません。体が慣れてくれればどうにかなるのかどうか?

 江戸東京のお人形の老舗であり、代々今戸人形を取り扱われていた歴史や江戸からの流れを汲んだ最後の生粋の今戸人形師だった 尾張屋 金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)とのご交流もあったという吉徳さんの店内に拙作のものを並べていただけるのは名誉この上もないこと。大切にお納めさせていただきたいという思いばかりです。

 今回は今月中に店内で郷土玩具の即売会があるそうで、一週間くらいの期間、拙作のは以前の羽子板市期間のように本店玄関近くに並べていただけるというお話です。吉徳本店のサイトに郷土玩具即売会については記されていますのでご覧ください。

吉徳本店HPへ→


窯入れ2回目

2022-06-06 23:28:37 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 この数日天気がよくありません。

今日は明け方頃から既に雨音の途切れる時がなかったようなので、外に出るこもできず、型抜きして室内干ししておいた人形を窯に詰めて最近での2度目の素焼きをしているところです。今回は招き猫の火入れやおかめの火入れが多いので一個あたりの炉内の占有が大きく、小さいものからひねり鳩くらいのものは火入れに詰めて、丸〆猫くらいのサイズのものは火入れどうしの谷間隙間に逆さに噛ますように積んでいます。炉内が500℃に達するまで、水分を逃すために蓋を半開きにしているので窯の周りも暑くなり、天気が悪いので室内干しの洗濯物いくつかを窯の真上を避けて吊るしています。

 おかめの火入れは3月の松屋銀座さん向けにはじめて頬かぶりに豆絞りの模様を描いてみましたが、他にもいくつかやってみたいパターンを試してみたいとも思っているところです。

 昨年中は大河ドラマに宛てて渋沢栄一翁のビリケンさんと王子の狐さんを抱き合わせた貯金玉を王子のヤマワさんにお渡ししていましたが、際も過ぎたと思ってていたところ、いくつか追加がきたので焼いています。

 新登場の支度もありますが、今焼いているもの彩色と納めが最優先で他にも各地のお稲荷様から頼まれている狐、個人の方々やお店屋さんからのもののお約束もありお待たせしています。すみません。🙇‍♂


ながらくの御無沙汰

2022-05-28 02:28:18 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 前回は確か信州中野の雛市のお知らせについてアップした以来ではないかと思います。この間作業はしていなかったのではありませんがおなじ水簸(すいひ)ばかり繰り返していたり、連休中に歯科由来のことで熱が出て顔が腫れて寝込んでいたりで張り切っていたほどには作業できていないかも知れません。

 新しいものを起こす途中のものもありますが、何よりもこれまでお呼びをいただいている方々向けにもお渡しすべきものを早く仕上げるのも意識しているもののお待たせして申しわけないです。お待たせしている皆様どうかお時間ください。

  

 


お知らせ「中野ひな市」(3.31〜4.1)

2022-03-22 11:15:52 | 日々

 コロナのため一昨年と昨年にわたって中止となっていた行事ですが、今年は開催の方向で準備がすすんでいるようです。全国土人形即売の枠にうち人形もいれていただきます。


お彼岸

2022-03-18 17:41:38 | 今戸人形(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 

 お彼岸の入りは生憎の雨だったのが、明けて今日は落ち着いたお参り日和。今戸の尾張屋さんのご墓所まででかけて来ました。手桶や掃除道具をお借りしてきれいにしてからお持ちしたお花やシキミをお供えしてお線香をおあげしてお参りさせていただきました。

お寺さんのあたらしいワンちゃん。今ひとつくらいなんだそうですが体が大きい。フレンドリーな子。なでなでしたらゴロン。

 暗渠になった山谷堀の遊歩道に今戸焼風のオブジェ ?耐久性のための金属製なのか?でもせっかくやるのだったら地元土で作ったほうがよほど歴史の裏付や説得力あるのにね。それと人形ばかりではなくて今戸焼本流の器物のオブジェだってあったほうが、、、。火鉢とかホウロクとか行火や火消し壺とか。

帰り土手通り脇の更地覗いたら見つけた泥めんこ。

遅い昼を千束のいせやで。

 

フキノトウの天ぷらもついてきて、香りはすれど?あのエグさはまったくしなかった♥。


つかみどこのないお知らせ②(松屋銀座)

2022-03-16 15:57:09 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

先日お知らせした追加です。本日から会期なのですが、搬入してくださったべにや民芸店さんがご提供くださった画像を貼らせていただいています。べにや民芸店さんのサイトへのリンクも貼らせていただきます。

べにや民芸店さん→

松屋銀座さん→

ちょっと不思議ですが銀座の大店さまが、町内の激安八百屋の叩き売りでもあるまいし期間ぎりぎり特設の案内を出すなんて 、♪ハハノンキだね〜♪


monoマガジン(4月2日号)

2022-03-15 15:35:29 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 日本民藝館とべにや民藝店さんがとりあげられている中で拙作の人形もとりあげていただいているそうでうれしいです。

ありがとうございます。


豆絞りの手ぬぐい

2022-03-13 23:35:18 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 

 おかめの火入れは以前から手がけていますが、頬被りの手ぬぐいのところに豆絞りを描くのははじめてです。尾張屋 金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)のお作りものらしき火入れで、蛸足絞りの描かれたもののパターンを意識して描いていましたが、今回はじめて挑戦しています。古い錦絵にはどちらも描かれています。

 こうきっちり描くと窮屈かどうか、、、。右側の蛸足のほうがさっぱりしてると感じているところですがどうでしょうか?

 はじめての豆絞りですが、今後も試行錯誤していきたいと思います。

(2枚目の画像向かって左が豆絞り、右が蛸足絞りです。)

 


「館長のグットトイカフェ」(東京おもちゃ美術館)

2022-03-12 17:00:23 | 日々
 
 
 
暮れに学芸員さんからご連絡いただき、館内で、館長さんの多田さんと人形作りや今戸焼や今戸人形についてのトークと型抜き、彩色の実演をやれないかとのお問い合わせがあり、昨日四谷のおもちゃ美術館館へ出かけてきました。昔小学校だった建物を再利用した施設なのですね。
 着いて入口で案内を待っている間、給食の台車がガラガラ現れてカレースープのソフトめんと牛乳とミカンのとか揚げパンの給食にこれからあやかるような気分になりました。
 
  参加は館のボランティアさんの方々対象でした。多田さんに聞いた話では館は以前,中野の新井薬師近くにあったということですが、家に帰って一晩あとに、そういえばそんなところに昔入館したような気がしたような記憶が蘇ってきました。
 
 生来の話下手ですが、館長さんのエスコートで乗り切れたたかな?
 
 後は土いじりと彩色のサワリをキューピー3分クッキングというか、平野レミさんのようなのりで、、。
 
 湯煎にかける為のコンロだの手を洗う為のバケツに手拭きなど至れり尽くせり手助けいただきました。その後質疑応答。いろいろお世話になりました。
 そして記念写真。
 画像は全て学芸員さんからご提供いただきました。こうやってみるとまたしても油断してリバウンドしてパンパンになったおのが姿に筑波山のガマの油状態(・・;)。それと、歳とったな〜。昔から父そっくりとかコピーとか言われてきたけど、いましみじみ、、、。それと父は集合写真なんかで必ずド真ん中に陣取って写る人だったを思い出しました。
すべて片付けて外に出たところ。新宿でも駅近くとは違って閑静で豊かな雰囲気。静かでゆっくり一杯できる店とかありそう。今はパニックで余裕ないけれど落ち着いたら探検してみたいエリア。
 館のみなさん、参加者のみなさんありがとうございました。

つかみどころのないお知らせ(松屋銀座)

2022-03-07 19:02:31 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)


 「つかみどころのない」というのは、主催サイトへのリンクがなく、催事についてのチラシなり印刷物が手元にない何とも心細いお知らせだからです。今月16日から今月いっぱい、松屋銀座店7階の生活食器売り場の隅に臨時スペースを設けて、拙作の人形を並べていただく、という主旨のようで、
上の丸〆猫(まるしめのねこ)の画像とともに、顧客配布の冊子に掲載されているとのこと。その記事を画像でいただけないかお尋ねしたのですかが、即判断できないとのことで残念でした。
 ネス湖にネッシーが現れるとさ…レベルでしかお知らせできませんが、当たるも八卦当たらぬも八卦でお出かけいただければ幸いです。
 
 大学を卒業して直後の職場の先輩から「吉田くんはうなぎのようだ」と言われました。そのこころは「ヌルヌルしてつかみどころがない」

 

お参り

2022-02-28 15:52:26 | 日々
 
 
 江戸以来の生粋の今戸人形の最後の作者だった尾張屋 金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)のご命日は2月29日なので閏年にしか暦にあらわれませんが、28日にお参りさせていただいています。昨年もそうだったと思い出していますが、今日も良い天気でした。昼過ぎに今戸に到着しましたが、上着が要らないほどの春めいた陽気でした。
 お供えの花は途中で用意していきましたが、既にお供えされた花があり、あまり傷んでいなかったので花束の切り口と花挿しを洗って水を取り替えた上、キツキツで申し訳ないですが、お持ちした花もわりこませていただきました。春吉翁のお残しになられた人形を手本に作ることを尾張屋さんからお許しいただいたことに感謝しつつ、まだ手掛けていない種類の人形にもゆくゆく挑戦できますようお願いしつつお参りさせていただきました。

久しぶりの割型

2022-02-18 06:20:11 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 鉄砲狐ですが、この割型たちはお役目を終わり、久しく棚の中に眠っていたものです。というのも以前は三社様の裏の被官稲荷さまへお納めするために作っていたもので、事情あってうちからのお納めを終え、使うことなく眠っていたもの。べにや民藝店さん他にお出ししている鉄砲狐の型は昔の今戸焼の色のとれた人形をお手本に原型を作ったもので顔は尖って彫がしっかりしていますが、被官さまにお納めしていた型は神主様のご希望でもっと太らせてほしいということで、わざと太らせ形を鈍くしたものなのです。
 現在、被官様に並んでいる狐はおそらく拙作のをもとに、京都の業者さんが鋳込み成形で作られているようです。
 さて、最近、埼玉県のとある稲荷神社から少量ながら奉納用の鉄砲狐製作のご依頼をいただき、先方さまは形にはこだわらないということなので、眠っていた割型を思い出し、このタイプであれば、たくさん眠っているのでこれでよろしければ、早くできる由お伝えしたところ、それでもよい、ということなので棚から降ろして抜き出しています。自分の好みで太らせたわけではないので、外に出す機会もなく、割型たちには気の毒に思っていましたが、あくまで授与奉納目的の本来の役割で出ていく狐も喜んでいるこもしれません。
 例えていうなら、京王線や東横線で昔走っていた旧型車両が地方鉄道で新たな役目を担って旅立つような感じでしょうか。

座虎

2022-02-08 14:40:09 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 急ぎの催事向けの人形がとりあえず送り出せたので、それ以前にやりかけていた頼まれていたものの続きと後の催事向けの支度を進めていきます。

 座虎は年末に素焼き、地塗り、そのうえにうこんやキハダの煮出し汁を塗り重ねて黄色の発色をすすめていますが、何度も重ねてやっとこんな感じです。一刀彫風の虎は合成染料の黄色を使うのど重ねても2回くらいで発色します。

お知らせ 「雛の会」(仙台 光原社)

2022-02-04 01:11:45 | 日々

 明日 2月4日から3月3日まで、仙台市一番町の「光原社」さんで毎年恒例の催事「雛の会」が開かれます。拙作の「一文雛」をお送りしましたのですが、明日の開場一番に間に合うかわかりませんが、明日中には届く予定ではあります。また、「ひねり鳩」も頼まれていますので仕上げ次第お送りする予定です。
 拙作については例年に比べ種類をだせませんが、まずはお知らせまで。

 <strong>光原社さんのサイトへ→