東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

久しぶりの型抜き

2021-04-20 15:22:29 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 これまで原型やりかけのものを割型にして粘土を詰めて型抜きをしています。

 今回初登場なのは2種類で「みみずく」の別バージョンと「宝珠担ぎ狐」の2種類です。
まだ完成待ちの原型があまたあるので速く割型にしてあげたいです。
コメント

蘇芳(すおう)の袍の天神

2021-04-05 01:00:28 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 少し前に蘇芳の煮出し汁がたくさんできすぎてペットボトルに入れて保存してもまだ出てくるので麻布を染めるのを試してみたり、画像の天神様の袍部分に塗ってみたりしています。
 
 向って右端のキハダ(黃柏)の煮出し汁の袍の配色は江戸時代の今戸のお雛様の配色を参考に始めたパターンで民藝館展で選に入れていただいたりでこのパターンに安定感を感じています。台座に蘇芳を塗っています。

 実際には植物煮出しの今戸の天神様には出会ったことはないですが、お雛様はじめ色々な種類の人形に煮出し汁が使われている作例があるので、天神様も塗られていたはずだと思っています。
 蘇芳の煮出しがたくさんあるのでまず袍の部分に蘇芳を塗ってみた3体。袴の色を試しに違えて塗ってみました。台座の黒地に黄土色の線は天保年間の彩色手本(玩具聚図・人形の吉徳さん蔵)
に見られ、また最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)も実際に塗られていた配色です。(ただし、配色手本も春吉翁も袍の色は丹や朱色など顔料です。)
 これらの蘇芳は天保以前に行われていたであろう想定の試しです。
コメント (1)

五月節句向け

2021-04-03 21:32:32 | 街角

 先の一刀彫風の虎と併せて熊乗り金太郎や虎加藤、臥虎などとりあえず塗り終わりほーっとしています。乾燥させて荷造りしてからべにや民藝店さんにお持ちする予定です。
コメント

一刀彫風の虎

2021-04-02 03:49:25 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 来年の干支は寅(虎)なんですが、今現在塗っているのはべにや民藝店さんの五月のお節句向けにお納めするもののひとつです。
 これらの一刀彫風と呼んだらよいのか、面取り的なモデリングもまた江戸時代からの流れを汲む最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁がお作りになられた虎をお手本にひと回り前の寅年に向けて型を起こしたものです。
 この虎をはじめとする春吉翁による一刀彫風の干支人形について自分でも由来などわからないことが多く、その片鱗は戦前の関西の郷土玩具研究家、川崎巨泉による描画によって伝えられたものを目にすることができますが、十二支を完結させて作られたものなのか否かさえわかりません。

 少なくともうちには、この虎のお手本と同じシリーズと思われる羊があり、巨泉の描画で牛や馬が描かれているのはみたことがあります。
 春吉翁は毎年干支に合わせてひと種類ずつお作りになられたのか、又は頒布会のようなかたちで十二体一式にして一度にお作りになったのか…?
 ご存知の方いらっしゃればご教示いただきたいです。
コメント

窯出し→やすりがけ→地塗り

2021-03-29 00:51:45 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 先の熊金は現在彩色途中。そして遅れて素焼きを済ませたもののうち、節句つながりのもの最優先に地塗りまで進めています。面取り一刀彫風の虎は最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)がお作りになられたものをお手本にひとまわり前の干支で起こした型。お腹の下だけ地塗りしておいて、これから尻尾を取り付けてから全体を塗ります。
 
コメント

久しぶりの彩色

2021-03-26 01:40:55 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 前回色を塗っていたのはひと月以上前だったか、仙台向けのお雛様や招き猫、ひねり鳩だったか、初午向けの狐だったか? 
 その後確定申告のパニックあり、それが済んでから、新たな原型を起こす作業と長いスパンを考えて従来の割型から型抜きを繰り返していたような感じです。今再び塗り始めているのはべにや民藝店さんからたのまれている熊金。他に五月の節句向けの虎加藤や臥虎、虎などもお作りすることになってぃますが、虎類は次の窯入れ待ちなので、まずは熊金最優先に進めています。

 天神は従来の割型のものですが、袍をキハダ、台を蘇芳(すおう)で塗るパターンは民藝館展にも出品させてもらっていますが、蘇芳を袍に塗ってみたくて試しに塗っています。
 あんまり久しぶりなので、乳鉢や棒をどこにしまい込んでしまったのか慌てています。
コメント

はじめての布染め(蘇芳)

2021-03-20 02:35:23 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 ダイロンとか合成の染料で布を染めたことはありますが、植物の煮出しで布を染めるのははじめてです。ただし、キハダ(黃柏)や蘇芳の煮出し汁で土人形の彩色をするのはこれまで試してきました。
 以前から一度ためしてみたかったことの支度のひとつとして木綿か麻布を染めて使用できないかと思っていたところ、先ごろ古びて燻しガッコのように煮しめたような色の麻布片が手に入ったのではじめキッチンハイターの水で3日くらい、それをすすいで一旦干して、別の洗濯用漂白剤に3日さらして、水洗いして混ぜながら干すと真っ白とまでいかないものの、薄い象牙色?いわゆる麻の生糸に近い色になったので、蘇芳で染めてみています。技法書とかで予習しておらず、自己流でどうなるかわかりませんが、実際の成り行きをみているところ。
 
 確か、一度煮出し汁で染めて水に晒してから干して、また繰り返し染めるのではないかとおもいましたが、今は、すすがずに干して乾いたらまた染めるということをしてある程度色がついてからすすぐとどうなるか?ハンガーで干しているのは3回染めと乾燥を繰り返している麻の古布です。
コメント

彼岸の入り

2021-03-17 20:00:32 | 日々

 今日は彼岸の入り。最後の生粋の今戸人形師だった尾張屋 金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)のご墓所にお参りに出かけてきました。
 春らしくおだやかな天気で桜なども種類によっては花開いて、こぶしや木蓮、地面にはスイセンなども盛りでした。汲み上げた井戸水も手にやさしく、快く掃除ができました。お花やシキミをお供えしてお線香をあげて、手を合わせて失礼してきました。
コメント

窯だし

2021-03-13 10:20:48 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 炉内が500℃に達したところで蓋を閉め、最高800℃まで焼き上げたものは急冷など
せず、蓋したまま自然に冷めるのを待ちます。今朝炉内温度計を覗くと100℃以下の78℃までさがっていたので蓋を開けて冷ましました。

 昨年暮れの大急ぎで少量でも小回り効くよう焼いていたのに較べて完全な満杯とはいえませんがそれなりの嵩です。
 でも長期的に見たノルマの目標ばまだ遙かに遠いので、これから型抜きを再度していきます。
コメント

素焼き中

2021-03-12 04:53:02 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 ただいま素焼き中で張り付いています。今日の段階で乾燥しているもの全て炉内に詰めて、久しぶりにぎっしりの状態で稼働させています。炉内が500℃になるまでは窯の蓋を半開きにして水分を逃さないと炉内が傷むといわれているので、すぐそばで番をして、500℃に達したら蓋をして開放されます。
 
 待っている間、ちょっとお馬鹿?なこと?をしています。バレたら恥ずかしい(・_・;)
コメント

乾燥(陰干し)

2021-03-08 14:30:06 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 型から抜き出してバリを取って、なめして乾燥の繰り返し。ノルマ数は未だ遠いのだけれど、やりかけの原型たちも、早く仕上げて割型をとって早く人形にしてあげたいという思いと悩ましい気持ち。
コメント

4:00am

2021-03-06 04:02:12 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

コメント

春吉翁のご命日

2021-02-28 20:46:56 | 今戸人形(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 昭和19年2月29日。江戸時代から続いた今戸人形の生粋の最後の作者であった尾張屋・金澤春吉翁がお亡くなりになられた日です。この日は4年に一度の閏年にしかやってこないので、他の年には28日に尾張屋さんにお許しいただいてお参りさせていただいています。我が家から今戸まで自転車でゆっくり漕いで一時間くらい。往来の景色を楽しみながらの道中、天気が良くて何よりでした。
 お墓所を掃除してからお花とシキミをお供えして、お線香に点火してもらってお供え完了。てを合わせて失礼しました。

 いつも挨拶していたハスキーくん、亡くなられたそうです。天気がよいと、日向でまどろんでいた姿…。

 隅田川の畔には白いコブシの花が開きつつありました。白鬚橋、北千住から尾竹橋、町屋、熊野前経由で帰途につきました。
コメント

新年初水簸(すいひ)ほか

2021-02-22 22:35:29 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 この数日藤でも咲いているような暖かい天気で久しぶりの水簸(すいひ)の作業をしました。昨夜タッパーに収納しておいた昨年末に水簸と吸水まで済ました粘土を練り直して更に寝かせていたので、吸水鉢も空になってもいて、戸外の水簸済の泥しょうを寝かせるバケツもほとんど空に近くなっているので、早速泥を撹拌(かくはん)して篩(ふるい)にかけ、バケツ一杯にして寝かせました。

 今日バケツ満タンにした泥しょうは明日、あさってと時間を置くと、沈殿してバケツな半分→3分の1となるので、上澄みの水を除いてできたスペースに再度新しい泥しょうを注ぎ足すことを繰り返していきます。
 予報では明日も比較的寒くはないと助かります。ゴム手袋でかき回す泥は冷たく感じないので痺れることもなく、助かります。

 確定申告で作業できなかったので、型抜きも再開しました。
コメント

丸〆猫(まるしめのねこ) ミニチュア フィギュア

2021-02-19 12:48:18 | 今戸焼招き猫(浅草 隅田川)

 去年の春前に制作会社から連絡があって、昔の拙作の丸〆猫(まるしめのねこ)をミニチュア化したいとのこと。その手本となる猫は、おそらくはじめて作った頃のもので、今の自分から見ると固くてたどたどしい感じで、恥ずかしいというのが正直なところなのですが、この拙作の昔のを所蔵している人の希望なんだそうで、持ち主がそうしたいのだから既に自分の持ち物ではないから、お好きなように…って感じでした。
 ひとつ憂慮してしまうこと。今の自分の感覚からすると至って稚拙というか下手くそだと思うものが大量生産されることで、これを基準としたイメージが独り歩きして、今自分で作っているものがあたかも邪道のように見られるようなことになりはしないか…。
 まあ、希望としては、今戸にあった丸〆猫の姿が、こんなものであったという認識が世間様にひろがってくれたなら…と思います。


コメント